メルカリ、ヤフオク!など、フリマアプリの浸透度と利用ユーザー層の特徴を調査(ホワイトペーパーあり)

メルカリ、ヤフオク!など、フリマアプリの浸透度と利用ユーザー層の特徴を調査(ホワイトペーパーあり)

ここ数年間で、新たな市場として注目を集めているフリマアプリ。不要になった洋服や化粧品、日用品、家電などが手軽に売れたり、欲しかった商品を安価で手に入れられるということもあり、フリマアプリでの売買が活発化しつつあります。今回はフリマアプリの浸透度とメルカリ、ヤフオク!、ラクマ、ジモティーなど各アプリの利用ユーザー層の特徴について調査しました。詳細な調査レポートは無料でダウンロードできます。(ページ数|29p)


メルカリ、ヤフオク!の認知度は8割以上

まずは、どのサービスを知っているか認知度について見てみたところフリマアプリ「メルカリ」と日本最大級のネットオークション・フリマアプリ「ヤフオク!」が圧倒的に高く8割以上のユーザーが「知っている」と回答していました。次いで楽天のフリマアプリ「ラクマ」、全国の無料広告の掲示板「ジモティー」となっていました。

男性よりも女性の方がフリマサービスについて認知度が高いこともわかりました。また、ブランド宅配買取サービス「ブランディア」の女性認知度については、全体と比較して10ポイント以上の差がついていることから、ファッションモデルで女優の菜々緒を起用したCMの影響が大きいと考えられます。

フリマサービスの認知度

フリマサービスの認知度

認知経路、メルカリ、ジモティー、ラクマはテレビCM

次に認知度上位4サービス(「メルカリ」、「ヤフオク!」、「ラクマ」、「ジモティー」)に絞って、どこで知ったか認知経路についてたずねてみました。「ヤフオク!」は『インターネット広告』、『ポータルサイトの記事』が多いですが、その他のフリマサービスは『テレビCM』と回答した人が半数を超えていることがわかりました。特に「ジモティー」は有名なタレントの起用がないCMにもかかわらずテレビCMで知ったと回答した人が6割強と高くなっています。

フリマサービスの認知経路

フリマサービスの認知経路

サービスへのイメージは各社で分かれる

続いて、「メルカリ」、「ヤフオク!」、「ラクマ」、「ジモティ」のイメージについて見てみました。

「ヤフオク!」は『安心感』や『商品の探しやすさ』、「メルカリ」は『商品の購入や出品の簡単さ』、「ラクマ」は『購入手数料や販売手数料の安さ』、「ジモティー」は『出品者、購入者とやり取りがしやすい』、『商品を安く購入できる』がユーザーの印象となっているようです。

各サービスが独自の強みをもってポジションを築いていることがうかがえます。

フリマサービスへのイメージ(コレスポンデンス分析)

フリマサービスへのイメージ(コレスポンデンス分析)

購入経験がある人の割合が最も多いのはヤフオク!

続いて、各サービス認知者の中古品の購入・売却経験について見てみました。

半数以上は購入も売却もしたことがないという結果となりました。購入経験がある人の割合が最も高かったのは「ヤフオク!」、次いで「メルカリ」となっていました。

どのサービスも6割以上が購入・売却経験なしとなっており、急成長を遂げているフリマアプリ市場のこれからに期待したいところです。

フリマサービスでの購入経験・売却経験

フリマサービスでの購入経験・売却経験

フリマアプリでよく買う商品、各社の特徴は?

続いて、直近3カ月でサービスを使って購入した商品について見てみました。全体は『洋服・靴・カバン』、『本』、『生活雑貨』という順番になっていました。その中でも「ヤフオク!」は『家電・スマートフォン・カメラ』「メルカリ」と「ラクマ」は『洋服・靴・カバン』「ジモティー」は『生活雑貨』が多いことがわかりました。

中でも「ジモティー」は“地元の人と直接やり取りすることが前提のサービス”ということもあり、他3サービスと比較すると『キッズ・ベビー用品』『家具』が多いことが特徴的でした。サービスによって、購入されている商品に差がでているようです。

フリマサービスで購入した商品

フリマサービスで購入した商品

ヤフオク!とメルカリのロイヤルユーザーを比較

続いて、「ヤフオク!」と「メルカリ」のロイヤルユーザー(※)を比較してみました。

まず、よく利用するアプリを見てみると「ヤフオク!」ロイヤルユーザーはYahoo!JAPAN、Yahoo!ニュース等Yahoo!系のアプリが上位に複数ランクインしていました。一方で「メルカリ」ロイヤルユーザーは楽天市場、Amazon、ヤフオク!、ラクマといったアプリが上位にランクインしていることからショッピング好きであることがうかがえました。また、双方ともTwitterやFacebookのSNS系アプリがランクインしていましたが、Instagramは「メルカリ」ロイヤルユーザーにのみランクインしていました。

※ロイヤルユーザーの定義
そのサービスを認知しており、そのサービスを使って中古品の購入・売却をしたことがあり、直近3カ月以内にそのサービスで5回以上中古品の購入をしている人と定義。

「ヤフオク!」ロイヤルユーザーの利用アプリランキング

「ヤフオク!」ロイヤルユーザー

「メルカリ」ロイヤルユーザーの利用アプリランキング

「メルカリ」ロイヤルユーザー

「ヤフオク!」ロイヤルユーザーは映画、スマートフォン、「メルカリ」ロイヤルユーザーはショッピング、ファッションに興味関心が高い

最後に、「ヤフオク!」と「メルカリ」のロイヤルユーザーが何に興味・関心があるかを比較してみました。「ヤフオク!」のロイヤルユーザーは『映画』や『スマートフォン』、『パソコン』、「メルカリ」のロイヤルユーザーは『ショッピング』、『ファッション』、『グルメ』への興味関心が高いようです。ユーザー間で大きく興味関心がごとがことなるようです。

「ヤフオク!」ロイヤルユーザー間の興味・関心

「ヤフオク!」ロイヤルユーザー

「メルカリ」ロイヤルユーザー間の興味・関心

「メルカリ」ロイヤルユーザー

まとめ

アンケート結果から、認知度や購買経験、購買意欲が高かったのは「メルカリ」と「ヤフオク!」となっていました。この2つのサービスがどこまでフリマアプリ市場を牽引していくか?それとも、「ラクマ」や「ジモティー」など他のサービスがどこまで躍進するのか?今後の動向に注目していきたいところです。

調査レポートでは、上記以外にも、中古商品の購入チャネルや今後利用したいフリマサービス、ヤフオク!とメルカリのユーザーセグメント別調査などをまとめています。詳細レポートは無料でダウンロードできます。下記フォームからお申し込みください。

ホワイトペーパーダウンロード【無料】|「フリマサービスの浸透度調査」レポート

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

調査概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のヴァリューズVALUESモニター(20歳以上男女)を対象として、2019年6月5日~6月12日にアンケート調査を実施、その回答者9,766人をネット行動分析の対象としました。
※アンケート調査は性年代別人口とネット利用率に合わせたウェイトバック集計を行っています。

関連記事

PayPayフリマ、11月のMAUは300万人超え。ユーザー数急上昇アプリ調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/708

2019年11月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。11月のトレンドを調査しました。

CtoCハンドメイドEC市場、勢い止まらず。minne、CreemaはショッピングアプリTop50にランクイン

https://manamina.valuesccg.com/articles/580

ハンドメイド作家を目指す人も急増中。売るも買うも人気のハンドメイド市場。「minne(ミンネ)」「Creema(クリーマ)」「ココナラ」それぞれの強みとは。ユーザー数や属性を調査し、各サービス の特徴を考察しました。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

日本の65歳以上の人口は既に約3600万人、総人口の約3割を占め、「シニアマーケット」はその存在感を大きくしており、シニアマーケティングも重要な課題となってきています。しかし一方で、シニアがどのようにWebを活用しているのか、商品の購入にあたってどのような形で情報を収集しているのかといった情報は、明らかになっていません。そこで、シニアのWebでの情報収集の仕方や商品購入の仕方について調査を行い、2021年4月9日にセミナーを開催しました。※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、最新1位はセブンイレブンアプリ【2021年2月~2021年3月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、最新1位はセブンイレブンアプリ【2021年2月~2021年3月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2021年3月のアプリインストール数1位は「セブン-イレブンアプリ」でした。本記事では最新のアプリインストール数ランキングTop5を掲載。また、男女別の人気インストール数ランキングもまとめています。


郊外に移り住む人が増えている?コロナ禍での引っ越し傾向を探る自主調査レポート

郊外に移り住む人が増えている?コロナ禍での引っ越し傾向を探る自主調査レポート

コロナ禍でのテレワークの浸透や在宅時間の増加から、住環境を見直す人が増えているようです。都心を離れての近距離の移住や新たに住宅を購入する動きなどが見られる中、コロナが引っ越しに与えている影響はどのようなものなのでしょうか。アンケート調査とインターネット行動ログデータの分析から調査しました。(ページ数|25p)


「収納」検索者のキーワードを徹底調査! 悩みや関心を検索データから探る

「収納」検索者のキーワードを徹底調査! 悩みや関心を検索データから探る

新生活が始まる春。新生活に向けて引っ越しをしたり、部屋の模様替えをする機会も増える季節です。そこで、今回は分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を使って、「収納」検索ユーザーが持っている悩みや、どんなことに興味関心があるのかなどに着目して調査・分析をしてみました。


「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、最新1位はファミペイ【2021年1月~2021年2月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、最新1位はファミペイ【2021年1月~2021年2月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2021年2月のアプリインストール数1位は「ファミペイ」でした。本記事では最新のアプリインストール数ランキングTop5を掲載。また、男女別の人気インストール数ランキングもまとめています。


最新の投稿


Zoomのセキュリティ問題はどうなった?より安全に利用する方法は?

Zoomのセキュリティ問題はどうなった?より安全に利用する方法は?

現在ではWeb会議の定番ツールとなった「Zoom」ですが、普及当初はセキュリティ問題が話題となったのを覚えている方も多いでしょう。当時指摘されたセキュリティの問題と、より安心・安全にZoomを利用する方法について再確認します。


ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

ネットの「急上昇ワード」に見る“今”のトレンドをリアルタイムに調べる方法

日々入れ替わるネットの「急上昇ワード」は、新たなトレンドや今何が流行っているかを表すシグナルです。Yahoo!やGoogleなど検索エンジンの「急上昇ワード」を確認する方法や、Twitterのリアルタイムトレンドの仕組みを確認しましょう。「急上昇ワード」は中長期の流行に先行して現れることがあり、マーケティング関係者であればアンテナを張っておきたい情報。本サイト「マナミナ|まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン」でも継続的に調査レポートを出しています。


マーケターはYouTubeに注目している?マーケ系主要メディアのTop5を調査【21年3月】

マーケターはYouTubeに注目している?マーケ系主要メディアのTop5を調査【21年3月】

その月のマーケター向け注目トピックを厳選してお届けする企画「マナミナ編集部が選ぶ今月のマーケティングトピック」。各メディアでは、どのような記事が閲覧数を伸ばしたのでしょうか。調査ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を使ってマーケター向けビジネスメディア「マーケジン」「日経クロストレンド」「DIGIDAY」の人気コンテンツを調査するとともに、マナミナ編集部の注目記事もピックアップ。それぞれのテーマを紹介しながら、人気の要因を探ります。


シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

シニアのWeb利用と購買行動に関するセミナーレポート

日本の65歳以上の人口は既に約3600万人、総人口の約3割を占め、「シニアマーケット」はその存在感を大きくしており、シニアマーケティングも重要な課題となってきています。しかし一方で、シニアがどのようにWebを活用しているのか、商品の購入にあたってどのような形で情報を収集しているのかといった情報は、明らかになっていません。そこで、シニアのWebでの情報収集の仕方や商品購入の仕方について調査を行い、2021年4月9日にセミナーを開催しました。※詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


中国都市部在住男性のカラダに関する悩みと対策法を調査 ~ 髪・頭皮・肌・オーラルケアの悩みには医食同源で対策

中国都市部在住男性のカラダに関する悩みと対策法を調査 ~ 髪・頭皮・肌・オーラルケアの悩みには医食同源で対策

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国都市部在住の男性600人を対象にアンケートを実施し、中国都市部の男性が抱えるカラダの悩みおよびその悩みを改善するための意識と行動を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング