楽天の「歩いてポイントが貯まる」シニア世代向けアプリのMAUが急上昇…前月比で約2倍に【20年7月急上昇アプリ】

楽天の「歩いてポイントが貯まる」シニア世代向けアプリのMAUが急上昇…前月比で約2倍に【20年7月急上昇アプリ】

2020年7月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。7月のトレンドを調査しました。


7月の急上昇アプリランキングを調査

まず、アクティブユーザー数の前月比が高い順にアプリをランキングしました。以下のトップ10をご覧ください。

※eMark+データより。集計上、不適切なアプリを一部除外しています。

ゲームアプリが上位を独占

1位:アビスリウム

1位にランクインしたのは、癒やし系育成ゲームアプリ「アビスリウム」でした。概要は以下の通りです。

運営:FLERO Games
特徴:レベルアップさせて自分好みの水族館を育成する
リリース:2016年7月

では次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「アビスリウム」のユーザー数推移(「eMark+」画面より)

アビスリウムのユーザー数は約40万人、前月比+約842%となっています。

アビスリウムは7月にリリースから4周年を迎え、これを記念してイベントを開催。4周年特別コンテンツの配信、イベントコインの配布や、ゲームで利用できる真珠のプレゼントといった大型アップデートを実施しました。同アプリはこうしたキャンペーンの影響によってユーザー数を急増させたと考えられます。

2位:グッドスライス

2位はカジュアルゲームの「グッドスライス」でした。アプリの概要は以下の通りです。

運営:VOODOO
特徴:フルーツや野菜をスライスしてミキサーに入れるパズルゲーム
リリース:2020年4月

では次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「グッドスライス」のユーザー数推移(「eMark+」画面より)

グッドスライスのユーザー数は約37万人、前月比+約692%となっています。この7月に大きくユーザー数を伸ばしました。

グッドスライスは無心で果物を切って落として爽快感を味わうシンプルなゲーム。カジュアルゲームでおなじみのVoodoo社が手がけており、ハマるとクセになる感覚が魅力です。暇つぶし感覚で遊びたいユーザーのニーズと合致し、ユーザー数急増につながったのではないでしょうか。

3位:【無料】くまモンのスタンプだもん

3位はLINEで使用できるスタンプアプリ「くまモンのスタンプだもん」でした。アプリの概要は以下の通りです。

運営:Seita Apps
特徴:マスコットキャラクター「くまモン」のLINEスタンプがすべて無料で使い放題

次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「くまモンのスタンプだもん」のユーザー数推移(「eMark+」画面より)

くまモンのスタンプだもんのユーザー数は約45万人、前月比+約448%でした。4月から減少傾向にありましたが、7月にユーザー数を持ち直したことがわかります。

くまモンは熊本のゆるキャラとして人気を博しており、世間の認知度も高いです。こちらのアプリは雑誌やサイトにも多数掲載されたため、くまモンに興味を持つユーザーにリーチしてユーザー数を持ち直した可能性があります。

その他上位にはこんなアプリがランクイン

上位にはカジュアルゲームやLINEスタンプアプリが多数ランクインしていました。いくつか紹介していきます。

5位:全部押そう

5位にはカジュアルゲーム「全部押そう」がランクインしました。運営元は2位にランクインしたグッドスライスと同じVoodoo社でした。アプリの概要は以下の通りです。

運営:VOODOO
特徴:群がる敵を巨大なローラーなどの武器で押し出し、足場から排除するゲーム
リリース:2019年11月

では次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「全部押そう」のユーザー数推移(「eMark+」画面より)

全部押そうのユーザー数は約46万人、前月比+約200%でした。2月から減少傾向にありましたが、7月にユーザー数を持ち直したことがわかります。

こちらのアプリは頻繁にApp Storeの無料ゲームランキングで上位に入っており、人気がうかがえます。また、3位にランクインしたグッドスライスと運営元が同じということもあり、Voodoo社は何らかの広告施策によって、自社アプリの集客キャンペーンを展開した可能性も考えられます。

7位:歩いてお得 - 楽天シニア –

7位は楽天が提供するイベント予約アプリ「歩いてお得 - 楽天シニア -」でした。概要は以下の通りです。

運営:Rakuten,Inc.
特徴:歩いたりイベントに参加したりすることで楽天ポイントがたまる

では次に、このアプリのユーザー数の推移を見ていきましょう。

「歩いてお得 - 楽天シニア -」のユーザー数推移(「eMark+」画面より)

楽天シニアのユーザー数は約30万人、前月比+約119%でした。

こちらのアプリは、楽天ポイントが貯まる「お出かけ健康アプリ」。歩計目標を達成し対象施設にチェックインしたり、アプリ経由で加盟施設のイベントを予約・参加したりすると楽天ポイントが貯まる仕掛けです。運動しながら楽しく楽天ポイントを貯められる利点があり、主として高年代層のユーザーの興味を引いたと考えられます。

9位:ボールソートパズル

9位にはパズルゲーム「ボールソートパズル」がランクインしました。アプリの概要は以下の通りです。

運営:IEC Global Pty Ltd
特徴:チューブ内の色の付いたボールを並べ替える脳を鍛えるパズルゲーム

次に、このアプリのユーザー数の推移を見ていきましょう。

「ボールソートパズル」のユーザー数推移(「eMark+」画面より)

ボールソートパズルのユーザー数は約27万人、前月比+約71%でした。3月以降ユーザー数が順調に伸びていることがわかります。

こちらのアプリは、頭を使いながらパズルを解くことに楽しさと中毒性があります。そのため、離脱するユーザーが少なく着実にユーザー数を伸ばし、7月の急上昇アプリにランクインしたと考えられます。

まとめ

最後に7月の急上昇アプリと、アクティブユーザー増加の背景を振り返ります。

上位の1位と2位はどちらもゲームアプリでした。また、10位以内に5つのゲームアプリがランクインしており、うち2つがカジュアルゲームでした。全体として、手軽にできるゲームへの期待値が高いことがうかがえました。

特に、2位のグッドスライスや9位のボールソートパズルはゲーム自体の魅力度の高さからユーザー数獲得に成功したと言えるでしょう。

8位にランクインした「楽天シニア」も楽天ポイントのインセンティブでユーザー数を増加させたと推測できます。4月の急上昇アプリでも楽天が提供するアプリが複数ランクインしており、楽天ポイントに対して感度の高いユーザーが多いと言えるでしょう。

今回の記事で使用したeMark+には無料機能があります。より詳しいデータが気になる方は、ぜひサイト・アプリデータで国内トレンド把握につなげてみてください。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


「少年ジャンプ+」「LINEマンガ」など、拡大するマンガアプリ業界のユーザー数や利用者層を調査

「少年ジャンプ+」「LINEマンガ」など、拡大するマンガアプリ業界のユーザー数や利用者層を調査

マンガアプリ業界が好調です。2020年9月から2年間のアプリユーザー数を見ると、新型コロナによる巣ごもり需要の影響もあってか、その伸びは顕著です。 今回は、拡大するマンガアプリ業界を牽引する、電子書店型サービス「LINEマンガ」「ピッコマ」、および、出版社が提供する「少年ジャンプ+(集英社)」「マガポケ(講談社)」「マンガワン(小学館)」について調査します。また、今年に入って好調の「ヤングジャンプ+」について、さらに詳しく掘り下げてみたいと思います。


【急上昇サイト】フィギュアイベントや楽天コミュニティアプリがサイト集客に成功した理由|2022年8月

【急上昇サイト】フィギュアイベントや楽天コミュニティアプリがサイト集客に成功した理由|2022年8月

2022年8月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


レトロマーケティング戦略とは ~ レトロブームから学ぶこと

レトロマーケティング戦略とは ~ レトロブームから学ぶこと

「昭和レトロ」、「平成レトロ」などレトロブームとも呼ばれる現象があちらこちらで見受けられます。「これからのマーケティング戦略を考える上で、レトロや復刻版から学ぶべきものは大きい」と語るのは、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏。なぜレトロブームは起きるのか、レトロと消費の関係性について、考察いただきました。


いま、あの年代でウケているアプリは?2022年のトレンドアプリを年代別で調査してみた

いま、あの年代でウケているアプリは?2022年のトレンドアプリを年代別で調査してみた

我々の生活に必要不可欠なスマホアプリ。今回は、2022年最新のトレンドアプリを年代別で調査しました。コロナ禍の影響が強く見られたり、同カテゴリのアプリであっても年代により使用するアプリに違いがあったりと、興味深い傾向が多く見られる結果となっています。


What markets are now gathering attention among businesspersons? Survey based on "market size" query search data

What markets are now gathering attention among businesspersons? Survey based on "market size" query search data

It is very important for businesspersons to keep an eye on various markets. Using VALUES' web behavior analytics tool Dockpit, we will investigate and analyze the trends of query searches on "market size" to find out which industries are currently experiencing a rise in interest trends among businesspersons.


最新の投稿


Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

The "SIM lock ban" has been mandated since October 1, 2021. Now, all smartphones must be "SIM-free." We investigate and analyze OPPO, which entered the Japan market in January 2018, along with Huawei and ASUS, two top-ranking overseas manufacturers that offer affordable products.


気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

昨今、原油高の影響でガソリン価格が高騰しており、物流に影響を及ぼしているほか、家計も圧迫されるなどで省エネ意識が格段に高まっているのではないでしょうか。そこで今回は、自動車選びの中でも消費者が気になるポイントのひとつである「燃費」について、関心を持っているユーザーをクラスタ分析し、その人物像を調査しました。分析ツールはヴァリューズが提供する消費者Web行動分析ツール「story bank」を用いています。


「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

2019年に問題になった「老後資産2,000万円」が記憶に新しいなか、政府によって「資産所得倍増計画」が発表されました。「貯蓄から投資へ」とも謳われている現在。「お金」に関して、漠然とした不安と戸惑いを抱えている人も多いのではないでしょうか。「人生100年時代」とも言われる長い人生のために、どのように資産を作り守って行くか。「貯金」と「貯蓄」という2つのワードを検索する消費者のWeb行動に着目し、調査・分析しました。


「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング、今月は「旅行・地域」編です。アプリ利用ユーザー数の順に並べると、1位は「楽天トラベル」、2位「じゃらん」、3位「ANA」…という結果に。トップ20まで掲載しています。


【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

利用率9割という圧倒的な浸透率を誇るYouTube。生活の中での位置づけや、実際の使われ方、よく見られるコンテンツとはどのようなものなのでしょうか。またそれらは、性年代で切ったときにどのような違いが出てくるのでしょうか。アンケートとWeb行動ログデータから、YouTubeの利用動向を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら