家飲みブームで人気を集める「缶レモンサワー」のポジショニングを検索キーワードから分析

家飲みブームで人気を集める「缶レモンサワー」のポジショニングを検索キーワードから分析

昨今の家飲みブームで人気を集めているのが缶レモンサワー。コンビニやスーパーでも他のフレーバーの缶サワーと比べて種類も多く、中には品切れで入荷が待たれる人気商品も。今回はそんな缶レモンサワーについて、各社の人気商品やユーザーの注目傾向などについて、検索キーワードから分析します。


よく検索されるのはサントリー「こだわり酒場のレモンサワー 」

まず、「レモンサワー」「レモンハイ」と同時に検索されたキーワードのランキングをご紹介します。下表のように、商品名に入っているサントリー社の「こだわり酒場のレモンサワー」またはその関連キーワード(サントリー、梅沢富美男)がランクインしました。

「レモンサワー」「レモンハイ」同時検索キーワードランキング

「レモンサワー」「レモンハイ」同時検索キーワードランキング

期間:2018年3月〜2020年2月
デバイス:PC

また、「レモンサワー」検索後のランディングページは1位、2位がレモンサワーの作り方のサイト、3位はサントリー社「こだわり酒場のレモンサワー」のサイトでした。

「レモンサワー」検索後LPランキング

「レモンサワー」検索後LPランキング

期間:2018年3月〜2020年2月
デバイス:PC

レモンサワー検索語LP1位

全国展開されて「檸檬堂」の公式サイトが急伸!20代の関心が高い

次に、検索キーワードで上位に入った「こだわり酒場のレモンサワー」「極上レモンサワー」「こだわりレモンサワー檸檬堂」について、公式サイトのユーザー数、サイト訪問者の属性の違いを調べます。

ユーザー数で伸びているのは「こだわりレモンサワー檸檬堂」です。全世界のコカ・コーラ社の中でも例を見ない、アルコール飲料ブランドである「檸檬堂」は、これまで九州限定販売だった同商品を2019年10月に全国展開、それに合わせて俳優の阿部寛さんを起用したCMが全国放映されました。これを受けてユーザー数は飛躍的に伸びました。

「こだわり酒場のレモンサワー」は梅沢富美男さんをイメージキャラクターに起用し、2019年12月にはパッケージリニューアルを発表。一時ユーザー数も好調に推移しましたが、2020年に入ってからは減少傾向にあります。

缶レモンサワー3ブランド公式サイト
レモンサワー3ブランド公式サイトユーザー数推移

レモンサワー3ブランド公式サイトユーザー数推移

こだわり酒場:こだわり酒場のレモンサワー
https://www.suntory.co.jp/wnb/kodawarisakaba/
極上:極上レモンサワー
https://www.takarashuzo.co.jp/products/soft_alcohol/gokujo_lemonsour/
檸檬堂:こだわりレモンサワー檸檬堂
https://www.lemondo.jp/

期間:2019年3月〜2020年2月
デバイス:PC

続いてサイト訪問者のユーザー属性を比較します。

「こだわり酒場のレモンサワー」が女性比率が高く44.3%、他の2ブランドは女性比率3割にとどまりました。

ユーザー属性比較<男女比>

ユーザー属性比較<男女比>

デバイス:PC

年代にも大きな差が見られ、「こだわりレモンサワー檸檬堂」は20代に、「極上レモンサワー」は30代に高く支持されていることがわかります。「こだわり酒場のレモンサワー」は20代のユーザーが少ないものの、他の年代からはバランスよく支持されています。

ユーザー属性比較<年代>

ユーザー属性比較<年代>

デバイス:PC

女性の注目を集める「こだわり酒場のレモンサワー」

「レモンサワー」「レモンハイ」関連の検索キーワードを属性別マップで確認します。
横軸を性別、縦軸を年齢でマッピングすると、以下の図のようになります。

「こだわり酒場のレモンサワー」「極上レモンサワー」など缶レモンサワーを検索しているのは女性ユーザーが多いことがわかります。また、同じ缶レモンサワーでもサントリーの「明日のレモンサワー」は高齢の男性ユーザーが多いようです。

「レモンサワー」「レモンハイ」検索ユーザー属性マップ

「レモンサワー」「レモンハイ」検索ユーザー属性マップ

期間:2018年3月〜2020年2月
デバイス:PC

確かに、サントリーの「明日のレモンサワー」ブランドサイトや缶のパッケージデザインを見ると、ミドルエイジ以上の男性を意識していることがうかがえます。

サントリー「明日のレモンサワー」ブランドサイト

まとめ

今回はレモンサワー、レモンハイを検索したユーザーについて分析し、缶レモンサワーの人気について考察しました。女性の興味度が高い「こだわり酒場のレモンサワー 」、20代の関心を集めサイト訪問者も一気の伸びた「こだわりレモンサワー檸檬堂」、中高年男性に支持される「明日のレモンサワー」など、各社のポジショニングが表れる結果となりました。

調査に使用した「eMark+」では、サイトに訪れるユーザー数や属性など、無料でお使いいただける機能もあります。まずは無料版に登録して、実際にeMark+を体験してみてくださいね。



eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら


関連記事

ファミマも売り始めたビーガン向け商品は今後の食トレンドとなるか?検索者は家庭で試せるレシピに興味

https://manamina.valuesccg.com/articles/886

ヨーロッパやアメリカで取り入れられているライフスタイル「ビーガン」について、健康志向の高まりやインバウンドの増加などの影響から、日本国内でも目にする機会が増えてきています。本稿では、ビーガンに対してどのように関心が寄せられているのか、検索キーワードや人気コンテンツから実態を調査しました。

ステイホームを「お取り寄せグルメ」で乗り切る人が急増!話題のお取り寄せサイト分析

https://manamina.valuesccg.com/articles/855

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全国的にステイホームが奨励されています。飲食店も臨時休業している店舗があり、外食もままならない状況。「巣ごもり消費」という新たなトレンドも生まれる中、じわじわ盛り上がってきたのがお取り寄せグルメ市場。今回はステイホーム期間中のお取り寄せグルメ市場の動向についてまとめます。

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


副業やクラウドソーシングが伸びている実態とは?大手2サイトのユーザー層の最新トレンドを探る

副業やクラウドソーシングが伸びている実態とは?大手2サイトのユーザー層の最新トレンドを探る

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により、企業や個人の経済活動にとって大きな変革の年となりました。その中でも関心と需要の高まりを見せている「クラウドソーシング」の分野について、国内の2サイトを分析対象として、利用ユーザーの動向をデータから紐解いていきます。


AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

画像やテキストなどの非構造データのデータ解析やデータビジネスプロジェクト構築などを行っているFVIの荻原さんに、AIをマーケティングに活かす事例についてお伺いしました。DXを行うにはAIの活用ができているかが大きなポイントになってきているそう。「データの『タグ付け』で営業やマーケティングが大きく変化する」とはどういうことでしょうか。本稿ではそのインタビュー内容をお伝えします。


大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

2020年8月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ(TCC)の初代会長、上野壮夫(うえのそうふ)氏が1966年に創立したクリエイティブハウス、ユー・ピイ・アール。心を動かすクリエイティブが伝統でもある同社では、競合分析ツール「eMark+」を使い、データによる提案も行なっているといいます。それはなぜなのか?また、その実態はどんなものなのでしょうか。マナミナ編集部がユー・ピイ・アールの田地さんにお聞きしました。


コロナで生まれた化粧品への新たなニーズとは?美容にまつわる消費者の「不」をデータから読み解き、コミュニケーション設計まで考える

コロナで生まれた化粧品への新たなニーズとは?美容にまつわる消費者の「不」をデータから読み解き、コミュニケーション設計まで考える

化粧品のトレンドについて調査する新企画。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントである私、伊東茉冬が気になる話題について調査していきます。 今回の調査は前回の記事に引き続き、新型コロナウイルスの影響についてです。 新型コロナウイルスの影響が長引く中、化粧品業界へはどのような影響が及んでいるのか。 また、このような状況でも消費者にアプローチする方法は無いのか、Web行動データやアンケート調査を基に分析します。


最新の投稿


【アーカイブ視聴】ウィズコロナ時代のウェブサイト大全|ヴァリューズ×イノーバ×Kaizen Platform共催ウェビナー

【アーカイブ視聴】ウィズコロナ時代のウェブサイト大全|ヴァリューズ×イノーバ×Kaizen Platform共催ウェビナー

行動分析、コンテンツマーケティング、UI改善までウェブの専門家が大集合。 <br><br>※本セミナーは2020年9月15日に開催されましたが、動画にて視聴頂けます。ご興味を持っていただけましたら、記事下部のフォームよりお申し込みください。お申し込み後、視聴URL(YouTube)をお送りいたします。


副業やクラウドソーシングが伸びている実態とは?大手2サイトのユーザー層の最新トレンドを探る

副業やクラウドソーシングが伸びている実態とは?大手2サイトのユーザー層の最新トレンドを探る

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により、企業や個人の経済活動にとって大きな変革の年となりました。その中でも関心と需要の高まりを見せている「クラウドソーシング」の分野について、国内の2サイトを分析対象として、利用ユーザーの動向をデータから紐解いていきます。


急上昇ワードに“渋滞情報”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/20~2020/9/26)

急上昇ワードに“渋滞情報”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/20~2020/9/26)

2020年9月20日~9月26日週の検索急上昇ワードでは、4連休のシルバーウィークだったため「渋滞情報」の検索が久しぶりに急増。今年一番の人出となった観光地も全国各地でみられたようです。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

画像やテキストなどの非構造データのデータ解析やデータビジネスプロジェクト構築などを行っているFVIの荻原さんに、AIをマーケティングに活かす事例についてお伺いしました。DXを行うにはAIの活用ができているかが大きなポイントになってきているそう。「データの『タグ付け』で営業やマーケティングが大きく変化する」とはどういうことでしょうか。本稿ではそのインタビュー内容をお伝えします。


ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を比較してみた

ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を比較してみた

日本国内においての検索エンジンと言えば、GoogleとYahoo!。さらに、この2トップで国内の検索エンジンシェアの9割を超えているとも言われています。普段の検索にGoogleをよく使う人とYahoo!をよく使う人、特徴の違いはあるのでしょうか?今回はGoogleとYahoo!の検索ユーザーについて調査・分析してみました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング