タピオカミルクティーの認知度をアンケート調査!20代女性の8割が認知、4人に1人の女性は「飲んだことがある」

タピオカミルクティーの認知度をアンケート調査!20代女性の8割が認知、4人に1人の女性は「飲んだことがある」

株式会社ヴァリューズのアンケート調査の結果と、「タピオカ」をネット上で検索したモニターのインターネット行動ログから、関心を寄せるキーワードを自然言語処理のWord2Vecを用いて分析しインサイトを探ってみました。タピオカミルクティーの認知度は若い女性を中心に高く、飲んだことのある人の割合も高いことが見えてきました。


街を歩けば必ず見つかる、タピオカミルクティー屋さん。
ひと昔前の流行に比べ、多数のタピオカミルクティーチェーンが生まれ、若い人たちの間で根強い人気を持っているように感じます。

今回は、そんな「タピオカミルクティー」の認知度を調査!

株式会社ヴァリューズのアンケート調査の結果と、「タピオカ」をネット上で検索したモニターのインターネット行動ログから、関心を寄せるキーワードを自然言語処理のWord2Vecを用いて分析しインサイトを探ってみました。

「タピオカミルクティー」の認知度はどれくらい?

まず、タピオカミルクティーが男女それぞれどのくらい認知をされているのか、アンケート調査の結果をまとめてみました。

男性の約50%の割合に対し女性は73%の認知度と、20%もの開きがあります。

男性にも50%の認知度があることも驚きですが、女性の認知度の圧倒的高さには、タピオカミルクティーの人気を感じます。

男女別々に、どの年代の認知度が高いかも合わせて見ていきましょう。

まずは女性から。20代の認知度が80%超えの高認知度でした。それ以降、30代〜50代まであまり認知度が変わらないのを見ると、世代を超えて愛されていると言えるかもしれませんね。

一方男性は、女性と同じく20代の認知度が一番高いものの、世代が上がるにつれて認知度は下がっていきます。

男女で認知度も違えば、世代によっても大きく認知度が変わってくることが見えてきました。

「タピオカミルクティー」を飲んだことがある人の割合は?

続いてはアンケート調査から、「タピオカミルクティーを飲んだことのある人」の結果をまとめてみました。

ここでも認知度と同じように、男女の差が大きく出る結果となりました。
男性は10%未満、女性は24%。女性のおよそ4人に1人は飲んだことがあるようです。

これは20代以上の全世代を含めての結果ですので、高い割合でタピオカミルクティーを飲んだことがある女性がいるということになります。

最近では、甘すぎず飲みやすいタピオカミルクティーも増えてきているので、幅広い世代に好まれるのかもしれませんね。

「タピオカ」と一緒に検索されているのは、作り方やブランド

次に見ていくのは、タピオカと一緒に検索されているワードランキングです。一緒に検索されているワードを見ると、ユーザーのインサイトが見えてきそうです。

1位には「業務スーパー」がランクイン。2位に「作り方」が入っているのも合わせて考えると、業務スーパーなどに売っているタピオカで、手作りのタピオカミルクティーを楽しみたいというユーザーも増えてきているのかもしれません。

4位には「カロリー」が入っており、タピオカミルクティーの甘さや満腹感からカロリーが気になるというユーザーの考えが見えるような気がします。

「コンビニ」「ミスド」などでは、それぞれオリジナルのタピオカミルクティーを出していることもあり、台湾発祥のタピオカミルクティー屋さんなどと肩を並べて、興味を持たれていると考えられます。

「タピオカ」と関連性の近いワードは?

最後に見ていくのは、「ワードネットワーク」というキーワード同士の関連性を示した図。

この図では、検索行動やコンテンツの分析結果から判明した「関連性の近い」ワード同士が結ばれています。

上の図を見てみると、タピオカミルクティーを飲みたい場所、主要都市が繋がっていることがわかります。比較的大きな駅の方が、多数のタピオカミルクティーブランドが集まっていることもあり、それぞれの場所でどのようなブランドがお店を出しているのか、気になるユーザーがいるのかもしれません。

また、「ファミマ」「ミスド」「ゴンチャ」などのタピオカミルクティーを取り扱っているお店がランクインしています。

多くのブランドがある中で、これらは人気を集めているお店と言えるかもしれません。

まとめ

今回は「タピオカミルクティー」の認知度を調査してみました。

認知度や世代別の人気、コンビニなどの参入を見ていると、タピオカミルクティーは若者を中心に幅広い世代に愛されているのではないかと予想できます。

本調査結果を、今後のマーケティング施策に役立てていただけましたら幸いです。

【調査概要】
全国のヴァリューズモニター(20歳以上男女)を対象として、2019年7月16日~7月30日に「ヒットの兆し」に関するアンケート調査を実施しました(回答者13,424人)。
※アンケート調査は性年代別人口とネット利用率に合わせたウェイトバック集計を行っています。
※行動ログ分析対象期間:2019年2月〜2019年7月の検索流入データ
※アンケートはインターネットを利用し興味関心項目を聴取(対象デバイス:スマートフォン)
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測


photo by :pixa bay(https://pixabay.com/

関連する記事

友人との旅行はコスパ重視でSNSやクチコミをチェック ~ 旅行タイプ別の重視点や情報収集媒体をアンケート×ログで調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/562

ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して、2019年の夏に旅行を検討した消費者のネット行動を分析しました。

この記事のライター

フリーランスの編集ライター。食べ物、暮らし、旅のことを中心に執筆。夏はパリとオレゴン、冬はサンディエゴに住む暮らしを夢見ています。

関連する投稿


Webサイト分析ってどうやるの? 1年目の広告プランナー・坂山華がファッションECサイトを分析します

Webサイト分析ってどうやるの? 1年目の広告プランナー・坂山華がファッションECサイトを分析します

広告代理店の新人プランナーが競合サイト分析ツール「eMark+」を使いながら、市場・競合調査の考え方と方法を学んでいく「データマーケティング成長記」企画です。第2回となる今回は、特定サイトを分析する際に必要な視点を学び、実際にファッションEC主要3サイトの調査を行います。坂山華さんが一歩ずつ学んでいく様子を見守りましょう。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年10月~2019年11月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年10月~2019年11月)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


スター・ウォーズ 完結編『スカイウォーカーの夜明け』の最新動向を検索データから探る

スター・ウォーズ 完結編『スカイウォーカーの夜明け』の最新動向を検索データから探る

前作の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』から2年、シリーズ第9作品目である『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開が2019年12月20日に迫りました。1977年公開の『新たなる希望』から40年以上に渡り愛されてきたスター・ウォーズシリーズの完結編と言われている『スカイウォーカーの夜明け』について、世の中の関心度や前作『最後のジェダイ』との比較、ファン層の属性などを、検索キーワードツールeMark+を用いて探ります。


食材宅配サービス市場を調査。Oisixがユーザー数1位、パルシステム、コープデリが拮抗して続く

食材宅配サービス市場を調査。Oisixがユーザー数1位、パルシステム、コープデリが拮抗して続く

自然派食材の「Oisix」、生協が提供する「パルシステム」「コープデリ」など人気上位の食宅サービスを調査し、それぞれの月次ユーザー推移と、性別・年代別・子供有無といったユーザー属性を分析しました。


急上昇ワードに“流行語大賞”“年賀状”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/12/1~2019/12/7)

急上昇ワードに“流行語大賞”“年賀状”など...「週間」検索キーワードランキング(2019/12/1~2019/12/7)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


最新の投稿


発展要因や業界モデルを解説!「中国におけるソーシャルコマース業界調査」レポート

発展要因や業界モデルを解説!「中国におけるソーシャルコマース業界調査」レポート

拡大を続ける中国のソーシャルコマース業界。その発展要因と市場動向、代表的企業や業界モデルなどを調査レポートにまとめました。(ページ数|20p)


Webサイト分析ってどうやるの? 1年目の広告プランナー・坂山華がファッションECサイトを分析します

Webサイト分析ってどうやるの? 1年目の広告プランナー・坂山華がファッションECサイトを分析します

広告代理店の新人プランナーが競合サイト分析ツール「eMark+」を使いながら、市場・競合調査の考え方と方法を学んでいく「データマーケティング成長記」企画です。第2回となる今回は、特定サイトを分析する際に必要な視点を学び、実際にファッションEC主要3サイトの調査を行います。坂山華さんが一歩ずつ学んでいく様子を見守りましょう。


「業界別」アプリランキング - パズルゲーム編 -

「業界別」アプリランキング - パズルゲーム編 -

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、アプリランキングを作成しました。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年10月~2019年11月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年10月~2019年11月)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


スター・ウォーズ 完結編『スカイウォーカーの夜明け』の最新動向を検索データから探る

スター・ウォーズ 完結編『スカイウォーカーの夜明け』の最新動向を検索データから探る

前作の『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』から2年、シリーズ第9作品目である『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の公開が2019年12月20日に迫りました。1977年公開の『新たなる希望』から40年以上に渡り愛されてきたスター・ウォーズシリーズの完結編と言われている『スカイウォーカーの夜明け』について、世の中の関心度や前作『最後のジェダイ』との比較、ファン層の属性などを、検索キーワードツールeMark+を用いて探ります。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら