ターゲットユーザーがよくみているサイトやコンテンツがわかるTarget Focusとは?|eMark+(イーマークプラス)

ターゲットユーザーがよくみているサイトやコンテンツがわかるTarget Focusとは?|eMark+(イーマークプラス)

サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」のTarget Focusを使うと、ターゲットユーザーがどんなサイトやコンテンツを見ているかチェックできるのをご存知でしょうか?自社サイトの利用ユーザーが、他にどのようなサイトに興味があるのか、商品やサービスの検討過程でどのようなサイトをよく見ているのかを知ることができます。広告出稿などでリーチしやすいメディアを把握したいという担当者の方は必見です!


ターゲットユーザーがよく見ているサイトがわかる

サイト分析ツールeMark+のTarget Focusにある機能「併用サイトランキング」は指定したサイトに接触しているユーザーが他によく見ているサイトをランキング形式で作成できる機能です。

自社サイトの利用ユーザーが、他にどのようなサイトに興味があるのかを知ることができます。

PCデータの併用サイトランキングを見るには?

以下の4つのステップで簡単にランキングを作成できます。

1.eMark+のスタートメニューから、Target Focusの「併用サイトランキング」を選択
2.「PCのデータから新規レポートを作成」ボタンをおす
3.「接触サイト/URL」に接触したサイトのURLを入力する
4.「条件保存&集計開始」をクリックする

例えば、Amazon(アマゾン)の併用サイトランキングをみてみましょう。「接触サイト/URL」にwww.amazon.co.jp を入力して集計を開始します。

併用サイトランキング

※「対象年月」で3ヶ月以内であれば、指定の年月を選択することも可能です。
※eMark+で作成した保存条件から対象を設定することも可能です。

集計が完了すると、下図のように最新1ヶ月のユーザー数の多い併用サイトが、ランキング形式で表示されます。その数は上位1000サイトにもおよびます。(1位には設定したサイトが表示されます。)

併用サイトランキング

上位の顔ぶれにはGoogle、YouTube、楽天市場などがあり、Amazonに接触したユーザーはそれらのサイトもよく見ていることがわかります。

ユーザー数ページビュー数の他に、「リーチ率(=ユーザー数÷接触サイト条件該当ユーザー数)」や「含有率(=ユーザー数÷全体ユーザー数)」などもわかるので、リーチ率や含有率を並べ替えることによって全体とターゲットユーザーの流入割合を簡単に比較ができるようになっています。

また、指定した条件の「ユーザー属性」もわかるようになっています。性別、年代、職業など、どのようなデモグラフィックの人たちかが、グラフで一目で把握できます。

併用サイトランキング ユーザー属性

「カテゴリ指定」で業界を絞ることで「旅行・交通」などの特定カテゴリのみの結果を表示したり、「属性指定」では「性別」や「年代」などに絞ることも可能です。

併用サイトランキング

スマートフォンデータの併用サイトランキングを見るには?

Target Focusはデバイスごとにデータが分かれています。スマートフォンのデータを見る手順を簡単にご紹介しましょう。

1.eMark+のスタートメニューから、Target Focusの「併用サイトランキング」を選択
2.「スマートフォンのデータから新規レポートを作成」ボタンをおす
※スマートフォンの場合、サイト以外に利用アプリの選択も可能です。
以降は、PCデータと同様の手順になります。

ターゲットユーザーが接触前後30分以内に見ているサイトがわかる

Target Focusの「併用サイトランキング(接触前後)」は指定したサイトに接触したユーザーが、サイトに接触する前や後に訪問した他のサイトをランキング形式で作成できる機能です。

例えば、ユーザーが商品やサービスの検討過程でどのようなサイトをよく見ているのかを知ることができます。

PCデータの併用サイトランキング(接触前後)を見るには?

以下の4つのステップで簡単にランキングを作成できます。

1.eMark+のスタートメニューから、Target Focusの「併用サイトランキング(接触前後)」を選択
2.「PCのデータから新規レポートを作成」ボタンをおす
3.「接触サイト/URL」に接触したサイトのURLを入力する
4.「条件保存&集計開始」をクリックする


次は、Amazon(アマゾン)の併用サイトランキング(接触前後)をみてみましょう。「接触サイト/URL」にwww.amazon.co.jp を入力して集計を開始します。

併用サイトランキング(接触前後)

※「検索条件」のデフォルト値は『接触前30分以内接触』になっていますが、ユーザーの接触前または接触後、どちらのランキングを作成するかは指定できます。

集計が完了すると下図のように最新1ヶ月のユーザー数の多いサイトがランキング形式で表示されます。

併用サイトランキング(接触前後)

「併用サイトランキング」とは異なり、「併用サイトランキング(接触前後)」の上位の顔ぶれは、Google、Amazon、Yahoo!となっています。

Amazonに接触する前に見ていたサイトはGoogleがトップとなっていました。Googleで商品名を検索したり、サイト名「Amazon」を検索していることが考えられます。

スマートフォンデータの併用サイトランキング(接触前後)を見るには?

Target Focusはデバイスごとにデータが分かれています。スマートフォンのデータを見る手順を簡単にご紹介しましょう。

1.eMark+のスタートメニューから、Target Focusの「併用サイトランキング(接触前後)」を選択
2.「スマートフォンのデータから新規レポートを作成」ボタンをおす
以降は、PCデータと同様の手順になります。

ターゲットユーザーがよく見ているコンテンツがわかる

Target Focusの「併用コンテンツランキング」は指定したサイトに接触しているユーザーが、特定のサイトでどのようなコンテンツを見ているのかランキング形式で表示します。

例えば、自社サイトに訪れたユーザーが、競合他社サイトではどんなページを見ているかがURL単位でわかります。

PCデータの併用コンテンツランキングを見るには?

以下の5つのステップで簡単にランキングを作成できます。

1.eMark+のスタートメニューから、Target Focusの「併用コンテンツランキング」を選択
2.「PCのデータから新規レポートを作成」ボタンをおす
3.「接触サイト/URL」に接触したサイトのURLを入力する
4.「対象サイト」に見たいサイトのURLを入力する
5.「条件保存&集計開始」をクリックする

今回は、Amazon(アマゾン)に接触した人が、楽天市場でどんなコンテンツを見ているかみてみましょう。「接触サイト/URL」にwww.amazon.co.jp を入力して、「対象サイト」でURLを選択してevent.rakuten.co.jp を入力し集計を開始します。

併用コンテンツランキング

集計が完了すると下図のように最新1ヶ月のユーザー数の多いコンテンツがランキング形式で表示されます。「併用サイトランキング」同様、その数は上位1000ページにもおよびます。

併用コンテンツランキング

今回は、URLを“特集ページ”に絞ったこともあり、上位には『楽天スーパーSALE』や、『勝ったら倍キャンペーン』、『特典付きキャンペーン』などお得なコンテンツが人気なのがわかります。

自社のサイト訪問者が他でどんなコンテンツをよく見ているかをランキングできるので、ターゲットユーザーのニーズをつかんだり、親和度の高いメディアを発見することにも活用できます。

また、併用サイトランキングと同様に集計結果のユーザー属を「性別」や「年代」などの属性で絞り込むことも可能です。

スマートフォンデータの併用コンテンツランキングを見るには?

Target Focusはデバイスごとにデータが分かれています。スマートフォンのデータを見る手順を簡単にご紹介しましょう。

1.eMark+のスタートメニューから、Target Focusの「併用コンテンツランキング」を選択
2.「スマートフォンのデータから新規レポートを作成」ボタンをおす
以降は、PCデータと同様の手順になります。

ターゲットユーザーが接触前後30分以内に見ているコンテンツがわかる

Target Focusの「併用コンテンツランキング(接触前後)」は指定したサイトに接触したユーザーが、サイト接触前や接触後に、訪問したコンテンツをランキング形式で表示します。

例えば、自社サイトに訪れる前に他サイトを含めてどのようなコンテンツを見ていたのか、自社サイト離脱後にどのようなコンテンツを見ているのか、などがページ単位でわかります。

PCデータの併用コンテンツランキング(接触前後)を見るには?

以下の4つのステップで簡単にランキングを作成できます。

1.eMark+のスタートメニューから、Target Focusの「併用コンテンツランキング(接触前後)」を選択
2.「PCのデータから新規レポートを作成」ボタンをおす
3.「接触サイト/URL」に接触したサイトのURLを入力する
4.「条件保存&集計開始」をクリックする

今回は、Amazon(アマゾン)に接触後30分以内のコンテンツをみてみましょう。「接触サイト/URL」にwww.amazon.co.jp を入力して、「検索条件」で『接触後30分以内接触』を選択し集計を開始します。

併用コンテンツランキング(接触前後)

集計が完了すると下図のように最新1ヶ月のユーザー数の多いコンテンツがランキング形式で表示されます。「併用コンテンツランキング」同様、その数は上位1000ページにもおよびます。

併用コンテンツランキング(接触前後)

上位にはYahoo!トップ、Amazonのショッピングカート、Amazonの注文履歴ページが並んでいます。Yahoo!のトップページやYahoo!ショッピングページがランクインしていることから、Amazonを利用しているユーザーはYahoo!ショッピングと比較検討していることが考えられます。

このように、ターゲットユーザーが検討過程でどのようなコンテンツを見ているかを知ることで、ターゲットユーザー像の理解を深め、広告出稿先の候補として検討したり、コンテンツ作成時のヒントにすることができます。

スマートフォンデータの併用コンテンツランキング(接触前後)を見るには?

Target Focusはデバイスごとにデータが分かれています。スマートフォンのデータを見る手順を簡単にご紹介しましょう。

1.eMark+のスタートメニューから、Target Focusの「併用コンテンツランキング(接触前後)」を選択
2.「スマートフォンのデータから新規レポートを作成」ボタンをおす
以降は、PCデータと同様の手順になります。

この記事でご紹介した「Target Focus」の併用ランキングは有料版となっていますが、ユーザー数の多いサイトがどこかわかる「サイトランキング」や、指定したサイトのユーザー数がわかる「ユーザー数推移」などは無料で利用することができます。

まずは無料版に登録して、実際にeMark+を体験してみてください。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

関連記事

競合分析ができるツールeMark+のTarget Focusでターゲットユーザーがどんなサイトをよく見ているかを知る方法

https://manamina.valuesccg.com/articles/545

市場調査や競合サイト分析ができるツール「eMark+(イーマークプラス)」のターゲットユーザー分析メニュー「Target Focus」を使うと、ターゲットユーザーがどんなサイトやコンテンツを見ているか簡単にチェックできるのをご存知でしょうか?広告出稿などで狙いたいターゲットにリーチしやすいメディアを把握したいという担当者の方、必見です。

競合サイトも分析できる?『eMark+(イーマークプラス)』とはどんなツール?

https://manamina.valuesccg.com/articles/449

デジタルマーケティングに欠かせない市場調査や競合分析が無料で始められる「eMark+(イーマークプラス)」についてご紹介します。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


副業やクラウドソーシングが伸びている実態とは?大手2サイトのユーザー層の最新トレンドを探る

副業やクラウドソーシングが伸びている実態とは?大手2サイトのユーザー層の最新トレンドを探る

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により、企業や個人の経済活動にとって大きな変革の年となりました。その中でも関心と需要の高まりを見せている「クラウドソーシング」の分野について、国内の2サイトを分析対象として、利用ユーザーの動向をデータから紐解いていきます。


ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を比較してみた

ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を比較してみた

日本国内においての検索エンジンと言えば、GoogleとYahoo!。さらに、この2トップで国内の検索エンジンシェアの9割を超えているとも言われています。普段の検索にGoogleをよく使う人とYahoo!をよく使う人、特徴の違いはあるのでしょうか?今回はGoogleとYahoo!の検索ユーザーについて調査・分析してみました。


【ショートセミナー動画】激変する証券業界の実態を紐解く~インターネット行動ログデータによるWeb上での証券業界動向調査(視聴時間20分)

【ショートセミナー動画】激変する証券業界の実態を紐解く~インターネット行動ログデータによるWeb上での証券業界動向調査(視聴時間20分)

マーケティングの最新情報を学びたいが、イベントに出かけたり、セミナーを聴く暇もない…そんな忙しいあなたに、いま知っておくべき情報を20分に要約した、ショートセミナー動画をご用意しました。業界調査、トレンド、消費者調査など、Web行動ログ分析によるマーケティング調査を提供するヴァリューズのコンサルタントが、簡潔に解説します。動画はYouTubeでの限定公開となりますので、あなたのご都合のいい時間に、お好きな場所で是非ご覧ください。<b><br>今回のテーマは「激変する証券業界の実態を紐解く~インターネット行動ログデータによるWeb上での証券業界動向調査」です。</b>


大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

2020年8月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ(TCC)の初代会長、上野壮夫(うえのそうふ)氏が1966年に創立したクリエイティブハウス、ユー・ピイ・アール。心を動かすクリエイティブが伝統でもある同社では、競合分析ツール「eMark+」を使い、データによる提案も行なっているといいます。それはなぜなのか?また、その実態はどんなものなのでしょうか。マナミナ編集部がユー・ピイ・アールの田地さんにお聞きしました。


最新の投稿


【アーカイブ視聴】ウィズコロナ時代のウェブサイト大全|ヴァリューズ×イノーバ×Kaizen Platform共催ウェビナー

【アーカイブ視聴】ウィズコロナ時代のウェブサイト大全|ヴァリューズ×イノーバ×Kaizen Platform共催ウェビナー

行動分析、コンテンツマーケティング、UI改善までウェブの専門家が大集合。 <br><br>※本セミナーは2020年9月15日に開催されましたが、動画にて視聴頂けます。ご興味を持っていただけましたら、記事下部のフォームよりお申し込みください。お申し込み後、視聴URL(YouTube)をお送りいたします。


副業やクラウドソーシングが伸びている実態とは?大手2サイトのユーザー層の最新トレンドを探る

副業やクラウドソーシングが伸びている実態とは?大手2サイトのユーザー層の最新トレンドを探る

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により、企業や個人の経済活動にとって大きな変革の年となりました。その中でも関心と需要の高まりを見せている「クラウドソーシング」の分野について、国内の2サイトを分析対象として、利用ユーザーの動向をデータから紐解いていきます。


急上昇ワードに“渋滞情報”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/20~2020/9/26)

急上昇ワードに“渋滞情報”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/20~2020/9/26)

2020年9月20日~9月26日週の検索急上昇ワードでは、4連休のシルバーウィークだったため「渋滞情報」の検索が久しぶりに急増。今年一番の人出となった観光地も全国各地でみられたようです。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を比較してみた

ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を比較してみた

日本国内においての検索エンジンと言えば、GoogleとYahoo!。さらに、この2トップで国内の検索エンジンシェアの9割を超えているとも言われています。普段の検索にGoogleをよく使う人とYahoo!をよく使う人、特徴の違いはあるのでしょうか?今回はGoogleとYahoo!の検索ユーザーについて調査・分析してみました。


AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

画像やテキストなどの非構造データのデータ解析やデータビジネスプロジェクト構築などを行っているFVIの荻原さんに、AIをマーケティングに活かす事例についてお伺いしました。DXを行うにはAIの活用ができているかが大きなポイントになってきているそう。「データの『タグ付け』で営業やマーケティングが大きく変化する」とはどういうことでしょうか。本稿ではそのインタビュー内容をお伝えします。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング