5Gでできることは何?4Gとの違い5選を詳しく解説!

5Gでできることは何?4Gとの違い5選を詳しく解説!

5Gでできることは?スマホの環境が3Gから4Gに変わった時は、高速なインターネットを楽しめるようになりました。最近は更に「5G」が次世代の技術として注目を集めています。次世代の通信規格5Gが実用化されると、どう違いが出るでしょうか?この記事では、4Gと5Gの違いや5Gで新たにできることを解説します。


5Gとはどのような技術?

最初に5Gとは、どのような技術なのか見ていきましょう。

5Gは数字の違いからも分かりますが、4Gよりも次世代の通信技術となります。移動通信システムは、初期のショルダーフォンで使われていた1Gから始まっており、メールやネットが可能になった2G、動画や見えるようになった3G、さらに高速でネット環境を楽しむことができる4Gと進歩してきました。

さらに5Gの開発の歴史や特徴を見ていきましょう。

5Gの開発は2010年から始まっていた

日本国内では通信システムの開発は、NTTドコモが主になって進められてきています。NTTドコモは2010年頃から5Gの研究をスタートさせていました。2013年にはシミュレーターを展示しており、実際に実験を行い、2016年には20Gbpsを超える通信にも成功しています。

2014年には「第5世代モバイル推進フォーラム」が設立されて、5Gの技術開発や標準化に取り組んでいます。また、韓国の通信大手3社は、2019年4月3日に5Gのサービスを提供し、世界初を主張していました。

5Gが解決してくれること

4Gと比較をすると5Gはより高速で通信をするので、多くの問題点を解決してくれることが期待されます。

例えば現在、人が混みあっているところではインターネットに繋がりにくくなっていることがあります。電波が強いのに、通信がしにくくなっている状態です。

これは、4Gでは1平方キロメートルの中に一定台数の端末のみが接続できるという規約があるためです。定められた以上の端末が接続しようとすると、データ通信に不具合が生じるのです。しかし5Gになると同時接続台数が増えるので、スムーズに通信ができるようになります。この点は後ほど詳しく解説します。

またネット環境が改善されるので、これまでよりも多くのデバイスがインターネットに接続されることでしょう。これまではオフラインだったデバイスも、インターネットに接続されることで、あらゆる情報にアクセスできるように変化します。

5Gの基本を復習!できることや事例、社会に与える影響とは?

https://manamina.valuesccg.com/articles/844

2020年3月末から本格的な運用が始まった新たな通信規格「5G(ゴジー、ファイブジー)」。携帯3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のテレビCMなどでも目にする機会が増えたこのワード、かねてより弊サイト・マナミナでもさまざまな記事をお届けしています。今回はこれまでに紹介した、5Gとはなにかという基礎、5Gでできること、そして実際に活用されている事例までをまとめて紹介ます。

4Gと5Gの違いを端的に説明すると?

4Gと5Gの違いを分かりやすく説明すると

・高速データ通信
・データ送信の遅延
・同時接続台数


の上記の3つの点で改善が見られます。

詳しく見ていきましょう。

高速でデータ通信が可能

高速でデータ通信ができるという点では、4Gでは通信速度は1Gbpsだったものが、5Gでは20Gbpsとなっています。約10倍から20倍の違いがあるのは大きな違いでしょう。インターネット上で動画を再生する時に、動画が停止してしまったり、音声が途切れてしまったりということが少なくなります。

データ送信の遅延が少ない

データ通信をする時の、遅延が少なくなるのも5Gで得られるメリットです。送受信を繰り返すと、微妙な遅延をするのですが、データ送信の際の遅れが少ないのも5Gの技術の特徴でしょう。

4Gでは10ミリ秒というデータの遅れがあったものが、5Gになると1ミリ秒ほどの遅れへと改善。リアルタイムで遠隔操作をする場合などに、スムーズな操作をもたらすなどの恩恵をもたらします。

同時接続台数の向上

同時接続台数が向上するのも、5Gでできることに含まれます。4Gの時には、1キロ平方メートルに10万台という台数制限がありました。しかし5Gでは1キロ平方メートルに100万台の台数制限に変わるのです。

現状の10倍のデバイスを同時に接続することができるので、電波は強いのにデータ通信が遅いといった状況が改善されるでしょう。

省電力でバッテリーが長持ちする

5Gになると、通信の速度が上がるので、通信に使う電力は多くなります。しかし結果として、各社はデバイスの消費電力を抑えるように開発を進めていくこととなるでしょう。

最終的には、これまでよりも省電力なデバイスが開発されることとなり、バッテリーが長持ちする端末が増えることとなるはずです。

5Gでデータ消費量はどう変わる?

大量にデータ通信できるように変化しますので、データ消費量は増えることでしょう。さらに通信設備が整備されていくと、データ通信の量が増えても、データ通信のスピードが速いことや、同時接続台数が増えていくことから不便を感じることがありません。

VR体験などのデータ通信量が多い技術でも、リアルタイムで体験することが可能になります。データ通信量が増えても問題がないほどの、データ通信が可能な5Gだからこそ実現できるのです。

5G時代のマーケティング

5Gになり大容量で通信ができるようになると、生活面にも変化が生じるのでマーケティングにも変化が生じるでしょう。VRなどで架空データを大容量で通信することができたり、自動運転も進歩したりすることが考えられます。

広告に関しても、動画がより一般的になることから、動画広告の質も向上することでしょう。画質の向上からも、動画広告の成果が向上することが予想されます。

5Gになると生活はどう変わる?

続いて、5Gが普及すると私たちの生活はどのように変わっていくのでしょうか。予想される事柄について考えてみましょう。

5Gで何が変わる?私たちの生活に与える影響

https://manamina.valuesccg.com/articles/702

2020年から商用サービスが始まる5G通信。超高速・超低遅延・多数同時接続という特徴を持ち、あらゆるものがインターネットとつながるIoT時代がやってきます。その結果、インフラを始め社会のあちこちで5Gを活用したサービスが始まると予想されています。5Gの普及が社会に与える変化と効果について。

5G時代はデータ消費量が格段に増えていく

まず、通信が高速になる分データ消費量は大幅に増えます。実際に、携帯キャリア各社は5Gサービス開始に伴い、通信量の上限を大幅に引き上げ始めています。ドコモなど、5Gでも通信制限なしの使い放題プランも登場しています。

5G時代は娯楽の多様性がさらに増していく

現在、ネット上の娯楽はYouTubeやNetflixのような「動画コンテンツ」が主流です。5G普及後は画質が大幅に改善し、8K動画をストリーミングで見ることも可能となります。

また、2Dの動画に加えてVRコンテンツも充実していきます。5G通信下では2時間の映画をなんと3秒でダウンロードできるほど、通信速度が上がります。スポーツ観戦のリアルタイムVRのような新しいコンテンツも期待されています。

また、スマホの次に来るものとして、スマートグラスが注目されていますが、 それが一般化すれば5Gと接続して、 AR(Augmented Reality、拡張現実)やMR (Mixed Reality、複合現実)も日常的に楽しめるようになるかもしれません。

※VR・AR・MRの違い
VR(バーチャル・リアリティー)は映像の世界に入り込んだかのような体験ができる技術(仮想現実)。AR(オーグメンテッド・リアリティ)はポケモンGOでも知られるように、現実世界に仮想コンテンツを重ねる技術です(拡張技術)。MR(ミクスト・リアリティ)はVRとARを融合させたような技術です(複合現実)。

ARとMRの違いは、仮想現実の立体性にあります。ポケモンGOを例にとると、ARではポケモンは2Dで表示されるため、近づいたり触れたりすることはできませんが、MRでは仮想現実に奥行きを持たせることができ、モンスターに近づいたり後ろに回り込んだりすることができます。

5G時代は様々な情報がデータ化・数値化される

5Gの特徴である「複数同時接続」により、IoT機器の利用も一般的になります。現在でもスマートスピーカー、エアコン、照明など、ネット接続できるデバイスが増えていますが、その枠がさらなる広がりを見せてくるでしょう。

IoT機器はネットと接続されることで、電源を入れた時間、利用時間、使用位置などのさまざまなデータを逐次記録します。そうして集めたビッグデータをAIが分析し、QOL向上のための提案をしてくれたり、健康管理に役立てたりできます。

IoT機器は「行動・活動のデータ化」を可能にします。すでに保険会社各社はIoT技術を活用して「信用」を可視化する試みを行っています。例えば、自動車保険ではIoT化された自動車を用いて、アクセルの踏み方や運転時間などのデータを集めます。それをもとにして顧客一人ひとりのリスクを洗い出すことで、より正確なリスク計算が可能となります。

5Gになるとビジネス・産業はどう変わる?

続いて、5Gが産業界に与える影響を見ていきましょう。

5G時代のビジネスのキーワードは「XaaS」

「XaaS」とは、SaaS(Software as a Service)、MaaS(Moblity as a Service)、PaaS(Platform as a Service)などの総称です。5Gの発展により、「ハードよりソフト」「所有よりシェア」「モノよりコト」への変化が加速化します。その理由は、社会的背景と技術的背景の2つで説明ができます。

成熟期に入り何でも手に入れられる現代では、所有することの意味が徐々に薄れてつつあります。例えば、かつては「高級車を持っていることがステータス」とされていましたが、最近では「カーシェアを使いこなせた方がスマート」と考える人も増えるなど、所有から利用に価値が移ってきています。

さらに技術的には、多くのサービスやソフトをクラウド上で扱えるようになりました。かつて写真は、フィルムを現像して紙のアルバムに入れて保存するものでした。それが、いつしかデジカメ・スマホが登場し、現在ではクラウドがアルバム替わりです。さらに5Gが一般化すれば、クラウドでできることが格段に増えていくでしょう。社会的背景に加え、技術的な制約がなくなってきたからこそ、今XaaSが注目されているのです。

5G時代には自動車産業、製造業など各分野で革新が起こる

5Gがビジネスに与える影響は業界を問いません。さまざまな産業でイノベーションが起きていくでしょう。例えば、自動車産業。当初は少なかったハイブリッド車も普通になってきたように、自動運転も研究・開発が進む分野です。車に多数のセンサーを設置し、それらを5Gで接続する利用シーンが想定されます。

製造業では「スマートファクトリー」がキーワードです。スマートファクトリーでは、工場のロボットや製造ライン、カメラなど、あらゆるものにセンサーを持たせます。それらのセンサーを5G経由で統合します。それにより必要人員を減らすことができるほか、ヒューマンエラーが減り効率性や危険性、正確性も改善します。

その他にも、医療では5Gを用いた遠隔手術、スポーツビジネスではVR中継やマルチアングル中継、一次産業ではセンサーを使った作物管理など、5Gによってもたらされる変化は各分野に及びます。

過度な期待に注意。5Gの課題はまだ多い

ここまで聞くと「5Gはなんて素晴らしテクノロジーなんだ!」と思う方もいるでしょう。ただ、5Gにも課題はあります。まず導入期で懸念されるのは、そのカバー範囲の狭さです。総務省では「5年以内に50%以上のメッシュで5G高度特定基地局を整備する」としています(メッシュとは全国を10㎞四方で区切ること)。つまり、5年経っても日本の半分しかカバーされない可能性があるということです。

さらに、5Gの電波は4Gよりも飛距離がなく、障害物にも弱いという弱点があります。建物内だと電波が入りにくかったり、基地局の少ない場所では電波が届かなかったりする場合もあります。そのため、基地局を多数設置しなければなりません。

そのほかのリスクとしては、「5Gの電波が健康被害を及ぼすのではないか?」という議論もあります。ただこの議論については、まだ科学的根拠が薄く、漠然とした不安の域を出ていないのが現状です。

5Gで健康被害という話をどう解釈すればよいか?

https://manamina.valuesccg.com/articles/700

携帯の電波が5Gになる時代が近づいています。便利になる一方、健康被害を懸念する声もあり、ムクドリ大量死のデマや科学者による警告、WHOが携帯の発がん性を認めたなど玉石混交で、一般人には判断が難しい所があります。WELQ問題や東日本大震災後のデマの教訓を踏まえ、第三者に科学的に検証されているかが大事です。

5Gになると、通信速度向上にとどまらず、生活全般が変わる!

5Gは大容量で、同時接続台数も多く、様々なデバイスが接続できる技術として注目されています。現在よりもさらに多くのデバイスが接続されることとなると、家電や自動車などの今までは考えられないデバイスもインターネット接続されることでしょう。

通信システムの変化は、私たちの生活を大きく変化させます。これからの5G技術や設備の進歩に期待です。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


5G 情報・通信

関連する投稿


大手ラジオ局のファン層はどう違うのか?Webサイトのユーザー属性からポジショニングの違いを考察

大手ラジオ局のファン層はどう違うのか?Webサイトのユーザー属性からポジショニングの違いを考察

最近注目が集まる音声コンテンツ市場。「耳の暇」の解消という切り口が以前から指摘されていましたが、新型コロナによる社会変化の影響もあいまって、ラジオもじわじわと人気が高まってきています。本記事では、市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を使用し、大手ラジオ局のWebサイトユーザー数やその属性から、各社のファン層を分析しました。


withコロナのシェアエコ市場のデータを調査。戦略シフトで実は会員や売上を伸ばしていたサービスも

withコロナのシェアエコ市場のデータを調査。戦略シフトで実は会員や売上を伸ばしていたサービスも

新型コロナの影響で、シェアリングエコノミーのサービスは接触リスクを伴うことが懸念されていました。しかし、コロナ需要に合わせて戦略をシフトしたいくつかのサービスは、新たな価値を築きつつあるといいます。本稿では、そんなシェアエコ市場に着目。市場分析ツール「eMark+」を使い、「スペースマーケット」「タイミー」「ココナラ」「メルカリ」の4サービスの最新動向を分析します。


「コロナ影響下での『格安スマホ』『格安SIM』検索、ユーザー属性の動向調査」レポート

「コロナ影響下での『格安スマホ』『格安SIM』検索、ユーザー属性の動向調査」レポート

新型コロナウイルスの感染拡大により、以前にも増して私たちの生活に欠かせない存在となったインターネット通信。対面を避けて人と人とを繋ぎ、仕事や学習面でも大きな役割を果たしています。そんな通信業界の中でも近年市場を拡大し続けている『格安スマホ』『格安SIM』に着目し、eMark+を用いて人々の意識の変化を分析しました。(ページ数|9p)


経済圏確立へキャリアが向かう道|金融編(2) ペイとの親和性は?

経済圏確立へキャリアが向かう道|金融編(2) ペイとの親和性は?

金融編第1回では各社の戦略を概観し、銀行と証券/資産運用サービスの利用状況から金融事業に関し一日の長がある楽天をKDDI(au)が追う構図を確認しました。今回はそうした動向をふまえつつ金融事業の主戦場である決済アプリバトルのその後、そして金融事業の相乗効果を考察してみます。


経済圏確立へキャリアが向かう道|金融編(1) 銀行・証券は楽天に一日の長

経済圏確立へキャリアが向かう道|金融編(1) 銀行・証券は楽天に一日の長

通信キャリアの経済圏確立へ向けた動向について、通信領域編、EC編に続いて今回は金融領域を分析してみます。通話や電話帳、予定表、メッセージや会議、ネット、ECそして出前での支払い、定期券、家計簿、健康管理..と生活にまつわるあらゆる機能を集約しつつあるスマートフォン。お財布を忘れるよりスマホを忘れた方が切実なほど身近な存在です。ペイバトルがほぼ通信キャリアへ集約されつつあるのも、まさにその生活密着度に根ざした顧客基盤、そして様々なサービスを通じポイント流通のしかけを作りやすい点が強みといえるでしょう。各社が通信(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)、EC(楽天)というコア事業に加え注力する金融領域について動向を探ってみましょう。


最新の投稿


【11/6(金)】ヴァリューズ×ACD×CCI共催オンラインセミナー 「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」

【11/6(金)】ヴァリューズ×ACD×CCI共催オンラインセミナー 「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」

「これから始める中国・越境EC ~重要ポイントを徹底解説~」をテーマに、弊社、株式会社ACD、株式会社サイバー・コミュニケーションズ3社共催オンラインセミナーを無料開催します。


「Go To Eat」開始で消費者はどう動いた?検索ワードとグルメサイトから実態を調査!

「Go To Eat」開始で消費者はどう動いた?検索ワードとグルメサイトから実態を調査!

コロナショックからの飲食業界の景気回復を狙った「Go To Eatキャンペーン」が、10月からスタートしました。おトクに外食ができる機会として注目を集めていますが、キャンペーンは食事券とポイント付与の2つで構成され、地域ごとに開始時期やルールが異なるため、正しく利用するには情報収集が必要です。それらを複雑・面倒に感じるという声もあり、消費者によって温度差がある印象を受けます。本稿では、そんな今話題の「Go To Eatキャンペーン」に着目。ヴァリューズが提供する市場分析ツール「Dockpit」を使い、消費者の関心を探るとともに、ポイント付与対象のグルメ予約サイトの動向を分析します。


コードはもう書かない!?「ノーコード」のサービスやメリット・デメリットとは…検索者属性から関心層の実態も調査

コードはもう書かない!?「ノーコード」のサービスやメリット・デメリットとは…検索者属性から関心層の実態も調査

エンジニアではない人にとって、これまでプログラミングによるプロダクト開発は縁遠いものでした。しかし、いまや非エンジニアも簡単にプロダクトを開発できる時代になっています。それを可能にしたのが「ノーコード」。今回はそんなノーコードについてデータ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」のキーワード分析機能を使い、関心を持つユーザーを深堀りしていきます。


月々定額で新車に乗れる車のサブスクとは?メーカー各社も参入!

月々定額で新車に乗れる車のサブスクとは?メーカー各社も参入!

月々定額でサービスを利用する「サブスクリプション」の流れは車にも及んでいます。新車の購入に比べ、初期費用が抑えられる、車の乗り換えが簡単で、車の維持にまつわる諸手続きが軽減されるなどの特徴があります。最近では、トヨタ・ホンダなどメーカー各社も車のサブスクに参入しています。


拡大するシニア市場のマーケティングに必要な消費者理解とは |シニア、フレイル・プレフレイル市場に関するセミナーレポート

拡大するシニア市場のマーケティングに必要な消費者理解とは |シニア、フレイル・プレフレイル市場に関するセミナーレポート

増加する日本の65歳以上の人口は既に約3600万人と、「シニアマーケット」はその存在感を大きく増しています。しかし、そのうち特に生活の実態が見えづらいと言われる「フレイル・プレフレイル市場」。この「フレイル・プレフレイル」を中心にシニア市場を考察するセミナーが、10月2日に開催されました。ヴァリューズとシニア市場のマーケティングプラットフォームサービスを提供するリクシスが、共同して行ったアンケートを中心とした定量的な分析と、Web行動ログを活用した分析の両面から調査を行った結果を解説。そのセミナーの様子をレポートします。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング