インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


Part1、Part2では、なぜインナーブランディングが必要だったのかという組織背景や、メンバーの想いを引き出し、スローガンやロゴとして形にするまでのプロセスについて、じっくり伺いました。

Part3では、メンバーへの浸透施策への取組みや、プロジェクト全体の考察についてお話を伺います。

グループのスローガンを自分事化

―― 前回インナーブランディング・プロジェクトの浸透施策として、7つの取組みをされていると伺いました。特に2回目のワークショップの位置付けとなる「Linked Day」では、どんな取組みをされたのでしょうか。

ヴァリューズ 中尾斉義(以下、中尾):Linked Dayは、コンサルティンググループのメンバーが「Go Unique, Create one team」というスローガンを自分事化してもらうため、1人ひとり考える機会を設けた取組みです。

具体的には次の3つのテーマについて考えてもらいました。1つ目は年始に行ったため、2022年度の抱負を、2つ目は「Go Unique」の部分として、自分はどんな強み・特徴を持っているか?を、3つ目は「Create one team」として、その特徴を活かしてチームにどんな変化を与えたいのかということです。

Linked Day 3つのプレゼンテーマ

Linked Day 3つのプレゼンテーマ

中尾:そして1人5分のプレゼンテーションを行った後、「強みのジャムタイム」というお互いに感じている印象を話し合う時間を設けました。発表者のどんなところが強みだと思うか、メンバー全員にGoogleのJamboardに書いてもらい、気になるコメントがあれば書いた人に直接話をしてもらうことで、他の人から見える自分の側面への理解を深めるという取組みでした。

―― 特に工夫された点を教えてください。

中尾双方向のコミュニケーションを意識した点です。発表者が自分の想いを語るだけでなく、聴衆全員から自分に対して強みや想いを投げかけてもらうことで、テーマである「自分の強みと、自分ならではのチームへの関わり方とは?」について深く再認識してもらう機会にできればと考えました。

―― Linked Dayを開催して、どんな意義があったと感じていらっしゃいますか。

中尾:各人の想いを聞くことや様々な角度からその人に対する印象を聞くことで、新しく加わったグループのメンバーにはこんな一面もあったんだと知ることができ、改めて距離を縮める場になったことが良かったです。

また私自身もLinked Dayに取り組んだのですが、自分では気づきにくい意外な一面への気付きがあったり、自分でも強みにしたいと考える一面を、他の人にも認めてもらっているんだなと知れたりすることができました。他のメンバーの反応も良かったので、この取組みへの意義を感じています。

「強みのジャムタイム」であがったメンバーからのメッセージ例

「強みのジャムタイム」であがったメンバーからのメッセージ例

プロセスや想いをナラティブとして形にする

―― その他の浸透施策として、ナラティブに取り組まれたそうですね。こちらも詳しく教えていただけませんか。

中尾ナラティブは、「Go Unique, Create one team」というスローガンにどういう想いを込めたのか、どんな背景があるのか、きちんと言語化しようと思って取り組んだ施策です。ブランドストーリーのようなものですね。

新しく入るメンバーにも、我々が掲げているスローガンにどんな想いが込められているのか、ナラティブを読んでもらうことで、理解度を上げてもらうことを狙っています。中途採用の方はもちろん、新卒採用のコンサルティンググループを説明する際にも、ナラティブとして制作したフライヤーを使ってもらったと聞いています。

―― 具体的には、どのような制作物を作られたのでしょうか。

中尾:こちらのフライヤーになります。

ナラティブを綴ったフライヤー

ナラティブを綴ったフライヤー

中尾:作る際は、私のグループのマネージャー陣や副社長の後藤等、5人にインタビューをしました。副社長にはどんな想いでこのグループを創ったのか、マネージャーにはどんな想いでメンバーに向き合っているのか、どんな組織にしていきたいのか等をヒアリングしています。それらの意見も取り入れて、「Go Unique, Create one team」というスローガンに込めた想いを言語化して作成しました。

―― 素敵ですね。工夫された点はどんなところでしょうか。

中尾:上司にもヒアリングしたため、プロジェクトメンバーの3人だけでは生まれない言葉や視点、想いを引き出すことができた点です。もう一つの工夫は、背景にコンサルティンググループのメンバー全員を入れたことですね。

―― 背景にもメンバーお1人おひとりへの想いを感じます。このナラティブに、今後どのような効果を期待されていますか。

中尾:既存のメンバーに対しては改めてこういう想いで作っているということを、新しいメンバーにはどんな価値観を大事にしてほしいかを認識してもらいたいということを考えています。毎年7月頃には新しいメンバーが入ってきます。「Go Unique, Create one team」というスローガンを浸透させるための機能を、ナラティブに期待しています。

浸透効果を感じたロゴとLinked Day

―― 沢山の浸透施策を伺いましたが、どの施策に一番手応えを感じていらっしゃいますか。

中尾:現状はLinked Dayとロゴですね。Linked Dayは、自分のユニークさを深く認識することや、他のメンバーとの関わりを増やすという点で、必要な機会だったと感じています。我々が作成したスローガンについて、自分ごと化する時間を作ることができました。

とはいえ、時が経てば忘れてしまうので、中長期的に思い出してもらうためには、ロゴが有効です。例えば全社に向けた発表等で、定期的にロゴを用いてスローガンを伝えることで、メンバーや他グループの人の再認知に繋がっています。

―― ロゴは色々なシーンで活用されているんですね。

中尾:普段はオンラインミーティング時の壁紙に入れていることがメインです。あとは、今ステッカーを制作中です。パソコンや社用スマホに貼ってもらうことを想定しています。ステッカーを通じてスローガンにいつでも触れられるので、思い出してもらう回数が増えることを期待しています。

プロジェクトを振り返って

―― 改めてこのプロジェクトを振り返った際、メンバーの行動の変化は感じていらっしゃいますか。

中尾:効果測定はこれからで、6月に一度アンケートを取る予定です。個人的には、最初のワークショップを通じてお互いの考えや想いを共有し合い、Linked Dayを通じて普段その人をどういう風に捉えているのか等、色々と話したりできたことが良かったと思います。当初の目的の一つに、連携を深めたいと考えていましたので。

―― 一番苦労した点はどんなところでしょうか。

中尾:実際苦労したのはスローガンの言葉を紡ぎ出す部分でしたが、大事だなと思うのは、最初の想いを吸い上げる部分です。設計も一番考えました。今回では最初のワークショップにあたりますが、ここでグループの在りたい方向性が見えないと、どういう言葉を紡ぎ出せばいいのか分かりません。仮に言葉を紡ぎ出せたとしても、そのスローガンはメンバーがしっくりこないので意味が無いなと。なので、一番最初のワークショップはやるのと、やらないのでは言葉への腹落ち感の点で随分違うと感じます。

逆にそこさえしっかり設計できれば、考える内容のイメージがつくので、どういう言葉が適しているのか考えやすくなると思います。

―― もしインナーブランディングに取り組むなら、どんな組織が向いているのでしょうか。

中尾:私達のグループのように毎日顔を合わせるということが少なく、共通認識を揃える必要がある組織にはおすすめです。逆に毎日顔を合わせていて、コミュニケーション量の多い組織であれば、敢えて作る必要がないのかもしれません。

私がコンサルティンググループに入った当初は、グループとして何を目指していて、個人としてはどういう力が身につくのか、数年後にどうなっているのか想像できていませんでした。今回のスローガンのように、何を大切にしたいと考えている組織なのか、個々人にどうなってもらいたいのかなど、明確なメッセージがあれば、日々顔を合わせる機会が少なくても、安心感や組織の連帯感を生み出すことに繋がるのではと感じています。

―― 非常に当事者意識高く、取り組まれたことが伝わってきました。最後に今後の展望を教えていただけませんか。

中尾:今行っている浸透施策をやり切れば、一旦終了となります。ただ浸透施策については、今後も中長期的に取り組んでいく予定です。Linked Dayもヴァリューズ全体では毎年2回行っていますが、月日が経てば、同じ人でも考えていることや自分のテーマ、良さも変わると思います。なので定期的に開催したいですね。

あとは「Go Unique, Create one team」について、より具体的に体現する言葉が出てくるといいなあと。そうすれば、組織として強くなり、個人としてもイキイキ働いている人が増えると思うので、これからも経過を観察していきたいと考えています。

この記事のライター

大学卒業後、損害保険の営業事務を経て、通販雑誌・ECサイトのMD、編集、事業企画に従事した後、独立。自身のキャリアを通じて、一人一人のポテンシャルを引き出すことが組織の可能性に繋がることを実感したことから、現在はマーケティングとキャリア・人材を軸に、人と組織の可能性を最大化できるよう支援をしています。

関連する投稿


日本企業を取り巻く世界情勢の無極化・分断・変化とは

日本企業を取り巻く世界情勢の無極化・分断・変化とは

第二次大戦後、急速な経済成長に全世界が目を見張った国、日本。その急成長を遂げた背景には、大国米国の存在が常にありました。そのような世界情勢は今、変わろうとしており、とりわけ中国がこれまで築かれた米国主導の国際秩序を変えようとしています。このように変化する世界において、日本企業はどう対峙すべきでしょうか。大学研究者としてだけでなく、セキュリティコンサルティング会社アドバイザーとして地政学リスク分野で企業へ助言を行っている和田大樹氏が、現在の日本企業を取り巻く世界情勢を解説します。


顧客目線を忘れない。独自データを活用した広告領域の伴走者としての支援とは

顧客目線を忘れない。独自データを活用した広告領域の伴走者としての支援とは

株式会社ヴァリューズでは独自データを用いた調査分析や分析ツールの提供を広く行う調査会社です。データを活用した広告のプランニングから実行支援と、幅広い分野で実績を重ねています。今回は広告提案のプランニングを行っている松本さんのお話です。コンサルタントとして、業界を問わず多くの事業会社と相対してきた裏側についてお聞きしました。


「お客様のお客様」に向き合う。データをもとにした顧客理解とコミュニケーション施策を実行するCRMとは

「お客様のお客様」に向き合う。データをもとにした顧客理解とコミュニケーション施策を実行するCRMとは

株式会社ヴァリューズは独自データを用いた調査分析と分析ツールの提供を広く行う会社です。データを活用したプロモーションやCRM領域にも支援を拡大しています。今回はコンサルタントとしてCRMの戦略立案から実行までを推進する谷口佑貴也さんにお話を聞きました。


SEOの最先端を理解し、トップを目指す。課題の本質に向き合うヴァリューズのコンテンツマーケティングとは

SEOの最先端を理解し、トップを目指す。課題の本質に向き合うヴァリューズのコンテンツマーケティングとは

株式会社ヴァリューズは独自データを用いた調査分析や分析ツールの提供を広く行う調査会社です。データを活用したプロモーションやSEO・コンテンツマーケティングの領域にも支援を拡大。ヴァリューズの保有するデータの独自性は、SEOの施策を行う上で大きな価値を発揮するといいます。今回はコンサルタントとしてコンテンツマーケティングの戦略立案から実行までを推進する岩間隆志朗さんと岡村康平さんにお話を聞きました。


企業は地政学リスクにどう対処するべきか 〜 台湾情勢から考える

企業は地政学リスクにどう対処するべきか 〜 台湾情勢から考える

海外に進出している日本企業の法人支社・拠点数は約77,000を超える現在。(2021年外務省調べ)。グローバルな経済活動・事業展開には、利益と同様に多様なリスクも伴います。ロシアによるウクライナ侵攻と共に、日本国内で一層の懸念が高まっている情勢不安の1つに「台湾情勢」が挙げられます。本稿では、学術研究者としてだけでなく、コンサルティング会社アドバイザーとして地政学リスク分野で企業へ助言を行っている和田大樹氏が、これからの企業経営において避けて通ることのできない地政学リスクについて解説します。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら