ファッションECで前年比の訪問者数が54%増のサイトも。巣ごもり消費と新型コロナ影響の関係を探る

ファッションECで前年比の訪問者数が54%増のサイトも。巣ごもり消費と新型コロナ影響の関係を探る

外食産業や観光業をはじめ、あらゆる業界に深刻な売上不振をもたらしている新型コロナウイルス。しかしそんな中で、“巣ごもり消費”でEC売上が向上していると言われているのがファッションECです。本稿では、外出自粛の影響で、実際にファッションECが伸びているのか、またどのような影響が現れているのか、実態を調査していきます。


ファッションECで売上前年比が2割増

オンライン試着サービス「バーチャサイズ」を提供するVirtusizeの調査によると、ファッションECの売り上げは昨年の同時期に比べ20%増加しているといいます。

また、業界大手のユナイテッドアローズとワールドは、2月の売上速報で、店頭売上が伸び悩んだ一方、EC事業の売り上げが増加したことを公表しました。両社によると、ユナイテッドアローズでは店舗売上が前年同月比2.5%減だったのに対し、EC売上全体では19%増。ワールドは店舗売上が7.4%減、EC売上全体は18%成長となり、いずれもEC事業が2割近く増加していますFASHIONSNAP.COMの記事より)。

では、ファッションEC業界全体における、新型コロナウイルスによる影響の実態はどうなっているのでしょうか。国内主要サイトのユーザー数、前年同月比から調べていきます。

ファッション系サイトの訪問ユーザー数は

ヴァリューズが提供するSaaS型の市場調査ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使って、国内主要ファッション系サイトの3月度訪問ユーザー数を調査しました。

分析期間:2020年3月、対象デバイス:PC&スマートフォン

トップにはユニクロ、2位ZOZOTOWN、3位ベルメゾンネットと続いています。

ここで注目したいのは、前年同月比です。上位にランクインしているサイトの大半が、前年よりもユーザー数が増加していることが分かります。上位15位の中で最も上昇率が高いのはドットエスティで、54%増。飛躍的成長を見せています。

ドットエスティは、グローバルワーク、ローリーズファーム、ニコアンドなど24ブランドの直営ストアを集結させた、カジュアルファッションECサイト。直営ストアならではの豊富な品揃えや、スタッフ個人のInstagramと連動したスタイリング提案(STAFF BOARD)が人気のサービスです。

外出自粛でお店に足を運べない中、SNSで展開されているスタッフの親近感を感じさせるコーディネート提案がユーザーに刺さり、購買促進に繋がったのではないでしょうか。

ドットエスティのSTAFF BORD 公式Instagramアカウント

上位3サイトを見てみると、ユニクロは前年同月比がやや減少。一方でZOZOTOWNやベルメゾンは上昇しています。

自社製品のみを扱うユニクロのオンラインストアは、外出自粛で百貨店やショッピングモールに出かけられない中、"複数のブランドを見比べながらショッピングを楽しむ"といった体験とは目的が異なり、外出自粛に伴う伸びが表れ難かったのかもしれません。その点、複数のブランドを扱うZOZOTOWNやベルメゾンは前年同月比でいずれも上昇しています。

また、前項でECの売上が伸びたことに触れたワールドは、前年同月比が若干下降しています。

ワールドは、自社のECショップに限らず、トップ2位、3位にランクインし、前年同月比も伸びているZOZOTOWNやベルメゾンへ複数のブランドを出品しています。それら外部サイトでの売上が好調だったことが、EC事業全体の売上を引き上げたのでしょう。

前年同月比の上昇率順で見ると

次に、前年同月比の上昇率順でファッションECサイトを見てみます。

分析期間:2020年3月、対象デバイス:PC&スマートフォン

1位のコールハーンは前年同月比でプラス381.6%増という驚くべき数字。ドレスシューズで定評のあるシューズブランドでしたが、最近はビジネスカジュアルやアスレジャーなどのトレンドを取り入れ、人気を集めています。

オフィスファッションのカジュアル化が一層進んだ上、新型コロナウイルスの影響で在宅ワークが推奨され、自宅とオフィスのどちらでも使えるスタイルとして、昨年よりも格段にユーザー数を伸ばしたのかもしれません。

また、2位のアルペン、3位のコンバースは、いずれもスポーツ・アウトドアブランドです。外へ出かける機会が減ったことで、ちょっとした散歩や買い物の際におしゃれを楽しめる、カジュアルスタイルが伸びたのではないでしょうか。

さらに、外出自粛が呼びかけられて以降、自宅でアウトドア気分を楽しむ”自宅キャンプ”という言葉がSNSでも話題になりました。2位のアルペンはサイト内でアウトドア用品も販売しており、自宅キャンプ需要もアルペンのユーザー増加の要因のひとつではないかと考えます。

時間あたり売上のピーク開始は昨年より早い

一方、消費者がファッションECを利用する時間帯は、巣ごもり消費で変化があったのでしょうか。こちらは、Virtusizeの調査によるファッションECの時間ごとの売上変化です。

時間あたりの売上データは、今年は昨年よりも早い時間での上昇が見られます。昨年は21時以降にピークを迎えていましたが、今年は午前中も比較的高い値を記録。ピーク時間も少し早く、19時以降に活発に購買が行われている様子です。

外出自粛で自宅で過ごす時間が増えた分、家でできる楽しみとして、ファッションECを早い時間から利用する方が増えたのでしょう。

まとめ

ファッション業界全体で見ると、外出自粛に伴う店頭売上の大幅減により、厳しい状況に陥っています。さらに、先行きが不安な情勢が続き、消費者の購買欲求は下がり気味。外食や旅行にも出かけられず、仕事も自宅で行う日々が続くと、おしゃれを楽しんだり、外見を気づかう機会が減ってしまうかもしれません。

しかしそんな中でも、ECには良いニュースがありました。オンラインだからこそできるマーケティング活動に力を注いだり、試着やコーディネート提案など、オンライン上のサービスを充実させることが、いま重要な活動なのではないでしょうか。また、それらの取り組みが、消費者に新しいショッピングの楽しみ方を提供し、今後の業界の発展にも繋がっていくかもしれません。

本記事の調査は、ヴァリューズのインターネット行動ログ分析ツール「eMark+」を用いて調査を行いましたが、2020年10月に新ツール「Dockpit(ドックピット)」がリリースされました。指定したサイトのユーザー数がわかる「ユーザー数推移」やサイト訪問者の性別、年代、職業などがわかる「ユーザー属性」は、PCのデータであれば無料で利用することができます。さらに詳しくECサイト関連のデータを分析したい方はぜひ以下ボタンよりご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら
分析概要

ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2019年3月および2020年3月のネット行動ログデータを分析しました。
※ユーザー数はヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

関連記事

コロナ禍で起きた消費者行動変化を緊急調査 Webやアプリの行動ログから見えてきた実態とは

https://manamina.valuesccg.com/articles/823

新型コロナウイルスの感染拡大により、外出自粛やテレワークなど、人々のライフスタイルが大きく様変わりする中、消費者の行動や意識にはどのような変化が起きているのでしょうか。「巣ごもり消費」や「ネット行動の活発化」など、Webやアプリの行動ログから、日別の推移、商品ジャンルの閲覧伸び率などを通じて、変化の実態を緊急調査しました。

新型コロナの影響は食生活にも?「Uber Eats」などフードデリバリーアプリの利用が急増中

https://manamina.valuesccg.com/articles/835

2019年10月からの消費増税で盛り上がりを見せたフードデリバリー市場。現在は新型コロナウイルスの影響で自宅で食事を取る機会が急増していることもあり、フードデリバリー市場にさらなる勢いが見られます。今回は既に定着しつつあるフードデリバリーアプリの利用状況を「eMark+」を用いて比較・調査しました。

新型コロナ影響も?「あつ森」にユーザーがあつまり中! ヒット作「あつまれどうぶつの森」を調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/800

3月20日、Nintendoの人気シリーズ「どうぶつの森」から、最新作「あつまれどうぶつの森(以下、あつ森)」がリリースされました(Nintendo Switch版)。発表から期待が高まっていたところに、新型コロナウイルスによる外出自粛など予期せぬ情勢も加わり、かなりのユーザーが動いているようです。そこで今回は、あつ森ユーザーの行動について徹底分析します。

この記事のライター

フリーランスPRおよびライターとして活動中。二児の母。

関連する投稿


9月末締切りへの駆け込み需要か?最新スマホアプリインストールはマイナンバー関連アプリが優勢(2022年8月)

9月末締切りへの駆け込み需要か?最新スマホアプリインストールはマイナンバー関連アプリが優勢(2022年8月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。依然として、「マイナポイント」「マイナポータル」が2強となっています。そして3位には先月に引き続き「ENEOS サービスステーション」がランクインしました。


2022夏の旅行トレンドとは? 予約サイトの勝ち負けパターンを分析|セミナーレポート

2022夏の旅行トレンドとは? 予約サイトの勝ち負けパターンを分析|セミナーレポート

2022年は行動制限のない夏ということもあり、ウィズコロナの生活様式を守りつつ、旅行予約が活況を見せました。コロナ禍で「オンラインでの検討・予約」という流れがさらに定着している今、旅行業界関係者として、どのような顧客とどのような接点を持てばよいか、悩みを感じている方も多いのではないでしょうか。本セミナーでは、アンケート調査とWeb行動ログ分析から、夏の国内旅行検討者のトレンドや、宿泊サイトの勝ち負けパターンを解説。詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


「少年ジャンプ+」「LINEマンガ」など、拡大するマンガアプリ業界のユーザー数や利用者層を調査

「少年ジャンプ+」「LINEマンガ」など、拡大するマンガアプリ業界のユーザー数や利用者層を調査

マンガアプリ業界が好調です。2020年9月から2年間のアプリユーザー数を見ると、新型コロナによる巣ごもり需要の影響もあってか、その伸びは顕著です。 今回は、拡大するマンガアプリ業界を牽引する、電子書店型サービス「LINEマンガ」「ピッコマ」、および、出版社が提供する「少年ジャンプ+(集英社)」「マガポケ(講談社)」「マンガワン(小学館)」について調査します。また、今年に入って好調の「ヤングジャンプ+」について、さらに詳しく掘り下げてみたいと思います。


【急上昇サイト】フィギュアイベントや楽天コミュニティアプリがサイト集客に成功した理由|2022年8月

【急上昇サイト】フィギュアイベントや楽天コミュニティアプリがサイト集客に成功した理由|2022年8月

2022年8月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


Investigating how new BTS fans evolve into hardcore fans based on behavioral data

Investigating how new BTS fans evolve into hardcore fans based on behavioral data

BTS debuted in 2013 and took the world by storm from 2019 to 2021. So how do people grow to become hardcore BTS fans? In this article, we will infer how fandoms are formed by analyzing online behavior over the next three years.


最新の投稿


Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

The "SIM lock ban" has been mandated since October 1, 2021. Now, all smartphones must be "SIM-free." We investigate and analyze OPPO, which entered the Japan market in January 2018, along with Huawei and ASUS, two top-ranking overseas manufacturers that offer affordable products.


気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

昨今、原油高の影響でガソリン価格が高騰しており、物流に影響を及ぼしているほか、家計も圧迫されるなどで省エネ意識が格段に高まっているのではないでしょうか。そこで今回は、自動車選びの中でも消費者が気になるポイントのひとつである「燃費」について、関心を持っているユーザーをクラスタ分析し、その人物像を調査しました。分析ツールはヴァリューズが提供する消費者Web行動分析ツール「story bank」を用いています。


「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

2019年に問題になった「老後資産2,000万円」が記憶に新しいなか、政府によって「資産所得倍増計画」が発表されました。「貯蓄から投資へ」とも謳われている現在。「お金」に関して、漠然とした不安と戸惑いを抱えている人も多いのではないでしょうか。「人生100年時代」とも言われる長い人生のために、どのように資産を作り守って行くか。「貯金」と「貯蓄」という2つのワードを検索する消費者のWeb行動に着目し、調査・分析しました。


「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング、今月は「旅行・地域」編です。アプリ利用ユーザー数の順に並べると、1位は「楽天トラベル」、2位「じゃらん」、3位「ANA」…という結果に。トップ20まで掲載しています。


【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

利用率9割という圧倒的な浸透率を誇るYouTube。生活の中での位置づけや、実際の使われ方、よく見られるコンテンツとはどのようなものなのでしょうか。またそれらは、性年代で切ったときにどのような違いが出てくるのでしょうか。アンケートとWeb行動ログデータから、YouTubeの利用動向を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら