【動画で見る】ゲームアプリ人気ランキング(2016年6月〜2019年5月)

【動画で見る】ゲームアプリ人気ランキング(2016年6月〜2019年5月)

新作が次々にリリースされているゲームアプリ。プロモーションやイベントなどで一時的に話題になるものもありますが、結局のところ何が人気なの…?今回は、2016年6月〜2019年5月の3年間で人気のゲームアプリを調査し、ユーザー数の推移を動画で可視化。もはや殿堂入りとも言える“神ゲーアプリ”をご紹介します。


圧倒的なユーザー数で他社の追随を許さない!『ツムツム』

『ツムツム』の人気は非常に安定しており、毎月コンスタントに600万前後のユーザー数を獲得。2014年1月にリリースされてから、期間限定ツムや曲付きツム、ディズニー映画とのコラボ、豊富なイベント開催など、ユーザーに飽きられない仕組みによって不動の1位を誇っています。

ユーザー属性は女性が7割以上、40代が30.4%。「誰かと競ったりソーシャルでつながりすぎないマイペースなかわいいゲーム」がコアなファンを掴んでいるのかも。

リリースと同時に1位を獲得。『ポケモンGO』

日本で『ポケモンGO』の配信が開始されたのは2016年7月22日。各地の“ポケモンの巣”に大勢のユーザーが集まり社会現象となったこの月に、同アプリダウンロード数は1100万UUを達成、ゲームアプリ不動の1位『ツムツム』を一気に突き放す大快挙となりました。その後3ヶ月間は1位をキープしたものの、その後はユーザー数が減少、同年10月に『ツムツム』に1位の座を明け渡すこととなりました。ユーザー数が再び増加し始めたのは翌年6月。ゲーム内“ジム”の新機能リリースおよび“レイドバトル(協力プレイ機能)”の導入を発表したことが影響したと思われます。

ポケモンを集めたり育てたり対戦したりとアクティブなゲームで、ユーザー属性は男性が54.3%。20代が30.2%、40代までの層に支持されているようです(属性比較は記事後半)。

LINE「パズルゲーム」が健闘。『パズドラ』『モンスト』も殿堂入り

続いて3位以下の動きについてまとめます。『ポコポコ』『LINE POP』『LINEバブル』など、LINEゲームが好調。1位、2位とはかなり差はあるものの、少しの空き時間に気軽に遊べるパズルゲームが人気のようです。ユーザー属性は女性が73.5%、40代が36.6%でした(2019年5月の『ポコポコ』ユーザー属性)。

『パズドラ(パズル&ドラゴンズ)』『モンスト(モンスターストライク)』の人気も根強く、どちらもリリースから安定したユーザー数を獲得しています。『モンスト』は2013年10月にリリースされたため、周年イベントを実施する10月はユーザー数が一時的に増加しています。

ユーザー属性はとても類似しており、どちらも男性が約67%、20代が約40%、職業は会社員が約半数。『モンスト』の方が若干、若年層に支持されているようです(属性比較は記事後半)。

任天堂『ポケ森』、急伸するも人気続かず

2017年11月、任天堂よりリリースされた『ポケ森(どうぶつの森ポケットキャンプ)』が2位にランクインしました。同社の人気ゲーム『どうぶつの森』シリーズのスマホ向けアプリとしてリリースされ注目を集めましたが、その人気は続くことはありませんでした。2020年3月にNintendo Switch『あつまれ どうぶつの森』の発売が発表されたことから、スマホよりはNintendo Switchにユーザーの期待が集まっていると考えられます。

最新“神ゲーアプリ”1位〜5位のユーザー属性をまとめて比較!

人気ゲームアプリランキング1位〜5位のユーザー属性をまとめて比較します(対象:2019年5月)。
パズルゲーム『ツムツム』『ポコポコ』が女性比率7割以上、パズルRPG『パズドラ』、RPG『モンスト』は男性比率が約7割でした。『ポケモンGO』は男女比率のバランスが良いようです。

年代は『ツムツム』『ポコポコ』が40代が最多で60歳以上も1割以上、ミドル・シニア層に人気。これに対して『パズドラ』『モンスト』は20代が最多でした。ここでも『ポケモンGO』はバランスよくどの世代にも受け入れられていることがわかります。

職業はどのゲームアプリも会社勤務(一般社員)が多く、特に『パズドラ』『モンスト』は約半数を占めました。一方、『ツムツム』『ポコポコ』はパート・アルバイトが2割以上でやや多く、専業主婦の割合も他のゲームアプリユーザーと比較しておよそ2〜3倍になっています。

通勤途中の男性会社員が『パズドラ』『モンスト』を楽しみ、お母さんが空き時間や待ち時間に子どもと『ツムツム』『ポコポコ』を楽しむ、そんな光景が目に浮かぶようです。

ユーザー属性(性別)
ユーザー属性(年代)
ユーザー属性(職業)

分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、スマホゲームアプリのユーザー数や属性を調査しました。
※アプリユーザー数は、Androidスマートフォンでの起動を集計し、ヴァリューズ保有モニター(20代以上)での出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※ユーザー属性は「eMark+」を使用し2019年5月のネット行動ログデータを分析

自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!

他社サイトのユーザーが見える
市場調査ツール

eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


市場調査 ゲーム アプリ

関連する投稿


消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大

消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大

2018年12月のPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」を端緒に、一気に盛りあがるキャッシュレス決済。10月の消費増税時の還元キャンペーンという商機を勝ち抜くため、交通/流通系、決済サービス、金融各社がユーザー獲得そして囲い込みにしのぎを削っています。アーリーアダプターからアーリーマジョリティへの市場拡大は思惑通りに進むのでしょうか。


【10秒動画でわかる!】Facebook、Twitter、Instagramの過去2年間のアクティブユーザー数まとめ

【10秒動画でわかる!】Facebook、Twitter、Instagramの過去2年間のアクティブユーザー数まとめ

Facebook、Twitter、Instagramは、世界中で多くのユーザーに利用され、3大SNSとも呼ばれています。今回はこれら3大SNSアプリの国内でのユーザー数の推移を動画で可視化しました。 老若男女問わず“インスタ映え”がステータスのひとつになって久しい昨今、若者のFacebook離れがささやかれたりと、SNSの世界は実のところどうなっているの…?利用者の違いや併用状況についてもご紹介します。


急上昇ワードに“AMAZON PRIME”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/8/11~2019/8/17)

急上昇ワードに“AMAZON PRIME”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/8/11~2019/8/17)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


ポケGO、FGO、ツムツム、パズドラ…4大人気ゲームアプリで徹底比較!「ゲームアプリ利用者のユーザープロファイル」レポート

ポケGO、FGO、ツムツム、パズドラ…4大人気ゲームアプリで徹底比較!「ゲームアプリ利用者のユーザープロファイル」レポート

利用者が多い4大人気ゲームアプリ、ポケGO、FGO、ツムツム、パズドラについて、アンケート調査とスマホアプリのログデータを用いてユーザー像を徹底比較。それぞれのユーザー特徴が明らかになりました。(ページ数|25p)


競合サイトのユーザーが丸わかり!Site Analyzerの7つの便利機能とは|eMark+

競合サイトのユーザーが丸わかり!Site Analyzerの7つの便利機能とは|eMark+

市場調査、競合分析が無料で始められる「eMark+(イーマークプラス)」で最もよく利用されている機能「Site Analyzer(サイトアナライザー)」はどんなことができるツール?詳しくご紹介します。


最新の投稿


消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大

消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大

2018年12月のPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」を端緒に、一気に盛りあがるキャッシュレス決済。10月の消費増税時の還元キャンペーンという商機を勝ち抜くため、交通/流通系、決済サービス、金融各社がユーザー獲得そして囲い込みにしのぎを削っています。アーリーアダプターからアーリーマジョリティへの市場拡大は思惑通りに進むのでしょうか。


LPOとは何?最適化をすることでコンバージョン率を向上させる

LPOとは何?最適化をすることでコンバージョン率を向上させる

Webメディアを運営していると、広告をクリックされるのにコンバージョン数の向上が見られないという現状に悩むこともあるでしょう。そんなときは広告の運用方法を見直す他にも、LPOを行うことが効果的かもしれません。では、そもそもLPOの具体的な意味や方法はどのようなものでしょうか?LPOに関する基本的なポイントや、効果のあるLPOについて解説します。


【10秒動画でわかる!】Facebook、Twitter、Instagramの過去2年間のアクティブユーザー数まとめ

【10秒動画でわかる!】Facebook、Twitter、Instagramの過去2年間のアクティブユーザー数まとめ

Facebook、Twitter、Instagramは、世界中で多くのユーザーに利用され、3大SNSとも呼ばれています。今回はこれら3大SNSアプリの国内でのユーザー数の推移を動画で可視化しました。 老若男女問わず“インスタ映え”がステータスのひとつになって久しい昨今、若者のFacebook離れがささやかれたりと、SNSの世界は実のところどうなっているの…?利用者の違いや併用状況についてもご紹介します。


VSEOとは?動画コンテンツから集客する方法

VSEOとは?動画コンテンツから集客する方法

動画コンテンツが普及している昨今では、自社の動画コンテンツを配信し、ターゲットに視聴してもらうことは重要です。いかにニーズを持っている層に、検索で動画を視聴してもらうのかというVSEOを行うことが不可欠となります。この記事では、VSEOとはどのような施策のことを指すのか、またVSEOを行う手順を解説します。


データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

データマーケティングは予算のかかる大規模プロジェクトか?事例で見るスモールスタートを踏み出す方法

データをマーケティングに活かすためにはどうすればよいのでしょうか。このテーマのセッションが「日経クロストレンドFORUM 2019」で行われました。ポイントは「スモールスタート」。大和リゾート株式会社のデータマーケティングのプロジェクト事例が語られます。


メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら