京都観光に行きたい気持ちを可視化した「行こう指数」とは?DMOのデータ活用事例を聞く

京都観光に行きたい気持ちを可視化した「行こう指数」とは?DMOのデータ活用事例を聞く

京都市観光協会では、京都観光に行きたい人の動向を把握するため「行こう指数」を開発しました。この指標ではヴァリューズのWeb閲覧データ等を使用。ホテルの宿泊客数データとも照らし合わせ、市場ニーズの増減把握に役立てています。「行こう指数」開発の背景や課題、今後のデータ活用と京都観光のあり方について、京都市観光協会の堀江卓矢さんにお話をお聞きしました。


「行こう指数」とは何か?

――本日は、京都市観光協会様が開発された「京都観光意向指数(通称:行こう指数)」についてお聞きしていきたいと思います。まず初めに京都市観光協会の事業概要と、堀江さんのご担当業務について教えていただけますか。

堀江卓矢さん(以下、堀江):まず歴史からお話しすると、京都市観光協会ができたのは約60年前です。当時から続く事業としては、祇園祭等の有料観覧席の販売や、通常時には入れない文化財の特別公開の企画・実施などがあります。京都市観光協会ではこれらの事業を通じて観光客の誘致を図ってきました。

その後、外国人観光客の増加に伴ってDMO(Destination Management/Marketing Organization)として体制を強化し、ホテル統計をはじめとしたマーケティング事業や、海外メディア等による京都の取材サポート、京都市認定通訳ガイドの育成、免税制度の手続き支援など、幅広く京都観光にまつわる業務を行っています。

私の担当業務は京都市内の観光に関する様々なデータを集計して、現在の京都観光がどうなっているのかを、メディアを通してお伝えし、京都観光に関連する事業者様の経営の参考材料にしていただくのが狙いです。また、情報を公開することで、京都観光に対する新たな投資を呼び込むことにも、繋げていきたいと考えています。

堀江卓矢(ほりえ・たくや)さん
公益社団法人京都市観光協会 企画推進部 DMO担当
主幹(マーケティング専門官)

――今回開発された「行こう指数」とはどのような指数なのですか? 概要と目的について教えてください。

堀江:観光協会では2014年から、市内の主要ホテルから宿泊者数や客室稼働率、国別の訪問者数などのデータをいただき、統計として発表してきました。ただし、これらはあくまでも実績値でしかないため、過去の結果を整理することには使えますが、今後の動向を予測するデータとしては不十分だと感じていました。

特に新型コロナウイルスによって観光業界の先行きが不透明ななかで、事業者のみなさまは将来に対して不安な思いを和らげるためには、未来予測のための指針にできるデータを作る必要がある、という背景がありました。

とはいえ「1年後に観光客が◯◯人来るか」を予測することは簡単ではありません。そこで、京都観光に行きたいと考えて情報を調べている「旅マエの観光客の動き」をデータで可視化することで、需要の前段階を捉えるチャレンジとして始まったのが今回の「行こう指数」の試みでした。

発表した行こう指数は、京都の観光にまつわるサイトについてヴァリューズのWebサイト閲覧データ等を活用し、一定の条件で指数化したものとなっています。

「行こう指数」の算出方法の概略図(京都市観光協会プレスリリースより引用)

「京都に行きたい気持ち」が見えてわかったこと

――行こう指数開発の際にはどのようなデータが候補としてあがったのでしょうか。

堀江:旅マエの動向を把握するにあたり、当協会で管理している公式サイト「京都観光Navi」の閲覧者数のデータだけでは、京都観光全体の動向を把握することは難しいため、京都観光に関するWebサイトの閲覧者数を網羅的に把握したいと考え、ヴァリューズにお声がけしました。これに加えて、ソーシャルリスニングツールを活用してTwitter投稿数のデータも採用しました。それ以外にも、京都観光に関するインターネット検索数や、ガイドブックの売上高なども考えられますが、まずは入手しやすいデータから始めることになりました。

――ヴァリューズの「消費者ネット行動ログデータ」を選定された理由はどのようなものだったのですか?

堀江:外部のWebサイトのアクセス情報を把握する方法はいくつかありますが、ヴァリューズのサービスは、Webサイト全体だけでなくサイト内のディレクトリ単位で計測できることに優位性があります。たとえば、宿泊予約サイト全体の閲覧者数は京都以外の情報について調べている人数まで含まれてしまうことになりますが、そのサイトの京都に関するページの閲覧者数だけを抽出することができれば、京都への訪問意向に関連する数値として考えることができます。

また、これらのページを見ている人の居住エリアがわかるということも、ヴァリューズのサービスが優れている点です。行こう指数の算出に利用している数値は「京都府外に住む人で、かつスマホではなくデスクトップPCで閲覧している人のみに絞り込む」という設定にしているため、京都観光中に閲覧している人の影響を省くことができます。細かいことではありますが、信頼される統計をつくるうえで、このようにかゆい所に手が届くデータ分析ができるかどうかは、サービスを選ぶうえで重要でした。

――「行こう指数」開発により、実際にどのようなことが把握できたのでしょうか?

堀江:「京都観光に行きたい気持ち」の可視化につながっています。例えば、昨年2020年の4月の行こう指数は38.8と年間で一番低い数字でした。新型コロナによる影響が「行こう指数」にも現れたと言え、指数の正確性を信用できる証拠になります。

一方で、Go Toトラベルキャンペーンが全国で利用できるようになった2020年10月には、首都圏の方々が京都観光について調べ始めた動きが反映され、「行こう指数」は155.8にまで急上昇しました。そして、その気持ちの高まりが、実際に11月に入って現れ、2019年と比較した宿泊客数の指数も105.1まで回復しました。

このように、ひと月前の行こう指数が次の月の宿泊客数の増減と連動すれば「行こう指数」を将来予測の指標として活用することができます。しかし残念ながら、必ずしもこのような関係性が全ての期間で見いだせなかったので、今のところは予測指標として活用するところまでは至っていません。ただし、宿泊客数の指数に対して「行こう指数」が上回っている状態が続いていることを踏まえると、行きたくても行けない状況に置かれている人が増えていると考えられるので、今後の需要回復を期待するうえでの証拠になるのではないかと思います。

2020年の「行こう指数」と市内主要ホテルにおける日本人実宿泊客数(京都市観光プレスリリースより引用)

――マーケティング活用の面では、宿泊客数の予測がわかるとどんな良い点があるのですか?

堀江:例えばホテル業では価格の設定が重要です。観光客のニーズが高いと分かれば高めの料金設定が可能になります。また、人員の整理や雇用の調整の判断材料としても使えるはずです。宿泊客数の実績を上司に報告するにあたって、増減の理由のひとつとして「行こう指数」を活用していただく、といったシーンも想定できます。

また、物販や飲食店など旅マエの予約が発生しない業態でこそ「行こう指数」の真価が発揮されます。ホテル業界など、予約が伴う業態では事前にニーズの増減が把握しやすく、自社のデータだけでもある程度動向を把握することができますが、物販や飲食店業界では自分たちだけで予測が立てづらいはずですので、外部環境を客観的に定量化したデータがあるとお役に立てるのではないかと思います。

これからの京都観光と「データ」の関わり

――新型コロナの影響で観光業界は先行き不透明な状態が続いているかと思うのですが、京都観光は現在どのような状況でしょうか。

堀江:廃業されてしまうお店も目立ち、市内の様子も変わっています。厳しい状況と言えるでしょう。ただ、この苦境を乗り越えた先の京都はより魅力的な観光体験を提供できる状態になっていると前向きに捉えようとも考えています。今がこらえどころですね。

また、コロナ前は京都の観光客の飽和状態が全国的な報道もあって注目されており、住民の暮らしにも影響がありました。現在は京都観光を我慢されている人も多い状況だと思いますので、コロナが終息すればすごい勢いで観光客がお越しになる可能性もあります。実際、2020年11月は日本人だけで、外国人観光客がいた前年同月に迫るほどの観光客が京都を訪れました。そう考えると、コロナ後の観光体験をいかに設計していくかを今まさに京都は考えなければなりません。例えば、スマホのビッグデータを使うことで、どの観光地にどれくらい観光客がいるかという「混雑度」をWebサイト上で発信し、密を避けた観光を促すような取り組みも行なっているところです。

――「行こう指数」は今後どのように活用されていく予定でしょうか。展望を教えてください。

堀江:まずは毎月の宿泊客数統計と合わせるかたちで発表し、毎月必ずチェックすべき指数だと事業者の方々に認知していただけるよう発信を続けたいです。その上で将来予測につなげていきたいですね。現在は観光客が旅行を検討し始めるリードタイムが短いためか、予測指標として利用することが難しいですが、分析の仕方や、指数のもととなる数字の重み付けの仕方などを工夫していければと思います。

――最後に、京都市観光協会の今後のデータ活用のあり方を教えていただけますでしょうか。

堀江:これまで京都市観光協会はデータを集めて発表し、かつそのデータを踏まえて戦略や計画を作ることを中心に取り組んできました。しかし、データを作って発表するだけで精一杯で、データの活用方法までフォローしきれていないのが課題でした。今後は、観光客向けビジネスを行うホテルやレストランなど、観光業界の最前線の方々にもっとデータを使ってもらいたいと考えています。発表したデータをメディアに取り上げていただくなど情報発信を積極的に行い、よりわかりやすく実用的な情報を提供していくことに注力して参ります。

また、今回の行こう指数のようなマクロ統計だけでなく、ひとりひとりの観光客がどのような行動をしたかや、接客に対してどう感じたかなど、ユーザーひとりひとりの行動を軸にしたミクロのデータ分析にも手を広げていきたいです。例えば、観光地にビーコンを設置するなどして、これまで拾いきれていなかった動きをデータ化していきたいです。いつかコロナが終息したとき、京都がより魅力的な観光体験を提供できるように邁進して参ります。

取材協力:京都市観光協会

▼ヴァリューズの取り組み内容について気になった方はお気軽にお問い合わせください。

この記事のライター

マナミナ編集部でデスクを担当しています。新卒でメディア系企業に入社後、フリーランスの編集者・ライターとして独立。マナミナでは主にデータを活用した取り組み事例の取材記事を執筆しています。

関連する投稿


岩手銀行がデータ分析を軸に行う顧客接点強化の取り組みとは?|地方銀行のDX事例

岩手銀行がデータ分析を軸に行う顧客接点強化の取り組みとは?|地方銀行のDX事例

岩手銀行は2021年2月、DXへの取り組みを強化するための専門部署「DX Lab」を設立しました。3カ年のロードマップを掲げ、顧客接点の強化やデータ分析で得た知見をもとに新規事業開発を計画しています。データの収集からデジタルプロモーションまで一貫して行うDX Labの取り組みについて、ゼネラルマネージャーの石川氏、アソシエイトの小島氏に取材しました。


コロナ禍で旅行に対する消費者意識はどう変化したのか?(東京都在住者に調査)

コロナ禍で旅行に対する消費者意識はどう変化したのか?(東京都在住者に調査)

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、外出や都道府県をまたぐ移動の自粛が続く中で、国内消費者の旅行に対するモチベーションや行き先、予算はコロナ前とどのように変化したのでしょうか。東京都に住む約4000人の20歳以上の男女にアンケート調査を行い、検索キーワードの分析と合わせて、コロナ禍で消費者が旅行に何を求めているのか、調査しました。(レポートページ数|29p)


【調査リリース】 2021夏の旅行トレンド全国調査 ~ 高齢層を中心に20年より意欲減少、検討者は若者中心へ。温泉需要が減少、1~5万円までの費用帯が増加

【調査リリース】 2021夏の旅行トレンド全国調査 ~ 高齢層を中心に20年より意欲減少、検討者は若者中心へ。温泉需要が減少、1~5万円までの費用帯が増加

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女10,003人を対象に、今夏の旅行予定に関する消費者アンケート調査を実施しました。またヴァリューズが保有する約250万人の独自パネルを活用したインターネット行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使用して消費者の旅行動向を分析しました。


旅行業界における「オンラインツアー」はアフターコロナの新定番となるのか?

旅行業界における「オンラインツアー」はアフターコロナの新定番となるのか?

コロナ禍で苦境が続く旅行業界ですが、家にいながら旅行体験ができる「オンラインツアー」の人気が高まってきています。そこでDockpitを使い、オンラインツアーに興味を持つ人の特徴や、人気のツアー、集客の施策などについて調査しました。(ページ数|23p)


広島県観光連盟が実践したデータ活用を自走していく組織作りのためのDXとは|Web担当者Forumミーティング2021春レポート

広島県観光連盟が実践したデータ活用を自走していく組織作りのためのDXとは|Web担当者Forumミーティング2021春レポート

広島県内およびその周辺県における観光事業の発展と振興・地域の活性化を図る、一般社団法人広島県観光連盟(HIT)。今回は2021年5月24日に開催された「Web担当者Forumミーティング2021春」にて解説された、「新たな観光構造の構築に向けて広島県観光連盟が実践したデータ活用を自走していく組織作りのためのDX」についての手法をご紹介します。


最新の投稿


本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

マナミナにてマーケティング戦略についての記事を各種紹介しています。これらの記事は実践的な内容が多いため、もう少し初歩からマーケティング戦略について学びたいというケースもあるかと思います。そこで今回は、マーケティング戦略の基本から、かなり込み入った内容までを学べる書籍を15冊紹介します。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoB編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

2021年9月13日~9月19日の検索急上昇ワードでは、Appleのスペシャルオンラインイベント「California streaming.」で発表され、9月17日から販売予約の受付が始まった「iPhone13」に注目が集まり検索が急増。また同じくイベントの目玉となった新型の「iPad mini(第6世代)」も急上昇ワードにあがりました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoC編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoC編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoC編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


マナミナの最新ニュースを音声で!スマートスピーカーAlexaとApple・Googleのポッドキャストでの音声配信に対応

マナミナの最新ニュースを音声で!スマートスピーカーAlexaとApple・Googleのポッドキャストでの音声配信に対応

「マナミナ」では音声サービスでのニュース配信を開始しました。Amazon Echo(アマゾンエコー)などのスマートスピーカーで聴けるAlexaスキル、Appleポッドキャスト、Googleポッドキャストで展開し、マナミナの最新トレンド調査やマーケティングノウハウの概要を随時配信しています。ご利用は無料で、専用アプリやブラウザで、仕事中や移動中でも聴くことができます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー