未来を拓く中国食品業界。2023年の最新トレンド

未来を拓く中国食品業界。2023年の最新トレンド

中国では日々さまざまな変化が起こっており、食品業界も例外ではありません。中国は多くの消費者を抱える中、食品業界はほぼ毎年革新を遂げ、新たなトレンドを生み出しています。この記事では2023年の中国食品業界の中で、とくに注目すべきトレンドを3つ紹介します。


食品業界もAI化?

2023年4月、ChatGPTは世界的な注目を集め、高度で洗練された言語モデルによって様々な業界に大きな変革をもたらしました。食品業界もその影響を受け、多くの中国の食品ブランドが「AI」を積極的に活用し始めました。
その代表格中国で高価なアイスクリームで知られるブランド钟薛高(Zhongxue Gao)が挙げられます。同ブランドはChatGPTや文心一言などさまざまなAIツールを活用し、「Sa’Saa」というアイスキャンディを開発しました。このアイスキャンディは味の開発から命名、宣伝、デザインまでの全プロセスをAIが参加または主導しています。その結果、この新製品の発表後に話題はWeibo(中国圏最大のSNS)でトレンド入り、3.4億人が閲覧し、2.3万回の議論を呼び起こしました。

钟薛糕の創設者である林盛氏は、「AIによって生み出された名前は若々しく、流行のあるブランドイメージを代表している」と考えています。AIの提案は驚くべきものであり、その多くのアイデアは人間の想像を超えてきます。钟薛糕は今後製品の開発や、市場動向の予測、消費者の嗜好判断、マーケティングなどさまざまな分野でAIの参加度を高めていくそうです。さらにAIを新製品の開発やマーケティング、運営のあらゆる段階にも落とし込んでいくことが計画されています。
また健康零食品ブランド「食验室」でも、AIを製品デザインの作業フローに組み込んでいます。4月1日の夜、食验室の創設者である孫思达氏はAIを用いて「5種類のパッケージを一気にデザインする」という宣言をしました。

AIツールを用いてデザインしたクッキーパッケージ

「私たちはAIによるパッケージングが消費者の購買意思決定に過度の影響を与えることはないと認識しています。むしろAIが全体の作業フローにおいて、どれだけ効率を高めることができるかを見たいので。従来のデザインプロセスでは、デザイナーが1つのパッケージを作るのに約1週間かかっていましたが、AIを活用するとわずか4時間で5つのパッケージのデザインを完成できるようになり、大幅にコストを削減することができました。
「AIを活用することで、製品をより効率的かつ低コストで完成させることができ、さらに市場にも受け入れてもらえることを実感しました」と孫思达氏は述べています。

このように人工知能は、中国の食品業界の発展に変革をもたらしています。AIは自身のアイデアを迅速に視覚化し、製品の実現に多くの可能性をもたらすだけでなく、人件費を削減し、生産効率を向上させます。これはAIが社会発展において持つ根本的な意義だと考えられます。
技術の急速な進化の中で、AI技術に加えて食品業界全体はより高次元の科学技術の製造方法を探求しています。例えば3Dプリントや合成生物学技術、宇宙実験などの技術手段が食品業界のイノベーションを推進しており、無限の可能性を創造しています。これらの技術の導入により、食品業界に新たな視点と展望がもたらされ、さらなる革新と変化が期待されています。

美容内服の人気が衰えずに続く

近年「容姿経済」の台頭に伴い、中国の消費者は容姿に対する要求が高くなり、美容に関連する市場は強力な成長を示しています。その中で美容内服はより健康で安全な特性を活かして、多くの人々が美しさを追求する際の第一選択肢として選ばれています。
インターネットの発展は中国の若者の抗老化に対する関心を一定程度高め、「抗老化」は社会現象となり、その傾向は若返りつつあります。艾媒咨询が発表した「2022-2023年 全球及び中国の抗老化産業発展と消費者ニーズ調査報告」によると、56.6%の消費者は19〜35歳であり、23.2%の消費者は18〜25歳で抗老化に関心を持ち始めていました。

2022年中国消費者が抗老化に関心を持ち始めた年齢分布

北京栄養士協会の副理事長である劉蘭氏によると、美容内服は肌のケア効果を口から摂取する方法で実現する機能性食品です。これは人々の食事のニーズを満たすと同時に、美に対する追求も満たします。元々「内服外養」という概念は日本発祥であり、1970年代に日本で口から美容を目的とした製品が登場しました。中国は日本に次ぐ世界第二の美容内服市場であり、過去30年以上の発展の中で海外ブランド主導から国内ブランドの台頭、停滞、そして製品ブランドの強力な発展などいくつかの変遷を経験してきました。

近年国際貿易と電子商取引の発展に伴い、POLAや資生堂、FANCLなどの日本の有名ブランドが相次いで中国市場に参入。コラーゲンペプチドやナイアシンアミド、グレープシード、ヒアルロン酸などの成分が広く宣伝され、美容内服が再び「爆発期」を迎えています。Grand View Researchが発表したデータによると、2027年までに中国のコラーゲンの市場規模は約15.76億ドルに達すると予想されており、これは世界市場の約6.96%に相当します。
巨大な市場規模により、健康製品や医薬品、スキンケア製品、食品、国産の新興ブランドなどを含む様々なジャンルが参入を計画しています。中国の美容内服市場は、海外と国内のブランドが競い合う状況になりそうです。

北京大学を卒業した五人の女性博士が創立した美容内服ブランド 

「美容内服」製品の市場はコーヒーやお茶、健康製品などの分野に比べてまだマイナーな部類に属しています。また「美容内服」の有効性に関しては、常に議論が絶えません。しかし、まだ始まったばかりの口服美容市場は中国においては規制が明確でなく、業界も未熟な成長段階にあるものの、その背後には依然として巨大な潜在能力が隠れています。

コーヒーショップの数は世界一?

12月13日のAllegra Groupの研究機関World Coffee Portalが発表した報告によると、中国ブランドのコーヒーショップの総数が約5万店に迫り、世界で最も多いブランドのコーヒーショップを保有する国になりました。世界1位の称号は過去20年間常にアメリカに属していました。報告によると、過去12か月で中国ブランドのコーヒーショップの数は58%増で49,691店に達し、同時期のアメリカブランドのコーヒーショップはわずか4%増にとどまりました。
中国の店舗ラッキンコーヒーは2023年の1年で5,000店舗以上を新規開店しました。現在ラッキンコーヒーの店舗数は13,000店舗を超え、スターバックス中国のほぼ2倍となっています。同時にクディコーヒーの店舗数も6,000店舗を超え、スターバックスに迫る勢いです。スターバックスを超えることは時間の問題と言えるでしょう。

「中国のスタバ」と呼ばれるラッキンコーヒー

2020年から2025年までの中国のコーヒー市場に関する前瞻研究院の発表によると、中国のコーヒー市場の年間の平均成長率は15%であり、これに対し、世界のコーヒー市場の平均成長率は2%のみです。
それでも、中国の年間1人当たりのコーヒー消費量はわずか12杯であり、この数字は欧米諸国の長い歴史を持つコーヒー文化や、例えば日本の年間1人当たりの約200杯と比較しても低いです。収入格差を考慮しても、中国の巨大な人口基数に基づくと、コーヒー消費にはまだ大きな成長余地があると考えられます。

参考資料

https://www.foodtalks.cn/news/43100
钟薛高推出首款AI雪糕!
https://www.foodtalks.cn/news/43212
AI设计半天定方案!食验室一口气上线5款产品
https://36kr.com/p/2353235169342983
复苏、爆红、失宠、出局……2023食品行业年中盘点
https://www.foodtalks.cn/news/50393
中国将咖啡馆开到全球第一,泡沫将破还是厚积薄发?
http://finance.china.com.cn/consume/20231215/6061755.shtml
口服美容的年轻化破圈:“抗衰”低龄化,年轻人掀起口服美容消费新风潮

この記事のライター

広東省出身の中国人留学生。現在は名古屋大学でメディアを専攻している。

関連するキーワード


中国トレンド調査 中国市場

関連する投稿


回復を見せる中国の旅行業。最新の傾向を調査

回復を見せる中国の旅行業。最新の傾向を調査

コロナ禍が収束した2023年、中国において観光業が復活を見せています。中国での国内旅行はコロナ禍前の2019年の水準近くまで回復し、海外旅行も緩やかに回復の兆しを見せています。本記事では中国の国内外旅行の現状をデータを用いて確認し、旅行業における現在のトレンドについて紹介します。


ダブルイレブンから見る中国の美顔器・スキンケア商品の売れ行き

ダブルイレブンから見る中国の美顔器・スキンケア商品の売れ行き

2023年10月31日の夜8時、Tmallの「ダブルイレブン」(以下、W11)セールが開始され、中でも美顔器はTmallで800%以上の成長を実現しました。また、京東商城(JD.com)やTikTokなどの電子商取引プラットフォームでも美顔器は持続的な高成長を示しています。従来の家電および美容・健康関連の業界ランキングでほとんどランクインしてこなかった美顔器ブランドが、2023年は急成長を見せています。この急激な成長の背後には、どのような理由があるのでしょうか? この記事では、2023年の中国のW11における美顔器とスキンケア商品の売れ行きトレンドについて解説します。


2023年中国トレンドワードの「ゆとり感」。人気の理由は?

2023年中国トレンドワードの「ゆとり感」。人気の理由は?

「ゆとり感(松弛感)」というキーワードが、中国でトレンドになっています。もともとは、精神や経済、時間などを表す「ゆとり感」でしたが、現在ではファッション、教育や育児、職場、家具、食品など、多岐にわたる領域に影響を及ぼしています。本記事では、この「ゆとり感」について紹介していきます。


データ分析のヴァリューズ、「日本・アメリカ・中国・東南アジアの “Z世代”の価値観&ライフスタイル調査」を公開

データ分析のヴァリューズ、「日本・アメリカ・中国・東南アジアの “Z世代”の価値観&ライフスタイル調査」を公開

ヴァリューズは、インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供しています。本稿では、日本、アメリカ、中国、タイ、ベトナム、インドネシアのZ世代を対象に実施した、インターネット利用実態や価値観・理想のライフスタイルに関する比較調査をご紹介します。<b>※抜粋版レポートは無料でダウンロード頂けます。</b>


中国市場における健康訴求お菓子の販売状況を調査

中国市場における健康訴求お菓子の販売状況を調査

中国市場では近年、健康を訴求するお菓子に注目が集まっています。特に、中国医学の医食同源に基づいたヘルシーな食材を使用する中国伝統菓子は、爆発的な人気を得ています。本レポートでは、中国の生活者が利用する主要ECの販売データをもとに、商品特徴ごとの販売実態や、生活者の購買傾向を詳しく解説します。(ページ数:39ページ)


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/02/05〜2024/02/11)

みんなの注目キーワードは?週間検索トレンドランキング(2024/02/05〜2024/02/11)

ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」をもとに、週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているキーワードを取り上げます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ