Googleマイビジネスの“困った口コミ”を削除できるか

Googleマイビジネスの“困った口コミ”を削除できるか

検索結果に表示にされるGoogleマイビジネスに悪意ある口コミや低評価がされていると、事業に悪影響があります。こうした「不適切な口コミ」は一定の基準に基づき削除できます。具体的には「禁止および制限されているコンテンツ」の項目いずれかに合致している口コミは、ポリシー違反として違反報告するとGoogleの判断で削除されます。


「Googleマイビジネス」の口コミは削除できる(こともある)

Googleに困った口コミがある場合、削除できるでしょうか?事実無根のネガティブな口コミを放置していると「星」などの評価が悪くなり、集客に悪影響があります。

結論から言うと、Googleのポリシーに違反した口コミなら削除できます。ユーザー視点からはそのスポットの良くない点の指摘も有益な口コミですから、スポットの運営者都合でなんでも削除できる訳ではない点に注意が必要です。

法律違反やプライバシー保護などの一般的なポリシーに加え、Googleでは「マップユーザーの投稿コンテンツに関するポリシー」を設けています。

投稿内容は、実際の体験や情報に基づくものでなければなりません。意図的な虚偽情報の投稿、写真のコピーや盗用、話題に無関係なクチコミ、中傷的な表現の使用、個人攻撃、不必要または不正確なコンテンツなどは、すべてポリシー違反に該当します。こうした行為を見かけた場合は、ご報告ください。

ポリシーで列挙された項目のいずれかに該当する場合、Googleに報告して不適切な口コミや写真、質問や回答を削除できます。

Googleのポリシーに違反する口コミとは

Googleのポリシーでは「禁止および制限されているコンテンツ」を明確に列挙しています。


1.スパムと虚偽のコンテンツ
スポットの評価を操作する目的でやらせ投稿したり、ユーザーを沢山作って投稿するなどが該当します。Googleでは投稿するコンテンツは「その場所での実体験に基づいている」必要があるとしています。最近では炎上したスポットに多数の低評価が付いたりしますが、この項目の違反に該当します。

MEOとは何?簡単にできて集客ができる方法を徹底解説!

https://manamina.valuesccg.com/articles/504

Google Mapでは、検索したワードと関係のある店舗が表示されるようになっています。SEO対策はしていても、MEO対策まではできていないという方も多いことでしょう。思っているよりも効果があり、簡単にできるMEOの方法を詳しく解説します。

MEO対策とは?Googleマップで上位表示する方法

https://manamina.valuesccg.com/articles/697

MEO対策とはGoogle マップで上位表示するSEO対策のことです。Google マップはエリア名で検索したときに画面上部の良い位置に表示され誘導効果が大きい枠です。Googleマイビジネスで自分の店舗・サービスの情報を管理して上位表示を目指しましょう。

2.関連性のないコンテンツ
その場所やその場所での体験と無関係なコンテンツが該当します。政治的または社会的な主張や、個人的な不満をあちこちに投稿するようなコンテンツは削除されます。

3.制限されているコンテンツ
特定の規制または各地域で規制対象となっている商品やサービスのコンテンツ投稿は許可されていません。

こうした商品やサービスには、アルコール、ギャンブル、タバコ、銃、健康器具や医療機器、規制されている医薬品、成人向けのサービス、金融サービスなどが含まれます。

4.違法なコンテンツ
著作権違反や性的・違法な商品やサービス・暴力的・テロリストなど違法または違法な行為を描写したコンテンツは投稿できません。

5.テロリストのコンテンツ
テロリストの利用またはテロリストに関するコンテンツは許可されません。

6.露骨な性的表現を含むコンテンツ
露骨な性表現を含むコンテンツは許可されません。削除のみならず、Googleは警察にも通報します。

7.不適切なコンテンツ
わいせつ、冒涜的、不適切な言葉やジェスチャーを含むコンテンツは削除されます。

8.危険なコンテンツおよび中傷的なコンテンツ
具体的にイメージしづらいですが、以下が該当します。

・自分自身または他者に危害を加えると脅す、または危害を加えることを奨励している。
・個人または個人で構成されるグループを中傷、威嚇、攻撃している。
・人種、民族、宗教、障がい、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性や、制度的人種差別や疎外化に結び付くその他の特性に基づいて個人またはグループへの憎悪を促す、差別を助長する、または誹謗している。

9.なりすまし
そのスポットの関係者である、あるいはGoogleとその代理店へのなりすましは違反行為です。

10.利害に関する問題
これはやってしまいがちですが、自分で口コミしたり、競合他社の評価を落とすような行為は許可されていません。

・自分の店やサービスのクチコミを投稿すること。
・現在または過去の職場に関するコンテンツを掲載すること。
・競合他社に関するコンテンツを投稿して評価を操作すること。

こうして各項目を眺めてみると比較的通報しやすいのは、事実関係を確認しやすい
・スパムと虚偽のコンテンツ
・関連性のないコンテンツ
・利害に関する問題
あたりでしょうか。

逆に「待たされた」「接客がよくなかった」「料理が冷めていた」など、Googleから事実関係を判断できない口コミを削除するのは、なかなか難しそうです。その場合、口コミへの返信機能でフォローする方法が考えられます。

Googleの口コミを削除する方法と手順

Googleにポリシー違反のコンテンツを報告して削除する方法を説明します。Googleは主観や事実関係の主張が対立するような事項には対応してくれません。

Googleに報告する方法はスポットのオーナーとして報告する場合と、一般ユーザーとして報告する場合の2つの方法があります。

Googleマイビジネスのオーナーとしてポリシー違反報告する場合

スポットのオーナーは「Googleマイビジネス」からポリシー違反を報告できます。まだオーナー登録していない場合、以下の記事を参考に「オーナー確認」してください。

「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

https://manamina.valuesccg.com/articles/698

「Googleマイビジネス」のスポットで自分が運営者(オーナー)であることを証明する方法を解説します。多くの場合、スポット情報自体は登録されていて、そのオーナーであることを証明するプロセスになります。

ポリシー違反を報告する具体的な手順は以下となっています。

1.Google マイビジネスにログインする

2.管理するスポット(リスティング)が2つ以上ある場合「カード表示」に切り替え、管理するビジネス情報の [ビジネスを管理] をクリックする

3.メニューの [クチコミ] をクリックする

4.報告するクチコミを見つけ、その他メニューをクリックして、[不適切なクチコミとして報告] をクリックする。

一般のユーザーがポリシー違反報告する場合

誰もオーナー登録していない公園などの口コミも、ポリシー違反を報告できます。各口コミの右上にある「違反コンテンツを報告」というメニューを選ぶと、通報フォームが表示されます。

「Googleのコメント投稿に関するポリシー」で何が違反になるか列挙されていますが、通報フォームでは「違反の種類」として以下の4つを選ぶだけで、詳しい補足説明を入力する箇所はありません。

したがって攻撃的な投稿やスパム投稿など、誰が見ても明らかな明確なポリシー違反なら対応されるかも、くらいに考えた方が良さそうです。

・この投稿には悪意のあるコンテンツ、暴力的なコンテンツ、不適切なコンテンツのいずれかが含まれている
・この投稿には広告またはスパムが含まれている
・トピックに無関係な内容が含まれている
・この投稿には利害対立に関係する内容が含まれている

不適切な口コミの場合をベースに説明しましたが「不適切な写真や動画」「不適切な質問と回答」でも同様の報告手段が用意されています。

まとめ

Googleは地域情報が充実するようユーザーに口コミを促していますが、その中には不適切な投稿が混じってきます。不適切な投稿を放置しているとブランドや集客に悪影響が出ます。

Googleのポリシーに違反する内容であれば、Googleに通報して削除できますので、悪質な口コミにお悩みの方は試してみてください。

関連記事

Googleマイビジネスに勝手に登録された!すぐできる対策は?

https://manamina.valuesccg.com/articles/701

Googleマップのスポット情報が勝手に登録されていて、しかも間違っている!という例を見かけます。Googleのスポット情報は誰でも登録できるのが原因です。対策として、スポット情報を管理できる「Googleマイビジネス」にオーナー登録して正確な情報を管理する方法があります。

「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

https://manamina.valuesccg.com/articles/698

「Googleマイビジネス」のスポットで自分が運営者(オーナー)であることを証明する方法を解説します。多くの場合、スポット情報自体は登録されていて、そのオーナーであることを証明するプロセスになります。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


Googleマイビジネスに勝手に登録された!すぐできる対策は?

Googleマイビジネスに勝手に登録された!すぐできる対策は?

Googleマップのスポット情報が勝手に登録されていて、しかも間違っている!という例を見かけます。Googleのスポット情報は誰でも登録できるのが原因です。対策として、スポット情報を管理できる「Googleマイビジネス」にオーナー登録して正確な情報を管理する方法があります。


「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

「Googleマイビジネス」のスポットで自分が運営者(オーナー)であることを証明する方法を解説します。多くの場合、スポット情報自体は登録されていて、そのオーナーであることを証明するプロセスになります。


Googleマイビジネスの登録方法と使い方

Googleマイビジネスの登録方法と使い方

Googleマップの検索で出てくるスポット情報を自社で管理するツールが「Google マイビジネス」です。Googleマップはローカル検索の良い位置に表示され流入が期待できるとともに、不正確な情報が出回らないよう自社で管理するメリットがあります。


MEO対策とは?Googleマップで上位表示する方法

MEO対策とは?Googleマップで上位表示する方法

MEO対策とはGoogle マップで上位表示するSEO対策のことです。Google マップはエリア名で検索したときに画面上部の良い位置に表示され誘導効果が大きい枠です。Googleマイビジネスで自分の店舗・サービスの情報を管理して上位表示を目指しましょう。


最新の投稿


【アーカイブ視聴】ウィズコロナ時代のウェブサイト大全|ヴァリューズ×イノーバ×Kaizen Platform共催ウェビナー

【アーカイブ視聴】ウィズコロナ時代のウェブサイト大全|ヴァリューズ×イノーバ×Kaizen Platform共催ウェビナー

行動分析、コンテンツマーケティング、UI改善までウェブの専門家が大集合。 <br><br>※本セミナーは2020年9月15日に開催されましたが、動画にて視聴頂けます。ご興味を持っていただけましたら、記事下部のフォームよりお申し込みください。お申し込み後、視聴URL(YouTube)をお送りいたします。


副業やクラウドソーシングが伸びている実態とは?大手2サイトのユーザー層の最新トレンドを探る

副業やクラウドソーシングが伸びている実態とは?大手2サイトのユーザー層の最新トレンドを探る

2020年は新型コロナウイルスの感染拡大により、企業や個人の経済活動にとって大きな変革の年となりました。その中でも関心と需要の高まりを見せている「クラウドソーシング」の分野について、国内の2サイトを分析対象として、利用ユーザーの動向をデータから紐解いていきます。


急上昇ワードに“渋滞情報”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/20~2020/9/26)

急上昇ワードに“渋滞情報”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/20~2020/9/26)

2020年9月20日~9月26日週の検索急上昇ワードでは、4連休のシルバーウィークだったため「渋滞情報」の検索が久しぶりに急増。今年一番の人出となった観光地も全国各地でみられたようです。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

AIのビジネス活用がBtoBで加速の実態とは?DXにも通じる「レシートOCR」「外食×AI」の2つの事例を解説

画像やテキストなどの非構造データのデータ解析やデータビジネスプロジェクト構築などを行っているFVIの荻原さんに、AIをマーケティングに活かす事例についてお伺いしました。DXを行うにはAIの活用ができているかが大きなポイントになってきているそう。「データの『タグ付け』で営業やマーケティングが大きく変化する」とはどういうことでしょうか。本稿ではそのインタビュー内容をお伝えします。


ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を比較してみた

ネット検索で Google を使う人、Yahoo! を使う人の特徴を比較してみた

日本国内においての検索エンジンと言えば、GoogleとYahoo!。さらに、この2トップで国内の検索エンジンシェアの9割を超えているとも言われています。普段の検索にGoogleをよく使う人とYahoo!をよく使う人、特徴の違いはあるのでしょうか?今回はGoogleとYahoo!の検索ユーザーについて調査・分析してみました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング