リングフィットアドベンチャーを探しているのは誰?公式サイトと検索ワードから最新動向を調査

リングフィットアドベンチャーを探しているのは誰?公式サイトと検索ワードから最新動向を調査

新型コロナウイルスが猛威を振るうなか、一気に入手困難なゲームと変貌したのが『リングフィット アドベンチャー』。自宅にこもるしかない人類を救う“神ゲー”となった『リングフィット アドベンチャー』を追い求める人々の軌跡を、マーケティング分析サービス「eMark+」が紐解きます。


『リングフィット アドベンチャー』の誕生

Nintendo Switch向け体感フィットネスゲーム『リングフィット アドベンチャー』が発売されたのは2019年10月。CMには新垣結衣を起用しNintendoらしく盛大にリリース。Wiiのフィットネス系ゲームが人気だったこともあり、発売と同時に品切れ店舗が続出する快調な滑り出しを見せました。

もともと好調に販売台数を増やしていた人気ゲームは、新型コロナ渦で一気に人気が加速、たちまち市場から消え幻のゲームとなったのです。この動きを『リングフィット アドベンチャー』検索ユーザー数で見ていきましょう。

公式サイトユーザー数はコロナ影響でV字回復

まず『リングフィットアドベンチャー』の公式サイトのユーザー数を確認します。
ユーザー数は2019年10月発売からクリスマス商戦狙いの上昇線を描き、2月にピーク時の半数程度に落ち着きましたが、3月にまた急増。以降はおそらく新型コロナ影響と思われ、2020年4月にはユーザー数が最多となりました。

ちなみに新型コロナにより『リングフィットアドベンチャー』の出荷に影響が出始めたのは2月の始めからで、品薄にも関わらず多くのユーザーが興味を示していたことがわかります。

『リングフィットアドベンチャー』公式サイトユーザー数推移

期間:2019年9月〜2020年6月
デバイス:PCおよびスマホ

『リングフィットアドベンチャー』公式サイト

リングフィット公式サイトに訪れたのはどんな人たち?

次に、Nintendo『リングフィットアドベンチャー』公式サイトに訪問したユーザーの属性について調べました。

性別は6割が男性、20代が最も多く35.9%、続いて30代、40代と続きました。また、子どもがいない未婚者の割合が多いことがわかりました。これらの割合は月別の推移を見ても大きな変化はありませんでした。

『リングフィットアドベンチャー』公式サイトユーザー属性

期間:2019年9月〜2020年6月
デバイス:PCおよびスマホ

リングフィットを検索した人の動き

続いて、『リングフィットアドベンチャー』『リングフィット』のキーワードで情報収集をした人の動向について調べます。

リングフィット検索者数も新型コロナ影響で増加

検索ユーザー数は以下のグラフのとおり、発売月の翌月に急増、その後3月にまた増加し、4〜5月にピークとなりました。公式ページ訪問ユーザーの動きとほぼ同じで、新型コロナ影響を受けていることがわかります。

『リングフィットアドベンチャー』『リングフィット』検索ユーザー数推移

『リングフィットアドベンチャー』『リングフィット』検索ユーザー数推移

期間:2019年9月〜2020年6月
デバイス:PC

リングフィットと同時に検索されたのは「抽選」「在庫」など入手方法

『リングフィットアドベンチャー』『リングフィット』と同時に検索されたキーワードは「抽選」「在庫」「入荷」「予約」など入手方法に関するものと、「ビックカメラ」「AMAZON」「ヨドバシ」「ゲオ」など販売店に関するものが上位を占めました。

『リングフィットアドベンチャー』『リングフィット』同時検索キーワードランキング

『リングフィットアドベンチャー』『リングフィット』同時検索キーワードランキング

期間:2019年9月〜2020年6月
デバイス:PC

入手方法を具体的に調べる男性、リングフィットについて情報収集する女性

検索者の属性ごとに傾向を見てみると、年齢層が高い男性は「ヨドバシ」「ジョーシン」「在庫」など購入に繋がる具体的なキーワード、年齢層が低い男性は「攻略」や「効果」などゲームの“中身”について検索していることがわかりました。ジャンルごとに最速タイムを競う「Real Time Attack(RTA)」への関心が高いのもこの年齢層です。

一方で年齢層が高い女性は「SWITCH」「任天堂」「定価」など、他のユーザー層が検索の目的をピンポイントでキーワード指定しているのに対し、”Nintendoから出ているリングフィットアドベンチャーって?”というように、広い範囲で情報収集している様子がうかがえます。

『リングフィットアドベンチャー』『リングフィット』検索者属性別マップ

『リングフィットアドベンチャー』『リングフィット』検索者属性別マップ

期間:2019年9月〜2020年6月
デバイス:PC

キーワード検索後は「Amazon」「ヨドバシ.com」に

続いて、『リングフィットアドベンチャー』『リングフィット』検索後にどのサイトへ遷移したのかを調べます。

以下のランキングのように、購入は「Amazon」「ヨドバシ.com」「ビックカメラ.com」「 Joshin webショップ 」が多く選ばれ、また、入手方法についてのまとめサイトもよく見られていることがわかりました。

『リングフィットアドベンチャー』『リングフィット』検索後LPランキング

『リングフィットアドベンチャー』『リングフィット』検索後LPランキング

期間:2019年9月〜2020年6月
デバイス:PC

Amazon リングフィットアドベンチャー

まとめ

『リングフィットアドベンチャー』の公式サイトおよび検索者数は、2019年10月の発売開始から2月までが前半のピーク、そしてコロナ渦の3月以降に後半のピークを迎えました。

検索者は若年層の男性が多く、よく検索されるキーワードには「抽選」「在庫」「入荷」「予約」など入手方法に関するものと「ビックカメラ」「AMAZON」「ヨドバシ」「ゲオ」など販売店に関するものが上位を占めました。

検索後に遷移したサイトも上記量販店が上位をしめ、同商品の入手に向けてインターネット上で多くの人が動いている様子がわかりました。品薄状態は依然として続いており、価格も定価以上で出回っていたりと、安定供給まではしばらく時間がかかりそうです。

分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2019年9月〜2020年6月におけるユーザーの行動を分析しました。
※Webサイトのユーザー数はPC及びスマートフォンからのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

本調査は国内Webサイト・アプリの利用実態が簡単に分析できるSaaS型ツール「eMark+(イーマークプラス)」を用いて行いました。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

関連記事

「Switchソフト『あつ森』リリース後に見られたスマホアプリ『どう森 ポケットキャンプ』ユーザー数拡大を探る」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/925

なかなか気軽に外出ができない今、自宅で楽しめるゲームの需要が高まっているようです。中でも子供から大人まで幅広い世代の関心を集めたのが「あつまれ どうぶつの森」。Switchソフトの発売は、スマホアプリ「どうぶつの森 ポケットキャンプ」にも影響があったのでしょうか。ユーザー数の推移やユーザー属性を基に考察してみました。(ページ数|9p)

新型コロナ影響も?「あつ森」にユーザーがあつまり中! ヒット作「あつまれどうぶつの森」を調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/800

3月20日、Nintendoの人気シリーズ「どうぶつの森」から、最新作「あつまれどうぶつの森(以下、あつ森)」がリリースされました(Nintendo Switch版)。発表から期待が高まっていたところに、新型コロナウイルスによる外出自粛など予期せぬ情勢も加わり、かなりのユーザーが動いているようです。そこで今回は、あつ森ユーザーの行動について徹底分析します。

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「名探偵コナン」「MBTI診断」はなぜ人気?「GW」の過ごし方は(2024年4月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「名探偵コナン」「MBTI診断」はなぜ人気?「GW」の過ごし方は(2024年4月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第18弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「名探偵コナン」「ゴールデンウィーク」「MBTI診断」の3テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 登場キャラクターや企業とのタイアップで話題を呼んだ劇場版「名探偵コナン」、Z世代の過ごし方が気になる「ゴールデンウィーク」、Z世代の出会いの場で活用される「MBTI診断」など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


最新スポットの成否を握るアーリーアダプターの特徴とは ~ イマーシブ・フォート東京から豊洲千客万来まで

最新スポットの成否を握るアーリーアダプターの特徴とは ~ イマーシブ・フォート東京から豊洲千客万来まで

人流がコロナ前に戻り、ここ1、2年は各地で色々な施設がオープンしています。そんな最新のスポットで重要になってくるのは、今後の評判を左右する「アーリーアダプター」による評価や影響ではないでしょうか。今回は、最近話題の施設から「イマーシブ・フォート東京」「豊洲千客万来」「麻布台ヒルズ」の3つをピックアップして、各施設の公式Webサイト訪問者からアーリーアダプターの特徴を深掘り調査していきます。


「○○とは」検索に見るトレンドや生活者の気になりごとは?「インボイス」「NISA」「猫ミーム」など

「○○とは」検索に見るトレンドや生活者の気になりごとは?「インボイス」「NISA」「猫ミーム」など

検索エンジンで調べ物をするときによく使われる「〇〇とは」検索。今回は、直近1年間で検索数が多かった注目ワードや、時期によって急上昇したトレンドワードをご紹介します。「とは」検索から見えてくる最新の流行りやみんなの関心事を読み解いていきます。


Supportive fans are willing to spend money? “Oshikatsu” insights & applying it to marketing strategy

Supportive fans are willing to spend money? “Oshikatsu” insights & applying it to marketing strategy

“Oshikatsu” stimulates consumption in Japan. In fact, more than 80-90% of teens answered that they have an “Oshi.” We will deepen our understanding by investigating the current state of the “Oshikatsu” market, behaviors like time and money spent on “Oshikatsu,” and its connection with collaborations, etc. in marketing.


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「イマーシブ・フォート東京」「変な家」のプロモーションを考察(2024年3月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「イマーシブ・フォート東京」「変な家」のプロモーションを考察(2024年3月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第17弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「イマーシブ・フォート東京」「変な家」「新生活」の3テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。イマーシブ・フォート東京が刺さるのはどんな人?映画化で話題の「変な家」と、マンガ広告が生み出す購買活動とは?、Z世代のニーズに刺さる家電のサブスクリプションとは?など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


最新の投稿


Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

In recent years, there have been lots of “analysis” content, especially popular among young people. They cover a range of subjects, and platforms for expressing insights and “analysis” in writing is gaining popularity. Let's look at data to understand its popularity, different from that of “spoilers” or “synopsis”!


Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

株式会社MERYは、Z世代の男女を対象に「Z世代の推し活事情」について調査を実施し、結果を公開しました。


ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、ケーススタディ(環境分析のアウトプット)について寄稿いただきました。


約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

株式会社グローバルプロデュースは、大企業(1,000名以上)に勤務する社内イベントの企画に携わる会社員を対象に、リアルイベントの効果に関する実態調査を実施し、結果を公開しました。


10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

株式会社Utakataは、10〜50代の男女を対象に、「TikTokを閲覧する時間帯」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ