中国ではペットブームがさらに加速。これから流行るペット用品を予測|中国トレンド調査

中国ではペットブームがさらに加速。これから流行るペット用品を予測|中国トレンド調査

中国のペット関連市場規模は近年急成長を遂げましたが、今後もさらに成長すると予測されています。本記事では、中国で具体的にどのようなペット用品がこれから人気を集めるのかを分析し、ECサイトで販売されている手作り猫フード、オーガニックペットケア用品、自動猫トイレ等のペット家電など注目アイテムをご紹介します。


中国におけるペット市場規模は約3兆円に拡大

中国のペット関連市場規模は2019年までに2024億元(約3.24兆円)に達し、その前年比は118.5%で、急速な成長を見せています。

さらに、「2020年中国ペット市場報告」によれば、2020年のペット1匹あたりの平均消費額は6,653元(約112,000円)で、2019年の5,561元(約94,000円)より19.6%増えました。

この急成長の背後には、中国成人の単独世帯の増加にあるようです。「2021ペット食品業界消費洞察報告」では、ペットの飼育者の40%以上が一人暮らしをしていると報告されました。

しかしながら、中国のペット市場浸透率はわずか6%でしかなく、北アメリカやヨーロッパと比べるとまだまだ低い状況です。従って、中国のペット市場はこれからも更なる成長を遂げるという見込みです。

急速に成長するペット用品

ペットフード

中国におけるペットフードの市場規模の成長は著しく、2010年から2020年までに、中国のペットフードの市場規模は7.19億ドル(約790億円)から67.18億ドル(約7400億円)に上り、その間の平均増加率は25.04%になります。

特に、猫フードと猫のおやつの市場規模は急速に拡大しており、その速度はドッグフードより遥かに速くなっています。

CBNDataの「ねこの食と健康トレンド洞察報告」によれば、ペットにかかった費用のうち、ペットフードは4割を占めています。なお、飼い主はペットフードの品質と付加機能にこだわる傾向があるため、値段が高めの高級フードを購入することが多いようです。

また、中国の若年者はネットショッピングを好むので、ECサイトでのペットフードも全体的に売れ行きが良いです。例えば、昨年11月11日に、京東商城における猫缶やドライフードの売上高は前期より150%以上の増加が見られました。

また、猫フードにおいては、総合栄養食のドライフードと猫缶は依然として不動の人気を有していますが、主にECサイトで販売されている手作り猫フードにも注目です。

通常、手作り猫フードは注文されてから製作され、一回分ずつに小分けして冷凍便で顧客に届けられます。なお、手作り猫フードは肉のみによって作成されており、栄養バランスに対する配慮もしっかりとされいますので、健康的なイメージがあります。「ねこの食と健康トレンド洞察報告」によれば、昨年の手作り猫フードを販売するブランド数の増加率は2018年の10倍以上になり、これからも急速に成長していくでしょう。

手作り猫フード

ケーキと行事食

ペットの家族化が進んでいる中、ペット用ケーキとペット用ちまきをはじめとしたペット用行事食が流行しています。

「STICKYRICE」や「PETPETCAKE」などのペット用ケーキ専門店は中国で大人気のようです。人間が食べるケーキには糖質や脂質が多く含まれていますが、それらの成分はペットにとっては悪影響になることが多いことから、ペット用ケーキには羊乳と鶏肉、牛肉などの原材料が使われることが多いです。また、ペットの種類や品種、年齢、体型に合わせてカスタムすることもできるので、アレルギーがある場合も安心です。

「PETPETCAKE」のペット用ケーキ

ケーキだけでなく、近年、ペット用行事食も段々と注目されるようになりました。「妙品」や「麦萌」、「小鮮糧」などのペットフードメーカーはペット用ちまきやペット用元宵団子などのペット用行事食を次々と発売しています。まだまだケーキほどは普及していませんが、今後の発展が期待できる商品でしょう。

天然素材を用いたオーガニックペットケア用品

2019年の中国におけるペットケア用品市場の小売売上高は69億元(約1,172億円)に達しており、2015年より38億元(約646億円)増加しました。

中国では、ペットのケア用品には主にシャンプー用品やデンタルケア用品、消臭剤、猫砂が含まれています。昨年11月8日に、中国の大手ECサイト「蘇寧易購(Suning.com)」はペット用品売上TOP10を公表しましたが、1位はペット用品ブランド「LORDE(里兜)」の猫砂で、続いて2位と3位も猫砂であり、4位からがペットフードという結果でした。

伝統的なケア用品のほか、肉球クリームやペット用美容液などのケア用品も出回っています。

例えば、デンマークのペットケア用品ブランド「amo petric」はアボカド鼻クリームやキュウリエキスコンディショナーなどの天然素材を用いたオーガニックペットケア用品を販売しています。

また、ペット用品メーカー以外の企業もペットケア用品に商機を見出して製造・販売することがあります。中国のバイオテクノロジー企業「Bloomage BioTechnology」はヒアルロン酸配合のペットケア用品を開発しました。日本の化粧品・サプリメントの製造販売メーカーDHCもうるおい保護成分配合の肉球ケアクリームやリンスinシャンプーなどのペットケア用品を販売しています。

「amo petric」のキュウリエキスコンディショナー

ペット家電

特に注目に値する2021年のペット用品の新商品として中国のアリババグループが今年年始に挙げたように、自動猫トイレや自動給餌器などのペット家電の需要も大きくなる見込みです。

今年6月18日に開催された618セール期間中、ペット用品メーカー「小佩(petkit)」の全自動猫トイレや「Catlink」の大容量自動給餌器とペットカメラをはじめとしたペット家電がかなり売れたようです。

「天猫(Tmall)においてはペット用品の売上は1300%以上激増し、「京東商城」においてはペットドライハウスの売上は300%増加しました。実際飼い主に伺ってみると、ペットに毎月かかっている費用のうち、一番多いのはペットフードではなく、このようなペット家電や医療費になるそうです。「2020年中国ペット業界白書(消費報告)」によると、2020年には43.1%の飼い主がペット家電を購入したことがあります。

まとめ

QuestMobileによって発表された『2020ペット経済洞察報告』によれば、2020年10月までに、ペットに興味・関心を示す人数は5.3億人を超えました。さらにTikTok(ティックトック)や快手(クアイショウ)のような短編動画共有アプリ、およびWeiboやREDのようなSNSアプリにおけるペットのコンテンツによって、ペット好きな人数はこれからも増加するでしょう。

そして、単身世帯率はこれからもどんどん増えることも考慮に入れると、中国のペット関連市場規模はさらに成長すると予想できます。

<参考文献>
「养宠开支每月500元起步,资本盯上了你家狗子」
https://www.cbndata.com/information/189485
「腾讯小米争相入局的宠物市场,还有哪些待挖掘的机会?」
https://www.cbndata.com/information/184607
「喝奶茶、拍写真、上幼儿园……年轻人正在重塑“宠物经济”」
https://www.cbndata.com/information/186592
「QuestMobile发布2020萌宠经济洞察报告,小象优品等电商宠物用品销量持续增长」
http://www.cet.com.cn/xwsd/2738346.shtml
「宠物用品悟空榜公布销量前十名单 “铲屎官”流下了贫穷的泪水」
http://news.hexun.com/2020-11-09/202391308.html
「2020年中国宠物行业发展情况分析:国内宠物行业快速发展壮大,“井喷时代”已经到来」
https://www.chyxx.com/industry/202006/876638.html
「2020萌宠经济洞察报告:萌宠群体超5.3亿,喵星人VS汪星人,谁更能带货、拉消费?」
https://www.36kr.com/p/1011404743683847
「猫咪饮食健康趋势洞察报告」
https://max.book118.com/html/2020/1015/5241030121003011.shtm

この記事のライター

中国出身の留学生。立教大学大学院に在学中。

関連するキーワード


中国トレンド調査

関連する投稿


成長が見込める中国の食洗機市場を展望|中国トレンド調査

成長が見込める中国の食洗機市場を展望|中国トレンド調査

昨年の中国では、大型家電の市場規模が全体的に縮小しています。特に、レンジフードやガスコンロなどのキッチン家電の売上は2019年より、かなり低下しました。しかし、そんな中で食器洗い乾燥機(食洗機)のみは依然と売上を伸ばしています。本記事では、中国の食洗機市場について解説していきます。


2022年春節 ペット経済、親孝行消費など 〜 若年層の新たな消費スタイル|中国トレンド調査

2022年春節 ペット経済、親孝行消費など 〜 若年層の新たな消費スタイル|中国トレンド調査

中国の旧暦のお正月である春節の消費トレンドを始め、冬季オリンピックに関連した氷雪経済や中国ブランドブーム、ペット消費など、現代の若年層の新しい消費スタイルをご紹介します。年越し用品の買い出し、正月料理の準備、友人や親戚への訪問などは、今でも新年の最優先事項ではあります。一方で、Y世代やZ世代が一家の主役になり始めると、年越しの遊び方も大きく変化してきました。彼らの年越し買い物リストの見どころや新しいトレンドは何でしょうか。コロナ感染症の流行によって旅行ではなく、地元などで年越しをすることになった若年層は、どのように正月祭りを上手く過ごしているのでしょうか。


2022年中国ビジネスで注目される栄養補助食品とスキンケア市場|中国トレンド調査

2022年中国ビジネスで注目される栄養補助食品とスキンケア市場|中国トレンド調査

昨年2021年、中国ではスマート製品がさらに普及され、美容医療の需要が急増しましたが、今年の中国ではどのようなビジネスがトレンドになるでしょうか。本記事では、最も成長が期待されている栄養補助食品とスキンケアの市場について分析します。


中国で「男顔経済(男性美容経済)」が急成長!市場拡大の理由を探る調査レポート

中国で「男顔経済(男性美容経済)」が急成長!市場拡大の理由を探る調査レポート

近年、中国では自分のイメージを高めるために形成された経済現象として「男顔経済(男性美容経済)」という言葉が注目されています。中国人男性の美容市場規模は急速に拡大し、約3,000億円規模の巨大市場に成長しています。今回は「男顔経済(男性美容経済)」について、成長した背景や、中国人男性の興味関心ごとについて調査しました。(ページ数|31p)


2021年 中国市場のトレンドまとめ|中国トレンド調査

2021年 中国市場のトレンドまとめ|中国トレンド調査

2021年に中国ではAI家電をはじめとした様々なスマート製品がZ世代の中でトレンドとなりました。中国では急成長の美容医療市場とシルバー経済についても成長の背景を探っていきます。


最新の投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


急上昇ワードに「大人様ランチ」、「マイナポイント」も...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/16~2022/5/22)

急上昇ワードに「大人様ランチ」、「マイナポイント」も...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/16~2022/5/22)

2022年5月16日~5月22日の検索急上昇ワードでは、とんかつ専門店チェーン「かつや」が同月12日から月内限定で提供し、大好評を博している「大人様ランチ」や、来月30日より健康保険証登録がスタートする「マイナポイント第2弾」関連の検索が上位入り。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー