【保存版】Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法を画像付きで初心者向けに解説!

【保存版】Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法を画像付きで初心者向けに解説!

Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法が複雑で分からないと悩んでいませんか。Google広告とGoogleアナリティクスは年々と構造が変化して設定方法も変化しています。ここでは、Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法とその後の指標に対する見方や考え方まで初心者向けに分かりやすく解説していきます。


目次

Google広告とGoogleアナリティクスの連携方法

ここではGoogle広告とGoogleアナリティクスの連携方法をそれぞれ解説していきます。


  1. Google広告から連携する方法
  2. Googleアナリティクスから連携する方法


この記事を書いている成瀬は、GoogleアナリティクスとGoogle広告を2年以上使っています。GoogleアナリティクスやGoogle広告についてそれなりに詳しいので、安心して読み進めてください。

Google広告から連携する方法

まずはGoogle広告の「すべてのスマートアシストキャンペーン」から「キャンペーンを表示」を選択します。

Google広告から連携する方法

Google広告「すべてのスマートアシストキャンペーン」→「キャンペーンを表示」

キャンペーンを選択したら、Googleアナリティクスのアイコンがあるコンバージョンの「開始する」を選択して下さい。その次は「無料のコンバージョントラッキングを設定」を選択します。
無料のコンバージョントラッキングを設定

Googleアナリティクスのコンバージョン「開始する」→「無料のコンバージョントラッキングを設定」

次の画面に進むと次の3つの項目が出てきます。


  1. ウェブサイトのGoogleアナリティクスプロパティへのアクセス権をリクエストしてください
  2. 既存のGoogleアナリティクスプロパティを使って、お客様のウェブサイトに設定する
  3. 新しいGoogleアナリティクスプロパティを作成して、お客様のウェブサイトに設定する


ここでは3番目、新しいGoogleアナリティクスプロパティを作成する手順で解説します。 既存のGoogleアナリティクスアカウントを選択したら、次の画面に進みます。


Googleアナリティクスをウェブサイトとリンクするには次の2つの方法があります。


  1. ウェブサイト作成ツールなどからトラッキングIDを設定する
  2. ウェブサイトのコードにトラッキングタグを追加する


どちらかを実行して接続をテストしてみてください。接続してエラー文が出てこなければ完了です。

Googleアナリティクスから連携する方法

Googleアナリティクスのレポート画面から「管理」を選択してください。するとアカウント、プロパティのメニューが出てきます。

Googleアナリティクスから連携する方法

Googleアナリティクスのレポート画面「管理」→アカウント、プロパティのメニュー

プロパティにある「Google広告とのリンク」を選択してください。するとリンクを追加できる画面が出てくるので、リンクを追加していきます。
Google広告とのリンク

プロパティ「Google広告とのリンク」→リンクを追加

Google広告とリンクするには追加したいGoogle広告のアカウントと、構成の設定が必要です。設定が確認できたら送信しましょう。


また、リンクするGoogle広告アカウントは、アカウントIDをGoogle広告と比較しておくと間違えずに済むでしょう。

Google広告とGoogleアナリティクスの連携前の設定

Google広告とGoogleアナリティクスを連携する前に設定しておきべきことが2つあります。それはGoogle広告の権限を「管理者」権限以上にしておくこと。そして、Googleアナリティクスの権限は「編集」権限以上にすることです。

Google広告の権限を管理者権限以上にする

Google広告のホーム画面の「設定」から「アクセスとセキュリティ」を選択します。初期のGoogle広告アカウントは権限が「管理者」に設定されているはずです。

Google広告の権限を管理者権限以上にする

Google広告のホーム画面「設定」→「アクセスとセキュリティ」

Googleアナリティクスの権限を編集権限以上にする

Googleアナリティクスのレポート画面から「管理」を選択します。次に「アカウントのアクセス管理」から追加されているアカウントを確認できます。こちらも初期のアカウントは権限が「管理者」になっているはずです。

Googleアナリティクスの権限を編集権限以上にする

Googleアナリティクスのレポート画面「管理」→「アカウントのアクセス管理」

権限をつける前に確認すべきこと

Google広告とGoogleアナリティクスの権限を確認する方法を紹介してきましたが、新たにGoogleアカウントを追加したいケースが出てきます。その際は次の記事を参考に、Googleアナリティクスにおける権限の付与や、削除方法を確認してみてください。

Googleアナリティクスのユーザー追加や権限付与・削除方法|Googleアナリティクス使い方ガイド

https://manamina.valuesccg.com/articles/1358

社内の他部署への共有、社外の代理店やコンサルティング会社への共有など、Googleアナリティクスのデータを複数人で共有する場合は権限付与の設定を行います。 Googleアナリティクスのユーザー管理機能を使うと、各メンバーが自分のGoogleアカウントでGoogleアナリティクスのデータを扱うことができます。ユーザーの追加・共有等の設定は、それぞれの設定の権限を持つアカウントでなければできない仕様なので、情報セキュリティの面で安心です。 そして、ユーザー追加の際は、権限付与対象(追加したいユーザー)のGoogleアカウントメールアドレスを把握しておく必要があることにも注意しましょう。

Google広告とGoogleアナリティクスを連携した後の使い方

Google広告とGoogleアナリティクスを連携したら、次にやることは3つあります。まずは、Google広告からの流入を確認して、広告配信のオーディエンスを作成します。そして、Google広告のコンバージョンも設定しておきましょう。

GoogleアナリティクスでGoogle広告からの流入を確認する方法

Googleアナリティクスのレポート画面における「集客」より、「Google広告キャンペーンを表示」を選択するとGoogle広告からの流入を確認することができます。

GoogleアナリティクスでGoogle広告からの流入を確認する方法

Googleアナリティクスのレポート画面「集客」→「Google広告キャンペーンを表示」

Googleアナリティクスで広告配信のオーディエンスを作成する方法

Googleアナリティクスのレポートではなく「設定」を選択すると、「オーディエンス」を設定することができます。例として、30日間の訪問ユーザーが18歳から24歳の男性のオーディエンスを作成しました。

Googleアナリティクスで広告配信のオーディエンスを作成する方法

Googleアナリティクス「設定」→「オーディエンス」

GoogleアナリティクスのイベントをGoogle広告のコンバージョンに設定する方法

Googleアナリティクスと従来のGoogle広告を連携させることで、 Googleアナリティクス で設定したイベントをGoogle広告のコンバージョンとしてインポートすることができました。

しかし、現状は仕様変更によりイベントを現在のGoogle広告のコンバージョンに設定することはできません。こちらは改めて変更されたら追記します。

Google広告とGoogleアナリティクスを連携する上での注意点

Google広告とGoogleアナリティクスを連携したら、それぞれの指標違いについて把握しておきましょう。レポートの項目など分析する項目の意味を把握していないとどのようにレポートの数値を見て判断すれば良いのか分かりません。

Google広告とGoogleアナリティクスの指標違い:クリック数とセッション数

まずクリック数とは広告をクリックした数のことです。そしてセッション数はサイトへの訪問数を示します。

例えば、クリック数は広告をクリックした数なので、ユーザー1人が5回ほど広告をクリックしたらクリック数は5回となります。しかし、セッション数は訪問数なので、ユーザー1人が何度もサイトに出入りしてもセッション数は1回になるわけです。

ちなみにGoogleアナリティクスのセッション数は、30分以上を経過してからサイトに出入りしないと、セッション数は増加しない仕様なので注意しましょう。

Google広告とGoogleアナリティクスの指標違い:コンバージョン

コンバージョンの計測方法はGoogle広告とGoogleアナリティクスでそれぞれ異なります。Google広告の場合は、セッションに関係なく計測して、Googleアナリティクスの場合は、セッション1回に対してコンバージョンは1回の計測です。

つまり、同じユーザーが3回コンバージョンした場合は、コンバージョン数はGoogle広告が3回、Googleアナリティクスは1回と計測するという結果になります。

Google広告とGoogleアナリティクスの指標違いを解決する方法

解説した指標違いを解決するには、クリック数とセッション数、コンバージョンでそれぞれ対応する設定が異なります。

クリック数とセッション数


Googleアナリティクスで指標を分析する場合は、計測するページにトラッキングコードを張り付ける必要があります。

従来のGoogleアナリティクスでは、プロパティ設定から自動タグ設定をオンにしてください。そうすることでGoogle広告からのトラフィックを認識してセッション数がカウントされます。

コンバージョン


Googleアナリティクスにおけるビューの「目標」で目的に合わせて目標を設定します。

コンバージョン

Googleアナリティクスにおけるビュー「目標」

Google広告の設定における測定の「コンバージョン」から「インポート」のGoogleアナリティクスを選択してください。

Google広告の設定における測定の「コンバージョン」から「インポート」

Google広告の設定における測定「コンバージョン」→「インポート」→Googleアナリティクス

Google広告とGoogleアナリティクスを連携して見るべき3つの指標

Google広告とGoogleアナリティクスの連携が完了したら、見るべき指標は主に3つあります。

【指標その1】クリック率


Google広告におけるクリック率は、広告がクリックされた割合です。具体的な計算は次の通りになります。

・クリック率=クリック数 ÷ インプレッション(×100)

【指標その2】コンバージョン率


Google広告におけるコンバージョン率とは、クリック数に対してコンバージョンされた割合です。こちらは次のように計算します。

・コンバージョン率=コンバージョン ÷ クリック数(×100)

【指標その3】平均表示頻度


Google広告における平均表示頻度とは、一定期間に同じユーザーが広告を閲覧した平均回数です。Google広告では平均表示頻度を「1回」「2回」などユーザーに対しての広告表示回数を設定できるようになっています。

Google広告とGoogleアナリティクスを連携してやるべき3つの作業

Google広告で配信効果を最適化するための3つの作業をご紹介します。特にGoogle広告はキーワードの選定が重要になっていきますので、ここは予め確認しておきましょう。

【作業その1】Googleキーワードプランナーでキーワード選定


キーワードを見つけたら顕在ニーズと潜在ニーズの2つに分類をします。各ニーズの違いは下記の通りです。

・顕在ニーズとは...ユーザーが自身のニーズに気づいている
・潜在ニーズとは...ユーザーがまだ自身のニーズに気づいていない

【作業その2】キーワードを予算から更に絞り込む


キーワード選定をする際は、広告出稿するための予算に合わせる必要があります。取り扱う商材によっても異なり、ざっくりですが、次のように予算に応じて出稿するキーワードを選定しましょう。

・予算が30万円以下だと...顕在ニーズのキーワードのみ出稿してみる
・予算30万円以上だと...顕在ニーズと潜在ニーズ両方を出稿してみる

【作業その3】3つの要素に沿って効果的な広告文を作成する


広告文を作成する際は、広告ランクを高めることを意識する必要があります。広告ランクが上げる要素については次の通りです。

・入札単価(1クリックにおける単価)
・品質スコア(広告文と誘導先の関連性)
・広告オプション(サイトリンク・コールアウト表示など)

広告ランクを高めるのも大切ですが、人が見て不自然の無い広告文を作ることも忘れないようにしましょう。

Google広告とGoogleアナリティクスを連携したら最適化しよう

Google広告とGoogleアナリティクスを連携するまでは出来ても広告の配信効果を高めるのは難しい問題です。なぜなら、Googleのアルゴリズムや売る商品によってどんな設定が最善なのか分かりにくいでしょう。


Google広告に対する広告オプションはどのように設定するのか、Googleアナリティクスでレポートを見てどのように改善するべきか、など課題はたくさんあります。最適化するのは簡単ではありませんが、解説してきたような基本的なことは繰り返し確認して理解しておくと良いでしょう。

この記事のライター

フリーランスのライター。SEOで上位表示を複数だしました。
ビジネス系の中でもtoB向けの執筆が得意です。
お仕事のご相談はWebサイトもしくはTwitterのDMからお願いします。
Webサイト:https://narumedia.com/profile/
Twitter:https://twitter.com/NY10150427

関連するキーワード


Googleアナリティクス

関連する投稿


GA4移行で最低限やっておくことを解説!よくある質問と解決方法も更新中

GA4移行で最低限やっておくことを解説!よくある質問と解決方法も更新中

UAからGA4に移行したいけど手順が分からない。そんな悩みを解決すべくGA4に移行するために最低限やっておくことやGA4の概要や移行までの準備までまとめました。GA4移行でよくある質問と解決策も更新しているのでこれからGA4に移行する人はまず最低限の設定まで進めておきましょう。


ITPが広告運用やWebサイト運営に与える影響を分かりやすく解説

ITPが広告運用やWebサイト運営に与える影響を分かりやすく解説

Cookie規制、ITPがWebサイト運用や広告運用に与える影響について解説します。Googleアナリティクスの計測への影響や、リターゲティング、広告CV計測、広告の効果測定や運用時における自動入札等の広告運用周辺への影響について、詳しくご紹介します。


ITPとは?Cookie規制?要点を絞って分かりやすく解説!

ITPとは?Cookie規制?要点を絞って分かりやすく解説!

個人情報保護の動きが高まる中、「ITP対応」「Cookie廃止」といった言葉を耳にすることも増えてきました。今回は、そもそもCookieとは何か、ITPとは何かについて、要点を絞り、事例を交えつつわかりやすく解説します。


【2022年最新版】Googleアナリティクスとは?初期設定から便利なツールまで徹底解説!

【2022年最新版】Googleアナリティクスとは?初期設定から便利なツールまで徹底解説!

GoogleアナリティクスでWebサイトのデータ分析をしてみたい。Webサイトの売上を上げるためにアクセス改善をしていきたい。そのような悩みを持つWeb担当者やメディア運営者の方は多数いるでしょう。そんな方を1人でも救うべくここではGoogleアナリティクスの初期設定から応用した使い方、SEO対策やリスティング広告の効果を改善できる分析ツールを紹介していきます。


【最新版】Googleアナリティクスの初期設定を画像付きで初心者向けに詳しく解説

【最新版】Googleアナリティクスの初期設定を画像付きで初心者向けに詳しく解説

Googleアナリティクスの初期設定は分析を始める上で重要な作業です。Googleアナリティクスを使い始めた人や、使い慣れてない人はこの初期設定でつまずく人が多いでしょう。ここではGoogleアナリティクスで必須となる初期設定の方法を画像付きで詳しく解説していきます。


最新の投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


急上昇ワードに「大人様ランチ」、「マイナポイント」も...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/16~2022/5/22)

急上昇ワードに「大人様ランチ」、「マイナポイント」も...「週間」検索キーワードランキング(2022/5/16~2022/5/22)

2022年5月16日~5月22日の検索急上昇ワードでは、とんかつ専門店チェーン「かつや」が同月12日から月内限定で提供し、大好評を博している「大人様ランチ」や、来月30日より健康保険証登録がスタートする「マイナポイント第2弾」関連の検索が上位入り。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー