CtoCハンドメイドEC市場、勢い止まらず。minne、CreemaはショッピングアプリTop50にランクイン

CtoCハンドメイドEC市場、勢い止まらず。minne、CreemaはショッピングアプリTop50にランクイン

ハンドメイド作家を目指す人も急増中。売るも買うも人気のハンドメイド市場。「minne(ミンネ)」「Creema(クリーマ)」「ココナラ」それぞれの強みとは。ユーザー数や属性を調査し、各サービス の特徴を考察しました。


市場の拡大が期待されるハンドメイドEC市場

「minne(ミンネ)」「Creema(クリーマ)」等に代表されるハンドメイド市場が、着実に勢いを伸ばしてきています。従来のフリマサイトとは異なり、手作りに価値を見出すユーザーと、自作のアイテムを売り出したい作り手とのニーズが合致し、その手軽さも相まって身近な市場になりつつあるハンドメイド市場。その動向について行動ログ分析ツールeMark+のSite Analyzerを用いて分析を行いました。

まず2019年7月のショッピング関連メディアにおけるスマートフォン(SP)でのアプリランキングを調べました。CtoCのハンドメイド作品の販売アプリで上位50位以内にランクインしたのは「minne」「Creema」の2つでした。

トップ10位以内には「メルカリ」や「ヤフオク!」、「ラクマ」等フリマアプリが3つランクインしており、現状ではハンドメイド市場よりもより幅広い商材を扱うフリーマーケット市場の方が依然として人気が高いことがうかがえます【図1】。

【図1】2019年7月のアプリランキング(Google Playカテゴリ:ショッピング)

【図1】2019年7月のアプリランキング(Google Playカテゴリ:ショッピング)

根強い人気を誇る「minne」「Creema」、幅広いユーザー層をカバーし伸びを見せる「ココナラ」

次に、国内外の主要ハンドメイドサービス5つをピックアップし、2018年8月~2019年7月の1年間における各Webサイトのユーザー数推移について、 詳しく調べてみました【図2】。

【調査対象】
・minne(ミンネ)
https://minne.com/
GMOペパボ株式会社が運営。手作り・クラフト雑貨などの販売・購入が楽しめる国内最大級のハンドメイド通販サイト 。

・Creema(クリーマ)
https://www.creema.jp
株式会社クリーマが運営。クオリティの高い作品が多く、minneと並んで知名度の高いハンドメイド通販サイト。

・ココナラ
https://coconala.com
株式会社ココナラが運営。「得意を売り買いココナラ」というCMの通り、経験・知識・スキル等各自の得意を売り買いできるオンラインフリーマーケット。

・Etsy(エッツィ)
https://www.etsy.com/jp/
Etsy Inc.が運営するグローバルなハンドメイド通販サイト。ビンテージ品も扱っている。

・iichi(いいち)
https://www.iichi.com
Pinkoi Japan株式会社が運営。小規模ながら素材からこだわったクオリティの高い作品が多い。

「minne」、「Creema」のユーザー数は、ほぼ同水準のまま横ばいとなっており、近頃CMを目にする機会の増えた「ココナラ」が徐々にユーザー数を伸ばしています。

ココナラは先のアプリランキングでは惜しくも上位50位以内にはランクインしていませんでしたが、2019年7月時点のユーザー数は前年の8月に比べて約20%増と着実に知名度を上げてきているサイトです。 経験・知識・スキルの売り買いができることから、形のある作品だけではなく、占いや恋愛相談といった商材も扱っていることが大きな特徴です。

【図2】ユーザー数推移(PC・SP合算)

【図2】ユーザー数推移(PC・SP合算)

また、性別ごとのユーザー数の割合をみてみると、「minne」「Creema」「iichi」は約7割が女性、「Etsy」も約6割が女性なのに対し、ココナラのみ男女比率がほぼ同率となっていました。

【図3】ユーザー属性(性別)

【図3】ユーザー属性(性別)

さらに年齢別にみてみると20代のユーザーの割合が一番多いのは約3割を占める「ココナラ」となっています【図4】。その他の年代については大きな差はみられませんが、30代以下の割合をみると、「ココナラ」が他4つのサイトに比べ大きな割合を占めていることがわかります。

【図4】ユーザー属性(年代別)

【図4】ユーザー属性(年代別)

ココナラは、様々なスキルを活かしたいと考えている若い世代に大きな支持を得ているようです。

そこで、ココナラのコンテンツ閲覧者数から人気のカテゴリを調べてみました 。【図 5】

【図5】ココナラの人気カテゴリ(2019年2月~7月)

【図5】ココナラの人気カテゴリ(2019年2月~7月)

最も閲覧者数の多かったイラスト作成のページでは、様々なタッチのイラストが1,000円~販売されています。登録されているイラストレーターの中から自身の要望にあった書き手を探し、オリジナルのイラストを発注できます。挿絵やホームページ、パンフレットなど使い道は多岐に渡ります。

2位のイラスト・似顔絵・漫画のページは1位のイラスト作成に限らず、アイコン作成や似顔絵作成など、幅広いコンテンツを選択できます。また、作品だけではなく、イラストの添削や漫画の講評など、アドバイスを買うこともできます。3位のロゴ作成・デザインはデザインカテゴリの中にあるコンテンツの1つです。ホームページや名刺に載せる会社のロゴなど、ビジネスシーンでの利用が多いようです。1位~5位の中で4つがデザイン系のカテゴリであることから、ココナラの中でも特にニーズが高い分野であることがうかがえます。

また、4位にランクインした占いで特徴的なのは、1分100円~の電話相談です。電話番号を知られずに通話が可能で、気軽に利用できるように整備されているようです。そのほかにもタロット占いや占星術、手相占いなど定番の占いコンテンツも揃っています。

近年、アジアを中心に海外でもハンドメイド市場の人気が高まり、「minne」「Creema」では国内外の需要に応える形で海外との取引も可能となりました。今後も日本国内のみならず、従来のハンドメイドの枠にとらわれない様々な商材が生まれ、ハンドメイド市場はさらなる盛り上がりを見せるのではないでしょうか。

分析概要

全国のモニター会員(20代以上)の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2018年8月~2019年7月におけるユーザーの行動を分析しました。
※ユーザー数はPC・スマートフォンからのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
※アプリユーザー数は、Androidスマートフォンでの起動を集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測

関連記事

メルカリ、ヤフオク!など、フリマアプリの浸透度と利用ユーザー層の特徴を調査(ホワイトペーパーあり)

https://manamina.valuesccg.com/articles/581

ここ数年間で、新たな市場として注目を集めているフリマアプリ。不要になった洋服や化粧品、日用品、家電などが手軽に売れたり、欲しかった商品を安価で手に入れられるということもあり、フリマアプリでの売買が活発化しつつあります。今回はフリマアプリの浸透度とメルカリ、ヤフオク!、ラクマ、ジモティーなど各アプリの利用ユーザー層の特徴について調査しました。詳細な調査レポートは無料でダウンロードできます。(ページ数|29p)

経済圏確立へキャリアが向かう道|EC編(1) コロナ禍がもたらした市場変化

https://manamina.valuesccg.com/articles/884

通信キャリアの経済圏確立へ向けた動向について、第4回ではEC領域を分析してみます。新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う外出自粛でさらに欠かせない存在となり、市場成長が見込まれるEC市場。米国では過去5週間に失業給付金申請が2,650万件を記録するなか、Amazonが3月に10万人、4月に7.5万人を採用するなど労働力の受け皿としても期待されています。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト(Pinterest)で広告を出稿したいけどよく分からない。ユーザーがどのような目的でピンタレストを利用しているか、詳しく知りたい。ピンタレスト広告と相性の良い商材/ジャンルが知りたい。こんな悩みをお持ちの方に向けてピンタレスト利用者の利用シーンを分析し、ピンタレスト広告と相性の良いテーマを解説します。ピンタレスト広告の出稿を検討している方は参考にしてみてください。


「iPhone」と「Android」ワードの検索ユーザーのニーズはどう違う?スマホへの意識を調査

「iPhone」と「Android」ワードの検索ユーザーのニーズはどう違う?スマホへの意識を調査

スマートフォンのシェアを二分する「iPhone」と「Android」。爆発的なスマホの普及から早10年ほどが経ち、今それぞれの製品に対してユーザーはどのようなニーズを持っているのでしょうか。今回は、そんな「iPhone」と「Android」双方のユーザーのインサイトを、Web行動ログ分析ツール「Dockpit」で探ります。


食のアーリーアダプターとアーリーマジョリティの違いとは?キャズムを超えたマリトッツォのデータから考察

食のアーリーアダプターとアーリーマジョリティの違いとは?キャズムを超えたマリトッツォのデータから考察

新しい商品を世の中に広めたいとき、マーケターは無視できないキャズム理論。今回は2021年に大ブームとなった「マリトッツォ」の検索データを基に、「食のアーリーアダプター」「食のアーリーマジョリティ」を定義。各セグメントがマリトッツォを検索したワードや、検索後に閲覧したサイトを比較します。加えて、普段の利用メディアなどから各セグメントの人となりについても分析することで、マリトッツォはなぜキャズムを超えられたのか、その要因を考察していきます。


スマホアプリインストール数ランキング、最新1位は「COCOA」。アップデート版配布が要因か(2022年4月)

スマホアプリインストール数ランキング、最新1位は「COCOA」。アップデート版配布が要因か(2022年4月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。2022年4月の1位は「COCOA」という結果に。2位には「Tver」、3位には「スマートニュース」がランクインしました。


スポーツ動画配信サービス市場を調査~DAZN値上げでユーザー数は減ったのか?(2022年最新版)

スポーツ動画配信サービス市場を調査~DAZN値上げでユーザー数は減ったのか?(2022年最新版)

様々なジャンルのスポーツ観戦を身近なものに変えるVODサービス。スポーツ動画配信市場でのDAZNの躍進は目覚ましいものがありますが、今年2月の料金値上げに際して、他プレイヤーとのシェアのバランスなどに変化は起きているのでしょうか。Web行動ログ分析ツール「Dockpit」で探っていきます。


最新の投稿


急上昇ワードに「THE MATCH 2022」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/6/19~2022/6/25)

急上昇ワードに「THE MATCH 2022」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/6/19~2022/6/25)

2022年6月19日~6月25日の検索急上昇ワードでは、19日に開催された「Yogibo presents THE MATCH 2022」関連のワードが上位入り。「天心」「武尊」といった出場選手名や、「ABEMA」などが検索されました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト(Pinterest)で広告を出稿したいけどよく分からない。ユーザーがどのような目的でピンタレストを利用しているか、詳しく知りたい。ピンタレスト広告と相性の良い商材/ジャンルが知りたい。こんな悩みをお持ちの方に向けてピンタレスト利用者の利用シーンを分析し、ピンタレスト広告と相性の良いテーマを解説します。ピンタレスト広告の出稿を検討している方は参考にしてみてください。


【2022年7月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2022年7月11日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableau中級者への第一歩「LOD表現」について【第2回】FIXED以外のLOD表現「INCLUDE」

Tableauを使いこなすために避けては通れないテクニックとして「LOD表現」というものがあります。 慣れていないと少し難しく思えてしまいますが、LOD表現を自在に使えるようになるとTableauでの表現の幅がより拡がるので是非この連載で基本的な使い方や考え方をマスターしていきましょう。


徹底した顧客理解が起点に。ちば興銀が取り組むユーザーニーズに寄り添うコンテンツの磨き方|「VALUES Marketing Dive」レポート

徹底した顧客理解が起点に。ちば興銀が取り組むユーザーニーズに寄り添うコンテンツの磨き方|「VALUES Marketing Dive」レポート

「VALUES Marketing Dive」は、“データを通じて顧客のことを深く考える”、“マーケティングの面白さに熱中する”という意味を込めて、今年誕生した新しいマーケティングイベントです。今回のテーマは「Update Your Marketing ~ 顧客理解の新潮流」。本レポートでは、ちば興銀の顧客理解を起点としたコンテンツマーケティングの取組みについてお届けします。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら