競合分析の要!ベンチマークするWebサイトの選び方と分析手法

競合分析の要!ベンチマークするWebサイトの選び方と分析手法

いまやWebサイトは業種業界を問わず全ての企業に欠かせないツールとなっています。オフラインでの消費を促すことはもちろん、ECサイトとしてWebサイト上で収益上げることは日毎ビジネスにおける重要度を増しています。では、最大の効果を発揮するためのWebマーケティング施策とはどのようにして生み出されるのでしょうか?一つの正解は他社のWebサイトをベンチマークし、成功要因を分析することです。本記事ではベンチマークすべきWebサイトの選び方や分析方法を紹介します。


【1】Webマーケティングにおけるベンチマーク設定の必要性?

インターネットという変化の激しい環境の中では、半年後一年後といった近い未来、時流に置いて行かれ気づいたら手遅れになっていたという事態が起こりかねません。

例えば広告配信技術や検索エンジンの進化により効果的な集客施策というものは日々変化します。
また比較サイト、キュレーションメディアといった新しいWebメディアやSNSなどの流行の変化によって、提携先についてもタイムリーに捉え対応する必要があります。とはいえ、全ての変化を素早く正確に捉え打ち手に繋げるには膨大なコストと時間がかかってしまいます。

このような状況にならないように、競合となりうる他社のWebサイトをベンチマークとして設定しておくことが必要でしょう。

「変化」が起きたとき、どのサイトで変化が起き、あなたのビジネスに影響があるか判断するのではなく、ある程度あたりをつけておく事で、より早く対応しなければならない変化に気づくことができ、より効果的な打ち手を吟味することができます。

ベンチマーク設定は、膨大な情報の変化の中に飲まれないようにするための指標の一つになり、Web担当者をより的確なWebマーケティングに導いてくれるでしょう。

【2】ベンチマークするWebサイト選びのポイント?

ベンチマークするWebサイト選びのポイントは「流入元」に注目することです。なぜならばユーザーの行動や欲求によってサイト流入経路が異なるためです。獲得したいユーザー層を明確にし、それを獲得するため流入元に注目してベンチマーク先を設定する必要があります。消費者の購買決定プロセス【AIDMAの法則※1】に対応させながらブレークダウンします。

例えば広告施策に力を入れているサイトはAttention段階のユーザーを、SEO対策やリスティング施策に注力しているサイトはInterestやDesire段階のユーザー獲得を意図していると考えられます。

さらにベンチマークサイトの流入元について詳細に分析することで自社には無い集客導線が発見できる場合があります。またSEO対策やリスティング広告で競合するキーワードの発見、比較サイトやSNSなどのトレンドを加味することで有効な広告の出稿先や提携先の検討にも役立ちます。

※1 AIDMAの法則:広告宣伝に対する消費者の心理状態を示した法則。Attention(注意)→Interest(関心)→Desire(欲求)→Memory(記憶)→Action(行動)という購買に至るまでのプロセスの頭文字からAIDMAの法則という。Aは認知段階、IDMは感情段階、Aは行動段階と区分される。

図 1 消費活動全般におけるAIDMAの法則

図2 Web上での消費活動におけるAIDMAの法則

ベンチマークで見るべき指標は主に2つです。

1つはユーザー数です。これはWebにどれだけの人が訪れているかの指標です。
購買プロセスの導入であるAの段階にいる人数と近く、ユーザー数は最終的なCV数につながる重要な指標です。

もう1つはユーザー属性です。
これはターゲットとするユーザー層を集客できているかを知るための指標です。
ターゲット層は購買プロセスで次段階に進む割合が高いと考えられます。より多くのターゲット層を集客することでAIDMAの段階を効率良く進めCV数を増やすことができます。

他社のWebサイトが集客できている層、できていない層とその原因について把握することで、よりターゲットユーザーにリーチした施策の打ち出しが可能になります。

【3】実践!!Webサイトの選び方 ~ベンチマーク実践例?

前述の3つのポイント(流入元、ユーザー数、属性)を踏まえて実際にベンチマークするサイトを設定してみましょう。

今回は想定クライアントをアパレル業界とします。まずは「アパレル」業界のECサイトに絞り比較的ユーザー数の近いサイトからベンチマークするWebサイトを選定します。

図 2「アパレル」カテゴリサイト、ユーザー数ランキング

これはアパレルカテゴリでユーザー数、PV数が多いサイトを列挙したものです。ここから上位3つのサイト(「ZOZOTOWN(以下Z社)」、「ユニクロ(以下U社)」、「ベルメゾンネット(以下B社)」)について詳しく見てみましょう。

図 3 アパレル3社サイトユーザー数推移 (期間:2015年11月~2016年4月)

ユーザー数については3社とも激しい推移はないことが分かりますが、B社とZ社の間でU社のUU数が推移しているといった市場環境が見てとれます。

属性については構成比を見ることで分析していきます。

図 4 各サイトユーザー属性 性別構成比

図 5 各サイトユーザー属性 年齢構成比

図 6 各サイトユーザー属性 未/既婚構成比

図 7 各サイトユーザー属性 子供の有無構成比

女性比率はB社が最も高く、Z社は若年層から支持を得ていることが分かります。子供有の家庭へはB社が最もリーチできていることが分かります。U社は幅広い層を集客できていると考えられます。

図 8 各サイト流入元分析

各サイトの流入元内訳はこのようになっています。

U社について「外部サイト」からの流入が3社中最多となっていますが、同社が経営している廉価版ブランドからの流入であるため、実質はB社が最多流入数であると考えられます。その結果U社は特定の流入経路に偏らず様々な経路でサイトに流入しているという特徴が見えてきました。Z社は「自然検索」「お気に入り」からの流入が特に多く、「自然検索」では直接的な社名の検索からの流入が大多数を占めていました。また「外部サイト」からの流入が少ないですが、twitterやfacebookといったSNSからの流入は3社中最多となっていました。B社においては「一般広告」「外部サイト」が多くなっています。

「一般広告」はアフェリエイトやアドネットワークからの流入が、「外部サイト」はポイントサイトからの流入が上位に並んでいました。

これら結果から、U社については幅広い消費者層を幅広い方法で集客している事が分かりました。
ですが、反対に特徴のない集客構造だと言い換えることも可能です。

Z社については「お気に入り」や「自然検索」からの流入が多いことで、若者を中心にSNSを活用しブランドイメージを固める、といった集客施策の成功がうかがえます。B社は家庭を持つ女性を主ターゲットとし、お得感に敏感な彼女たちを取り込むためのポイントサイトからの導線が確立されています。

このように大手アパレル3社についてユーザー属性の構成や、サイトへの流入元で特徴が明らかになりました。
幅広い層をターゲットとしているU社ですが、商品やキャンぺーン毎にターゲットを明確にし、それに応じたWebマーケティング施策を行うことで売り上げの増加が見込めると考えられます。例えば、若年向け商品の広告にはZ社を見習い、SNSを用いた集客施策を行うのが効果的であると言えます。また家族向け商品についてはB社の流入経路を習い、親和性の高い広告の出稿先を検討することが良いと考えられます。

本記事ではeMark+でご利用いただける範囲を中心にサイト全体の傾向を追った分析を行いましたが、サイト内コンテンツ等についても詳細な分析が可能です。ターゲットに「刺さる」コンテンツ作成や、サイト全体の構成についてもご活用いただけます。

本記事を参考にベンチマークするWebサイトを設定し、外部環境を踏まえた戦略構築を行ってみてください。

関連記事

競合調査でライバルに勝つ!Webサイト分析ツール10選

https://manamina.valuesccg.com/articles/94

SEO対策のために、競合サイトをツールで分析する「競合調査」が一般的になりつつあります。Googleの検索ロジックが複雑化する中、競合調査では検索上位のサイトには評価される要素があるとみなして自社サイトと比較し、差分を埋めていきます。複数のツールで競合調査すれば流入キーワードや被リンク、ドメインの強さなど競合サイトのかなりのことがわかります。

競合サイトのページを分析して自社記事をリライトする方法

https://manamina.valuesccg.com/articles/815

新しい記事を追加していくだけがオウンドメディアのSEOではありません。検索上位で流入が多い記事は、一つ順位が上がるだけで大きな効果が見込めます。リライトするにあたり、競合サイトのページを分析して自社の記事に取り入れる方法があります。

競合分析、サイト改善に市場調査ツール『eMark+(イーマークプラス)』を活用した事例6選

https://manamina.valuesccg.com/articles/597

市場調査や競合サイト分析ができるツール『eMark+(イーマークプラス)』を使って、競合分析やコンテンツ、サイト改善を実践した事例をご紹介します。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


市場調査 競合分析 eMark+

関連する投稿


大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

2020年8月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ(TCC)の初代会長、上野壮夫(うえのそうふ)氏が1966年に創立したクリエイティブハウス、ユー・ピイ・アール。心を動かすクリエイティブが伝統でもある同社では、競合分析ツール「eMark+」を使い、データによる提案も行なっているといいます。それはなぜなのか?また、その実態はどんなものなのでしょうか。マナミナ編集部がユー・ピイ・アールの田地さんにお聞きしました。


「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年7月~2020年8月)

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2020年7月~2020年8月)

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2020年8月のアプリインストール数1位は、厚生労働省が配布している新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) でした。


ファストファッション業界、新型コロナの影響は…?EC注力でユーザー増のユニクロや、H&M、ZARAの集客動向を調査

ファストファッション業界、新型コロナの影響は…?EC注力でユーザー増のユニクロや、H&M、ZARAの集客動向を調査

2020年前半から世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響によって、ファストファッション業界はどのような影響を受けているのでしょうか? 今回は、ファストファッションの有名ブランドであるユニクロとZARA、H&Mの3ブランドについて、2020年2月~7月までの半年間のWeb集客の状況と、そこから窺い知れる販売戦略について調査した結果を紹介していきます。


大手ラジオ局のファン層はどう違うのか?Webサイトのユーザー属性からポジショニングの違いを考察

大手ラジオ局のファン層はどう違うのか?Webサイトのユーザー属性からポジショニングの違いを考察

最近注目が集まる音声コンテンツ市場。「耳の暇」の解消という切り口が以前から指摘されていましたが、新型コロナによる社会変化の影響もあいまって、ラジオもじわじわと人気が高まってきています。本記事では、市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を使用し、大手ラジオ局のWebサイトユーザー数やその属性から、各社のファン層を分析しました。


最新の投稿


クロス集計や回帰分析など、データ分析でよく使われる手法の基礎知識

クロス集計や回帰分析など、データ分析でよく使われる手法の基礎知識

企業がデータを活用するにあたっては、現場でデータ分析できる人材が増えることが重要です。分析したいときに他部署や外部に依頼せず、自分でデータ分析できれば、より素早く結果を得られます。また、外部に依頼した場合でも、分析に用いられている手法を理解し、分析の目的と合っているか判断する必要があります。そのためには「クロス集計」「ロジスティック回帰分析」「アソシエーション分析」「決定木分析」「クラスター分析」など、主要なデータ分析手法の基礎知識を身につけておきましょう。


大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

2020年8月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


NASA公開のビッグデータを活用したハッカソン&テックカンファレンスが今年はオンラインで開催決定!【無料申込み受付中】

NASA公開のビッグデータを活用したハッカソン&テックカンファレンスが今年はオンラインで開催決定!【無料申込み受付中】

『NASA SPACE APPS CHALLENGE KL 2020』は、NASA(アメリカ航空宇宙局)と人材の育成・教育サービスを提供する株式会社アンロックデザインが共同開催する、ASEAN最大規模のテックイベント。2020年10月2日(金)~4日(日)にマレーシアのクアラルンプールで開催される本イベントに、今年はオンラインで日本国内から参加することができます。最先端のグローバルなテックイベントで、視野を広げてみませんか。


東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ(TCC)の初代会長、上野壮夫(うえのそうふ)氏が1966年に創立したクリエイティブハウス、ユー・ピイ・アール。心を動かすクリエイティブが伝統でもある同社では、競合分析ツール「eMark+」を使い、データによる提案も行なっているといいます。それはなぜなのか?また、その実態はどんなものなのでしょうか。マナミナ編集部がユー・ピイ・アールの田地さんにお聞きしました。


クラスタ分析事例「不動産投資をしたいのはどんな人?」レポート

クラスタ分析事例「不動産投資をしたいのはどんな人?」レポート

「不動産投資」「マンション投資」検索者をVALUESのユーザーの購買プロセス可視化ツール『story bank』を使って抽出し、6つにクラスタリング。中でも特徴的な3つのクラスタを詳しく分析し、不動産投資をしたい人の特徴を調査しました。(ページ数|11p)


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング