増税を機に定着するキャッシュレス決済 実態そして普及推進のキー (2)シニアと地域差への普及

増税を機に定着するキャッシュレス決済 実態そして普及推進のキー (2)シニアと地域差への普及

第1回では、キャッシュレス決済普及に対する消費増税の確かなインパクトを、データから振り返り、通信キャリア系キャッシュレス決済サービスの集約が着実に進みつつも、ユーザーロックオンといえるほどの囲い込みには至っていない現状を確認しました。4月から通信事業へ本格参入する楽天、10月のZホールディングス(ZHD)-LINE経営統合などのイベントも控え、通信と決済、EC等のサービス連携強化による経済圏構築はこれからも続きそうです。他方、政府が掲げる「2025年までにキャッシュレス比率40%」達成のためにはどんな施策が有効でしょうか。第2回は増税を機にキャッシュレス決済を受け入れたユーザーセグメントからヒントを探ります。


女性ユーザーは増税に反応

主要決済アプリのユーザーを属性別に増税前/増税後の各4ヶ月間で比べてみましょう。

男女別では、のべ4,500万人程度だったユーザーがのべ約8,800万人(月平均2,200万人)とほぼ倍増したPayPayをはじめ、全体にも大きな変化がなかったau WALLETを除くと、いずれのアプリも女性の増加が成長ドライバーでした。増税前おおよそ60%程度だった男性比がほぼ50%に近づきました。総人口の構成比は男性49%:女性51%なので、あと数%で男女差は克服できそうです。

増税前4ヶ月/増税後4ヶ月の主要スマホ決済アプリのユーザー数(男女別)

増税前4ヶ月/増税後4ヶ月の主要スマホ決済アプリのユーザー数(男女別)

※増税前:2019年6月~9月、増税後:2019年10月~2020年1月
※デバイス:スマートフォン

ポイントという目に見えるおトクが、一般的に新技術受容のハードルが高いといわれる女性ユーザーにも増税であらためて実感され、少しでも節約したい心理に火がついたのでしょうか。

6月末予定のキャッシュレス・ポイント還元事業終了(拡充・延長議論も始まりましたが)後におトク感を失った女性ユーザーが小銭に戻らないよう、おサイフとして生活に定着するための工夫は必要かもしれません。

シニア層への浸透が次のキーに

年代別では、やはりあまり変化がなかったau WALLETを除き、いずれのアプリも最もユーザーが増えた年齢層は40代。住宅、育児、介護などお金がかかりがちで、かつスマホ決済に抵抗のないセグメントといえるでしょうか。とくにPayPayはのべ1,000万人(月平均250万人)以上40代ユーザーが増えました。

増加率ではPayPayの50代2.0倍と60才以上2.2倍増が最多です。もともとやや年齢層が高いd払いと楽天ペイは20代の増加率が最多でした。

増税前4ヶ月/増税後4ヶ月の主要スマホ決済アプリのユーザー数(年代別)

増税前4ヶ月/増税後4ヶ月の主要スマホ決済アプリのユーザー数(年代別)

※増税前:2019年6月~9月、増税後:2019年10月~2020年1月
※デバイス:スマートフォン

増税後4ヶ月間の年代別分布でみると、どのアプリもやはり最多ゾーンは40代。通信キャリア系サービスという安心感からかd払いとau WALLETは比較的50代以上が多く、d払いだけは60才以上が20%を超えました楽天ペイとLINE Payは30代までのユーザーが多い傾向。PayPayはそれらの中間と位置づけられそうです。

しかし、総人口の41%を占める60才以上への普及はまだまだ道半ばであることが明らか。総務省「平成30年通信利用動向調査」によれば60代のスマートフォン所持率は78.3%、65才以上全体でも55.7%に上り、70-74才でも62.8%。75才以上でやっと40.2%と半数を割ります。個人金融資産の多くを占めるといわれる(世代内格差はあるものの)シニア層への浸透は、キャッシュレス・ビジョンが掲げる「キャッシュレス40%」達成へ向けた重要施策といえるのではないでしょうか。

主要決済アプリの年代別ユーザー分布

主要決済アプリの年代別ユーザー分布

※2019年10月-2020年1月
※総人口は総務省人口推計の11月概算値

低所得層への浸透は進まず格差が拡大?

世帯年収では、au WALLETを除きいずれのアプリも400-600万円未満の平均的家庭(2018年の全世帯平均年収は551.6万円)ユーザーが増加を牽引。とくにPayPayは増税前に比べのべ857万人(月平均214万人)ほど世帯年収400-600万円未満のユーザーが、次いで200-400万円未満ユーザーがのべ764万人(月平均190万人)増えました。d払い、楽天ペイも同様に、年収200-600万円未満ユーザーが増加しています。

増税前4ヶ月/増税後4ヶ月の主要スマホ決済アプリのユーザー数(世帯年収別)

増税前4ヶ月/増税後4ヶ月の主要スマホ決済アプリのユーザー数(世帯年収別)

※増税前:2019年6月~9月、増税後:2019年10月~2020年1月
※デバイス:スマートフォン

しかしいずれのアプリも、世帯年収200万円未満の低所得層はそもそも数%で、増税後も微増にとどまりました。日本全体の世帯年収分布でいうと20%、400万円未満まで入れると47%に登る母数を考慮すると、比較的余裕のある家庭がよりおトクにポイント還元を享受し、スマホや通信料金に対する余裕がないかもしれない低所得層との格差を広げる構図と読むこともできます。

2018年の世帯年収分布

(厚生労働省「平成30年国民生活基礎調査の概況」より作成)

総務省「平成30年通信利用動向調査」によると、全世帯平均スマートフォン所持率は79.2%に上る一方、世帯年収200万円未満だと一気に46.1%。200-400万円未満で70.2%に上がり、400万円以上で90%を超えます。

「現金決済インフラの社会コスト削減」というキャッシュレス政策の意義が本当に実現するためには、所得に関わらず誰も取り残さない観点でのターゲティング、アプローチも求められそうです。

地域差は縮小? 伸び率は地方で増加

関東地方では増税後4ヶ月で8,133万人(1ヶ月平均2,033万人)が主要決済アプリを利用し、関東地方だけで2,665万人ユーザーが増えました。中部地方、近畿地方もそれぞれ4ヶ月でおよそ1,000万人(1ヶ月平均250万人)増税前よりユーザーが増加しています。

 増税前4ヶ月/増税後4ヶ月の主要決済アプリのユーザー数(PayPay、d払い、au WALLET、楽天ペイ、LINE Payの合計/地域別)

増税前4ヶ月/増税後4ヶ月の主要決済アプリのユーザー数(PayPay、d払い、au WALLET、楽天ペイ、LINE Payの合計/地域別)

※増税前:2019年6月~9月、増税後:2019年10月~2020年1月
※デバイス:スマートフォン

他方、増税前後の伸び率でいうと四国地方156%、北海道153%、中部地方152%と、首都圏から離れたエリアほど増税を機にユーザーが増えていました。キャッシュレス決済の対応店はもともとコンビニやフランチャイズが先行していたので都市圏は増税前から一定のユーザーを獲得していて、政府キャッシュレス・ポイント還元事業で登録加盟の進んだ地方がそれに追いついたという見方もできるかもしれません。

12月のキャッシュレス・消費者還元事業の資料では「自治体や中小企業支援団体・業界団体等と連携しながら、特に人口当たりの店舗数が大きくない地域を重点的に、本事業の周知・説明に取り組んで」いく方針が示されて全国的に登録加盟店が増えてはいます。しかし人口も店舗数も多い関東圏も、東京とそれ以外では温度差が大。人口当たり店舗数のワースト都道府県もまた埼玉県(5.0店)、千葉県(5.2)、茨城県(5.4)、神奈川県(5.8)、栃木県(6.5)の順で関東地方に集中していて、最多の石川県(12.1店)や東京都(11.9店)の半分以下なのです。

ポイント還元事業登録加盟店の地域分布

ポイント還元事業登録加盟店の地域分布

キャッシュレス・消費者還元事業より。色が濃いほど人口当たり加盟店が多い。

上図の通り関東地方のアプリユーザー自体は増税後の4ヶ月間でのべ8,000万人を超えていますが、東京都とそれ以外の関東地方で差は広がっているのかもしれません。

中小・小規模事業者の状況

ポイント還元事業登録加盟店は2月に100万店を越え、3月現在は105万店に増えました。が、PayPayの加盟店数は194万店以上に上るので、まだ開拓の余地があるのかもしれません。利用可能店舗を増やすには登録手続のスピードアップや簡素化、何より「キャッシュレス対応した経営上のメリット」を示す施策が重要と思われます。

ポイント還元事業登録加盟店推移

ポイント還元事業登録加盟店推移

還元額は登録加盟店数の5%にすぎずかつ還元率2%(政府補助なし)のコンビニが10%超、同じく還元率2%(政府補助)のフランチャイズが3%を占めています。日本フランチャイズチェーン協会「JFAコンビニエンスストア統計調査月報」によるとキャッシュレス還元等の効果で増税後(2019年10月-2020年1月)のコンビニ全店売上は4ヶ月連続のプラスとのことで、コンビニやフランチャイズには確かな恩恵がありました。

3月時点のポイント還元事業加盟店舗と還元額

3月時点のポイント還元事業加盟店舗と還元額

他方、95万店と登録加盟店の90%を占める中小・小規模事業者は、還元率5%(政府補助)なのに還元額が1,500億円と全体の86%にとどまっているとみることもできます。詳細は事業終了後の経済波及効果などを待ちたいと思いますが、中小・小規模事業者がどれだけキャッシュレスメリットを感じられるかは、地方創生の歩みそのものと不可分ではないでしょうか。

当面はキャッシュレス推進の意義・メリットとして掲げられていた「インバウンド受容取込による売上拡大」には期待しづらいなか、シニアや低所得層といったターゲットを明確にしつつ、ベストプラクティスなども示しながら、ユーザーと店舗、そして地域が幸せになるアプローチを模索する必要がありそうです。官製の取組みだけでなく、店舗と伴走する決済各社の営業・マーケティング力にも大いに期待したいところです。

関連記事

増税を機に定着するキャッシュレス決済 実態そして普及推進のキー (1)データで振り返る増税とキャッシュレス

https://manamina.valuesccg.com/articles/792

2019年10月に消費税が10%に上がり、2020年6月末までの消費対策としてキャッシュレス・ポイント還元事業が始まりました。マナミナでは2018年12月のPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」からスマホ決済アプリの利用動向に注目してきましたが、増税後そして今後の利用状況やいかに。eMark+の決済アプリ利用ログから、日常消費に浸透するキャッシュレス決済の動向、そして一層の普及推進へ向けたヒントを探ってみます。

この記事のライター

法政大学院イノベーション・マネジメント専攻MBA、WACA上級ウェブ解析士。
CRMソフトのマーケティングや公共機関向けコンサルタント等を経て、現在は「データ流通市場の歩き方」やオープンデータ関連の活動を通じデータ流通の基盤整備、活性化を目指している。

関連する投稿


「ネットオークションサイト内のカテゴリ別動向調査」レポート

「ネットオークションサイト内のカテゴリ別動向調査」レポート

不用品の整理やお小遣い稼ぎに便利なネットオークション。どのような人が利用し、どんな商品に人気が集まっているのでしょうか。ネットオークション業界の現状と人気カテゴリについて、eMark+を用いて分析したレポートです。(ページ数|8p)


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年5月~2020年6月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年5月~2020年6月)

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2020年6月のアプリインストール数1位は、厚生労働省が配布している新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) でした。2位は総務省が出しているマイナポイントの予約・申込を行うことができるアプリ「マイナポイント」。2020年9月以降、キャッシュレス決済で最大25%のポイント還元が得られる「マイナポイント」の申込が7月1日からスタートのため、事前にマイナポイントアプリをインストールするユーザーが急増したと考えられます。


「損保関心層・検討層のWeb行動~コロナ影響はあったのか」レポート

「損保関心層・検討層のWeb行動~コロナ影響はあったのか」レポート

日本で初めての緊急事態宣言が発出された4月以降、対面販売の自粛や営業時間の短縮等により、販売業は大きな打撃を受けました。そんな中、ダイレクト型損害保険のサイトユーザー数は、昨年よりも増加傾向にあったようです。コロナ禍において、損保関心者や検討者はどのような行動をとっているのか、考察します。(ページ数|14p)


経済圏確立へキャリアが向かう道|金融編(2) ペイとの親和性は?

経済圏確立へキャリアが向かう道|金融編(2) ペイとの親和性は?

金融編第1回では各社の戦略を概観し、銀行と証券/資産運用サービスの利用状況から金融事業に関し一日の長がある楽天をKDDI(au)が追う構図を確認しました。今回はそうした動向をふまえつつ金融事業の主戦場である決済アプリバトルのその後、そして金融事業の相乗効果を考察してみます。


経済圏確立へキャリアが向かう道|金融編(1) 銀行・証券は楽天に一日の長

経済圏確立へキャリアが向かう道|金融編(1) 銀行・証券は楽天に一日の長

通信キャリアの経済圏確立へ向けた動向について、通信領域編、EC編に続いて今回は金融領域を分析してみます。通話や電話帳、予定表、メッセージや会議、ネット、ECそして出前での支払い、定期券、家計簿、健康管理..と生活にまつわるあらゆる機能を集約しつつあるスマートフォン。お財布を忘れるよりスマホを忘れた方が切実なほど身近な存在です。ペイバトルがほぼ通信キャリアへ集約されつつあるのも、まさにその生活密着度に根ざした顧客基盤、そして様々なサービスを通じポイント流通のしかけを作りやすい点が強みといえるでしょう。各社が通信(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク)、EC(楽天)というコア事業に加え注力する金融領域について動向を探ってみましょう。


最新の投稿


ライオンが中国の生活者の意外なインサイトを掴んだオンラインチャット調査とは? 越境ECの取り組みを聞いてみた

ライオンが中国の生活者の意外なインサイトを掴んだオンラインチャット調査とは? 越境ECの取り組みを聞いてみた

伸長する中国市場への越境ECを伸ばしていきたい国内各社ですが、中国消費者の購買行動や嗜好をつかむのに手間取り、適切な商品開発やマーケティングができていない場合も多い状況。そこでライオン株式会社ではヴァリューズの中国オンラインチャット調査を使用し中国の生活者の実態把握を行いました。ライオンでリサーチ業務に携わる高木優さん、ヴァリューズの姜に取材します。


急上昇ワードに“GOTOキャンペーン”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/5~2020/7/11)

急上昇ワードに“GOTOキャンペーン”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/7/5~2020/7/11)

2020年7月5日~7月11日週の検索急上昇ワードでは、観光庁が新型コロナウイルスで急減した消費を喚起するため、トラベル事業について7月22日から旅行代金の割引を先行的に開始すると発表した「Go To キャンペーン」に注目。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


注目集まるD2Cのペット用品事例

注目集まるD2Cのペット用品事例

メーカーが消費者と直接取引をするビジネスモデル「D2C」が注目されています。健康志向を受けて拡大するペット用品の分野でも、国内外でD2Cの事例が出ています。


「ネットオークションサイト内のカテゴリ別動向調査」レポート

「ネットオークションサイト内のカテゴリ別動向調査」レポート

不用品の整理やお小遣い稼ぎに便利なネットオークション。どのような人が利用し、どんな商品に人気が集まっているのでしょうか。ネットオークション業界の現状と人気カテゴリについて、eMark+を用いて分析したレポートです。(ページ数|8p)


変化の激しい週次キーワードデータから“旬の”トレンドを読み解く|検索急上昇ワードをリサーチ vol.2

変化の激しい週次キーワードデータから“旬の”トレンドを読み解く|検索急上昇ワードをリサーチ vol.2

「検索急上昇ワードをタイムリーにリサーチ。週次キーワードデータの有効な活用法は?」の第二弾。株式会社ヴァリューズの保有するネット行動ログデータのうち、6月15日〜21日の検索急上昇ワードをTableauで可視化し、切り出したデータから見えるトレンドを、マナミナ編集部が株式会社ヴァリューズ副社長・後藤賢治と、データマーケティング局マネジャー・入場紀明にインタビューしました。今回はどんなワードが出現するでしょうか。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら