医師、看護師、介護福祉士など...医療従事者の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

医師、看護師、介護福祉士など...医療従事者の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

あの職種の人たちがよく訪れるサイトはどこなのでしょうか? アンケート調査から職種がわかっている人のネット行動ログを分析することで、ある特定の職種の人がよく閲覧している特徴的なサイトを把握することができます。今回は『医師』『看護師』『介護福祉士』の人たちがよく見ているサイトを調査しました。


『医師』『看護師』『介護福祉士』のデモグラフィック属性

まずは職種ごとに現れるデモグラフィック属性の違いを見てみましょう。性別・年齢を職種ごとに集計した以下のグラフをご覧ください。男女比に着目すると、全体と比較して『医師』職では男性割合が約80%と、男性が非常に多い傾向を示しています。逆に、『看護師』『介護福祉士』は女性割合がそれぞれ約86%、67%と女性が多いとが分かりました。

また年代に着目すると、『医師』『看護師』は30代、40代の割合が高く、『介護福祉士』は20代の割合が少ないことがわかりました。

『医師』の人が特徴的に利用しているサイト

では、『医師』の人に特徴的にみられているサイトTOP10を見ていきましょう。

『医師』の人に最も特徴的に見られていたサイトは、「エムスリー」でした。最新の医療ニュースから、医師や看護師向けのコラムを用意したサイトであり、医療従事者のみしか閲覧できないサイトとなっています。このサイトだけでなく、2位の「日経メディカルオンライン」、4位の「ケアネット」も医療従事者しかログインできないサイトとなっており、医師が特徴的に見るサイトとして納得の結果となりました。

上記で紹介したサイトでも最新の論文情報ニュースなどを扱うようですが、『医師』の人は、学術論文の領域に特化したサイトも特徴的に閲覧しているようです。3位にランクインしたのは、国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST) が日本の科学技術情報の電子ジャーナル出版を推進する J-stage、8位にランクインしたのは国立情報学研究所(NII)が提供する文献情報・学術情報検索サービスCiNiiでした。学術論文検索検索サービスの他にも、遺伝子、タンパク質などの医学に関する情報が統合された百科事典サイトKEGG (Kyoto Encyclopedia of Genes and Genomes)が5位にきました。

『看護師』の人が特徴的に利用しているサイト

『看護師』の方に最も特徴的に見られていたのは、「看護roo!」でした。看護師のためのコミュニティサイトであり、看護師のための掲示板やWEBマガジン、更には転職サポートといったサービスを提供しています。求人・転職サイトは他にも多くランクインしており、看護のお仕事(2位)、医療ワーカー(3位)、ナース人材バンク(4位)、ナースフル(5位)、マイナビ看護師(9位)などが見られました。慢性的に看護師の数が不足している状況に加え、体力的にハードな職場環境(夜勤が多い等)が、看護師の転職を促進し、その傾向がこのサイトランキングに反映されたのかもしれません。

6位には看護師・ナース用品の通販サイト「アンフェミエ」がランクイン。ナースシューズ、ナースサンダル、白衣などをこのサイトで買い揃えている様子がうかがえます。

『介護福祉士』の人が特徴的に利用しているサイト

最後に、『介護福祉士』の人に特徴的にみられているサイトTOP10を見ていきましょう。

『介護福祉士』の人に最も特徴的に見られていたのは、老人ホーム検索サイト「みんなの介護」でした。老人ホームの検索サイトにも関わらず介護福祉士の人が集まっていた理由は、介護に関する悩み・相談を共有する掲示板、みんなの介護コミュニティが存在するからでしょう。LIFULL介護も老人ホーム検索サイトではありますが、4位にランクイン。コンテンツでは、介護関係者のためのお役立ちガイドがよく閲覧されていました。

『看護師』に続いて、『介護福祉士』でも求人・転職サイトが多くランクインしており、カイゴワーカー(2位)、カイゴジョブ(3位)、介護のお仕事(10位)が見られました。看護師と同様に転職を考える人が多いのかもしれません。

いかがでしたでしょうか。職種によって、利用しているサイトも傾向が異なることがわかりますね。どんなサイトをよく見ているかで、その人のライフスタイルが垣間見えます。医療関係者の友人を思い浮かべながらこの記事を読むと、新しい発見があるかもしれません。

調査概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国モニター会員の協力により得られたネット行動ログとユーザー属性情報を紐付けたデータから、アンケート調査にて職種が『医師』『看護師』『介護福祉士』と回答した人の、2019年1月~6月のネット行動ログデータを分析しました。

職種別に特徴的なサイトを調べるため、以下のように定義したリーチ差をサイト毎に算出しました。値が大きいほど全体と比較してその職種の方がよく見ているサイトを示しており、リーチ差上位10サイトを抜粋しました。

※サイト分類のカテゴリは、ヴァリューズが独自に定義しています。

※アンケート調査は性年代別人口とネット利用率に合わせたウェイトバック集計をおこなっています。

※本記事では『介護福祉士、ヘルパー』と回答した人を『介護福祉士』と省略しています。

関連記事

広報、事務、経理、商品管理…オフィスワーク系の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

https://manamina.valuesccg.com/articles/749

あの職種の人たちがよく訪れるサイトはどこなのでしょうか? アンケート調査から職種が分かっている人のネット行動ログを分析することで、ある特定の職種の人がよく閲覧している特徴的なサイトを把握することができます。今回は『広報』『事務』『経理』『商品管理』の人たちがよく見ているサイトを調査しました。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を比較してみた

ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を比較してみた

日本国内においての検索エンジンと言えば、GoogleとYahoo!。さらに、この2トップで国内の検索エンジンシェアの9割を超えているとも言われています。普段の検索にGoogleをよく使う人とYahoo!をよく使う人、特徴の違いはあるのでしょうか?今回はGoogleとYahoo!の検索ユーザーについて調査・分析してみました。


【9/16(水)】新たな発見・次の打ち手に繋げるためにユーザー行動をどう読み解くか?~WEB行動ログデータを活用した事例と手法~【オンラインセミナー】

【9/16(水)】新たな発見・次の打ち手に繋げるためにユーザー行動をどう読み解くか?~WEB行動ログデータを活用した事例と手法~【オンラインセミナー】

新たな発見・次の打ち手に繋げるためにユーザー行動をどう読み解くか?<br>~WEB行動ログデータを活用した事例と手法~


ウィズコロナ時代の新たなビジネス機会を発見する「Listening型リサーチ」とは|セミナーレポート

ウィズコロナ時代の新たなビジネス機会を発見する「Listening型リサーチ」とは|セミナーレポート

私たちの消費行動を大きく動かした新型コロナ。観光業や外食産業を中心に多くの事業者が経営不振に苦しむ一方で、コロナ禍需要を掴んだ新たなビジネスが頭角を現しています。 このような中、企業ではウィズコロナ時代に向けた新たなビジネス開拓が活発化。しかし、コロナ禍で変わり果てた社会において、従来のリサーチ手法では潜在ニーズやビジネス機会を見つけ出すことが困難だという声も聞かれます。 8/28,9/9にヴァリューズが開催したオンラインセミナーでは、新しいビジネス機会を発見するための手法として、「Web行動ログを活用したListening型のリサーチ手法」を紹介。有効なアプローチやプロセスを紐解きました。本稿はそのレポートをお届けします。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年7月~2020年8月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年7月~2020年8月)

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2020年8月のアプリインストール数1位は、厚生労働省が配布している新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) でした。


withコロナで変化する消費者意識を調査 ~ 増えた在宅時間を有意義に活用したい「自粛ポジティブ派」が約7割に

withコロナで変化する消費者意識を調査 ~ 増えた在宅時間を有意義に活用したい「自粛ポジティブ派」が約7割に

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女10,003人を対象に、新型コロナウイルス感染拡大前後での在宅時間の増減と、在宅時間増加による行動や意識変化をアンケートにて調査しました。


最新の投稿


【アーカイブ視聴】ウィズコロナ時代のウェブサイト大全|ヴァリューズ×イノーバ×Kaizen Platform共催ウェビナー

【アーカイブ視聴】ウィズコロナ時代のウェブサイト大全|ヴァリューズ×イノーバ×Kaizen Platform共催ウェビナー

行動分析、コンテンツマーケティング、UI改善までウェブの専門家が大集合。 <br><br>※本セミナーは2020年9月15日に開催されましたが、動画にて視聴頂けます。ご興味を持っていただけましたら、記事下部のフォームよりお申し込みください。お申し込み後、視聴URL(YouTube)をお送りいたします。


副業やクラウドソーシングが伸びている実態とは?大手2サイトのユーザー層の最新トレンドを探る

副業やクラウドソーシングが伸びている実態とは?大手2サイトのユーザー層の最新トレンドを探る

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により、企業や個人の経済活動にとって大きな変革の年となりました。その中でも関心と需要の高まりを見せている「クラウドソーシング」の分野について、国内の2サイトを分析対象として、利用ユーザーの動向をデータから紐解いていきます。


急上昇ワードに“渋滞情報”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/20~2020/9/26)

急上昇ワードに“渋滞情報”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/20~2020/9/26)

2020年9月20日~9月26日週の検索急上昇ワードでは、4連休のシルバーウィークだったため「渋滞情報」の検索が久しぶりに急増。今年一番の人出となった観光地も全国各地でみられたようです。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を比較してみた

ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を比較してみた

日本国内においての検索エンジンと言えば、GoogleとYahoo!。さらに、この2トップで国内の検索エンジンシェアの9割を超えているとも言われています。普段の検索にGoogleをよく使う人とYahoo!をよく使う人、特徴の違いはあるのでしょうか?今回はGoogleとYahoo!の検索ユーザーについて調査・分析してみました。


AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

画像やテキストなどの非構造データのデータ解析やデータビジネスプロジェクト構築などを行っているFVIの荻原さんに、AIをマーケティングに活かす事例についてお伺いしました。DXを行うにはAIの活用ができているかが大きなポイントになってきているそう。「データの『タグ付け』で営業やマーケティングが大きく変化する」とはどういうことでしょうか。本稿ではそのインタビュー内容をお伝えします。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング