中国ではペットブームがさらに加速。これから流行るペット用品を予測|中国トレンド調査

中国ではペットブームがさらに加速。これから流行るペット用品を予測|中国トレンド調査

中国のペット関連市場規模は近年急成長を遂げましたが、今後もさらに成長すると予測されています。本記事では、中国で具体的にどのようなペット用品がこれから人気を集めるのかを分析し、ECサイトで販売されている手作り猫フード、オーガニックペットケア用品、自動猫トイレ等のペット家電など注目アイテムをご紹介します。


中国におけるペット市場規模は約3兆円に拡大

中国のペット関連市場規模は2019年までに2024億元(約3.24兆円)に達し、その前年比は118.5%で、急速な成長を見せています。

さらに、「2020年中国ペット市場報告」によれば、2020年のペット1匹あたりの平均消費額は6,653元(約112,000円)で、2019年の5,561元(約94,000円)より19.6%増えました。

この急成長の背後には、中国成人の単独世帯の増加にあるようです。「2021ペット食品業界消費洞察報告」では、ペットの飼育者の40%以上が一人暮らしをしていると報告されました。

しかしながら、中国のペット市場浸透率はわずか6%でしかなく、北アメリカやヨーロッパと比べるとまだまだ低い状況です。従って、中国のペット市場はこれからも更なる成長を遂げるという見込みです。

急速に成長するペット用品

ペットフード

中国におけるペットフードの市場規模の成長は著しく、2010年から2020年までに、中国のペットフードの市場規模は7.19億ドル(約790億円)から67.18億ドル(約7400億円)に上り、その間の平均増加率は25.04%になります。

特に、猫フードと猫のおやつの市場規模は急速に拡大しており、その速度はドッグフードより遥かに速くなっています。

CBNDataの「ねこの食と健康トレンド洞察報告」によれば、ペットにかかった費用のうち、ペットフードは4割を占めています。なお、飼い主はペットフードの品質と付加機能にこだわる傾向があるため、値段が高めの高級フードを購入することが多いようです。

また、中国の若年者はネットショッピングを好むので、ECサイトでのペットフードも全体的に売れ行きが良いです。例えば、昨年11月11日に、京東商城における猫缶やドライフードの売上高は前期より150%以上の増加が見られました。

また、猫フードにおいては、総合栄養食のドライフードと猫缶は依然として不動の人気を有していますが、主にECサイトで販売されている手作り猫フードにも注目です。

通常、手作り猫フードは注文されてから製作され、一回分ずつに小分けして冷凍便で顧客に届けられます。なお、手作り猫フードは肉のみによって作成されており、栄養バランスに対する配慮もしっかりとされいますので、健康的なイメージがあります。「ねこの食と健康トレンド洞察報告」によれば、昨年の手作り猫フードを販売するブランド数の増加率は2018年の10倍以上になり、これからも急速に成長していくでしょう。

手作り猫フード

ケーキと行事食

ペットの家族化が進んでいる中、ペット用ケーキとペット用ちまきをはじめとしたペット用行事食が流行しています。

「STICKYRICE」や「PETPETCAKE」などのペット用ケーキ専門店は中国で大人気のようです。人間が食べるケーキには糖質や脂質が多く含まれていますが、それらの成分はペットにとっては悪影響になることが多いことから、ペット用ケーキには羊乳と鶏肉、牛肉などの原材料が使われることが多いです。また、ペットの種類や品種、年齢、体型に合わせてカスタムすることもできるので、アレルギーがある場合も安心です。

「PETPETCAKE」のペット用ケーキ

ケーキだけでなく、近年、ペット用行事食も段々と注目されるようになりました。「妙品」や「麦萌」、「小鮮糧」などのペットフードメーカーはペット用ちまきやペット用元宵団子などのペット用行事食を次々と発売しています。まだまだケーキほどは普及していませんが、今後の発展が期待できる商品でしょう。

天然素材を用いたオーガニックペットケア用品

2019年の中国におけるペットケア用品市場の小売売上高は69億元(約1,172億円)に達しており、2015年より38億元(約646億円)増加しました。

中国では、ペットのケア用品には主にシャンプー用品やデンタルケア用品、消臭剤、猫砂が含まれています。昨年11月8日に、中国の大手ECサイト「蘇寧易購(Suning.com)」はペット用品売上TOP10を公表しましたが、1位はペット用品ブランド「LORDE(里兜)」の猫砂で、続いて2位と3位も猫砂であり、4位からがペットフードという結果でした。

伝統的なケア用品のほか、肉球クリームやペット用美容液などのケア用品も出回っています。

例えば、デンマークのペットケア用品ブランド「amo petric」はアボカド鼻クリームやキュウリエキスコンディショナーなどの天然素材を用いたオーガニックペットケア用品を販売しています。

また、ペット用品メーカー以外の企業もペットケア用品に商機を見出して製造・販売することがあります。中国のバイオテクノロジー企業「Bloomage BioTechnology」はヒアルロン酸配合のペットケア用品を開発しました。日本の化粧品・サプリメントの製造販売メーカーDHCもうるおい保護成分配合の肉球ケアクリームやリンスinシャンプーなどのペットケア用品を販売しています。

「amo petric」のキュウリエキスコンディショナー

ペット家電

特に注目に値する2021年のペット用品の新商品として中国のアリババグループが今年年始に挙げたように、自動猫トイレや自動給餌器などのペット家電の需要も大きくなる見込みです。

今年6月18日に開催された618セール期間中、ペット用品メーカー「小佩(petkit)」の全自動猫トイレや「Catlink」の大容量自動給餌器とペットカメラをはじめとしたペット家電がかなり売れたようです。

「天猫(Tmall)においてはペット用品の売上は1300%以上激増し、「京東商城」においてはペットドライハウスの売上は300%増加しました。実際飼い主に伺ってみると、ペットに毎月かかっている費用のうち、一番多いのはペットフードではなく、このようなペット家電や医療費になるそうです。「2020年中国ペット業界白書(消費報告)」によると、2020年には43.1%の飼い主がペット家電を購入したことがあります。

まとめ

QuestMobileによって発表された『2020ペット経済洞察報告』によれば、2020年10月までに、ペットに興味・関心を示す人数は5.3億人を超えました。さらにTikTok(ティックトック)や快手(クアイショウ)のような短編動画共有アプリ、およびWeiboやREDのようなSNSアプリにおけるペットのコンテンツによって、ペット好きな人数はこれからも増加するでしょう。

そして、単身世帯率はこれからもどんどん増えることも考慮に入れると、中国のペット関連市場規模はさらに成長すると予想できます。

<参考文献>
「养宠开支每月500元起步,资本盯上了你家狗子」
https://www.cbndata.com/information/189485
「腾讯小米争相入局的宠物市场,还有哪些待挖掘的机会?」
https://www.cbndata.com/information/184607
「喝奶茶、拍写真、上幼儿园……年轻人正在重塑“宠物经济”」
https://www.cbndata.com/information/186592
「QuestMobile发布2020萌宠经济洞察报告,小象优品等电商宠物用品销量持续增长」
http://www.cet.com.cn/xwsd/2738346.shtml
「宠物用品悟空榜公布销量前十名单 “铲屎官”流下了贫穷的泪水」
http://news.hexun.com/2020-11-09/202391308.html
「2020年中国宠物行业发展情况分析:国内宠物行业快速发展壮大,“井喷时代”已经到来」
https://www.chyxx.com/industry/202006/876638.html
「2020萌宠经济洞察报告:萌宠群体超5.3亿,喵星人VS汪星人,谁更能带货、拉消费?」
https://www.36kr.com/p/1011404743683847
「猫咪饮食健康趋势洞察报告」
https://max.book118.com/html/2020/1015/5241030121003011.shtm

この記事のライター

中国出身の留学生。立教大学大学院に在学中。

関連するキーワード


中国トレンド調査

関連する投稿


2021年中国の教育事情 ~ 学習塾への政策が強化、学校教育はどう変わる?|中国トレンド調査

2021年中国の教育事情 ~ 学習塾への政策が強化、学校教育はどう変わる?|中国トレンド調査

2021年7月24日、中国教育部(文部科学省)の公式サイトに『義務教育段階の生徒に対する宿題・校外学習の負担軽減を図るための意見』という文書が掲載され、「二重削減」政策の実施が正式に発表されました。 この方針では、学習塾産業を規制し、休日を利用して授業を開講することを禁止し、教育の公平性の維持に乗じて、学生が十分な休憩時間や運動時間を確保できるようにするだけでなく、「内巻」(Involution/「不条理な内部競争」を意味する中国のネット流行語)を防ぐという政策でもあるでしょう。 本稿では、中国における学習塾政策の動向や、教育業界に与える影響、今後の展開の3つの側面から、今回の「二重削減」政策について解説していきます。


タオバオ・メーカー・フェスティバル(淘宝造物節)から見た中国の最新トレンド|中国トレンド調査

タオバオ・メーカー・フェスティバル(淘宝造物節)から見た中国の最新トレンド|中国トレンド調査

中国の大型クリエイティブイベントであるタオバオ・メーカー・フェスティバル(淘宝造物節)が先日開幕。過去1年間に急速な成長を遂げつつも、まだまだ客層が狭く、多くの人に知られていない不思議なブランド・お店が参加しました。本記事ではそれらのブランドやお店から、今後の中国市場の動向を分析・予測します。


「ダブル11」超えたECセール「618」~ ライブ配信やTiktok参戦など、コロナ後の中国人消費の新たな潮流とは|中国トレンド調査

「ダブル11」超えたECセール「618」~ ライブ配信やTiktok参戦など、コロナ後の中国人消費の新たな潮流とは|中国トレンド調査

中国ECイベントといえば、さまざまな記念日に開催されるキャンペーンがあります。今では他のネット通販各社も加わり、最大手のアリババ集団が中心となる11月11日の「独身の日セール」はもはや定番となっています。最近では京東商城(JD.com)を運営する京東集団が設定した「6月18日」も大きな盛り上がりを示し、「独身の日」と並ぶ一大商戦に成長しました。 今年の「618」についての売上データを概観した上で、ライブ配信や抖音(ドウイン/中国版Tiktok)の参戦、セールイベントの参加方法、実際に売られた商品という3つの側面から昨年度と比較しつつその特徴を解説します。


中国で加熱する「ファン経済」マーケティングを完全解説|中国トレンド調査

中国で加熱する「ファン経済」マーケティングを完全解説|中国トレンド調査

近年中国では「ファン経済」を利用したマーケティングが加熱しています。本記事では、中国独特のファン経済とファン経済マーケティングの現状と特徴、プロモーションの事例、メリット・デメリットについて解説します。


2021年中国ゴールデンウィークから見た今年のトレンドを徹底調査!|中国トレンド調査

2021年中国ゴールデンウィークから見た今年のトレンドを徹底調査!|中国トレンド調査

2021年に入り新型コロナウイルスが依然として世界中に感染拡大している中、日本と同様に中国も大型連休がありました。今年の中国のゴールデンウィークにはどのようなトレンドがあったのでしょうか。 最新のデータ、特徴を概観した上で、キャンプブーム、航空券の「盲盒(ブラインドボックス)」の発売、国内免税店のショッピングブームという3つの側面から解説します。


最新の投稿


本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

本から学ぶマーケティング戦略 〜 おすすめ書籍15選

マナミナにてマーケティング戦略についての記事を各種紹介しています。これらの記事は実践的な内容が多いため、もう少し初歩からマーケティング戦略について学びたいというケースもあるかと思います。そこで今回は、マーケティング戦略の基本から、かなり込み入った内容までを学べる書籍を15冊紹介します。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoB編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoB編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

急上昇ワードに「iPhone13」「iPad mini」など「週間」検索キーワードランキング(2021/9/13~2021/9/19)

2021年9月13日~9月19日の検索急上昇ワードでは、Appleのスペシャルオンラインイベント「California streaming.」で発表され、9月17日から販売予約の受付が始まった「iPhone13」に注目が集まり検索が急増。また同じくイベントの目玉となった新型の「iPad mini(第6世代)」も急上昇ワードにあがりました。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoC編)|きほんのアンケートフォーム

Googleフォームでつくる「利用者アンケート」テンプレート(BtoC編)|きほんのアンケートフォーム

リサーチャーの菅原大介さんが、ウェブ担当者が業務の中でよく使うアンケートフォーム作成のコツを解説してくれます。今回のテーマは「利用者アンケート」(BtoC編)です。フォームに入れておきたい基本項目+ビジネスをドライブする発展項目=計7つの質問を紹介します。ご自身のスキルアップ用や、社内の担当者教育用に、ぜひご活用ください。記事の最後には、エクセルのチェックリストのダウンロードリンク+Googleフォームのサンプルを含むYouTubeの解説動画へのリンクもあります。


コロナ禍におけるキャンプ関心層のWeb行動分析レポート

コロナ禍におけるキャンプ関心層のWeb行動分析レポート

本レポートでは、ダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit』の活用方法について、コロナ禍で関心の高まるキャンプを例にご紹介しています。Dockpitを用いて抽出したデータから何を読み取り、どのようにメディア戦略に活かせるのか、ぜひ参考にご覧ください。(ページ数|17p)


アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー