タイの市場調査サービスおすすめ3選とマーケット・リサーチの注意点

タイの市場調査サービスおすすめ3選とマーケット・リサーチの注意点

タイ王国の市場調査を行いたい方々へ向けて、タイの市場調査が行えるおすすめのリサーチサービスを紹介していきます。また、タイの市場調査の前提知識と、市場調査会社を選ぶ際に気を付けたいポイントも合わせて掲載しています。


「タイの市場調査を行いたいけれど、どのサービスに依頼すべきだろう?」
「タイへのビジネス進出を進める前に、効果的なリサーチはできないだろうか」
…といったお悩みはありませんか?

親日国として知られ、日本との経済的な結びつきも強いタイ王国。
様々な日系企業も進出するタイについて、その市場データや消費者の声を集めたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「タイの市場調査を依頼できるおすすめサービス」を3つ紹介します。
また、タイのマーケット・リサーチを進める前に押さえておきたいポイントも合わせて掲載しているので、これから市場調査を考えている皆さんは、ぜひ参考にしてください。

タイの市場調査の前に知っておきたい3つの情報

市場調査を行う前に、タイのお国柄や国勢についての知識を深めておきましょう。
本記事では、タイのマーケットにおいて特徴的な3つの情報を紹介します。

バンコク周辺とその他地域の経済格差

タイは、後ほどもお伝えする階級・格差社会が非常に顕著な国です。
経済圏としては、首都バンコクの周辺部の経済規模が非常に大きく、次いで日系企業が集中する東部を除けば、南部・西部といった地方の経済はとても小さいです。

バンコク周辺地域と東部は、前述した日系企業の生産拠点などが位置することから、自動車や家電製品などの工業に従事し、裕福な人が多くなっています。
一方、それ以外の地域の主産業は農耕であり、これら従事する産業によっても地域ごとの経済格差が生まれている状況です。

ゆえに、タイの市場調査を行う際は、それぞれの地域の経済規模と中心となる産業を把握し、適切なリサーチ手段やモニターの属性を考えなければいけません。

消費者に根付く階級社会

タイでは日本とは比較にならないほどの階級社会が広がっています。
これは、欧米諸国や日系企業の進出によってタイの経済成長が始まった第二次世界大戦後から顕著となり、
バンコク周辺部とその他地方の経済格差が、そのまま階級社会を構築していったと言えます。

タイの階級社会はバンコク周辺に居住する富裕層・上流層と、地方に住む中流層・低所得層といった分かれ方をしています。富裕層は経済的にとても豊かで、日本で言うところ「お金持ち」といったレベルでは収まらない規模の富を集中的に保有しています。
経済格差はしばしばタイ国内の政治的な混乱を招き、市民が大規模なデモなどを起こす要因となっています。

そのため、タイのマーケットへ参入する場合は、「どの階級層をターゲットに据えるのか」ということも、念頭に置く必要があります。

日系企業の進出と日本製プロダクトへの反応

ここまでお伝えしてきた通り、タイの経済圏の中心であるバンコクや東部には、日系企業の生産拠点が集中しています。特に、トヨタ、日産、ホンダといったほとんどの日本の自動車メーカーが工場をかまえ、タイの自動車産業の集積度は東南アジアの中では最も高いです。

そのため、最も大きな経済圏には日系企業へ勤務するタイ人や、日本から来ている駐在員も多く居住しています。
また、こうした日系企業がタイ経済における産業形成を担ってきた背景もあり、タイでは日本製の製品が盛んに消費されています。親日国でもあるため、概ね日本および日本製品へ好意的な印象を持つ人が多いようです。

既に多くの日本製品が流通しているため、タイでのビジネス展開を考える人は、日本の各ブランド・商品に対するイメージ調査なども進めやすい環境にあると言えるでしょう。

タイの市場調査サービスを選ぶポイント

タイの市場調査サービスを選ぶ際に重要なポイントを3つ紹介します。

1. 適切なリサーチ手段の選択と調査設計ができるか

タイの調査サービスを選ぶ上で大事な1つ目のポイントは、リサーチ方法と、調査の初期設計を適切に行える企業を選ぶことです。

一言で「市場調査」と言ってもその手段は多岐に渡りますし、初めの調査設計が疎かになると、リサーチがムダになってしまうリスクがあります。

代表的な市場調査の手段は以下のようなものがあります。

  • インターネット調査(ネットリサーチ)
  • 電話調査
  • 郵送調査
  • 街頭調査
  • 訪問調査

もう迷わない!市場調査の基礎知識まとめ

https://manamina.valuesccg.com/articles/731

商品やサービスの企画・開発にあたり、マーケティング施策立案に欠かせない「市場調査」。アンケートなど市場調査の方法から、調査結果をもとにしたレポートの書き方、実際の市場調査報告書までまとめました。

また、調査設計は以下のようなフローで進みます。

市場調査の設計プロセス

タイのマーケットに対して、「どのような情報を取得したいのか」、「どのようなビジネスへの活用を考えているか」といった市場調査の目的と手段について、適切なアプローチができるサービスかどうかをよく確認しましょう。

2. 調査にかかるスケジュール・費用が要望に沿うか

依頼する調査の納品スケジュールや費用が要望に沿えるかどうかも、調査サービスを選ぶうえで重要です。
海外市場調査の場合、依頼する内容によっては納期が数か月に渡る場合があります。
また、調査費用も数十万円~数百万円に至るケースがあり、予算との兼ね合いを考える必要があります。

欲しい情報を入手するために、何を依頼し、いつまでに納品ができるのかをサービス側と綿密に打ち合わせしておきましょう。

3. 事前にタイ市場の調査事例を見せてもらえるか

3つ目のポイントは、日本企業・タイ現地の双方の事情に通じた企業であることです。
「現地の調査会社なら、現地に詳しいと思って頼んだのに、調査設計にズレがあり、期待した調査ができなかった」という事は、実は海外調査の落とし穴として、しばしばあるパターンです。

日本と海外ではマーケティングや調査の文化が異なる為、現地のエージェンシーだけでは日本企業のやりたい事が理解しきれず、調査が失敗してしまう事もあります。
(ある海外の調査会社さん曰く「日本企業ほど、調査の内容に細かい企業はない!」のだとか…。)

また、現地の実情を把握しながら、自社や自社ブランド、商品の目指す方向性を理解したうえで調査を進める必要があり、その両面に長けたパートナー選びが重要です。

タイの市場調査サービスのおすすめ3選

実際にタイへの市場調査を実施できる、おすすめのサービス会社を3つ紹介します。

海外市場調査サービス | ヴァリューズ

当「マナミナ」を運営する株式会社ヴァリューズが提供している、海外市場の調査サービスです。
タイを始め、アジア・欧州・北米など世界80か国以上の消費者にリーチできるネットワークと、幅広いデータソースで市場調査を実施できます。

<提供中の市場・消費者調査>

  • アンケート調査
  • SNS・ソーシャルリスニング分析
  • ECモールデータ調査
  • 定性調査

東南アジア圏でも豊富な調査実績を持ち、海外専門スタッフによるフルサポートで海外進出をお考えのお客様へレポーティングが可能です。
タイの市場調査を検討されている方は、ぜひ一度、ご相談からお寄せください。

<ヴァリューズで実施したタイの調査レポート>

海外ミニ調査サービス | JETRO

日本貿易振興機構(ジェトロ)の提供している海外情報のリサーチサービスです。
統計資料の検索や、現地企業のリストアップなどを定額料金で実施可能です。

タイへのプロモーション支援 | GLOBAL DAILY

国内外へデジタルコンテンツの企画や制作、発信を行うGLOBAL DAILYの海外向けプロモーション・プロダクトです。現地のメディアタイアップ、SNS拡散、イベント開催などのプロモーション実施などを依頼でき、実施に当たっては各種の市場調査も行います。

タイ国内の市場調査・コンサル業務

https://swim.co.th/service/service-thai-market-research/

タイ人集客におけるすべての施策の根本となる マーケットに存在する影響要因を徹底調査します。 すべてのマーケティング施策は、まずは「タイ人が何に興味を持っているのか」を知ることから始まります。 タイ国内のインバウンドマーケ...

↓タイ市場調査に関するヴァリューズへのご相談はこちらからどうぞ↓
調査データのお問い合わせはこちら

この記事のライター

国内大手の採用メディア制作部を経てフリーライターとして独立。現在はWebマーケティング、就職・転職、エンタメ(ゲーム・アニメ・書籍)等の各種メディアにて記事制作を担当。「マナミナ」では一人でも多くの読者に楽しく読んでもらえるマーケティングコンテンツを提供していきます。

関連する投稿


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoB編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoC編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoC編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoC編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


エンタメ・スポーツ業界ではコンテンツの強さに依存しすぎないマーケティングが重要だ【リサーチャーが語るアンケート虎の巻】

エンタメ・スポーツ業界ではコンテンツの強さに依存しすぎないマーケティングが重要だ【リサーチャーが語るアンケート虎の巻】

リサーチャーの菅原大介さんが、消費者・生活者のことを深く知るためのアンケート調査法を語ります。今回のテーマはエンタメ・スポーツ業界。カテゴリの特徴を洗い出した上で、エンタメ・スポーツ業界でユーザーリサーチを行うときの3つの観点を示し、それぞれの質問文例と、そこから導くべき考察についても解説します。当該の業界に携わる方だけでなく、真にユーザーのニーズを知りたい方に必見の内容です。


【リサーチャーが語るアンケート虎の巻】家電業界は「お買い得感のマーケティング」が鍵!

【リサーチャーが語るアンケート虎の巻】家電業界は「お買い得感のマーケティング」が鍵!

リサーチャーの菅原大介さんが、消費者・生活者のことを深く知るためのアンケート調査法を語ります。今回のテーマは家電業界。カテゴリの特徴を洗い出した上で、家電業界でユーザーリサーチを行うときの3つの観点を示し、それぞれの質問文例と、そこから導くべき考察についても解説します。家電業界に携わる方だけでなく、真にユーザーのニーズを知りたい方に必見の内容です。


【リサーチャーが語るアンケート虎の巻】美容業界は「美意識のマーケティング」が鍵!

【リサーチャーが語るアンケート虎の巻】美容業界は「美意識のマーケティング」が鍵!

リサーチャーの菅原大介さんが、消費者・生活者のことを深く知るためのアンケート調査法を語ります。今回のテーマは美容業界。カテゴリの特徴を洗い出した上で、美容業界でユーザーリサーチを行うときの3つの観点を示し、それぞれの質問文例と、そこから導くべき考察についても解説します。美容業界に携わる方だけでなく、真にユーザーのニーズを知りたい方に必見の内容です。


最新の投稿


誰でも簡単に3C分析ができるツール「Dockpit」にGoogleアナリティクスとの連携機能が搭載!

誰でも簡単に3C分析ができるツール「Dockpit」にGoogleアナリティクスとの連携機能が搭載!

直感的なダッシュボードで、誰でも簡単に3C分析(自社・競合・市場)ができる「Dockpit」に、Googleアナリティクス連携機能が搭載されました。Dockpit上でスピーディーにGoogleアナリティクスのデータ分析もできます。自社Webサイトの効果検証から競合・市場の把握までをシームレスに1つのツールで確認することが可能です。


2021年版!国内企業の最新DX事例15選

2021年版!国内企業の最新DX事例15選

DXでは、単なるIT化や部分的な効率化にとどまらず、デジタル技術で新たな価値を創造していくことが求められています。大企業においても、経産省がDXを推進する企業を選定するなどしています。今回は国内でも着実に成果を上げているDXの事例を紹介します。


アンケート×Webログを用いた飲食店選びに関する調査 ~ 外食シーン・利用媒体・人の視点で分析

アンケート×Webログを用いた飲食店選びに関する調査 ~ 外食シーン・利用媒体・人の視点で分析

新型コロナウイルスの感染拡大により、大きなダメージを受けた飲食業界。外食市場規模は、2021年7月には2019年比で48.1%にまで減少したとも言われています。コロナによって外食への意識が大きく変わる中、飲食店はどのように選ばれているのでしょうか。アンケートとWeb行動ログを用いて、消費者の飲食店選びの現状について詳しく分析しました。(ページ数|30p)


成長市場のクラフトビール、大手メーカーのWeb集客戦略は?キリン「スプリングバレー」が人気か

成長市場のクラフトビール、大手メーカーのWeb集客戦略は?キリン「スプリングバレー」が人気か

マイナス基調にあるビール市場のなかで成長を続けるクラフトビール市場。近頃は大手メーカーの参入が続き、競争が激化しています。そんななかで各社はどのような戦略を取っているのか。本記事では、大手ビールメーカーのクラフトビールに加え、Amazonで人気の定番クラフトビールをピックアップ。各ブランドのWeb集客の特徴や強みを分析していきます。


不動産企業Webサイトのユーザー数ランキングを調査。集客のポイントは「自社の強みの打ち出し」

不動産企業Webサイトのユーザー数ランキングを調査。集客のポイントは「自社の強みの打ち出し」

不動産業界の企業について、各社のWebサイトの集客力をユーザー数ランキングで調査しました。上位には三井のリハウスや大和ハウス工業、三井住友トラスト不動産などがランクイン。Webでの集客に成功している不動産企業が、実施している施策も併せて分析します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー