Googleマイビジネスが勝手に登録された!すぐできる対策は?

Googleマイビジネスが勝手に登録された!すぐできる対策は?

Googleマップのスポット情報が勝手に登録されていて、しかも間違っている!という例を見かけます。Googleのスポット情報は誰でも登録できるのが原因です。対策として、スポット情報を管理できる「Googleマイビジネス」にオーナー登録して正確な情報を管理する方法があります。


Googleマイビジネスが勝手に登録される理由

Googleの検索結果で画面の上部やサイドバーに大きく表示されるスポット情報。店名で検索した場合はサイドバー全面に表示されるなど、お客さまからも目立つ位置に配置されています。この情報が間違っていたり、口コミが荒れていたら困りますよね。

お店の方からすると「なぜ勝手に登録されているんだ!」「オーナーじゃない人でも登録できるのは乗っ取りなのでは!」と憤りを感じるのも当然です。

スイーツのお店「リベルターブル 赤坂店」の検索画面。サイドバー全面にスポット情報が表示され、情報としての影響は大きい。

Googleユーザーであれば誰でもスポット情報を登録できる

こうした地域のスポット情報や口コミは、Googleユーザーであれば誰でも登録できます。この仕組みを「ローカルガイド」と言います。たとえばGmailやGoogleドライブを使っている人はGoogleユーザーなので、スポット情報を登録できます。

ローカルガイドは、Google マップでクチコミを投稿したり、写真を共有したり、質問に回答したり、場所の追加や編集を行ったり、情報を確認したりするユーザーの世界的なコミュニティです。旅行の目的地、レストランやショップ、アウトドア施設やテーマパークなどを選ぶときに、多くのユーザーがローカルガイドのクチコミ情報を参考にしています。

ローカルガイドの冒頭に書かれているように、スポット情報には観光スポットや公園、その現地写真などユーザーが役に立つ情報が含まれています。

Googleは自分でもストリートビューなどで現地情報を収集していますが、全世界のスポット情報を充実させるのは困難なので、ユーザーの力を借りて口コミを集めています。

スポット情報が第三者に登録されるデメリットとリスク

Googleのスポット情報はGoogleユーザーであれば誰でも登録できますが、これにはデメリットもあります。情報が不足していたり、間違っていたり、古かったりという問題が代表的です。

たとえば住所が微妙に間違っていて来店者が迷子になってしまったり、営業時間や休日が間違っていて閉店後に訪れてしまった場合、機会ロスにつながるだけでなく、ユーザー体験が悪化しスポットの評判も低下してしまいます。

誤解や悪意にもとづく口コミや、競合による嫌がらせなどのリスクもあります。たとえば炎上したスポットの口コミが悪評で埋まったりしますが、虚偽の口コミはガイドライン違反なので、自社でスポット情報を管理していれば削除できる情報です。

歯科医院では予約代行業者が勝手に書き換えてしまうことがある

特に歯科医院で問題になっていますが、電話予約されると手数料がかかるタイプの業者が、Googleの電話番号を勝手に自社の予約番号に書き換えてしまう事例が出ています。

Googleのスポット情報は良い位置に表示され、ユーザーも予約するだけなら電話番号をいちいち確認しないため、こうした事態が起きています。

EPARK歯科がGoogleMapの歯科医院の電話番号が勝手変えて炎上した件

https://cat-marketing.jp/blog_detail/entry/61.html

GoogleMapに登録されている歯医者の電話番号が勝手にEPARK歯科の番号に変わるという事例が発生しています。調べてみると、EPARKは「許可を得て変えた」と言っており、歯医者側は「そんな依頼していない」と言っています。どちらが正しいのかわかりませんが、とりあえず勝手に変わった番号を戻す手順を掲載します。

このように「ローカルガイド」による登録には、地域情報が充実するメリットがありますが、実際にスポットを運営している方からすると迷惑な側面も持っています。

Googleのスポット情報を自社で管理するには「Googleマイビジネス」で「オーナー確認」して第三者に書き換えられないようにする方法があります。

「Googleマイビジネス」にオーナー登録して自社で管理する方法

Googleに掲載されている自社のスポット情報を管理する仕組みとして「Googleマイビジネス」が用意されています。

「Googleマイビジネス」は、Google検索や Googleマップなどに掲載されるスポット情報を管理できる無料サービスです。

Googleマイビジネスの登録方法と使い方

https://manamina.valuesccg.com/articles/696

Googleマップの検索で出てくるスポット情報を自社で管理するツールが「Google マイビジネス」です。Googleマップはローカル検索の良い位置に表示され流入が期待できるとともに、不正確な情報が出回らないよう自社で管理するメリットがあります。

「Googleマイビジネス」のメリットは3つあります。

1つ目のメリットは「情報管理」です。これには自社の情報を第三者に書き換えられない権利も含みます。店名で検索するような場合Googleのスポット情報は一番上に表示されるため、防衛的な意味でも「Googleマイビジネス」に登録し、営業時間や住所など基本的な項目は正確に保つようにしましょう。

2つ目のメリットは「ユーザーと交流できる」ことです。「Googleマイビジネス」に登録すると、口コミに返信したり、公式のきれいな写真を登録できたりします。

Googleによると写真を登録しているスポットでは、写真がないスポット比べGoogleマップで経路検索される回数が42%増加し、公式サイトがクリックされる回数が35%増加します。

3つ目のメリットは「アクセス解析や有料のキャンペーンができる」ことです。ユーザーが何を検索したか、電話やWebサイトがどのくらいクリックされたかなどのアクセス情報を閲覧できます。また有料ですがローカル広告を活用して集客する方法もあります。

「Googleマイビジネス」にオーナー登録する方法は以下の記事をご覧ください。

自社の「Googleマイビジネス」の現状を確認する方法

この記事をご覧になっている方の中には、第三者にスポット情報が登録されてお困りの状況の方もいるかと思います。Googleのスポット情報に「ビジネスオーナーですか?」という一文が含まれている場合「Googleマイビジネス」でオーナー登録できるのでご安心ください。

また、新店舗などで店名や住所で検索しても見つからない場合、スポット情報が登録されていない状態です。いち早くスポット情報を登録するには、以下の記事をご覧ください。

関連記事

Googleマイビジネスの“困った口コミ”を削除できるか

https://manamina.valuesccg.com/articles/699

検索結果に表示にされるGoogleマイビジネスに悪意ある口コミや低評価がされていると、事業に悪影響があります。こうした「不適切な口コミ」は一定の基準に基づき削除できます。具体的には「禁止および制限されているコンテンツ」の項目いずれかに合致している口コミは、ポリシー違反として違反報告するとGoogleの判断で削除されます。

MEO対策とは?Googleマップで上位表示する方法

https://manamina.valuesccg.com/articles/697

MEO対策とはGoogle マップで上位表示するSEO対策のことです。Google マップはエリア名で検索したときに画面上部の良い位置に表示され誘導効果が大きい枠です。Googleマイビジネスで自分の店舗・サービスの情報を管理して上位表示を目指しましょう。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


コロナ下のMEO対策!営業時間の変更や感染防止対策を反映しよう

コロナ下のMEO対策!営業時間の変更や感染防止対策を反映しよう

飲食業などの店舗では、新型コロナウイルス感染症の影響で、普段と異なる営業形態になっているお店も多いようです。こうした営業情報の変更にくわえて、感染防止対策の実施状況などを確実にお客さんに伝えるにはどうしたらよいでしょうか。Googleのスポット情報「Googleマイビジネス」は検索結果のよい位置に表示されるため、公式サイトを持っていたとしても、最低限の情報は「Googleマイビジネス」側でも更新しておくことをおすすめします。


withコロナ時代に取り組むべきデータ活用の第一歩とは|ヴァリューズ×ナビタイムジャパン共催セミナーレポート

withコロナ時代に取り組むべきデータ活用の第一歩とは|ヴァリューズ×ナビタイムジャパン共催セミナーレポート

ビジネスにおけるDXの必要性は企業利益にとって非常に重要な取り組みとなってきています。しかし、大規模なシステム導入をしたものの、導入後の現場レベルでのDX推進役となる人材が不足しているといった問題点も。こうした状況を打開するDXの正しい一歩目とは「まず小さくデジタル化・データ活用の文化を根付かせ大きく広げていく」といったことではないでしょうか。そこで本稿では2月17日に開催されたセミナーをご紹介。企業のデータ活用支援実績を多く持つヴァリューズと、経路検索ログやロケーションデータなどを活用した移動需要分析や商圏分析実績が豊富なナビタイムジャパンが、データ活用を通したDXの第一歩について解説しました。


「Googleローカルガイド」とは?Google マップに口コミを投稿しているのは誰か

「Googleローカルガイド」とは?Google マップに口コミを投稿しているのは誰か

Google マップで自分のお店を上位表示できれば、大きな検索流入が期待できます。上位表示するためのMEO対策では口コミを集めたり、口コミに返信したりせよ、とされていますが、そもそもGoogle マップの口コミを投稿しているのは誰でしょうか。Googleアカウントを持っている人がGoogle マップのスポットに口コミを投稿できる仕組みが「Gooogle ローカルガイド」です。Googleローカルガイドが誰でどんなことが可能なのか理解して、MEOに活かしましょう。


Googleマイビジネスの“困った口コミ”を削除できるか

Googleマイビジネスの“困った口コミ”を削除できるか

検索結果に表示にされるGoogleマイビジネスに悪意ある口コミや低評価がされていると、事業に悪影響があります。こうした「不適切な口コミ」は一定の基準に基づき削除できます。具体的には「禁止および制限されているコンテンツ」の項目いずれかに合致している口コミは、ポリシー違反として違反報告するとGoogleの判断で削除されます。


「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

「Googleマイビジネス」でオーナー確認する方法

「Googleマイビジネス」のスポットで自分が運営者(オーナー)であることを証明する方法を解説します。多くの場合、スポット情報自体は登録されていて、そのオーナーであることを証明するプロセスになります。


最新の投稿


【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

近年動画配信サービスが普及し、時間や場所にとらわれず様々なジャンルの動画を手軽に視聴できるようになりました。テレビ離れが幅広い年代で囁かれている時代、話題になるテレビドラマとは、どのようなものなのでしょうか。今回は、2022年10月~12月に放送されたドラマについて、認知度や視聴方法、満足度、満足理由などをランキング化。その実態を探りました。


Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

The Gen Z data analysts at VALUES, Inc. analyzed behavioral data regarding the online shopping consumption among Generation Z. It is said that Gen Z prefers “e-commerce apps” over “e-commerce websites,” but what is true? We will dig deeper, incorporating the honest voices of the Gen Zers.


検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

競合サイト分析に使える無料ツール「SEOチェキ!」「SEOTOOLS」について。知名度がありキーワードの検索順位などもチェックできますが、ツールとしての世代が古い感は否めません。SEOチェキ!とSEOTOOLSの特徴や使いどころ、検索順位が競合分析にどう役立つかを解説します。


Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

2023年、マーケターが押さえておきたいトピックのひとつに、Instagramを活用した「クリエイターマーケティング」が挙げられます。今回は、クリエイターマーケティングをテーマに、Facebook Japanの相原氏と、ヴァリューズの岩間と蒋が対談。期待される効果や施策を行う際のポイント、企業活用事例などをお届けします。


地産地消 ~ 道の駅と食育から

地産地消 ~ 道の駅と食育から

近年注目されつつある「地産地消」。この裏には、人気のお出かけスポットとしての「道の駅」が一役買っています。単なる観光客向けの食品・工芸品の販売だけではなく、地元の生活者の糧としても活用され、そして何より子供たちの「食育」にも繋がることで、「地産地消」の循環の輪は広がっているようです。そのような「地産地消」のメリット・デメリットを含めた実情を、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら