タイの市場調査サービスおすすめ3選とマーケット・リサーチの注意点

タイの市場調査サービスおすすめ3選とマーケット・リサーチの注意点

タイ王国の市場調査を行いたい方々へ向けて、タイの市場調査が行えるおすすめのリサーチサービスを紹介していきます。また、タイの市場調査の前提知識と、市場調査会社を選ぶ際に気を付けたいポイントも合わせて掲載しています。


「タイの市場調査を行いたいけれど、どのサービスに依頼すべきだろう?」
「タイへのビジネス進出を進める前に、効果的なリサーチはできないだろうか」
…といったお悩みはありませんか?

親日国として知られ、日本との経済的な結びつきも強いタイ王国。
様々な日系企業も進出するタイについて、その市場データや消費者の声を集めたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「タイの市場調査を依頼できるおすすめサービス」を3つ紹介します。
また、タイのマーケット・リサーチを進める前に押さえておきたいポイントも合わせて掲載しているので、これから市場調査を考えている皆さんは、ぜひ参考にしてください。

タイの市場調査の前に知っておきたい3つの情報

市場調査を行う前に、タイのお国柄や国勢についての知識を深めておきましょう。
本記事では、タイのマーケットにおいて特徴的な3つの情報を紹介します。

バンコク周辺とその他地域の経済格差

タイは、後ほどもお伝えする階級・格差社会が非常に顕著な国です。
経済圏としては、首都バンコクの周辺部の経済規模が非常に大きく、次いで日系企業が集中する東部を除けば、南部・西部といった地方の経済はとても小さいです。

バンコク周辺地域と東部は、前述した日系企業の生産拠点などが位置することから、自動車や家電製品などの工業に従事し、裕福な人が多くなっています。
一方、それ以外の地域の主産業は農耕であり、これら従事する産業によっても地域ごとの経済格差が生まれている状況です。

ゆえに、タイの市場調査を行う際は、それぞれの地域の経済規模と中心となる産業を把握し、適切なリサーチ手段やモニターの属性を考えなければいけません。

消費者に根付く階級社会

タイでは日本とは比較にならないほどの階級社会が広がっています。
これは、欧米諸国や日系企業の進出によってタイの経済成長が始まった第二次世界大戦後から顕著となり、
バンコク周辺部とその他地方の経済格差が、そのまま階級社会を構築していったと言えます。

タイの階級社会はバンコク周辺に居住する富裕層・上流層と、地方に住む中流層・低所得層といった分かれ方をしています。富裕層は経済的にとても豊かで、日本で言うところ「お金持ち」といったレベルでは収まらない規模の富を集中的に保有しています。
経済格差はしばしばタイ国内の政治的な混乱を招き、市民が大規模なデモなどを起こす要因となっています。

そのため、タイのマーケットへ参入する場合は、「どの階級層をターゲットに据えるのか」ということも、念頭に置く必要があります。

日系企業の進出と日本製プロダクトへの反応

ここまでお伝えしてきた通り、タイの経済圏の中心であるバンコクや東部には、日系企業の生産拠点が集中しています。特に、トヨタ、日産、ホンダといったほとんどの日本の自動車メーカーが工場をかまえ、タイの自動車産業の集積度は東南アジアの中では最も高いです。

そのため、最も大きな経済圏には日系企業へ勤務するタイ人や、日本から来ている駐在員も多く居住しています。
また、こうした日系企業がタイ経済における産業形成を担ってきた背景もあり、タイでは日本製の製品が盛んに消費されています。親日国でもあるため、概ね日本および日本製品へ好意的な印象を持つ人が多いようです。

既に多くの日本製品が流通しているため、タイでのビジネス展開を考える人は、日本の各ブランド・商品に対するイメージ調査なども進めやすい環境にあると言えるでしょう。

タイの市場調査サービスを選ぶポイント

タイの市場調査サービスを選ぶ際に重要なポイントを3つ紹介します。

1. 適切なリサーチ手段の選択と調査設計ができるか

タイの調査サービスを選ぶ上で大事な1つ目のポイントは、リサーチ方法と、調査の初期設計を適切に行える企業を選ぶことです。

一言で「市場調査」と言ってもその手段は多岐に渡りますし、初めの調査設計が疎かになると、リサーチがムダになってしまうリスクがあります。

代表的な市場調査の手段は以下のようなものがあります。

  • インターネット調査(ネットリサーチ)
  • 電話調査
  • 郵送調査
  • 街頭調査
  • 訪問調査

もう迷わない!市場調査の基礎知識まとめ

https://manamina.valuesccg.com/articles/731

商品やサービスの企画・開発にあたり、マーケティング施策立案に欠かせない「市場調査」。アンケートなど市場調査の方法から、調査結果をもとにしたレポートの書き方、実際の市場調査報告書までまとめました。

また、調査設計は以下のようなフローで進みます。

市場調査の設計プロセス

タイのマーケットに対して、「どのような情報を取得したいのか」、「どのようなビジネスへの活用を考えているか」といった市場調査の目的と手段について、適切なアプローチができるサービスかどうかをよく確認しましょう。

2. 調査にかかるスケジュール・費用が要望に沿うか

依頼する調査の納品スケジュールや費用が要望に沿えるかどうかも、調査サービスを選ぶうえで重要です。
海外市場調査の場合、依頼する内容によっては納期が数か月に渡る場合があります。
また、調査費用も数十万円~数百万円に至るケースがあり、予算との兼ね合いを考える必要があります。

欲しい情報を入手するために、何を依頼し、いつまでに納品ができるのかをサービス側と綿密に打ち合わせしておきましょう。

3. 事前にタイ市場の調査事例を見せてもらえるか

3つ目のポイントは、日本企業・タイ現地の双方の事情に通じた企業であることです。
「現地の調査会社なら、現地に詳しいと思って頼んだのに、調査設計にズレがあり、期待した調査ができなかった」という事は、実は海外調査の落とし穴として、しばしばあるパターンです。

日本と海外ではマーケティングや調査の文化が異なる為、現地のエージェンシーだけでは日本企業のやりたい事が理解しきれず、調査が失敗してしまう事もあります。
(ある海外の調査会社さん曰く「日本企業ほど、調査の内容に細かい企業はない!」のだとか…。)

また、現地の実情を把握しながら、自社や自社ブランド、商品の目指す方向性を理解したうえで調査を進める必要があり、その両面に長けたパートナー選びが重要です。

タイの市場調査サービスのおすすめ3選

実際にタイへの市場調査を実施できる、おすすめのサービス会社を3つ紹介します。

海外市場調査サービス | ヴァリューズ

当「マナミナ」を運営する株式会社ヴァリューズが提供している、海外市場の調査サービスです。
タイを始め、アジア・欧州・北米など世界80か国以上の消費者にリーチできるネットワークと、幅広いデータソースで市場調査を実施できます。

<提供中の市場・消費者調査>

  • アンケート調査
  • SNS・ソーシャルリスニング分析
  • ECモールデータ調査
  • 定性調査

東南アジア圏でも豊富な調査実績を持ち、海外専門スタッフによるフルサポートで海外進出をお考えのお客様へレポーティングが可能です。
タイの市場調査を検討されている方は、ぜひ一度、ご相談からお寄せください。

<ヴァリューズで実施したタイの調査レポート>

海外ミニ調査サービス | JETRO

日本貿易振興機構(ジェトロ)の提供している海外情報のリサーチサービスです。
統計資料の検索や、現地企業のリストアップなどを定額料金で実施可能です。

タイへのプロモーション支援 | GLOBAL DAILY

国内外へデジタルコンテンツの企画や制作、発信を行うGLOBAL DAILYの海外向けプロモーション・プロダクトです。現地のメディアタイアップ、SNS拡散、イベント開催などのプロモーション実施などを依頼でき、実施に当たっては各種の市場調査も行います。

タイ国内の市場調査・コンサル業務

https://swim.co.th/service/service-thai-market-research/

タイ人集客におけるすべての施策の根本となる マーケットに存在する影響要因を徹底調査します。 すべてのマーケティング施策は、まずは「タイ人が何に興味を持っているのか」を知ることから始まります。 タイ国内のインバウンドマーケ...

↓タイ市場調査に関するヴァリューズへのご相談はこちらからどうぞ↓
調査データのお問い合わせはこちら

この記事のライター

国内大手の採用メディア制作部を経てフリーライターとして独立。現在はWebマーケティング、就職・転職、エンタメ(ゲーム・アニメ・書籍)等の各種メディアにて記事制作を担当。「マナミナ」では一人でも多くの読者に楽しく読んでもらえるマーケティングコンテンツを提供していきます。

関連する投稿


Web検索データによるタイでの自動車についての関心調査レポート

Web検索データによるタイでの自動車についての関心調査レポート

日本企業が多く進出しているタイでは、日本ブランドへの関心も高まっています。その中で自動車について、タイの人々がどの様な関心を持っているのでしょうか? Googleのキーワード可視化ツール『Google Trends』『Google Keyword Planner』によって、自動車に関する検索キーワードを分析し、タイの自動車市場の実態を探ります。


タイで注目の美容・化粧品メディア5選を調査会社の視点で解説|タイ市場トレンド調査

タイで注目の美容・化粧品メディア5選を調査会社の視点で解説|タイ市場トレンド調査

海外でのマーケティング事情・トレンドについて調査会社の視点から解説する企画。今回のテーマはタイのコスメメディアです。ヴァリューズで海外調査を担当するコンサルタントが、タイの化粧品のネット事情を解説します。


「人口が多いから売れるだろう」で中国越境ECを捉えてはいけない理由をBaidu Japanの國井氏に聞く

「人口が多いから売れるだろう」で中国越境ECを捉えてはいけない理由をBaidu Japanの國井氏に聞く

新型コロナの影響でインバウンド観光客が停止した今、「第3次越境ECブーム」とも言われ中国越境ECに取り組む日本企業が増えています。しかし、「中国現地のメーカーも商品のクオリティを上げたいま、生半可な気持ちで勝つことは難しい」とBaidu Japanの國井雅史さんは語ります。その理由はなぜでしょうか。同社と共に中国向けマーケティングのプロジェクトを行ってきたヴァリューズの中国人リサーチャー、姜茹楠が國井さんに取材しました。


国・自治体がTableauでわかりやすくデータを可視化しているって知ってた?市場調査やマーケティングに使えるオープンデータまとめ

国・自治体がTableauでわかりやすくデータを可視化しているって知ってた?市場調査やマーケティングに使えるオープンデータまとめ

Tableauを学ぶシリーズの番外編となる本稿では、国や自治体が公開しているサイトからTableauの活用事例を学びます!国・自治体が提供している、市場調査やマーケティングにも使えるオープンデータをまとめました。Tableau活用事例の参考にもなるでしょう。


中国の調査会社おすすめ5選 - 市場調査・信用調査のそれぞれのポイント

中国の調査会社おすすめ5選 - 市場調査・信用調査のそれぞれのポイント

中国の市場へビジネス展開を考える方に向けて、中国の調査を行える企業を紹介します。中国市場の調査、中国企業の信用調査の2つの観点から、最適なサービスを選択するポイントもお伝えしていきます。


最新の投稿


Googleタグマネージャー(GTM)を導入する|Googleアナリティクス使い方ガイド

Googleタグマネージャー(GTM)を導入する|Googleアナリティクス使い方ガイド

Webサイトの計測や広告等の施策投下、効果測定の実施にあたり増え続ける計測タグの管理に便利なタグマネジメントツールがあるのはご存じでしょうか?もし、まだ利用されてない方はぜひ導入をおすすめします。また「Googleタグマネージャー」を導入することで、『タグの管理が簡単になる』『タグの管理を外部に委託する必要がなくなる』『ページの表示速度が速くなる』などのメリットも挙げられるので、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。今回はいくつかあるタグマネジメントツールの中でも代表的な「Googleタグマネージャー」の基礎設定について紹介していきます。


覇権確実?スマホゲーム『ウマ娘』は引退馬も救う?!

覇権確実?スマホゲーム『ウマ娘』は引退馬も救う?!

2021年2月24日にサービスが開始された新作スマホゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』(以下、ウマ娘)が話題を集めています。早くも2021年覇権タイトル確実と噂される「ウマ娘」の人気の実態やその理由を、ネットでの検索データをもとに徹底リサーチします。


呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

映画化も決定した人気作品の「呪術廻戦」。その人気ぶりは、社会現象ともなった「鬼滅の刃」(著:吾峠呼世晴/集英社)と似ることから、最近ではメディアから“ポスト鬼滅”として取り上げられることも。今回はそんな「呪術廻戦」について、ヴァリューズが提供する市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を用いて、検索データを分析しました。


郊外に移り住む人が増えている?コロナ禍での引っ越し傾向を探る自主調査レポート

郊外に移り住む人が増えている?コロナ禍での引っ越し傾向を探る自主調査レポート

コロナ禍でのテレワークの浸透や在宅時間の増加から、住環境を見直す人が増えているようです。都心を離れての近距離の移住や新たに住宅を購入する動きなどが見られる中、コロナが引っ越しに与えている影響はどのようなものなのでしょうか。アンケート調査とインターネット行動ログデータの分析から調査しました。(ページ数|25p)


急上昇ワードに“松山英樹”“マスターズ”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/4/11~2021/4/17)

急上昇ワードに“松山英樹”“マスターズ”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/4/11~2021/4/17)

2021年4月11日~4月17日週の検索急上昇ワードでは、日本人として初のマスターズ制覇を果たしたプロゴルファー「松山英樹」さんの検索が急増。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング