タピオカミルクティーの認知度をアンケート調査!20代女性の8割が認知、4人に1人の女性は「飲んだことがある」

タピオカミルクティーの認知度をアンケート調査!20代女性の8割が認知、4人に1人の女性は「飲んだことがある」

株式会社ヴァリューズのアンケート調査の結果と、「タピオカ」をネット上で検索したモニターのインターネット行動ログから、関心を寄せるキーワードを自然言語処理のWord2Vecを用いて分析しインサイトを探ってみました。タピオカミルクティーの認知度は若い女性を中心に高く、飲んだことのある人の割合も高いことが見えてきました。


街を歩けば必ず見つかる、タピオカミルクティー屋さん。
ひと昔前の流行に比べ、多数のタピオカミルクティーチェーンが生まれ、若い人たちの間で根強い人気を持っているように感じます。

今回は、そんな「タピオカミルクティー」の認知度を調査!

株式会社ヴァリューズのアンケート調査の結果と、「タピオカ」をネット上で検索したモニターのインターネット行動ログから、関心を寄せるキーワードを自然言語処理のWord2Vecを用いて分析しインサイトを探ってみました。

「タピオカミルクティー」の認知度はどれくらい?

まず、タピオカミルクティーが男女それぞれどのくらい認知をされているのか、アンケート調査の結果をまとめてみました。

男性の約50%の割合に対し女性は73%の認知度と、20%もの開きがあります。

男性にも50%の認知度があることも驚きですが、女性の認知度の圧倒的高さには、タピオカミルクティーの人気を感じます。

男女別々に、どの年代の認知度が高いかも合わせて見ていきましょう。

まずは女性から。20代の認知度が80%超えの高認知度でした。それ以降、30代〜50代まであまり認知度が変わらないのを見ると、世代を超えて愛されていると言えるかもしれませんね。

一方男性は、女性と同じく20代の認知度が一番高いものの、世代が上がるにつれて認知度は下がっていきます。

男女で認知度も違えば、世代によっても大きく認知度が変わってくることが見えてきました。

「タピオカミルクティー」を飲んだことがある人の割合は?

続いてはアンケート調査から、「タピオカミルクティーを飲んだことのある人」の結果をまとめてみました。

ここでも認知度と同じように、男女の差が大きく出る結果となりました。
男性は10%未満、女性は24%。女性のおよそ4人に1人は飲んだことがあるようです。

これは20代以上の全世代を含めての結果ですので、高い割合でタピオカミルクティーを飲んだことがある女性がいるということになります。

最近では、甘すぎず飲みやすいタピオカミルクティーも増えてきているので、幅広い世代に好まれるのかもしれませんね。

「タピオカ」と一緒に検索されているのは、作り方やブランド

次に見ていくのは、タピオカと一緒に検索されているワードランキングです。一緒に検索されているワードを見ると、ユーザーのインサイトが見えてきそうです。

1位には「業務スーパー」がランクイン。2位に「作り方」が入っているのも合わせて考えると、業務スーパーなどに売っているタピオカで、手作りのタピオカミルクティーを楽しみたいというユーザーも増えてきているのかもしれません。

4位には「カロリー」が入っており、タピオカミルクティーの甘さや満腹感からカロリーが気になるというユーザーの考えが見えるような気がします。

「コンビニ」「ミスド」などでは、それぞれオリジナルのタピオカミルクティーを出していることもあり、台湾発祥のタピオカミルクティー屋さんなどと肩を並べて、興味を持たれていると考えられます。

「タピオカ」と関連性の近いワードは?

最後に見ていくのは、「ワードネットワーク」というキーワード同士の関連性を示した図。

この図では、検索行動やコンテンツの分析結果から判明した「関連性の近い」ワード同士が結ばれています。

上の図を見てみると、タピオカミルクティーを飲みたい場所、主要都市が繋がっていることがわかります。比較的大きな駅の方が、多数のタピオカミルクティーブランドが集まっていることもあり、それぞれの場所でどのようなブランドがお店を出しているのか、気になるユーザーがいるのかもしれません。

また、「ファミマ」「ミスド」「ゴンチャ」などのタピオカミルクティーを取り扱っているお店がランクインしています。

多くのブランドがある中で、これらは人気を集めているお店と言えるかもしれません。

まとめ

今回は「タピオカミルクティー」の認知度を調査してみました。

認知度や世代別の人気、コンビニなどの参入を見ていると、タピオカミルクティーは若者を中心に幅広い世代に愛されているのではないかと予想できます。

本調査結果を、今後のマーケティング施策に役立てていただけましたら幸いです。

【調査概要】
全国のヴァリューズモニター(20歳以上男女)を対象として、2019年7月16日~7月30日に「ヒットの兆し」に関するアンケート調査を実施しました(回答者13,424人)。
※アンケート調査は性年代別人口とネット利用率に合わせたウェイトバック集計を行っています。
※行動ログ分析対象期間:2019年2月〜2019年7月の検索流入データ
※アンケートはインターネットを利用し興味関心項目を聴取(対象デバイス:スマートフォン)
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測


photo by :pixa bay(https://pixabay.com/

関連する記事

友人との旅行はコスパ重視でSNSやクチコミをチェック ~ 旅行タイプ別の重視点や情報収集媒体をアンケート×ログで調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/562

ネットユーザーの行動ログとデモグラフィック(属性)情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用して、2019年の夏に旅行を検討した消費者のネット行動を分析しました。

家飲みブームで人気を集める「缶レモンサワー」のポジショニングを検索キーワードから分析

https://manamina.valuesccg.com/articles/780

昨今の家飲みブームで人気を集めているのが缶レモンサワー。コンビニやスーパーでも他のフレーバーの缶サワーと比べて種類も多く、中には品切れで入荷が待たれる人気商品も。今回はそんな缶レモンサワーについて、各社の人気商品やユーザーの注目傾向などについて、検索キーワードから分析します。

ファミマも売り始めたビーガン向け商品は今後の食トレンドとなるか?検索者は家庭で試せるレシピに興味

https://manamina.valuesccg.com/articles/886

ヨーロッパやアメリカで取り入れられているライフスタイル「ビーガン」について、健康志向の高まりやインバウンドの増加などの影響から、日本国内でも目にする機会が増えてきています。本稿では、ビーガンに対してどのように関心が寄せられているのか、検索キーワードや人気コンテンツから実態を調査しました。

この記事のライター

フリーランスの編集ライター。食べ物、暮らし、旅のことを中心に執筆。夏はパリとオレゴン、冬はサンディエゴに住む暮らしを夢見ています。

関連するキーワード


市場調査 食品・飲料

関連する投稿


「ネットオークションサイト内のカテゴリ別動向調査」レポート

「ネットオークションサイト内のカテゴリ別動向調査」レポート

不用品の整理やお小遣い稼ぎに便利なネットオークション。どのような人が利用し、どんな商品に人気が集まっているのでしょうか。ネットオークション業界の現状と人気カテゴリについて、eMark+を用いて分析したレポートです。(ページ数|8p)


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年5月~2020年6月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年5月~2020年6月)

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2020年6月のアプリインストール数1位は、厚生労働省が配布している新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) でした。2位は総務省が出しているマイナポイントの予約・申込を行うことができるアプリ「マイナポイント」。2020年9月以降、キャッシュレス決済で最大25%のポイント還元が得られる「マイナポイント」の申込が7月1日からスタートのため、事前にマイナポイントアプリをインストールするユーザーが急増したと考えられます。


経済圏確立へキャリアが向かう道|金融編(2) ペイとの親和性は?

経済圏確立へキャリアが向かう道|金融編(2) ペイとの親和性は?

金融編第1回では各社の戦略を概観し、銀行と証券/資産運用サービスの利用状況から金融事業に関し一日の長がある楽天をKDDI(au)が追う構図を確認しました。今回はそうした動向をふまえつつ金融事業の主戦場である決済アプリバトルのその後、そして金融事業の相乗効果を考察してみます。


経済圏確立へキャリアが向かう道|金融編(1) 銀行・証券は楽天に一日の長

経済圏確立へキャリアが向かう道|金融編(1) 銀行・証券は楽天に一日の長

通信キャリアの経済圏確立へ向けた動向について、通信領域編、EC編に続いて今回は金融領域を分析してみます。通話や電話帳、予定表、メッセージや会議、ネット、ECそして出前での支払い、定期券、家計簿、健康管理..と生活にまつわるあらゆる機能を集約しつつあるスマートフォン。お財布を忘れるよりスマホを忘れた方が切実なほど身近な存在です。ペイバトルがほぼ通信キャリアへ集約されつつあるのも、まさにその生活密着度に根ざした顧客基盤、そして様々なサービスを通じポイント流通のしかけを作りやすい点が強みといえるでしょう。各社が通信(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)、EC(楽天)というコア事業に加え注力する金融領域について動向を探ってみましょう。


コロナ影響で『隙間時間』が増加「オンライン教育サイトに大人も注目」レポート

コロナ影響で『隙間時間』が増加「オンライン教育サイトに大人も注目」レポート

新型コロナウイルスの蔓延により、私たちの生活様式は大きく変化しました。在宅勤務の推奨により通勤時間が短縮されたり、外出自粛に伴い家で過ごす時間が増えたことで生まれた隙間時間。そんな時間を活用し、オンラインでスキルアップを目指す人々が増えているようです。eMark+を用いて、大人向けオンライン教育サイトの変化を分析しました。(ページ数|7p)


最新の投稿


ライオンが中国の生活者の意外なインサイトを掴んだオンラインチャット調査とは? 越境ECの取り組みを聞いてみた

ライオンが中国の生活者の意外なインサイトを掴んだオンラインチャット調査とは? 越境ECの取り組みを聞いてみた

伸長する中国市場への越境ECを伸ばしていきたい国内各社ですが、中国消費者の購買行動や嗜好をつかむのに手間取り、適切な商品開発やマーケティングができていない場合も多い状況。そこでライオン株式会社ではヴァリューズの中国オンラインチャット調査を使用し中国の生活者の実態把握を行いました。ライオンでリサーチ業務に携わる高木優さん、ヴァリューズの姜に取材します。


急上昇ワードに“GOTOキャンペーン”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/5~2020/7/11)

急上昇ワードに“GOTOキャンペーン”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/5~2020/7/11)

2020年7月5日~7月11日週の検索急上昇ワードでは、観光庁が新型コロナウイルスで急減した消費を喚起するため、トラベル事業について7月22日から旅行代金の割引を先行的に開始すると発表した「Go To キャンペーン」に注目。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


注目集まるD2Cのペット用品事例

注目集まるD2Cのペット用品事例

メーカーが消費者と直接取引をするビジネスモデル「D2C」が注目されています。健康志向を受けて拡大するペット用品の分野でも、国内外でD2Cの事例が出ています。


「ネットオークションサイト内のカテゴリ別動向調査」レポート

「ネットオークションサイト内のカテゴリ別動向調査」レポート

不用品の整理やお小遣い稼ぎに便利なネットオークション。どのような人が利用し、どんな商品に人気が集まっているのでしょうか。ネットオークション業界の現状と人気カテゴリについて、eMark+を用いて分析したレポートです。(ページ数|8p)


変化の激しい週次キーワードデータから“旬の”トレンドを読み解く|検索急上昇ワードをリサーチ vol.2

変化の激しい週次キーワードデータから“旬の”トレンドを読み解く|検索急上昇ワードをリサーチ vol.2

「検索急上昇ワードをタイムリーにリサーチ。週次キーワードデータの有効な活用法は?」の第二弾。株式会社ヴァリューズの保有するネット行動ログデータのうち、6月15日〜21日の検索急上昇ワードをTableauで可視化し、切り出したデータから見えるトレンドを、マナミナ編集部が株式会社ヴァリューズ副社長・後藤賢治と、データマーケティング局マネジャー・入場紀明にインタビューしました。今回はどんなワードが出現するでしょうか。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら