登山地図アプリ、配車アプリGrabなど知っていると便利なアプリが続々!「国内旅行」好き「海外旅行」好きが利用するアプリランキング

登山地図アプリ、配車アプリGrabなど知っていると便利なアプリが続々!「国内旅行」好き「海外旅行」好きが利用するアプリランキング

「国内旅行」好きと「海外旅行」好きで利用しているアプリにどんな違いがあるのでしょうか?株式会社ヴァリューズのアンケート調査で「国内旅行」好きと「海外旅行」好きと答えたモニターのインターネット行動ログから、よく利用しているアプリを調査しました。


「国内旅行」好きと「海外旅行」好きの属性の違いは?

まずは、「全体」と「国内旅行」好き、「海外旅行」好きの属性の違いを見てみました。性別では「海外旅行」好きには女性が多いことがわかりました。女性の方が「海外旅行」に興味関心が高いようです。

年代別で見てみると「国内旅行」好きは男女ともに50代以上の高年層が高くなっていました。また、「海外旅行」好きは男女ともに20代の関心が高いことがうかがえました【図1】。

ユーザー属性:性年代

「国内旅行」好きが特徴的に利用しているアプリ

次にアプリユーザーの中で「国内旅行」に興味がある人が多いアプリランキングを見てみました。上位2位には「山と高原地図」、「AR山ナビ」の登山や山に関するアプリが占めていました。

AR山ナビ -日本の山16000-

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.chuna0.ARYamaNaviU

アプリを起動して山にかざすと山の名前がARで表示されます

他には、「北海道日本ハムファイターズ」や「パ・リーグ.com」などの野球関連や「Bリーグスマホチケット」のバスケットボール関連などスポーツ系アプリが多くランクインしていました。

また、「天気予報」アプリも上位にランクインしており、全国の天気から週間の天気予報、気温、降水確率や旅行先の地域の天候を知りたいときなど、日常でも旅行先でも役立つ天気アプリの興味関心も高かったです【図2】。

「国内旅行」に興味がある人が多いアプリランキング

続いて、ユーザー全体と比べて、「国内旅行」に興味がある人が特徴的に使っているアプリランキングも見てみましょう。

航空券の予約購入や運行状況などがチェックできる「ANA」や「JAL」などの航空会社アプリや「楽天トラベル」や「じゃらん」などの宿泊予約アプリがランクインしており、交通手段や宿泊予約などのアプリが特徴的に使われていることがわかりました。

また、ユーザーの口コミやレストラン情報を掲載しているグルメサイト「食べログ」アプリもランクインしており、旅先での情報収集の手段として使われていることが考えられます【図3】。

「国内旅行」に興味がある人が特徴的に使っているアプリランキング

「海外旅行」好きが特徴的に利用しているアプリ

続いて、「海外旅行」好きも同様に、アプリユーザーの中で「海外旅行」に興味のある人が多いランキングを見ていきます。

トップは東南アジア各国で圧倒的なシェアを誇るタクシーやライドシェアの車をリアルタイムで呼ぶことができるアプリ「Grab」でした。

Grab - Transport, Food Delivery, Payments - Apps on Google Play

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.grabtaxi.passenger

Grab is Southeast Asia's #1 ride-hailing app, food delivery service, and cashless payment solution all in one.

次いで「Hilton Honors」や世界の空部屋シェアサイト「Airbnb (エアビーアンドビー)」の宿泊予約アプリが上位にランクインしていました。

また、「Cathay Pacific」や「AirAsia Mobile」、「Fly Delta」などの航空会社も多くランクインしていました。海外旅行の際にあると役立つ、海外パケット定額サービス「海外1day開始」アプリや、世界中のあらゆる通貨を換算してくれる通貨換算および計算機ツール「通貨換算プラス」アプリがランクインしていることも「海外旅行」好きの特徴となっていました【図4】。

「海外旅行」に興味がある人が多いアプリランキング

最後に「海外旅行」に興味がある人が特徴的に使っているアプリランキングです。

最も特徴的に使われているのが無料の写真共有アプリ「Instagram」でした。画像を中心に探せるので、旅行情報なども直感的に収集できるのが人気の秘密でしょうか。「Facebook」も4位にランクインしておりSNS系アプリが2つランクインしている結果となりました。

また、宿泊予約サイトは「国内旅行」好きとは異なり、世界最大規模の旅行サイト「エクスペディア」のアプリを特徴的に使っているようです。

「Google 翻訳」も海外旅行の際の翻訳機能として人気のようです【図5】。

「海外旅行」に興味がある人が特徴的に使っているアプリランキング

分析概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国モニター会員の協力により得られたネット行動ログとユーザー属性情報を紐付けたデータから、アンケート調査にて興味関心が『国内旅行』または『海外旅行』と回答した人の、2019年1月~6月の起動アプリのデータを分析しました。
※アプリユーザー数は、Androidスマートフォンでのインストールおよび起動を集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
※アプリ名、カテゴリはGooglePlayのアプリカテゴリに準拠。
※メール、Chrome、YouTube、Googleマップ、Gmail、Google+などプリインストールアプリは除く。
※集計期間: 2019年1月~6月

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

スマホやタブレットで欲しい商品を検索し、その場ですぐに購入できる時代になりました。 このようなライフスタイルの変化に伴い、特にアパレル業界のオムニチャネル戦略(ネットや店舗などあらゆるチャネルで顧客との接点をもつ販売戦略のこと)が求められています。アパレル業界はトレンドの移り変わりが激しく、商品をどれだけユーザーの目に触れさせるかが命運を分けることになるからです。 今回は、アパレル業界のオムニチャネル戦略について、いくつかのブランドを例に挙げて傾向とトレンドを分析します。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年11月~2019年12月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年11月~2019年12月)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


クラスタの行動に合わせた効率的なユーザーアプローチとは?「料理に対する価値観クラスタのWEB行動調査」レポート

クラスタの行動に合わせた効率的なユーザーアプローチとは?「料理に対する価値観クラスタのWEB行動調査」レポート

料理に関する価値観のアンケート調査を行い、「料理好きルーキーさん」など5つのクラスタに分類。ネットの利用時間帯やよく見るサイト・アプリ、逆にあまり見ないサイト・アプリなどを分析し、クラスタごとにユーザーのWeb行動特徴と獲得施策のアプローチ例をまとめました。(ページ数|33p)


Amazonプライム・ビデオの独走ぶりが明らかに~急速に浸透する動画サブスクの最新事情(1)

Amazonプライム・ビデオの独走ぶりが明らかに~急速に浸透する動画サブスクの最新事情(1)

音楽、自転車、車、家具やテレビにブランドバッグ、居酒屋やコーヒー、ラーメンまで、あっという間に生活へ入り込んだサブスクリプション(サブスク)モデル。なかでもサブスクの先駆者といっていい動画アプリのユーザーは、右肩上がりで増加中です。コンテンツ視聴がお茶の間のテレビからパーソナルでモバイル対応のスマホやタブレットへシフトするなか、動画サブスク市場はどう変化しているのでしょう。市場調査ツール「eMark+」のユーザーログから探ります。


私たちは1ヶ月にいくつのアプリを使っているのか?実際の行動ログから調べてみた

私たちは1ヶ月にいくつのアプリを使っているのか?実際の行動ログから調べてみた

日常生活や仕事に欠かせない便利なツールとなったスマートフォンのアプリ。私たちは無意識のうちに、色々な種類のアプリを使い分けしていますが、1ヶ月にいくつのアプリを使っているのでしょうか。その実態が行動ログを調査することによって、明らかになりました。アプリヘビーユーザーの特徴も分析しました。


最新の投稿


STP分析でセグメンテーションする具体的な方法

STP分析でセグメンテーションする具体的な方法

自社にとって優位なマーケティング戦略を練るうえで欠かせないフレームワークSTP分析。今回STPのうちのS=セグメンテーションについて、市場を細分化する具体的な方法やポイント、事例をご紹介します


いま、スポーツマーケティングが熱い!| 第8回 ワールドカップをデータで振り返る ラグビー編(1)

いま、スポーツマーケティングが熱い!| 第8回 ワールドカップをデータで振り返る ラグビー編(1)

競技ごとにスポーツマーケティングの動向をとりあげる連載企画。3つ目の競技は、昨年9月20日~11月2日のワールドカップで日本中、いえ世界中を熱狂させた「ラグビー」です。


急上昇ワードに“メルペイ”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/19~2020/1/25)

急上昇ワードに“メルペイ”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/19~2020/1/25)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


2020年はどうなる?!バレンタインを検索キーワードから調査

2020年はどうなる?!バレンタインを検索キーワードから調査

1月に入ってじわじわ検索ユーザーが増えるキーワードが「バレンタイン」。今回は「バレンタイン」関連の検索キーワードについて、ユーザー動向や人気のコンテンツをサイト分析ツール「eMark+」を使って探ります。


Googleマイビジネスの“困った口コミ”を削除できるか

Googleマイビジネスの“困った口コミ”を削除できるか

検索結果に表示にされるGoogleマイビジネスに悪意ある口コミや低評価がされていると、事業に悪影響があります。こうした「不適切な口コミ」は一定の基準に基づき削除できます。具体的には「禁止および制限されているコンテンツ」の項目いずれかに合致している口コミは、ポリシー違反として違反報告するとGoogleの判断で削除されます。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら