メルカリ、ヤフオク!など、フリマアプリの浸透度と利用ユーザー層の特徴を調査(ホワイトペーパーあり)

メルカリ、ヤフオク!など、フリマアプリの浸透度と利用ユーザー層の特徴を調査(ホワイトペーパーあり)

ここ数年間で、新たな市場として注目を集めているフリマアプリ。不要になった洋服や化粧品、日用品、家電などが手軽に売れたり、欲しかった商品を安価で手に入れられるということもあり、フリマアプリでの売買が活発化しつつあります。今回はフリマアプリの浸透度とメルカリ、ヤフオク!、ラクマ、ジモティーなど各アプリの利用ユーザー層の特徴について調査しました。詳細な調査レポートは無料でダウンロードできます。(ページ数|29p)


メルカリ、ヤフオク!の認知度は8割以上

まずは、どのサービスを知っているか認知度について見てみたところフリマアプリ「メルカリ」と日本最大級のネットオークション・フリマアプリ「ヤフオク!」が圧倒的に高く8割以上のユーザーが「知っている」と回答していました。次いで楽天のフリマアプリ「ラクマ」、全国の無料広告の掲示板「ジモティー」となっていました。

男性よりも女性の方がフリマサービスについて認知度が高いこともわかりました。また、ブランド宅配買取サービス「ブランディア」の女性認知度については、全体と比較して10ポイント以上の差がついていることから、ファッションモデルで女優の菜々緒を起用したCMの影響が大きいと考えられます。

フリマサービスの認知度

フリマサービスの認知度

認知経路、メルカリ、ジモティー、ラクマはテレビCM

次に認知度上位4サービス(「メルカリ」、「ヤフオク!」、「ラクマ」、「ジモティー」)に絞って、どこで知ったか認知経路についてたずねてみました。「ヤフオク!」は『インターネット広告』、『ポータルサイトの記事』が多いですが、その他のフリマサービスは『テレビCM』と回答した人が半数を超えていることがわかりました。特に「ジモティー」は有名なタレントの起用がないCMにもかかわらずテレビCMで知ったと回答した人が6割強と高くなっています。

フリマサービスの認知経路

フリマサービスの認知経路

サービスへのイメージは各社で分かれる

続いて、「メルカリ」、「ヤフオク!」、「ラクマ」、「ジモティ」のイメージについて見てみました。

「ヤフオク!」は『安心感』や『商品の探しやすさ』、「メルカリ」は『商品の購入や出品の簡単さ』、「ラクマ」は『購入手数料や販売手数料の安さ』、「ジモティー」は『出品者、購入者とやり取りがしやすい』、『商品を安く購入できる』がユーザーの印象となっているようです。

各サービスが独自の強みをもってポジションを築いていることがうかがえます。

フリマサービスへのイメージ(コレスポンデンス分析)

フリマサービスへのイメージ(コレスポンデンス分析)

購入経験がある人の割合が最も多いのはヤフオク!

続いて、各サービス認知者の中古品の購入・売却経験について見てみました。

半数以上は購入も売却もしたことがないという結果となりました。購入経験がある人の割合が最も高かったのは「ヤフオク!」、次いで「メルカリ」となっていました。

どのサービスも6割以上が購入・売却経験なしとなっており、急成長を遂げているフリマアプリ市場のこれからに期待したいところです。

フリマサービスでの購入経験・売却経験

フリマサービスでの購入経験・売却経験

フリマアプリでよく買う商品、各社の特徴は?

続いて、直近3カ月でサービスを使って購入した商品について見てみました。全体は『洋服・靴・カバン』、『本』、『生活雑貨』という順番になっていました。その中でも「ヤフオク!」は『家電・スマートフォン・カメラ』「メルカリ」と「ラクマ」は『洋服・靴・カバン』「ジモティー」は『生活雑貨』が多いことがわかりました。

中でも「ジモティー」は“地元の人と直接やり取りすることが前提のサービス”ということもあり、他3サービスと比較すると『キッズ・ベビー用品』『家具』が多いことが特徴的でした。サービスによって、購入されている商品に差がでているようです。

フリマサービスで購入した商品

フリマサービスで購入した商品

ヤフオク!とメルカリのロイヤルユーザーを比較

続いて、「ヤフオク!」と「メルカリ」のロイヤルユーザー(※)を比較してみました。

まず、よく利用するアプリを見てみると「ヤフオク!」ロイヤルユーザーはYahoo!JAPAN、Yahoo!ニュース等Yahoo!系のアプリが上位に複数ランクインしていました。一方で「メルカリ」ロイヤルユーザーは楽天市場、Amazon、ヤフオク!、ラクマといったアプリが上位にランクインしていることからショッピング好きであることがうかがえました。また、双方ともTwitterやFacebookのSNS系アプリがランクインしていましたが、Instagramは「メルカリ」ロイヤルユーザーにのみランクインしていました。

※ロイヤルユーザーの定義
そのサービスを認知しており、そのサービスを使って中古品の購入・売却をしたことがあり、直近3カ月以内にそのサービスで5回以上中古品の購入をしている人と定義。

「ヤフオク!」ロイヤルユーザーの利用アプリランキング

「ヤフオク!」ロイヤルユーザー

「メルカリ」ロイヤルユーザーの利用アプリランキング

「メルカリ」ロイヤルユーザー

「ヤフオク!」ロイヤルユーザーは映画、スマートフォン、「メルカリ」ロイヤルユーザーはショッピング、ファッションに興味関心が高い

最後に、「ヤフオク!」と「メルカリ」のロイヤルユーザーが何に興味・関心があるかを比較してみました。「ヤフオク!」のロイヤルユーザーは『映画』や『スマートフォン』、『パソコン』、「メルカリ」のロイヤルユーザーは『ショッピング』、『ファッション』、『グルメ』への興味関心が高いようです。ユーザー間で大きく興味関心がごとがことなるようです。

「ヤフオク!」ロイヤルユーザー間の興味・関心

「ヤフオク!」ロイヤルユーザー

「メルカリ」ロイヤルユーザー間の興味・関心

「メルカリ」ロイヤルユーザー

まとめ

アンケート結果から、認知度や購買経験、購買意欲が高かったのは「メルカリ」と「ヤフオク!」となっていました。この2つのサービスがどこまでフリマアプリ市場を牽引していくか?それとも、「ラクマ」や「ジモティー」など他のサービスがどこまで躍進するのか?今後の動向に注目していきたいところです。

調査レポートでは、上記以外にも、中古商品の購入チャネルや今後利用したいフリマサービス、ヤフオク!とメルカリのユーザーセグメント別調査などをまとめています。詳細レポートは無料でダウンロードできます。下記フォームからお申し込みください。

ホワイトペーパーダウンロード【無料】|「フリマサービスの浸透度調査」レポート

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

調査概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のヴァリューズVALUESモニター(20歳以上男女)を対象として、2019年6月5日~6月12日にアンケート調査を実施、その回答者9,766人をネット行動分析の対象としました。
※アンケート調査は性年代別人口とネット利用率に合わせたウェイトバック集計を行っています。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


広報、事務、経理、商品管理…オフィスワーク系の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

広報、事務、経理、商品管理…オフィスワーク系の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

あの職種の人たちがよく訪れるサイトはどこなのでしょうか? アンケート調査から職種が分かっている人のネット行動ログを分析することで、ある特定の職種の人がよく閲覧している特徴的なサイトを把握することができます。今回は『広報』『事務』『経理』『商品管理』の人たちがよく見ているサイトを調査しました。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年12月~2020年1月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年12月~2020年1月)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


もう迷わない!市場調査の基礎知識まとめ

もう迷わない!市場調査の基礎知識まとめ

商品やサービスの企画・開発にあたり、マーケティング施策立案に欠かせない「市場調査」。アンケートなど市場調査の方法から、調査結果をもとにしたレポートの書き方、実際の市場調査報告書までまとめました。


アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

アパレル業界のオムニチャネル戦略を探る ~人気アパレルブランドの公式アプリを調査

スマホやタブレットで欲しい商品を検索し、その場ですぐに購入できる時代になりました。 このようなライフスタイルの変化に伴い、特にアパレル業界のオムニチャネル戦略(ネットや店舗などあらゆるチャネルで顧客との接点をもつ販売戦略のこと)が求められています。アパレル業界はトレンドの移り変わりが激しく、商品をどれだけユーザーの目に触れさせるかが命運を分けることになるからです。 今回は、アパレル業界のオムニチャネル戦略について、いくつかのブランドを例に挙げて傾向とトレンドを分析します。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年11月~2019年12月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2019年11月~2019年12月)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、男女別の「スマートフォンアプリ」インストール数ランキングを作成しました。


最新の投稿


急上昇ワードに“アカデミー賞”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/2/9~2020/2/15)

急上昇ワードに“アカデミー賞”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/2/9~2020/2/15)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


広報、事務、経理、商品管理…オフィスワーク系の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

広報、事務、経理、商品管理…オフィスワーク系の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

あの職種の人たちがよく訪れるサイトはどこなのでしょうか? アンケート調査から職種が分かっている人のネット行動ログを分析することで、ある特定の職種の人がよく閲覧している特徴的なサイトを把握することができます。今回は『広報』『事務』『経理』『商品管理』の人たちがよく見ているサイトを調査しました。


オリンピック後の日本経済をアテネ・ロンドン五輪から考察しました【2020年トレンド予測】

オリンピック後の日本経済をアテネ・ロンドン五輪から考察しました【2020年トレンド予測】

2020年に話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2020年トレンド予測」。今回のテーマは「ポストオリンピックの経済をロンドン五輪から予測」です。大会後の日本経済について、サイト分析ツール「eMark+」や過去の開催国の経済を参考に予測します。


サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

最近、よく耳にするようになった「サブスクリプション」方式。定期購読に代表される定額で一定期間利用できるサービスです。この記事ではサブスクリプションの定義や、具体的なサービスの事例を紹介していきます。


中国マーケティングの最新トレンドと有効なプロモーションとは?|セミナーレポート

中国マーケティングの最新トレンドと有効なプロモーションとは?|セミナーレポート

2019年の訪日中国人数は959.4万人。この膨大な窓口の先にある未知数の市場、中国市場。そんな中国市場向けにプロモーションを行なってみたものの、上手く成果に結びつかないという方も多いのではないでしょうか?1月28日に開催された「ヴァリューズ×バイドゥ×フルスピード共催セミナー」では、中国での豊富な調査データをもとにした分析に強みを持つ株式会社ヴァリューズが、最新のインバウンド事情と成功に必要なマーケティング手法を紹介しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら