【2019年版】「プチ富裕層」を集客しているサイト・アプリランキング

【2019年版】「プチ富裕層」を集客しているサイト・アプリランキング

年収が高い富裕層の人たちはネットをどのように利用しているのでしょうか。世帯年収が「1,000万円以上」のユーザーを『プチ富裕層』として、彼らがどんなサイトを閲覧しているか、その顔ぶれを行動ログデータから分析してみました。


『プチ富裕層』を集客できているサイトは?1位は「CareNet」、2位以下は…

世帯年収が「1,000万円以上」のユーザーを『プチ富裕層』として、彼らの2019年4月度のサイト閲覧動向をeMark+Target Focusを用いて分析しました。

サイト訪問者全体に占める『プチ富裕層』の割合(ターゲット含有率)が高い順にランキングしたところ、「CareNet」、「m3.com」、「メドピア」など上位4位までは医療系のサイトがランクインしており、前回の調査ではランクインしていなかった「メディカルトリビューン」がランクインするなど、引き続き医療系専門サイトがよく閲覧されていることがわかりました。『プチ富裕層』は医師など医療関係の業務に従事しているユーザーが多いためと考えられます。

次いでクレジットカードの「ダイナースクラブカード」、「American Express」、ゴルフの情報サイト「ゴルフダイジェスト・オンライン」などが挙がっています。

また、豪華返礼品で話題になった「大阪府泉佐野市」や「ふるなび」などのふるさと納税サイトも『プチ富裕層』の興味関心が高いようです。また、「楽待」という不動産投資情報サイトがランクインしており、資産運用の需要もうかがえます。【図1】

【図1】世帯年収「1,000万円以上」のユーザー含有率が高いサイトランキング

アプリは「Sansan」がトップ。仕事効率化アプリとゴルフなど趣味系アプリを使いこなす

次に『プチ富裕層』の割合が高いアプリをみてみました。

PCのサイトランキングとは結果が大きく異なっており、トップは名刺管理サービス「Sansan」となっていました。次いで多くランクインしていたのが「CACHATTO Document Viewer」などの仕事効率化アプリとなっていました。手元で気軽に操作できるスマートフォンからも仕事の確認をしているユーザーが多いようです。

また、ヒルトン ホテルの予約やデジタルキーとしても使える「Hilton Honors」やゴルフのスコア管理ができる「ゴルプラ」など、旅行や出張、ゴルフ等の趣味系アプリも多数ランクインしているのが『プチ富裕層』の特徴といえます。【図2】

【図2】世帯年収「1,000万円以上」のユーザー含有率が高いアプリランキング

JALやANA、えきねっとなどのキーワードが検索数の上位に

最後に『プチ富裕層』がよく検索しているキーワードをeMark+Keyword Finderを使って、『全体』と比較してみました【図3】。

トップ10までは『全体』とほぼ同じ結果となっていましたが、11位の「JAL」や15位の「ANA」、25位の「えきねっと」は『全体』の順位よりも上位にランクインしていることがわかりました。アプリランキングでもビジネス系や旅行系のアプリが多くランクインしていることから、出張や旅行などで新幹線や飛行機などの交通機関を利用する機会が多く指名検索していることが考えられます。

また、『全体』と大きく順位の差が開いたのは29位の『楽天証券』と34位の『ICLOUD』、35位の『一休』でした。

※『全体』順位とは属性でターゲットを絞らずモニター合計でのランキングを指す

【図3】世帯年収「1,000万円以上」のユーザーが検索しているキーワードランキング

調査概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービスeMark+を使用し、アンケート調査にて世帯年収が「1,000万円以上」と回答した人の、2019年4月度の実際のネット行動ログデータを分析しました。
※サイト訪問者数は、PCのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
※アプリユーザー数は、Androidスマートフォンでのインストールおよび起動を集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
※アプリ名、カテゴリはGooglePlayのアプリカテゴリに準拠。
※集計期間:2019年4月

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

スマホやタブレットで欲しい商品を検索し、その場ですぐに購入できる時代になりました。 このようなライフスタイルの変化に伴い、特にアパレル業界のオムニチャネル戦略(ネットや店舗などあらゆるチャネルで顧客との接点をもつ販売戦略のこと)が求められています。アパレル業界はトレンドの移り変わりが激しく、商品をどれだけユーザーの目に触れさせるかが命運を分けることになるからです。 今回は、アパレル業界のオムニチャネル戦略について、いくつかのブランドを例に挙げて傾向とトレンドを分析します。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年11月~2019年12月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年11月~2019年12月)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


クラスタの行動に合わせた効率的なユーザーアプローチとは?「料理に対する価値観クラスタのWEB行動調査」レポート

クラスタの行動に合わせた効率的なユーザーアプローチとは?「料理に対する価値観クラスタのWEB行動調査」レポート

料理に関する価値観のアンケート調査を行い、「料理好きルーキーさん」など5つのクラスタに分類。ネットの利用時間帯やよく見るサイト・アプリ、逆にあまり見ないサイト・アプリなどを分析し、クラスタごとにユーザーのWeb行動特徴と獲得施策のアプローチ例をまとめました。(ページ数|33p)


Amazonプライム・ビデオの独走ぶりが明らかに~急速に浸透する動画サブスクの最新事情(1)

Amazonプライム・ビデオの独走ぶりが明らかに~急速に浸透する動画サブスクの最新事情(1)

音楽、自転車、車、家具やテレビにブランドバッグ、居酒屋やコーヒー、ラーメンまで、あっという間に生活へ入り込んだサブスクリプション(サブスク)モデル。なかでもサブスクの先駆者といっていい動画アプリのユーザーは、右肩上がりで増加中です。コンテンツ視聴がお茶の間のテレビからパーソナルでモバイル対応のスマホやタブレットへシフトするなか、動画サブスク市場はどう変化しているのでしょう。市場調査ツール「eMark+」のユーザーログから探ります。


私たちは1ヶ月にいくつのアプリを使っているのか?実際の行動ログから調べてみた

私たちは1ヶ月にいくつのアプリを使っているのか?実際の行動ログから調べてみた

日常生活や仕事に欠かせない便利なツールとなったスマートフォンのアプリ。私たちは無意識のうちに、色々な種類のアプリを使い分けしていますが、1ヶ月にいくつのアプリを使っているのでしょうか。その実態が行動ログを調査することによって、明らかになりました。アプリヘビーユーザーの特徴も分析しました。


最新の投稿


Googleマイビジネスに勝手に登録された!すぐできる対策は?

Googleマイビジネスに勝手に登録された!すぐできる対策は?

Googleマップのスポット情報が勝手に登録されていて、しかも間違っている!という例を見かけます。Googleのスポット情報は誰でも登録できるのが原因です。対策として、スポット情報を管理できる「Googleマイビジネス」にオーナー登録して正確な情報を管理する方法があります。


アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

スマホやタブレットで欲しい商品を検索し、その場ですぐに購入できる時代になりました。 このようなライフスタイルの変化に伴い、特にアパレル業界のオムニチャネル戦略(ネットや店舗などあらゆるチャネルで顧客との接点をもつ販売戦略のこと)が求められています。アパレル業界はトレンドの移り変わりが激しく、商品をどれだけユーザーの目に触れさせるかが命運を分けることになるからです。 今回は、アパレル業界のオムニチャネル戦略について、いくつかのブランドを例に挙げて傾向とトレンドを分析します。


急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

「Googleマイビジネス」のスポットで自分が運営者(オーナー)であることを証明する方法を解説します。多くの場合、スポット情報自体は登録されていて、そのオーナーであることを証明するプロセスになります。


都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

今年話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2020年トレンド予測」。今回のテーマは「今春原宿にオープンする都市型イケア」です。今春オープンのIKEA原宿は日本初の都市型店舗。従来店舗との違いを考察し、トレンドを探ります。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら