Googleアナリティクスで目標を設定してCV(コンバージョン)を計測する|Googleアナリティクス使い方ガイド

Googleアナリティクスで目標を設定してCV(コンバージョン)を計測する|Googleアナリティクス使い方ガイド

Googleアナリティクス(GA)の設定で重要な項目が「目標設定」です。この目標を設定することで重要指標となるコンバージョン数(CV)やコンバージョン率(CVR)がレポートに表示され、そのWebサイトの成果を数値で把握することが可能になります。今回はコンバージョン設定の手順について紹介します。また、コンバージョンに至るまでの経路において、ページ遷移の状況や、離脱ポイントを可視化できる目標到達プロセスについても併せて紹介します。Webサイトの改善にお役立てください。


「目標」を設定する意味と目的

コンバージョンファネル

「目標」とはそのWebサイトにおいてユーザーに起こしてほしい行動、つまり成果を意味します。ユーザーに起こして欲しい行動とは、通販サイトであれば『商品購入』、企業向けサービスサイトであれば『資料請求完了』や『お問い合わせ』などが考えられます。

例えば、お問い合わせでCV設定できていると、
 ・どのチャネルから来たユーザーがCVしている割合が高いか
 ・どんなコンテンツを見ている人がCVしている割合が高いか
などを知ることができます。

そうした各Webサイトの目的に沿った成果を目標として設定することで、初めて目標を数値化することができ、現状分析や問題点を把握することができるようになるのです。

Googleアナリティクスにおいて目標を設定することは、アクセス解析の目的である「成果と施策の紐付け」の「成果」を可視化するために必須となります。逆にいうと、目標設定のされていないGoogleアナリティクスの数値をいくら眺めていても、結局そのWebサイトの良しあしは判断できません。もし目標設定をしていないのであれば、今すぐ目標設定をして成果につながる数値を確認しましょう。

また、目標設定をすると以下のデータが可視化できます。
 ・コンバージョン数(CV数):目標達成したセッション数
 ※コンバージョン数は目標URLのページビュー数をカウントするのではなく、ページ別訪問数をカウントしているため、1セッション内で一度達成した目標は、その後同じセッション内で何回表示しても1回カウントになります。
 ・コンバージョン率(CVR):目標達成した割合、コンバージョン数/セッション数

ここがポイント!

目標には、Webサイト内でユーザーに起こしてほしい行動を設定する。

1つのビューにつき最大20個の目標を設定できる。

最終目標だけではなく、それに至るプロセスにおいて重要なユーザーのアクションを目標設定するのも有効。このような中間目標は「マイクロコンバージョン」と呼ぶ

「目標」を設定する

今回は最も汎用的な「ゴールページを指定」するパターンの目標設定について解説します。
先ほどの例でいくと、商品購入ページや資料請求完了ページなど、ユーザーに到達してほしいページ(ゴールページ)を目標とする場合に用います。

「目標」の設定手順

Googleアナリティクスで、[管理] → [目標] → [+新しい目標] → [目標の種類を選択する] → [目標の名前とタイプを設定する] → [目標のURLを設定する] → [目標の値を設定する] → [目標到達のステップを設定する] → [目標設定完了]

左メニューから[管理]をクリックして[目標]をクリック

左メニューから[管理]をクリックして[目標]をクリック

 [+新しい目標]をクリック

[+新しい目標]をクリック

目標の種類を選択する

目標の種類を選択する

目標の[名前]と[タイプ]を設定する

目標の[名前]と[タイプ]を設定する

[目標URL]を設定する → [目標の値]を設定する → [目標到達のステップ]を設定する → [この目標を確認]でCV数を確認 → 最後に[保存]を押して目標設定完了

[目標URL]を設定する → [目標の値]を設定する → [目標到達のステップ]を設定する → [この目標を確認]でCV数を確認 → 最後に[保存]を押して目標設定完了

ここがポイント!

到達ページのURLは、ホスト名の後ろのスラッシュ以降のみを入力する。「https://」から入力すると正しく目標を計測できない。例えば、「https://manamina.valuesccg.com/thanks.html」を到達ページにするなら「/thanks.html」と入力する。

目標の設定項目は重要指標になるので慎重に行い、作成後は正しくコンバージョンが計測されているか必ず確認する。

到達ページのURLを正確に設定する

設定の中で [目標の詳細]での「到達ページ」には“条件の種類”が3種類あります。この選択が不適切だと到達ページを設定してもコンバージョン数自体が正確に取得できなくなるので注意が必要です。


条件の種類

条件の説明

(1)

等しい

URL1種類で、完全に一致した場合

※「完全一致」とも言います。

manamina.valuesccg.com/thanks.html →  「/thanks.html」を入力

(2)

先頭が一致

URLが複数あり、先頭から途中までが同じ場合

manamina.valuesccg.com/thanks●●●.html → 「/thanks」を入力

※●●●は異なる英数字

(3)

正規表現

URLが複数あり、(2)の「先頭が一致」ではなく一定のパターンに一致した場合

manamina.valuesccg.com/●●●thanks.html → 「/(.*)thanks」を入力

※●●●は異なる英数字

ここがポイント!

正規表現には表記ルールが複数ある。詳細はこちら

正規表現は他のGoogleアナリティクス運用関係者が理解できるようシンプルに作成するのがおすすめ。

レポート画面でコンバージョンの数値を確認する

目標を設定すると、下図のようにGoogleアナリティクスでレポートが表示されます。 [集客] → [すべてのトラフィック] → [チャネル]をクリックすると、Webサイト全体(緑枠部分)とチャネル(青枠部分)のコンバージョン率、目標の完了数(コンバージョン数)、目標値を確認することができます。

[集客] → [すべてのトラフィック] → [チャネル]をクリック

[集客] → [すべてのトラフィック] → [チャネル]をクリック

「目標到達プロセス」を設定する

「目標到達プロセス」の設定は目標設定に必須ではありませんが、目標のページに到達するまでにたどる経路があれば設定をオンにしておくと、離脱が多いページを発見できサイト改善につながります。

目標到達プロセスとは?

「目標到達プロセス」とは、“サイトにアクセスしたユーザーが目標(コンバージョン)に到達するまでにたどる経路”(Google公式ページより)になります。これを指定することにより、ユーザーのページ遷移の状況や、どこで離脱したのかを知ることができるようになります。

例えば、通販サイトの「カート」に商品を入れてから「購入完了」に至るまで、“顧客情報の入力”や“支払方法の選択”などいくつかのステップがあります。各ステップを「目標到達プロセス」に設定することで、どこのページで離脱したかが把握でき、離脱が多いページの改善に役立ちます。

ここがポイント!

目標設定のタイプは「到達ページ」、「滞在時間」、「ページビュー数 / スクリーンビュー数(セッションあたり)」、「イベント」、「スマートゴール」の5種類が設定可能だが、目標到達プロセス機能が使えるのは「到達ページ」タイプのみ

目標到達プロセスの設定手順

[管理] → [目標] → [設定した目標(※)] → [目標の詳細 編集] → [目標到達プロセス オン] → [ステップ 名前・スクリーン/ページ・必須を「はい」に選択] → [保存]
※ここでは「Purchase Completed」を選択

[管理] → [目標] → [Purchase Completed]をクリック

[管理] → [目標] → [Purchase Completed]をクリック

目標の詳細の[編集]をクリック

目標の詳細の[編集]をクリック

目標到達プロセスを[オン] → ステップの[名前][スクリーン/ページ]を入力 → [必須]で「はい」を選択

目標到達プロセスを[オン] → ステップの[名前][スクリーン/ページ]を入力 → [必須]で「はい」を選択

レポート画面で目標到達プロセスの数値を確認する

目標到達プロセスを設定すると、下図のようにレポートが表示されます。 [コンバージョン] → [目標] → [目標到達プロセス]をクリックして、[目標のオプション]で設定した目標を選択します。

[コンバージョン] → [目標] → [目標達成プロセス]をクリック

[コンバージョン] → [目標] → [目標達成プロセス]をクリック

さらにスクロールバーで下に下がると目標到達プロセスが表示されます。

左上のタイトルと一番下に目標名(オレンジ枠部分)、ステップ1で記入した名前(緑枠部分)、ステップ2で記入した名前(青枠部分)、ステップ3で記入した名前(黄色枠部分)、ステップ4で記入した名前(紫枠部分)が表示され、どのステップでどれくらいの人が離脱したか(茶色枠部分)がひと目でわかるので、Webサイト改善のヒントとなります。

[目標達成プロセス]画面

[目標達成プロセス]画面

「目標設定」によってできること

「目標設定」をすることでWebサイトの成果を具体的に数値で可視化することができるようになります。

例えば
 ・デバイス別で目標数値を把握することで、PC/スマホどちらの施策改善を行うべきかわかる
 ・参照元別で目標数値を確認することで、どんな集客経路が最適なのか検討することができる
 ・目標達成したユーザーのページ遷移状況を確認することで、どんなページが目標達成につながりやすいのかがわかる

というように、現状のWebサイトが成果に対して良い状態なのか悪い状態なのかを評価し、サイト改善・施策改善につながる有益な情報を得ることができます。

目標設定をして、Webサイトの成果につながるデータの取得を目指しましょう!

おさらい

  • 目標には、Webサイト内でユーザーに起こしてほしい行動を設定する 
  • 1つのビューにつき最大20個の目標を設定できる 
  • 到達ページのURLは、ホスト名の後ろのスラッシュ以降のみを入力する 
  • 正規表現には表記ルールが複数ある。詳細はこちら
  •  目標到達プロセスを設定すると、ユーザーがどこのステップで離脱したかが把握できる
  •  目標設定のタイプは「到達ページ」、「滞在時間」、「ページビュー数 / スクリーンビュー数(セッションあたり)」、「イベント」、「スマートゴール」の5種類が設定可能だが、目標到達プロセス機能が使えるのは「到達ページ」タイプのみ

こちらもチェック!

GoogleアナリティクスをGoogle Search Console(サーチコンソール)のアカウントとリンクする設定方法

https://manamina.valuesccg.com/articles/1202

Google Search Console(グーグル サーチコンソール)はGoogleがWebサイトの担当者向けに提供している、Google検索結果表示における自社サイトのパフォーマンスを確認できるツールです。Googleアナリティクスはサイト流入後のアクセス解析ツールになりますが、Google サーチコンソールを設定すると、検索トラフィックや掲載順位の測定などサイト流入前のデータが解析できます。今回はサイトの不具合の発見やSEO改善のヒントとなる解析ツール「Googleサーチコンソール」とGoogleアナリティクスの連携手順を紹介します。

​​

メールマガジン登録

最新調査やマーケティングに役立つ
トレンド情報をお届けします

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


Googleアナリティクス

関連する投稿


GA4移行で最低限やっておくことを解説!よくある質問と解決方法も更新中

GA4移行で最低限やっておくことを解説!よくある質問と解決方法も更新中

UAからGA4に移行したいけど手順が分からない。そんな悩みを解決すべくGA4に移行するために最低限やっておくことやGA4の概要や移行までの準備までまとめました。GA4移行でよくある質問と解決策も更新しているのでこれからGA4に移行する人はまず最低限の設定まで進めておきましょう。


ITPが広告運用やWebサイト運営に与える影響を分かりやすく解説

ITPが広告運用やWebサイト運営に与える影響を分かりやすく解説

Cookie規制、ITPがWebサイト運用や広告運用に与える影響について解説します。Googleアナリティクスの計測への影響や、リターゲティング、広告CV計測、広告の効果測定や運用時における自動入札等の広告運用周辺への影響について、詳しくご紹介します。


ITPとは?Cookie規制?要点を絞って分かりやすく解説!

ITPとは?Cookie規制?要点を絞って分かりやすく解説!

個人情報保護の動きが高まる中、「ITP対応」「Cookie廃止」といった言葉を耳にすることも増えてきました。今回は、そもそもCookieとは何か、ITPとは何かについて、要点を絞り、事例を交えつつわかりやすく解説します。


【2022年最新版】Googleアナリティクスとは?初期設定から便利なツールまで徹底解説!

【2022年最新版】Googleアナリティクスとは?初期設定から便利なツールまで徹底解説!

GoogleアナリティクスでWebサイトのデータ分析をしてみたい。Webサイトの売上を上げるためにアクセス改善をしていきたい。そのような悩みを持つWeb担当者やメディア運営者の方は多数いるでしょう。そんな方を1人でも救うべくここではGoogleアナリティクスの初期設定から応用した使い方、SEO対策やリスティング広告の効果を改善できる分析ツールを紹介していきます。


【保存版】Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法を画像付きで初心者向けに解説!

【保存版】Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法を画像付きで初心者向けに解説!

Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法が複雑で分からないと悩んでいませんか。Google広告とGoogleアナリティクスは年々と構造が変化して設定方法も変化しています。ここでは、Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法とその後の指標に対する見方や考え方まで初心者向けに分かりやすく解説していきます。


最新の投稿


【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

近年動画配信サービスが普及し、時間や場所にとらわれず様々なジャンルの動画を手軽に視聴できるようになりました。テレビ離れが幅広い年代で囁かれている時代、話題になるテレビドラマとは、どのようなものなのでしょうか。今回は、2022年10月~12月に放送されたドラマについて、認知度や視聴方法、満足度、満足理由などをランキング化。その実態を探りました。


Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

The Gen Z data analysts at VALUES, Inc. analyzed behavioral data regarding the online shopping consumption among Generation Z. It is said that Gen Z prefers “e-commerce apps” over “e-commerce websites,” but what is true? We will dig deeper, incorporating the honest voices of the Gen Zers.


検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

競合サイト分析に使える無料ツール「SEOチェキ!」「SEOTOOLS」について。知名度がありキーワードの検索順位などもチェックできますが、ツールとしての世代が古い感は否めません。SEOチェキ!とSEOTOOLSの特徴や使いどころ、検索順位が競合分析にどう役立つかを解説します。


Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

2023年、マーケターが押さえておきたいトピックのひとつに、Instagramを活用した「クリエイターマーケティング」が挙げられます。今回は、クリエイターマーケティングをテーマに、Facebook Japanの相原氏と、ヴァリューズの岩間と蒋が対談。期待される効果や施策を行う際のポイント、企業活用事例などをお届けします。


地産地消 ~ 道の駅と食育から

地産地消 ~ 道の駅と食育から

近年注目されつつある「地産地消」。この裏には、人気のお出かけスポットとしての「道の駅」が一役買っています。単なる観光客向けの食品・工芸品の販売だけではなく、地元の生活者の糧としても活用され、そして何より子供たちの「食育」にも繋がることで、「地産地消」の循環の輪は広がっているようです。そのような「地産地消」のメリット・デメリットを含めた実情を、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら