いま、スポーツマーケティングが熱い!| 第8回 ワールドカップをデータで振り返る ラグビー編(1)

いま、スポーツマーケティングが熱い!| 第8回 ワールドカップをデータで振り返る ラグビー編(1)

競技ごとにスポーツマーケティングの動向をとりあげる連載企画。3つ目の競技は、昨年9月20日~11月2日のワールドカップで日本中、いえ世界中を熱狂させた「ラグビー」です。


ラグビーの競技人口は世界123カ国960万人(World Rugbyの公式登録プレイヤー数)で、バスケットボールやサッカーに比べると多くありませんが、2015年の770万人からは年々増加中。もっとも注目を集める種目のひとつです。

日本では公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(Japan Rugby Football Union : JRFU)に、2019年3月時点で2,995チーム95,042選手が登録し、チーム役員などを入れると108,583人が公式に携わっています。

ワールドカップ後最初のイベントだった全国大学選手権決勝戦では前売り券が完売、1月12日に開幕したトップリーグ戦では当日券に長蛇の列ができ、これまで珍しかった女性ファンの歓声が響き渡ったとか。ワールドカップの成功をいかに次の普及策へつなげていけるかが、注視されています。

「過去最高のワールドカップ」

JRFUは、2017年に決定した「BIG TRY」と呼ぶ「日本ラグビー戦略計画2016-2020」をふまえ、登録者数20万人、総観客動員150万人、15人制代表の2019ワールドカップベスト8以上、2020オリンピックでの7人制代表メダル獲得といった目標達成へ向かっています。

先のワールドカップは2004年来の悲願成就の場であるとともに、東京オリンピック2020、そして次代へ向けた重要な節目でもありました。

主要戦略領域

「日本ラグビー戦略2016-2020」より

ワールドカップ2019の盛りあがりは皆さんご存じの通りです。48試合中3試合が台風で中止を余儀なくされたものの、チケットはほぼ完売して観客数は170万人。各都市1箇所以上に設置されたファンゾーンにも113万人が集いました。

テレビ中継も準々決勝の日本対南アフリカの平均視聴率が41.6%、瞬間最高視聴率は49.1%に上り、決勝戦の南アフリカ対イングランドは平均20.5%、瞬間最高26.0%を記録しています。

ワールドラグビー会長サー・ビル・ボウモントは記者会見で「2019年日本大会はおそらく過去最高のラグビーワールドカップとして記憶されるだろう」「素晴らしく、謙虚で歴史的なホスト国であった日本と日本人に心の底から感謝したい」とコメントしていて、世界ラグビー界における日本のプレゼンス向上にも貢献したといえます。

ラグビーワールドカップ2019では、1ゲーム最大7万人超を集客

観客動員最多ゲームはやはり11/2(土)の決勝イングランドvs南アフリカで70,103人。決勝ゲームほど動員数が多い傾向ながら、9/22のアイルランドvsスコットランド戦は63,731人を集めています。

日本の出場ゲームでは10/13(日)のスコットランド戦が67,666人と最多の観客を動員しました。

ゲーム別観客動員数(太字は動員数トップ5)

ラグビーワールドカップ2019サイト
ラグビーワールドカップ2019™日本大会についてのご報告より

会場別では、総動員数、1試合あたり平均動員数ともに横浜国際総合競技場、東京スタジアム(調布市)、小笠山総合運動公園(静岡県袋井市)の順でした。

会場別の観客数

ラグビーワールドカップ2019サイト
ラグビーワールドカップ2019™日本大会についてのご報告より

チームの強さは集客力に影響するのでしょうか。

1試合あたり平均観客数で見ると、優勝・南アフリカは51,279人、準優勝・ニュージーランドは南アフリカを上回る52,127人を集めていて、やはり強者のゲームは人気がありそうです。とはいえスコットランド戦はイングランドやウェールズを上回る1試合あたり平均50,778人を集めていて、熱心なファンが多いチームなのかもしれません。

得点数ランキングと観客数、開催期間中の訪日客数
*イングランド、ウェールズ、スコットランドの訪日客数は「英国」を3等分

「ラグビーワールドカップ2019サイトラグビーワールドカップ2019™日本大会についての
ご報告(https://www.rugbyworldcup.com/news/538422)」
及び法務省「出入国管理統計(http://www.moj.go.jp/housei/toukei/toukei_ichiran_nyukan.html)」
から作成。

公式サイトは10月に300万人超

ワールドカップを盛りあげる公式サイトでは、試合日程やニュース、出場チーム情報に加えハイライト動画やグッズ、訪日外国人向けのトラベル情報など多彩なコンテンツを提供。

感動を呼んだ出場チーム国家によるおもてなしのための歌詞カードも、公式サイトのファンコーナーで配布されたものです。

試合前にも楽しめるプレビューコンテンツやハイライト動画などの多彩なコンテンツ

試合前にも楽しめるプレビューコンテンツやハイライト動画などの多彩なコンテンツ

サイト分析ツールeMark+のユーザーログでワールドカップ及び関連サイトの利用状況を確認してみると、ゲームの盛りあがりと日本チームの活躍を受け、会期中ワールドカップ公式サイトのユーザーは急増

ワールドカップ以外には2018年8月-12月、2019年6月-8月に社会人ラグビーユニオンの全国リーグ「トップリーグ」が例年通り開催されましたが、これら期間の比ではなく一挙に関心を集めたことが明らかです。

ラグビー関連サイトの利用動向

ラグビー関連サイトの利用動向

※デバイス:PC+スマートフォン
※「TL」はトップリーグ、「WC」はワールドカップの開催期間

ワールドカップ期間中は公式サイトとチケットサイトのほか、JRFUや「ラグビーリパブリック」「ラグビーHack」といったラグビーニュースサイトもユーザーを増やし、新たなファンを獲得できたものと見られます。「トップリーグ」サイトも、トップリーグ会期中よりワールドカップ会期中にユーザーが増えました。

男女とも、利用がもっとも多かったのは10月。男性は2019年通年平均の4.3倍、女性は4.5倍も閲覧していました。ただ、11月2日の決勝以降は利用が急減し、12月は男女とも2019年で最もアクセスが少ない月になりました。

ラグビーワールドカップサイトのユーザー数推移(男女別)

ラグビーワールドカップサイトのユーザー数推移(男女別)

※デバイス:PC+スマートフォン

年代別では、40代の関心がもっとも高く、9月、10月とも70万人以上が利用。30代以下の層は特に10月に関心が高まりました。

10月は全ての年代が年間最多利用をマークし、なかでも20代は年間平均の5.1倍に急増しています。60代以上は39.1万ユーザーと他の年代よりは反応が少なかったものの、それでも対年間平均4.0倍のユーザーが閲覧しました。

ラグビーワールドカップサイトのユーザー数推移(年代別)

ラグビーワールドカップサイトのユーザー数推移(年代別)

※デバイス:PC+スマートフォン

日本代表の躍進で20代の若年層ファンが急伸したと考えられるラグビー。ラグビー編(2)では、ワールドカップの経済効果を探ってみます。

この記事のライター

法政大学院イノベーション・マネジメント専攻MBA、WACA上級ウェブ解析士。
CRMソフトのマーケティングや公共機関向けコンサルタント等を経て、現在は「データ流通市場の歩き方」やオープンデータ関連の活動を通じデータ流通の基盤整備、活性化を目指している。

関連する投稿


Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、2020年1月~10月のWebサイトのアクセス数、スマートフォンのアプリの起動数を調査し、ランキングを作成。前年との比較や、年代別での利用傾向に関しても分析をおこないました。


育児系メディアの業界シェアや特徴を比較調査。あるあるマンガで読者を掴むか、検索から育児アイテムと消費者を繋ぐか

育児系メディアの業界シェアや特徴を比較調査。あるあるマンガで読者を掴むか、検索から育児アイテムと消費者を繋ぐか

昨今は父親の育休取得や新型コロナによるテレワークとの両立など育児スタイルが多様化し、育児向け商品も充実してきています。そこで本稿ではヴァリューズが提供する市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を使い、育児系メディア業界の勢力図やトレンドを把握。また、子育てを行う読者のニーズやインサイトについてもデータから分析します。食品系や日用品メーカー等での広告出稿先の検討やクリエイティブ立案に役立てみてはいかがでしょうか。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年9月~2020年10月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年9月~2020年10月)

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2020年10月のアプリインストール数1位は、総務省が出しているマイナポイントの予約・申込を行うことができるアプリ「マイナポイント」でした。


SmartHR、Sansan、クラウドサインの3社に学ぶCM×LPのクリエイティブ戦略とは〜BtoB SaaS企業の"withコロナ成長戦略"

SmartHR、Sansan、クラウドサインの3社に学ぶCM×LPのクリエイティブ戦略とは〜BtoB SaaS企業の"withコロナ成長戦略"

年々成長を遂げるSaaS業界において、新型コロナウイルスによる在宅勤務需要の伸びが大きく追い風となっているBtoBのSaaSサービス。今回は、BtoB SaaSの3サービスが、コロナ禍でどのようなマーケティング戦略をとっているのか、テレビCMとランディングページのクリエイティブを分析していきます。


動画配信市場を牽引する「YouTube」のユーザーってどんな人?

動画配信市場を牽引する「YouTube」のユーザーってどんな人?

年々拡大しつつある動画配信市場ですが、2024年には3,440億円(※)まで市場規模が成長すると言われています。特に2020年は新型コロナウイルスの影響で生活におけるニューノーマル化も進み、外出を控え自宅で過ごす人が増加し動画配信市場にとっては追い風となっているはずです。また、これまでは若年層を中心に人気を博していた「YouTube」も、この数年で幅広い世代にも受け入れられるようになったのではないでしょうか。今回は動画配信サービスの中でも特に利用者の多い「YouTube」について調査・分析しました。<br> <small>※一般財団法人デジタルコンテンツ協会(DCAJ)の『動画配信市場調査レポート2020』より</small>


最新の投稿


戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

戸建てVSリフォーム!?コロナ禍の住宅事情を検索キーワードから徹底調査!

新型コロナの影響によるステイホームやリモートワークの広がりが、住宅事情にも変化を及ぼしています。夫婦で在宅勤務できるスペース、子どもがストレスなく過ごせる空間など、家で過ごす時間が増えたことによって、今までとは違った視点で住宅について考えるきっかけができました。今回は戸建て、土地、リフォームなど、住宅に関する消費者意識の最新動向を分析していきます。


中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

中国で社会現象に。「姐姐経済(お姉さん経済)」時代がやってきた|中国トレンド調査

「小姐姐」は中国語で「姉」を意味する一方で、近年、「お姉さん経済」と呼ばれる社会現象が女性の社会進出によって現れました。20代〜40代、高学歴、都市部在住などの属性に分類できる、いわゆる「小姐姐」はモノ消費と、経験を楽しむコト消費を同時に重視しており、ECショッピング、スキンケア・化粧品から観光、美容医療、娯楽サービス領域まで、「お姉さん経済」によるインパクトが増大しています。このような消費者行動の特徴を理解することは中国女性消費者向けのマーケティング戦略を立てる時に不可欠であり、中国人女性のライフステージの多様化に伴う消費ニーズを見出すこともできます。


マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

マスク着用でマウスウォッシュが話題に!中でも「リステリン」が注目されている理由を検索データから探ってみた

新型コロナウイルスの影響でマスクの着用が常態化している昨今。長時間のマスク着用などで自分の口臭が気になっている人が増えているのではないでしょうか。最近では、マスク着用という新生活様式に伴い、エチケットの一環としてマウスウォッシュなどの口臭ケア用品を取り入れている人も多いようです。そこで今回は「口臭」に関連するキーワードに着目して調査・分析をしてみました。


Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2020を発表!ステイホームでYouTube利用大幅増、非接触推奨でキャッシュレス決済アプリが日常化

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、2020年1月~10月のWebサイトのアクセス数、スマートフォンのアプリの起動数を調査し、ランキングを作成。前年との比較や、年代別での利用傾向に関しても分析をおこないました。


SFCの学生が語る、データを駆使して大学HPのPR改善を実現した研究プロジェクトの実態とは?

SFCの学生が語る、データを駆使して大学HPのPR改善を実現した研究プロジェクトの実態とは?

カリキュラムの自由度の高さなど、ユニークな教育プログラムで注目を集める慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC)。マーケティングコミュニケーションを研究する桑原武夫研究会では、大学の広報担当と連携してPRコンテンツを制作する研究活動も行われています。その際にはWeb行動ログデータも使い、コンテンツの課題発見や改善、効果検証まで実施されているとか。では、その実態はどのようなものなのでしょうか? プロジェクトリーダーである4年生の加藤さん、次期リーダーの3年生の片桐くんに取材しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング