ドラクエウォークがすごい!話題の位置ゲーを徹底比較

ドラクエウォークがすごい!話題の位置ゲーを徹底比較

スマホの位置情報サービスを利用した“位置ゲー”に、待望の『ドラゴンクエスト』が参入。芸能人、有名人も続々と参戦、twitterなどでも話題となっています。そこで今回は2019年9月12日に配信を開始した『ドラゴンクエスト ウォーク』の初速トレンドと、人気”位置ゲー”についてまとめます。これまで『ポケモンGO』が位置ゲーシェアをほぼ独占していましたが、歴史が長くコアなファンを持つドラクエが参入したことによって、”位置ゲー”マーケットにどんな動きが生まれたのか、マーケティング分析サービス「eMark+」を使って分析しました。


「ドラゴンクエスト ウォーク」好調なスタートを切る。

2019年9月時点でインストールユーザー数上位5位の”位置ゲー”アプリについて、2019年4月から6ヶ月間のユーザー数推移を比較します。分析ツールはeMark+を用いて調査しました。対象アプリは以下のとおりです。

【調査対象アプリ】※< >内はリリース年月
『ポケモンGO』:ポケモンを集めたり交換したりバトルするアドベンチャーゲーム。<2016年7月>
『ドラゴンクエスト ウォーク』:モンスターと戦いながら冒険するRPG。<2019年9月>
『ハリー・ポッター 魔法同盟』:人間界に現れた生物を魔法界に戻すRPG。<2019年6月>
『駅メモ!』:実在する鉄道駅を集めてまわる駅収集位置ゲーム。<2014年11月>
『Ingress Prime』:現実世界で繰り広げる陣取りゲーム<2018年11月>

下図のとおり、『ドラゴンクエスト ウォーク』は配信開始から一気に『ポケモンGO』に迫る勢いです。とは言え、『ポケモンGO』はリリースと同時に1100万UUを達成しており、世界規模の強さを見せつけました(過去記事参照)。今後の『ドラゴンクエスト ウォーク』の伸びに注目です。

人気”位置ゲー”ユーザー数(MAU推移)

人気”位置ゲー”ユーザー数(MAU推移)

期間:2019年4月〜9月

『ポケモンGO』から『ドラゴンクエスト ウォーク』への移行も?!

続いて、それぞれのゲームの併用状況を調べました。2019年4月〜9月までのデータでは、83.8%が“1サイトのみ”、つまり単独利用者でした。

9月配信スタートしたばかりの『ドラゴンクエスト ウォーク』ユーザーから見ると、『ポケモンGO』との併用がやや多く、33.5%でした。これが今後もっと増えるようなら、『ポケモンGO』からのユーザー移行もあるかもしれません。

また、『ハリー・ポッター 魔法同盟』ユーザーは『ポケモンGO』との併用率が高く(55.8%)、『Ingress Prime』は『ポケモンGO』と『ドラゴンクエスト ウォーク』の両方を併用しているようです。

『駅メモ!』については他ゲームとの併用率は少なく、独自のユーザーを囲い込んでるようです。ゲームの特性が他の位置ゲーと異なり、ニッチな市場で効果を出していると思われます。

”位置ゲー”トップ5の併用状況

”位置ゲー”トップ5の併用状況

期間:2019年4月〜9月

『ポケモンGO』から見た他サイト併用状況

『ポケモンGO』から見た他サイト併用状況

期間:2019年4月〜9月

『ドラゴンクエスト ウォーク』から見た他サイト併用状況

『ドラゴンクエスト ウォーク』から見た他サイト併用状況

期間:2019年4月〜9月

『ハリー・ポッター 魔法同盟』から見た他サイト併用状況

『ハリー・ポッター 魔法同盟』から見た他サイト併用状況

期間:2019年4月〜9月

『Ingress Prime』から見た他サイト併用状況

『Ingress Prime』から見た他サイト併用状況

期間:2019年4月〜9月

『駅メモ!』から見た他サイト併用状況

『駅メモ!』から見た他サイト併用状況

期間:2019年4月〜9月

老若男女にウケる『ポケモンGO』、男性に圧倒的人気『駅メモ!』

次に、それぞれの位置ゲーのユーザー属性を比較します。
『ポケモンGO』と『ドラゴンクエスト ウォーク』のユーザーの大きな違いは男女比です。『ポケモンGO』は男性が54.2%に対し、『ドラゴンクエスト ウォーク』は男性比率が74.9%でした。

また、『ハリー・ポッター 魔法同盟』は他アプリと比べて女性比率が高く(53.2%)『駅メモ!』は圧倒的に男性(82.6%)に人気のようです。

『ポケモンGO』の属性は、男女比、年代とも、他と比べてバランスが良いと言えるでしょう。一方で、『駅メモ!』は前述のとおり特定のユーザーに高い支持を得ているようです。

『ドラゴンクエスト ウォーク』『ポケモンGO』『ハリー・ポッター 魔法同盟』『Ingress Prime』『駅メモ!』ユーザー属性<男女比>

『ドラゴンクエスト ウォーク』『ポケモンGO』『ハリー・ポッター 魔法同盟』『Ingress Prime』『駅メモ!』ユーザー属性<男女比>

期間:2019年4月〜9月

『ドラゴンクエスト ウォーク』『ポケモンGO』『ハリー・ポッター 魔法同盟』『Ingress Prime』『駅メモ!』ユーザー属性<年代>

『ドラゴンクエスト ウォーク』『ポケモンGO』『ハリー・ポッター 魔法同盟』『Ingress Prime』『駅メモ!』ユーザー属性<年代>

期間:2019年4月〜9月

”位置ゲー”トレンドまとめ

2019年9月に配信が開始された『ドラゴンクエスト ウォーク』は、初月のアクティブユーザー数が290万UUと、好調にスタートしていることがわかりました。これまでトップを独走していた『ポケモンGO』はユーザー数の大幅な増加は見られないものの、老若男女、幅広い世代に人気なのが強み。今後『ドラゴンクエスト ウォーク』が『ポケモンGO』に追いつくためには、女性や20代若者を取り込んでいく必要があると考えられます。一方、『駅メモ!』はニッチ戦略上は優位で、ユーザー争奪戦の中『ハリー・ポッター 魔法同盟』や『Ingress Prime』が”位置ゲー”業界において今後どのような施策を打つのかも注目されます。

分析で使用した「eMark+」は調べたいWebサイトやアプリを入力するだけで、アクセス数やユーザー属性を簡単に把握することができます。無料版もありますので、今後の”位置ゲー”の動向が気になる方はぜひ使ってみてください。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

スマホやタブレットで欲しい商品を検索し、その場ですぐに購入できる時代になりました。 このようなライフスタイルの変化に伴い、特にアパレル業界のオムニチャネル戦略(ネットや店舗などあらゆるチャネルで顧客との接点をもつ販売戦略のこと)が求められています。アパレル業界はトレンドの移り変わりが激しく、商品をどれだけユーザーの目に触れさせるかが命運を分けることになるからです。 今回は、アパレル業界のオムニチャネル戦略について、いくつかのブランドを例に挙げて傾向とトレンドを分析します。


急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

今年話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2020年トレンド予測」。今回のテーマは「今春原宿にオープンする都市型イケア」です。今春オープンのIKEA原宿は日本初の都市型店舗。従来店舗との違いを考察し、トレンドを探ります。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年11月~2019年12月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年11月~2019年12月)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


PayPayフリマ、11月のMAUは300万人超え。ユーザー数急上昇アプリ調査

PayPayフリマ、11月のMAUは300万人超え。ユーザー数急上昇アプリ調査

2019年11月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。11月のトレンドを調査しました。


最新の投稿


Googleマイビジネスに勝手に登録された!すぐできる対策は?

Googleマイビジネスに勝手に登録された!すぐできる対策は?

Googleマップのスポット情報が勝手に登録されていて、しかも間違っている!という例を見かけます。Googleのスポット情報は誰でも登録できるのが原因です。対策として、スポット情報を管理できる「Googleマイビジネス」にオーナー登録して正確な情報を管理する方法があります。


アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

スマホやタブレットで欲しい商品を検索し、その場ですぐに購入できる時代になりました。 このようなライフスタイルの変化に伴い、特にアパレル業界のオムニチャネル戦略(ネットや店舗などあらゆるチャネルで顧客との接点をもつ販売戦略のこと)が求められています。アパレル業界はトレンドの移り変わりが激しく、商品をどれだけユーザーの目に触れさせるかが命運を分けることになるからです。 今回は、アパレル業界のオムニチャネル戦略について、いくつかのブランドを例に挙げて傾向とトレンドを分析します。


急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

急上昇ワードに“確定申告 2020”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/1/12~2020/1/18)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

「Googleマイビジネス」のスポットで自分が運営者(オーナー)であることを証明する方法を解説します。多くの場合、スポット情報自体は登録されていて、そのオーナーであることを証明するプロセスになります。


都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

都市型イケアが原宿にオープン、その狙いとは?【2020年トレンド予測】

今年話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2020年トレンド予測」。今回のテーマは「今春原宿にオープンする都市型イケア」です。今春オープンのIKEA原宿は日本初の都市型店舗。従来店舗との違いを考察し、トレンドを探ります。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら