注目を集めるD2Cを化粧品・コスメの成功事例から紹介

注目を集めるD2Cを化粧品・コスメの成功事例から紹介

生産者とカスタマーが直接取り引きをする「D2C」。最近注目を集めているビジネスモデルです。スマホとSNSの普及によって認知・浸透してきたD2C、さかんな分野は前述の普及要因と親和性の高いレディス向けの商品です。今回はその中でもとくに「化粧品・コスメ」について、事例とともに紹介します。


メーカーとユーザーをダイレクトにつなぐ「D2C」

D2Cとは、店舗を介さずに自社ECサイトでユーザーに直販するビジネスモデル。そのメリットは問屋や小売店による中間マージンを抑えられ、値段に対する価値を最大化できる点にある、というのが一般論です。

しかし、現状では価格面よりも個性やオリジナリティを前面に打ち出していたり、SNSでユーザーを囲い込み、成長している商品・ブランドがD2Cの代名詞として注目されています。

注目のビジネスモデル「D2C」とは?海外・国内の最新事例をご紹介

https://manamina.valuesccg.com/articles/550

D2Cとは、メーカーやブランドが店舗を介さず、自社ECサイトを通じて直販するビジネスモデルです。D2Cはアパレルや小売業界を中心に活用され、寝具マットレスの米国企業Casperのように未上場ながら評価額10億ドルを超えるユニコーン企業も現れたことから注目を集めています。D2Cの特徴や日本と海外のD2Cブランド事例をご紹介します。

D2Cが浸透した理由と拡大するカテゴリ

D2C拡大の背景には、スマホ、SNSの普及率の上昇があります。昨今のD2Cは先述のようにSNS(=LINE、Instagram、Twitter、など)で多数のファンを獲得した上で囲い込み、商品やサービスの販売につなげている例が多数あります。

こうした背景から、SNS利用率が高い女性向けの化粧品、コスメといったジャンルがD2Cの中でも勢いを増しています。

そこで今回は、化粧品、コスメのD2C事例を紹介します。

D2Cのマーケティング課題と施策

https://manamina.valuesccg.com/articles/775

店舗を介さず顧客へ商品を届けるD2Cが注目されていますが、商品が良くても顧客にリーチできなければ販売機会がありません。D2C各社がどのようにネットで存在感を出し、ブランドを育てているか、マーケティング事例から見ていきます。

化粧品・コスメD2C事例「PHOEBE BEAUTY UP(フィービー ビューティー アップ)」

動画メディア「DINETTE」において、アンケートやヒアリングを重ねた結果、「目」のメイクに悩んでいるユーザーの多さが導き出され、まつげ美容液のブランド・PHOEBE BEAUTY UPが立ち上がりました。

「DINETTE」のフォロワー獲得手段は、インフルエンサーに依頼し口コミで広げるという、アメリカで躍進しているコスメブランド「Glossier」の手法を採用しています。

その後もメイクの悩みをヒアリングし、まつげ美容液のほかにフィスマスク、毛穴美容液も展開しています。

PHOEBE BEAUTY UP / フィービー(@phoebe_beautyup) • Instagram写真と動画

https://www.instagram.com/phoebe_beautyup/?hl=ja

フォロワー14.4千人、フォロー中6人、投稿94件 ― PHOEBE BEAUTY UP / フィービー(@phoebe_beautyup)のInstagramの写真と動画をチェックしよう

化粧品・コスメD2C事例「mixx(ミクス)」

mixxでは、パーソナライズヘアケア用品(=シャンプー・トリートメント)を提供しています。その内容は、サイト内の質問(髪の太さ、頭皮の状態、香りの好みなど)に答えると、19,530以上の処方からシャンプーをオーダーメイドできるというもの。

2万近い処方からオーダーメイドとなると、質問の回答に時間がかかったりし、面倒なイメージがありますが、5分もかからない手軽さが特徴。

1ヶ月ごとにシャンプー、トリートメントを1本届ける定期便(=サブスクリプション)サービスとなっています。

mixx《オーダーメイドシャンプー》 (@mixx_official_) • Instagram photos and videos

https://www.instagram.com/mixx_official_/

6,925 Followers, 110 Following, 82 Posts - See Instagram photos and videos from mixx《オーダーメイドシャンプー》 (@mixx_official_)

化粧品・コスメD2C事例「MEDULLA(メデュラ)」

先ほど紹介したmixxと同様、MEDULLAもオーダーメイドのシャンプーやトリートメント、パーソナライズヘアケア用品を扱うブランドです。

先発であるMEDULLAの処方はおよそ100パターンですが、これは日本人の髪質が大別すると8種類であるため、100通りでパーソナライズできるという考えによるもの。商品の提供はこちらもサブスクリプションのスタイルをとっています。

会員数8万人、月商2億円と、パーソナライズヘアケア用品としてのみならず、D2Cの中でも成功を収めているブランドとして注目されています。

月商は2億円規模、会員数8万人のパーソナライズシャンプー「MEDULLA」が丸井などから6億円調達 | TechCrunch Japan

https://jp.techcrunch.com/2020/01/23/sparty-fundraising/

パーソナライズシャンプーのD2Cブランド「MEDULLA」を手がけるSpartyは1月23日、丸井グループ、XTech Ventures、アカツキ、ジンズホールディングスから総額で約6億円を調達したことを明らかにした。

MEDULLA《メデュラ》by Sparty (@medulla_jp) • Instagram photos and videos

https://www.instagram.com/medulla_jp/

12.2k Followers, 2 Following, 174 Posts - See Instagram photos and videos from MEDULLA《メデュラ》by Sparty (@medulla_jp)

化粧品・コスメD2C事例「youange(ユアンジュ)」

モテクリエイターゆうこす(菅本裕子・元HKT48)が手がけるスキンケアブランドがyouangeです。「明日のかわいいは夜仕込む」をコンセプトにしたコスメを展開。

彼女がInstagramやTwitterで、寝ている間にスキンケアしてくれる化粧品があればいいのに、と発信すると多くの女性フォロワーが反応。そこからスキンケアブランド立ち上げに至ったという経緯があります。

コスメのラインナップもスキンケア関連はほぼ網羅。単品販売だけではなくサブスクリプションでの販売も行っています。

youange (@youange.tokyo) • Instagram photos and videos

https://www.instagram.com/youange.tokyo/

21k Followers, 1 Following, 51 Posts - See Instagram photos and videos from youange (@youange.tokyo)

化粧品・コスメD2C事例「Chérize(シェリーゼ)」

D2Cアパレルブランド「Randeboo(ランデブー)」のコスメ部門がChérizeです。

“大切な人と会う5分前に”をコンセプトに、洋服に合わせやすい=Randebooの洋服とマッチするリップスティックのみを販売しています。もともとRandebooはInstagramで注目されており、Chérizeも相乗効果によって人気を集めています。

オンラインでのD2C販売だけではなく、新宿ルミネ2に実店舗をオープンさせるなど、多角的な展開も同ブランドの特徴に挙げられます。

Chérize (@cherize_cosmetics) • Instagram photos and videos

https://www.instagram.com/cherize_cosmetics/

8,633 Followers, 2 Following, 360 Posts - See Instagram photos and videos from Chérize (@cherize_cosmetics)

化粧品・コスメD2C事例「BULK HOMME(バルクオム)」

ここまでは女性用のコスメを紹介してきましたが、コスメ・D2Cという関連においては外せないメンズコスメ「BULK HOMME」を番外編として紹介します。

BULK HOMMEはメンズスキンケア商品という、ニッチなジャンルでのアイテムを提供しています。しかし、同社の洗顔料や化粧水は累計350万本(2019年9月)を突破し、公式オンラインストアの利用者は累計5万人に達するほどの存在感を見せています。

このような、大手メーカーはなかなか手を出せないニッチな分野の商品がSNSや口コミで広がり好評を得るというのは、今回紹介した女性用コスメの事例と類似しているため、あえて紹介させていただきました。

BULK HOMME(@bulkhomme) • Instagram写真と動画

https://www.instagram.com/bulkhomme/?hl=ja

フォロワー16.2千人、フォロー中112人、投稿48件 ― BULK HOMME(@bulkhomme)のInstagramの写真と動画をチェックしよう

新興D2Cコスメブランドを支える製薬会社

D2Cのコスメブランドがなぜ続々と立ち上がり、商品を提供できるのか?そのカギのひとつに製薬会社によるOEMが挙げられます。

「MEDULLA」や「youange」は、ヘアケア、スキンケアとジャンルは異なりますが「サティス製薬」という製薬会社が商品開発・製造を担当しています。

商品の販売に専門的な知識や技術が必要な場合、異なるブランドが同一の会社をOEM元とする流れは双方にとってメリットがあるため、今後このような事例が増えていくのではないでしょうか。

ユーザーもモノ作りの当事者に! D2Cによる作り手と使い手の「温かいつながり」|LEXUS ‐ VISIONARY(ビジョナリー)

https://lexus.jp/magazine/20190527/348/exp_lex_d2c.html

D2C(ディー・トゥ・シー)という言葉を、あなたはご存じだろうか。もともとはマーケティング業界の専門用語だったが、今では若き起業家たちにとって、「新しいモノ作り」を象徴するキーワードとなっている。

まとめ

SNSでのクチコミ、ユーザーにオンリーワンと思わせるといった要素が、ユーザーからの共感を得やすくなります。そして、SNSというダイレクト囲い込みにつながり、D2Cにおけるコスメの勢いが増しています。

今後もこのジャンルにおけるD2Cの流れは止まらないと予想されます。

関連記事

【メーカー系企業のEC担当者向け】ECの売上を伸ばすには?3ステップから学ぼう!

https://manamina.valuesccg.com/articles/902

EC運営で困った時や、今より売れるヒント探しを目的とした方に向けた3stepガイド。「ECを効率的に勉強したい」「他社ECの事例を知りたい」「D2Cについて知識をつけたい」そんな思いに応えたブック型記事になっています。ステップ順に見ていけばEC運営の基礎知識も身につき、自社ECの課題点や改善点が把握できるように記載しています。

D2Cのマーケティング課題と施策

https://manamina.valuesccg.com/articles/775

店舗を介さず顧客へ商品を届けるD2Cが注目されていますが、商品が良くても顧客にリーチできなければ販売機会がありません。D2C各社がどのようにネットで存在感を出し、ブランドを育てているか、マーケティング事例から見ていきます。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


D2C 「化粧品」市場調査

関連する投稿


みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

さまざまなものが値上がりしている2022年。いま、世間ではリーズナブルな価格をコンセプトとする「プチプラ」商品への関心が高まっています。今回は1年を通してどのような「プチプラ」へのニーズがあるのか、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」のデータをもとに検証しました。


Characteristics of users using @cosme’s live commerce based on online analytics

Characteristics of users using @cosme’s live commerce based on online analytics

Live commerce is gradually attracting attention in Japan. With the interactive nature between the seller and viewer, companies in different industries are adopting it. We will focus on live commerce adopted by @cosme, a cosmetics and beauty website and investigate the user characteristics of live commerce participants.


注目スタートアップ企業分析 - シェアリングエコノミー・サブスク・D2C業界|ホワイトペーパー

注目スタートアップ企業分析 - シェアリングエコノミー・サブスク・D2C業界|ホワイトペーパー

いま注目の「シェアリングエコノミー」「サブスクリプション」「D2C」業界。各業界において代表的な国内スタートアップ企業をピックアップし、その成長の裏にはどのような戦略や集客施策があったのか、消費者のWeb行動ログデータを用いて分析しました。業界の現状を俯瞰したい方、主要プレイヤーの動向を把握したい方にもおすすめのレポートです。(ページ数|49ページ)


アットコスメWebサイトでのライブコマース、閲覧ユーザーにはどんな特徴が?ログデータで分析

アットコスメWebサイトでのライブコマース、閲覧ユーザーにはどんな特徴が?ログデータで分析

日本国内でも徐々に注目を集めている、ライブコマース。販売側と視聴者の双方向性を強みとして、業界問わず採用する企業が増えています。今回はコスメ・美容の総合サイト、アットコスメが取り入れているライブコマースサービスに焦点をあて、ライブコマースを利用するユーザー層にどんな特徴があるのか、調査してみます。


「化粧品のブランドスイッチはどのようにして起きるのか?Web行動ログから分析」レポート

「化粧品のブランドスイッチはどのようにして起きるのか?Web行動ログから分析」レポート

化粧品が選ばれる過程においては、もともと使用しているアイテムからのスイッチングで商品が選ばれる場合が多いと考えられます。 スイッチングのタイミングでどうしたら自社ブランドを選んでもらえるのか、Web行動ログデータを用いて分析・考察します。


最新の投稿


Search on 22:Google mapで情報探索が完結する、新しい検索体験とは|「2022年11月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

Search on 22:Google mapで情報探索が完結する、新しい検索体験とは|「2022年11月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

2022年9月にGoogleが開催した「Search on 22」では、新しい検索体験の広がりを予感させる様々な機能が発表されました。一体何が変わり、マーケティングにはどのような影響があるのでしょうか。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントがポイントや今後の対応について、解説していきます!


【急上昇サイト】根強い人気のラーメンフェスと複数の年賀状サイトがランキングを席巻!|2022年10月

【急上昇サイト】根強い人気のラーメンフェスと複数の年賀状サイトがランキングを席巻!|2022年10月

2022年10月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


Toyota, Nissan, Honda: Analysis of Top Automotive Companies' Strategies seen from each websites

Toyota, Nissan, Honda: Analysis of Top Automotive Companies' Strategies seen from each websites

The automotive industry suffers from semiconductor shortage due to the pandemic and war in Ukraine. However, the industry is experiencing a major shift to EVs, globally. Japan, a major auto manufacturing market, is seeing changes in the industry’s digital. We explore websites of three major auto manufacturers.


サービスの改善や価値を高める「アプリの利用習慣アンケート」。ユーザーアンケートならではの付加価値とは?

サービスの改善や価値を高める「アプリの利用習慣アンケート」。ユーザーアンケートならではの付加価値とは?

「ユーザーアンケート」はお客さまの生の声を収集できる貴重な機会。アンケートを通して得るユーザーの嗜好分析をもとに、企業はサービスの現状把握や改善へと繋げていけます。しかしマーケティング環境が進化し整備されていく中、「普段行っているデータ分析結果とアンケート結果の使い分けはしっかりできていますか?」。そう話すのは、リサーチャーの菅原大介さん。今回はユーザーアンケート全体のお話から、アプリを運営する企業にフォーカスしたユーザーアンケートにおける“オススメの活用法”について解説していただきました。


みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

さまざまなものが値上がりしている2022年。いま、世間ではリーズナブルな価格をコンセプトとする「プチプラ」商品への関心が高まっています。今回は1年を通してどのような「プチプラ」へのニーズがあるのか、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」のデータをもとに検証しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら