成長が見込める中国の食洗機市場を展望|中国トレンド調査

成長が見込める中国の食洗機市場を展望|中国トレンド調査

昨年の中国では、大型家電の市場規模が全体的に縮小しています。特に、レンジフードやガスコンロなどのキッチン家電の売上は2019年より、かなり低下しました。しかし、そんな中で食器洗い乾燥機(食洗機)のみは依然と売上を伸ばしています。本記事では、中国の食洗機市場について解説していきます。


中国の食洗機市場の現状

All View Cloud(AVC)が1月17日に発表した中国の食洗機市場の年次報告書によれば、2021年の中国の食洗機市場の売上高は99.6億元(約1,181億円)に達し、その前年比は114.4%と、不景気の中でありながら緩やかな成長を見せました。なお、食洗機の販売数も対前年1.7%増と、195.2万台でした。2022年、中国の食洗機の売上はさらに27%増加すると予想されています。

2016〜2021年の中国食洗機市場の売上高

AskCIとAVCの調査によると、中国人消費者のうちの71%は食洗機の購入を前向きに検討しているのに対して、食洗機を購入しない、あるいは購入をためらっている消費者は14%しかいません。

中国人消費者に好まれる食洗機

全体から見ると、中国人が食洗機を購入する際には、(1)食洗機の洗浄力、(2)鍋を洗浄可能かどうか、(3)食洗機の大きさ、を最も重要視しています。また、食洗機には大きく分けて据え置き型、ビルトイン型、シンクが食洗機になる超音波食洗機の3種類が存在していますが、内装に溶け込みやすく、カウンタースペースを占有しない割に、大容量であるビルトイン食洗機は、最も消費者に好まれているようです。

食洗機購入時に重要視する点

具体的に見ると、食洗機の種類から平均価格まで、ネットショップと実店舗の顧客の好みは非常に異なるようです。

食洗機の種類 ~ビルトイン型が人気

Iresearchのデータによれば、ネットショップにおいて、ビルトイン食洗機の売上は全種類の食洗機の46.6%を占めており、2020年より5.5%増加しました。次に売上が高かったのは、ビルトイン型としても使える据え置き型の食洗機で、28.2%を占めていました。また、昨年1〜11月の食洗機の人気TOP5にランクインしたのも全て上記の2種類でした。

実店舗においては、ビルトイン食洗機と超音波食洗機が最も人気でした。昨年1〜11月までのビルトイン食洗機の売上は最も高く、全種類の食洗機の81.4%も占めており、第2位の超音波食洗機が18.1%を占めいました。人気ランキングにおいても、ビルトイン食洗機と超音波食洗機の機種がランクインしており、売上をよく反映していました。

2020〜2021年の食洗機の売上構成比

食洗機の容量 ~大容量の人気が上昇

食洗機の容量から見ると、ネットショップでは8人分の食洗機は最も好まれているようで、その売上は31.7%を占めています。続いては12人分が19.8%、13人分は18.6%を占めています。

一方、実店舗に足を運んている顧客の多くは12人分と13人分の食洗機を購入しています。昨年1〜11月に12人分と13人分の食洗機の売上は合わせて全容量の食洗機の6割近くで、特に13人分の売上は2020年より4.7%増加しました。

食洗機の価格帯 ~実店舗の方が高価格帯がよく売れている

食洗機の価格帯は2,000〜8,999元(約36,363〜163,618円)と幅広いですが、ネットショップでは3,001〜6,000元(約54,563〜109,090円)の製品は最も売れ行きが良かったです。

それに対して、実店舗では6000元(約109,909円)以上の製品が最もよく売れており、その売上は約7割でした。

客層

20・30代が中心に

O-IBPのデータによると、現在中国では、30代の食洗機の平均所有率は最も高く、60歳以上および20歳未満の人々の所有率は最も低いようです。また、20代もこれから家庭を持つ人が増えるということと、家事をやりたがらないという特性を考えると、これから徐々に食洗機に対する需要が高くなることが予想されます。

3級〜5級都市に普及

現在、中国における食洗機の購入者はまだ主に1級・新1級都市に集中していますが、食洗機は今後2〜3年間で3級〜5級都市にも広がって行き、食洗機は更なる成長を遂げると予測されています。

都市化の加速に伴い、3〜5級都市では食洗機の人気がますます高まっています。

京東のデータによると、1級と新1級の都市での食洗機の売上高の伸びは、前年比で約50%を維持しているのに対して、3〜5級都市の成長率は約70%に達しており、特に昨年1月から7月にかけて、シーサンパンナ(中国雲南省に位置する自治州)をはじめとする5級都市での食洗機の売上高は対前年87.9%増とかなり好調でした。

また、3〜5級都市には2000年末までに建設された古い住宅が未だに多く残っています。これらの住宅の改修は、中国政府が推進する生計向上支援プロジェクトおよび開発プロジェクトに組み込まれています。住宅の改修に伴い、食洗機の需要も高くなることが想定されています。

中国の食洗機市場の展望

アメリカとドイツにおいては、食洗機の普及率は70%を超えており、中国と食スタイルが近似している日本でも、その普及率は29%に達していますが、中国での普及率はまだ僅か1%程度です。

食洗機の普及率は以下の要因に影響されると考えられます。
(1) 住宅面積が狭すぎると、食洗機の設置も難しくなる
(2) 世帯人数が多ければ、食器の数も多くなるため、手間を減らせるために食洗機を設置する傾向が強くなる
(3) 専業主婦文化が根強い社会では、食器洗いは主婦の仕事と看做されるため、食洗機の購入も抑制される

以上の3要因を考えると、中国は住宅面積、世帯人数、主婦の割合のいずれの点においても、日本よりも食洗機の普及に有利な環境です。そのため、中国の食洗機市場の普及率は、現在の日本市場の普及率を超える可能性は十分にあると考えられます。加えて、国民所得の増加と、若い世代の消費意識の変化と伴い、中国では食洗機の人気は加速しています。従って、中国の食洗機市場の見通しはかなり良好でしょう。

また、中国には4億7000万〜4億8000万世帯があります。この数と近年の中国での食洗機の売上高に基づいて、AVCのキッチン家電事業部総監である劉継元は、2022年には、中国の食洗機市場の小売売上高は対前年27%増加し、さらに実店舗での成長はネットショップより速くなると推定しました。

まとめ

中国の食洗機市場の成長は緩やかになったものの、今後の数年間も成長し続けると考えられます。
特に中国人消費者に人気のビルトイン食洗機は、まだまだ売上を伸ばすでしょう。

<参考文献>
「2021年中国洗碗机行业市场前景及投资研究报告(简版)」
https://m.askci.com/news/chanye/20210906/1507441580131.shtml
「2021年中国洗碗机行业运行情况分析:零售量195.2万台」
https://m.askci.com/news/chanye/20220117/1433571726729.shtml
「“懒人经济”又带火一赛道:中国洗碗机市场首破百亿」
https://www.cbndata.com/information/232775
「2021年中国洗碗机行业市场规模及消费者行为预测分析(附热销机型榜单)」
https://m.askci.com/news/chanye/20210903/0902261575594.shtml
「洗碗机行业专题研究:渗透率有望快速提升」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1721545870373997556&wfr=spider&for=pc&searchword=洗碗机%20市场
「洗碗机代替人工洗碗,走入百姓家还差几步?」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1723013517853280292&wfr=spider&for=pc&searchword=洗碗机%20市场
「2021年洗碗机市场:前景广袤但不再会“雨露均沾”」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1722902686230050806&wfr=spider&for=pc&searchword=洗碗机%20市场
「2021年洗碗机市场规模近百亿,未来发展趋势如何?」
https://m.sohu.com/a/519432040_664244
「2021年洗碗机消费者与市场洞察报告」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1720637524298829752&wfr=spider&for=pc&searchword=洗碗机%20市场

この記事のライター

中国出身の留学生。立教大学大学院に在学中。

関連する投稿


メタバースブーム、中国ビジネスに新しい風

メタバースブーム、中国ビジネスに新しい風

Facebookが社名を「メタ」に変更したことでも話題になり、注目が高まっている「メタバース」。TikTokなどのSNSマーケティングやOMO施策の最前線に立つ中国では、どのようなメタバースビジネスが展開されているのでしょうか。メタバースとEC、SNS、飲食それぞれ掛け合わせた中国ビジネスを中心に、動向を解説します。


アフターコロナのインバウンドの動向は?データから対策を考える|ウェビナーレポート

アフターコロナのインバウンドの動向は?データから対策を考える|ウェビナーレポート

新型コロナウイルス感染拡大により、インバウンド観光産業は未だ厳しい状況が続いていますが、ワクチンの普及や感染状況の落ち着きから訪日観光客の受け入れが再開し、インバウンド回復に大きな期待が寄せられています。ヴァリューズで開催された「アフターコロナに向けたインバウンド対策セミナー」では、訪日観光客数が上位地域の中国・台湾・タイにフォーカスして、消費者の行動変化について徹底解説。いま消費者が求めていることや、旅行意向の変化はどういったものなのか、レポートします。


中国で注目の「DingTalk」「飲料ブランド」など...ベスト記事「海外データ」編

中国で注目の「DingTalk」「飲料ブランド」など...ベスト記事「海外データ」編

今年で3周年を迎えるマナミナ。特別企画として、カテゴリごとのPV数トップ5の記事をご紹介します。 第8弾の今回は「海外データ編」をお届け。世間の関心が高いテーマについて、振り返ってみましょう。


The innovative business model that took SHEIN to the top of the fast fashion industry

The innovative business model that took SHEIN to the top of the fast fashion industry

COVID-19 impacted the fashion industry, contributing to temporary, yet prolonged, closures of shopping centers. Despite tough circumstances, SHEIN, an apparel brand established in China in 2021, continued to grow rapidly. We used VALUES' web behavior analytics tool, Dockpit, to understand SHEIN's strengths.


「ヤクルト1000」「コロナ禍の消費者動向」など...ベスト記事 「リサーチ」編

「ヤクルト1000」「コロナ禍の消費者動向」など...ベスト記事 「リサーチ」編

今月で3周年を迎えるマナミナ。特別企画として、カテゴリごとのPV数トップ5の記事をご紹介します。 今回の記事では、第1弾として「リサーチ編」をお届け。世間の関心が高いテーマについて、振り返ってみましょう。


最新の投稿


Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

The "SIM lock ban" has been mandated since October 1, 2021. Now, all smartphones must be "SIM-free." We investigate and analyze OPPO, which entered the Japan market in January 2018, along with Huawei and ASUS, two top-ranking overseas manufacturers that offer affordable products.


気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

昨今、原油高の影響でガソリン価格が高騰しており、物流に影響を及ぼしているほか、家計も圧迫されるなどで省エネ意識が格段に高まっているのではないでしょうか。そこで今回は、自動車選びの中でも消費者が気になるポイントのひとつである「燃費」について、関心を持っているユーザーをクラスタ分析し、その人物像を調査しました。分析ツールはヴァリューズが提供する消費者Web行動分析ツール「story bank」を用いています。


「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

2019年に問題になった「老後資産2,000万円」が記憶に新しいなか、政府によって「資産所得倍増計画」が発表されました。「貯蓄から投資へ」とも謳われている現在。「お金」に関して、漠然とした不安と戸惑いを抱えている人も多いのではないでしょうか。「人生100年時代」とも言われる長い人生のために、どのように資産を作り守って行くか。「貯金」と「貯蓄」という2つのワードを検索する消費者のWeb行動に着目し、調査・分析しました。


【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

利用率9割という圧倒的な浸透率を誇るYouTube。生活の中での位置づけや、実際の使われ方、よく見られるコンテンツとはどのようなものなのでしょうか。またそれらは、性年代で切ったときにどのような違いが出てくるのでしょうか。アンケートとWeb行動ログデータから、YouTubeの利用動向を調査しました。


ペルソナマーケティングとは?必要性とやり方、テンプレートと事例

ペルソナマーケティングとは?必要性とやり方、テンプレートと事例

ペルソナマーケティングとは、メインの顧客像を細かな属性情報、ライフスタイルなどの要素まで設定するものです。ペルソナの情報をマーケティングに反映させることで、顧客から喜ばれる商品・サービスの機能や、販売促進や流通を実現できます。本記事では、ペルソナマーケティングの概要や具体的なやり方、事例、注意点について解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら