楽天の「歩いてポイントが貯まる」シニア世代向けアプリのMAUが急上昇…前月比で約2倍に【20年7月急上昇アプリ】

楽天の「歩いてポイントが貯まる」シニア世代向けアプリのMAUが急上昇…前月比で約2倍に【20年7月急上昇アプリ】

2020年7月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。7月のトレンドを調査しました。


7月の急上昇アプリランキングを調査

まず、アクティブユーザー数の前月比が高い順にアプリをランキングしました。以下のトップ10をご覧ください。

※eMark+データより。集計上、不適切なアプリを一部除外しています。

ゲームアプリが上位を独占

1位:アビスリウム

1位にランクインしたのは、癒やし系育成ゲームアプリ「アビスリウム」でした。概要は以下の通りです。

運営:FLERO Games
特徴:レベルアップさせて自分好みの水族館を育成する
リリース:2016年7月

では次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「アビスリウム」のユーザー数推移(「eMark+」画面より)

アビスリウムのユーザー数は約40万人、前月比+約842%となっています。

アビスリウムは7月にリリースから4周年を迎え、これを記念してイベントを開催。4周年特別コンテンツの配信、イベントコインの配布や、ゲームで利用できる真珠のプレゼントといった大型アップデートを実施しました。同アプリはこうしたキャンペーンの影響によってユーザー数を急増させたと考えられます。

2位:グッドスライス

2位はカジュアルゲームの「グッドスライス」でした。アプリの概要は以下の通りです。

運営:VOODOO
特徴:フルーツや野菜をスライスしてミキサーに入れるパズルゲーム
リリース:2020年4月

では次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「グッドスライス」のユーザー数推移(「eMark+」画面より)

グッドスライスのユーザー数は約37万人、前月比+約692%となっています。この7月に大きくユーザー数を伸ばしました。

グッドスライスは無心で果物を切って落として爽快感を味わうシンプルなゲーム。カジュアルゲームでおなじみのVoodoo社が手がけており、ハマるとクセになる感覚が魅力です。暇つぶし感覚で遊びたいユーザーのニーズと合致し、ユーザー数急増につながったのではないでしょうか。

3位:【無料】くまモンのスタンプだもん

3位はLINEで使用できるスタンプアプリ「くまモンのスタンプだもん」でした。アプリの概要は以下の通りです。

運営:Seita Apps
特徴:マスコットキャラクター「くまモン」のLINEスタンプがすべて無料で使い放題

次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「くまモンのスタンプだもん」のユーザー数推移(「eMark+」画面より)

くまモンのスタンプだもんのユーザー数は約45万人、前月比+約448%でした。4月から減少傾向にありましたが、7月にユーザー数を持ち直したことがわかります。

くまモンは熊本のゆるキャラとして人気を博しており、世間の認知度も高いです。こちらのアプリは雑誌やサイトにも多数掲載されたため、くまモンに興味を持つユーザーにリーチしてユーザー数を持ち直した可能性があります。

その他上位にはこんなアプリがランクイン

上位にはカジュアルゲームやLINEスタンプアプリが多数ランクインしていました。いくつか紹介していきます。

5位:全部押そう

5位にはカジュアルゲーム「全部押そう」がランクインしました。運営元は2位にランクインしたグッドスライスと同じVoodoo社でした。アプリの概要は以下の通りです。

運営:VOODOO
特徴:群がる敵を巨大なローラーなどの武器で押し出し、足場から排除するゲーム
リリース:2019年11月

では次に、ユーザー数の推移を見ていきましょう。

「全部押そう」のユーザー数推移(「eMark+」画面より)

全部押そうのユーザー数は約46万人、前月比+約200%でした。2月から減少傾向にありましたが、7月にユーザー数を持ち直したことがわかります。

こちらのアプリは頻繁にApp Storeの無料ゲームランキングで上位に入っており、人気がうかがえます。また、3位にランクインしたグッドスライスと運営元が同じということもあり、Voodoo社は何らかの広告施策によって、自社アプリの集客キャンペーンを展開した可能性も考えられます。

7位:歩いてお得 - 楽天シニア –

7位は楽天が提供するイベント予約アプリ「歩いてお得 - 楽天シニア -」でした。概要は以下の通りです。

運営:Rakuten,Inc.
特徴:歩いたりイベントに参加したりすることで楽天ポイントがたまる

では次に、このアプリのユーザー数の推移を見ていきましょう。

「歩いてお得 - 楽天シニア -」のユーザー数推移(「eMark+」画面より)

楽天シニアのユーザー数は約30万人、前月比+約119%でした。

こちらのアプリは、楽天ポイントが貯まる「お出かけ健康アプリ」。歩計目標を達成し対象施設にチェックインしたり、アプリ経由で加盟施設のイベントを予約・参加したりすると楽天ポイントが貯まる仕掛けです。運動しながら楽しく楽天ポイントを貯められる利点があり、主として高年代層のユーザーの興味を引いたと考えられます。

9位:ボールソートパズル

9位にはパズルゲーム「ボールソートパズル」がランクインしました。アプリの概要は以下の通りです。

運営:IEC Global Pty Ltd
特徴:チューブ内の色の付いたボールを並べ替える脳を鍛えるパズルゲーム

次に、このアプリのユーザー数の推移を見ていきましょう。

「ボールソートパズル」のユーザー数推移(「eMark+」画面より)

ボールソートパズルのユーザー数は約27万人、前月比+約71%でした。3月以降ユーザー数が順調に伸びていることがわかります。

こちらのアプリは、頭を使いながらパズルを解くことに楽しさと中毒性があります。そのため、離脱するユーザーが少なく着実にユーザー数を伸ばし、7月の急上昇アプリにランクインしたと考えられます。

まとめ

最後に7月の急上昇アプリと、アクティブユーザー増加の背景を振り返ります。

上位の1位と2位はどちらもゲームアプリでした。また、10位以内に5つのゲームアプリがランクインしており、うち2つがカジュアルゲームでした。全体として、手軽にできるゲームへの期待値が高いことがうかがえました。

特に、2位のグッドスライスや9位のボールソートパズルはゲーム自体の魅力度の高さからユーザー数獲得に成功したと言えるでしょう。

8位にランクインした「楽天シニア」も楽天ポイントのインセンティブでユーザー数を増加させたと推測できます。4月の急上昇アプリでも楽天が提供するアプリが複数ランクインしており、楽天ポイントに対して感度の高いユーザーが多いと言えるでしょう。

今回の記事で使用したeMark+には無料機能があります。より詳しいデータが気になる方は、ぜひサイト・アプリデータで国内トレンド把握につなげてみてください。

eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

2020年8月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ(TCC)の初代会長、上野壮夫(うえのそうふ)氏が1966年に創立したクリエイティブハウス、ユー・ピイ・アール。心を動かすクリエイティブが伝統でもある同社では、競合分析ツール「eMark+」を使い、データによる提案も行なっているといいます。それはなぜなのか?また、その実態はどんなものなのでしょうか。マナミナ編集部がユー・ピイ・アールの田地さんにお聞きしました。


コロナで生まれた化粧品への新たなニーズとは?美容にまつわる消費者の「不」をデータから読み解き、コミュニケーション設計まで考える

コロナで生まれた化粧品への新たなニーズとは?美容にまつわる消費者の「不」をデータから読み解き、コミュニケーション設計まで考える

化粧品のトレンドについて調査する新企画。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントである私、伊東茉冬が気になる話題について調査していきます。 今回の調査は前回の記事に引き続き、新型コロナウイルスの影響についてです。 新型コロナウイルスの影響が長引く中、化粧品業界へはどのような影響が及んでいるのか。 また、このような状況でも消費者にアプローチする方法は無いのか、Web行動データやアンケート調査を基に分析します。


ファストファッション業界、新型コロナの影響は…?EC注力でユーザー増のユニクロや、H&M、ZARAの集客動向を調査

ファストファッション業界、新型コロナの影響は…?EC注力でユーザー増のユニクロや、H&M、ZARAの集客動向を調査

2020年前半から世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響によって、ファストファッション業界はどのような影響を受けているのでしょうか? 今回は、ファストファッションの有名ブランドであるユニクロとZARA、H&Mの3ブランドについて、2020年2月~7月までの半年間のWeb集客の状況と、そこから窺い知れる販売戦略について調査した結果を紹介していきます。


大手ラジオ局のファン層はどう違うのか?Webサイトのユーザー属性からポジショニングの違いを考察

大手ラジオ局のファン層はどう違うのか?Webサイトのユーザー属性からポジショニングの違いを考察

最近注目が集まる音声コンテンツ市場。「耳の暇」の解消という切り口が以前から指摘されていましたが、新型コロナによる社会変化の影響もあいまって、ラジオもじわじわと人気が高まってきています。本記事では、市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を使用し、大手ラジオ局のWebサイトユーザー数やその属性から、各社のファン層を分析しました。


最新の投稿


クロス集計や回帰分析など、データ分析でよく使われる手法の基礎知識

クロス集計や回帰分析など、データ分析でよく使われる手法の基礎知識

企業がデータを活用するにあたっては、現場でデータ分析できる人材が増えることが重要です。分析したいときに他部署や外部に依頼せず、自分でデータ分析できれば、より素早く結果を得られます。また、外部に依頼した場合でも、分析に用いられている手法を理解し、分析の目的と合っているか判断する必要があります。そのためには「クロス集計」「ロジスティック回帰分析」「アソシエーション分析」「決定木分析」「クラスター分析」など、主要なデータ分析手法の基礎知識を身につけておきましょう。


大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

2020年8月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


NASA公開のビッグデータを活用したハッカソン&テックカンファレンスが今年はオンラインで開催決定!【無料申込み受付中】

NASA公開のビッグデータを活用したハッカソン&テックカンファレンスが今年はオンラインで開催決定!【無料申込み受付中】

『NASA SPACE APPS CHALLENGE KL 2020』は、NASA(アメリカ航空宇宙局)と人材の育成・教育サービスを提供する株式会社アンロックデザインが共同開催する、ASEAN最大規模のテックイベント。2020年10月2日(金)~4日(日)にマレーシアのクアラルンプールで開催される本イベントに、今年はオンラインで日本国内から参加することができます。最先端のグローバルなテックイベントで、視野を広げてみませんか。


東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ(TCC)の初代会長、上野壮夫(うえのそうふ)氏が1966年に創立したクリエイティブハウス、ユー・ピイ・アール。心を動かすクリエイティブが伝統でもある同社では、競合分析ツール「eMark+」を使い、データによる提案も行なっているといいます。それはなぜなのか?また、その実態はどんなものなのでしょうか。マナミナ編集部がユー・ピイ・アールの田地さんにお聞きしました。


クラスタ分析事例「不動産投資をしたいのはどんな人?」レポート

クラスタ分析事例「不動産投資をしたいのはどんな人?」レポート

「不動産投資」「マンション投資」検索者をVALUESのユーザーの購買プロセス可視化ツール『story bank』を使って抽出し、6つにクラスタリング。中でも特徴的な3つのクラスタを詳しく分析し、不動産投資をしたい人の特徴を調査しました。(ページ数|11p)


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング