中国におけるキャンプブーム~キャンプ市場が急拡大|中国トレンド調査

中国におけるキャンプブーム~キャンプ市場が急拡大|中国トレンド調査

SNSで「キャンプ」関連の話題がトレンド入りしたり、キャンプ用品が売り切れたりと、中国ではキャンプブームが到来し、キャンプ経済も広く注目されるようになりました。本記事では、ブーム到来の背景と中国のキャンプ市場について分析していきます。


中国でキャンプブームが到来

ゴールデンウィークの間(4月30日〜5月4日)、キャンプ関連の話題が中国のSNSでトレンド入りし、キャンプ経済が広く注目されるようになりました。3年連続でキャンプ熱が急上昇し、特に去年と比べて検索数は746%増えました。
また、中国のInstagramである「RED」では、「キャンプ」に関する投稿数は5月24日の時点で351万を超えており、中国のオンライン旅行会社「Ctrip」の「春季旅行トレンドレポート」によると、Ctripのウェブサイトにおいて、3月から4月のキャンプ体験の予約は前月比120%増となりました。

「RED」における「キャンプ」に関する投稿

背景1:キャンプ関連政策

2015年から2017年にかけて、中国政府は多くのキャンプ産業関連政策を導入し、キャンプ産業の発展を促進する上で重要な役割を果たしました。
例えば、昨年4月に「機動者運転免許証申請・使用規定」が改定され、「軽型けん引トレーラー(C6準運転車)」という車種が新たに追加されたことによって、キャンピングトレーラーを運転して外出することが可能になりました。
キャンプ経済が注目を集め、規模が拡大している今、政府は今後もキャンプ産業政策を推進していくと考えられます。

背景2:コロナ禍の影響

昨年より中国におけるコロナ関連規制が緩和されましたが、長距離の旅行は依然として制限されています。
そこで、週末を利用して、郊外や周辺スポットに小旅行や日帰りキャンプに行くのがブームになりました。
中国の旅行口コミ投稿サイト「Mafengwo(馬蜂窩)」が発表した「2021年世界自由旅行レポート」によると、近場への旅行の人気は、前年同期比251%増という結果になっています。

キャンプ人口はZ世代がメイン

「2021年Z世代のキャンプに基づくソーシャリティ白書」によると、現在のキャンプ人口のうち、Z世代が32.8%を占めており、最も高い割合となりました。
また、iiMedia Researchのデータによると、キャンプ人口の62.8%は家族と、55.0%は友人と、42.4%は恋人と共にキャンプを楽しみ、一人でキャンプをしているのは、わずか1.7%だということが分かりました。
21歳以下の若いキャンパーは他の年齢層と比べて、アグリツーリズムと音楽、ダンス、アドベンチャーなどの要素が融合されているキャンプ場を好む傾向があります。

同じくiiMediaResearchのデータによれば、中国のキャンプ人口の28.8%が1〜2ヶ月に1回、35.4%が3〜6ヶ月に1回、19.0%が1年に1回キャンプに行っています。
iiMediaResearchのアナリストによると、キャンプは短・中距離の旅行として捉えられることが多く、中国のキャンプ人口の多くは四半期、もしくは半年に1回キャンプに出かけるそうです。

中国のキャンプ人口がキャンプに出かける頻度(凡例は左から2〜3週間に1回以上;1〜2月に1回;3〜6月に1回;1年に1回;数年に1回)

中国のキャンプ市場

2014年から2020年にかけて、中国のキャンプ場市場規模は77億1000万元(約1477億4000万円)から168億元(約3219億円)へと増加し、年平均成長率は13.9%に達しました。
2022年には、成長率は18.6%、市場規模は354億6000万元(約6794億9000万円)に達すると予想されています。

キャンプ用品需要が急成長

中国でのキャンプブームは、キャンプ用品の需要拡大にもつながっています。
昨年12月末に中国のECサイト「淘宝(タオバオ)」が発表した「今年の商品トップ10」では、今まで不人気だったキャンプと釣り、サーフィンの商品がランクインしました。

ECサイト「京東(JD.COM)」の販売データによると、2022年4月以降、京東のスポーツ・キャンプ製品の検索数は前年同期比145%と大幅に増加しました。 北京の検索数は7倍以上、仏山で約8倍、広州で約7倍増えています。

それと同時に、各種キャンプ用品の取引額も大幅に増加しました。 タープテント部門の取引額は前年同期比4倍近く、アウトドアワゴンは10倍、ハンモックとエアーマットも10倍以上増えました。キャンプ用テーブル・チェア、キャンプ用ランタン、キャンプ用マットも売上高を伸ばしています。

iiMediaResearchによると、2022年の中国におけるキャンプ用品市場規模は354億6000万ドルで、18.6%の成長が見込まれるとのことです。
市場調査会社「Report Linker」は、2027年までに中国のキャンプ用品市場は159億米ドルに達し、年平均成長率は9.1%になると予測しています。

キャンプ用品の購買傾向、映え要素も重視

中国のキャンプ人口の半数以上はテント、防水シート、寝袋、テントライトを購入していることがわかりました。 「アリババ2021国慶節大型連休における消費・旅行動向に関するレポート」では、テントをはじめとしたキャンプ用品の予約数は、前年と比べて14倍以上増という結果になりました。

キャンプ用品ブランド「Naturehike」の営業部長である洪晨氏によると、中国最大のECイベント「W11(ダブルイレブン)/ 独身の日」における昨年のNaturehikeの売上高は、前年同期比412%増となりました。特にインフレータブルテントに関しては、在庫切れが続出していました。

中国のキャンプ人口が購入するキャンプ用品(横軸は左からテント、防水シート、寝袋、テントライト、テントロープ、エアーマット、折りたたみ椅子・デスク、キャンプストーブ・食器、タープテント、おしゃれキャンプ用品(星形ランプなど)、その他)

テント以外にも、エアーマット、折りたたみ椅子、アウトドア用キッチン用品、キャンプ用ライト、キャンプ用トイレなどの多くの商品への需要があります。
特に注目すべきなのは、21.3%の消費者は星形ランプやオイルランタンなどのような、ビジュアル重視なキャンプ用品を購入していることです。

調理済み食品

キャンプ用品とは一味違うものの、キャンプブームにより調理済み食品も売上を伸ばしています。
中国におけるキャンプ飯といえばバーベキューか火鍋ですが、実はキャンプ人口の3割が面倒臭がり屋の若年層だということもあり、簡単な手順でうまく作れるような調理済み食品は中国のキャンパーに重宝されています。
京東のデータによると、ゴールデンウィーク期間中の調理済み食品の販売量は前年比250%以上増加し、1日の配達数は100万個を超えたそうです。

まとめ

現在の中国ではキャンプ人口は依然として少ないですが、新型コロナウイルス流行の状況が好転するにつれ、中国におけるキャンプ市場はさらに洗練され、成長していくと考えられます。
日本企業の参入も進んでいくのでしょうか。今後の動向を引き続きウォッチしていきたいものです。

<参考文献>
「87页纯干货,56张图表——深度解读露营经济发展现状及行业趋势」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1732308126170507528&wfr=spider&for=pc&searchword=露营市场分析
「中国露营经济产业:2022年中国露营市场规模将达354.6亿元,多元素融合露营更受年轻人」
https://www.bilibili.com/read/mobile?id=14215298
「2021年中国露营产业火热,未来有望持续高速发展」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1725096198877595798&wfr=spider&for=pc&searchword=露营市场分析
「“露营经济”催生新业态:露营热露出新考验」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1731136539818118883&wfr=spider&for=pc
「露营经济火了?用野餐垫和帐篷搭起的诗和远方」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1729181862987207223&wfr=spider&for=pc
「2021 Z世代露营式社交白皮书」
https://zhuanlan.zhihu.com/p/511575067
「露营吃什么?一顶小帐篷下有百亿食品大市场」
https://www.cbndata.com/information/245186

この記事のライター

中国出身の留学生。立教大学大学院に在学中。

関連する投稿


中国で加熱するペットブーム。注目が集まる「ペット向けスマート家電」の動向を調査

中国で加熱するペットブーム。注目が集まる「ペット向けスマート家電」の動向を調査

近年、中国ではペットブームが巻き起こっており、ペットにかける金銭を惜しまない飼い主も多いです。感染症の流行下で需要が増えたことも影響し、ペット業界の市場規模は拡大の一途を辿っています。本記事では中国のペット業界の中で、関心が高まっている「スマート家電業界」を中心にご紹介します。


中国Z世代の調味料に対する新たなニーズは?❘ 中国トレンド調査

中国Z世代の調味料に対する新たなニーズは?❘ 中国トレンド調査

消費水準が高まるにつれて、現在中国における調味料業界が全体的に好調を見せています。2021年から新型コロナウイルスの影響を受けたものの、消費者は外食を控え、自炊比率が上がっため、中国の調味料業界の発展潜在力は依然として高いと言えます。一方、近年若者たちにとって、自宅で自炊することが幸福感を高めることから、料理は人気を増してきました。本記事では、中国の調味料業界の発展過程及び中国Z世代の調味料に対するニーズを解説していきます。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


コロナ禍でも業績好調な中国EC「Pinduoduo」の成功要因を探る | 中国トレンド調査

コロナ禍でも業績好調な中国EC「Pinduoduo」の成功要因を探る | 中国トレンド調査

拼多多(Pinduoduo)は2015年9月にサービスを開始した、中国のECプラットフォームです。 ソーシャルコマースを取り入れたPinduoduoの2022年第2四半期の業績は、予想を大きく回りました。Pinduoduoはどのようにして成功を収めたのか、その理由を解説します。


現地目線とクイックな消費者分析で、トレンドを押さえた中国進出を支援。中国マーケティングを成功に導くリサーチ術

現地目線とクイックな消費者分析で、トレンドを押さえた中国進出を支援。中国マーケティングを成功に導くリサーチ術

海外進出。地理的・文化的な距離もある中で、リスクを軽減して効率よく参入を目指すには、適切なリサーチが必要不可欠です。そこでマナミナでは、「中国市場への参入」をテーマに、マーケティングの各フェーズにおいて効果的な調査・分析手法をご紹介する連載をスタート。第1弾の今回は、ヴァリューズの中国人アナリストに最初のフェーズ「市場環境分析」や、中国の最新トレンドについて伺いました。


最新の投稿


トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2023年1月22日~1月28日は、カメラアプリ「SNOW」の新機能「AIアバター」や、日本列島が大寒波に見舞われる中、各地の道路状況を確認できる「ライブカメラ」といった検索が急増していました。


【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

世界を震撼させたウクライナ侵攻や、まだ出口の見えないコロナ禍もそのままに明けた2023年。本稿では、2022年を振り返り、引き続き憂慮される国際社会の動向や、日本にとって特に注視すべき対中関係とそれらに準ずる日本企業のあり方を、大学研究者としてだけでなく、セキュリティコンサルティング会社アドバイザーとして地政学リスク分野で企業へ助言を行っている和田大樹氏が解説します。


D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

2020年はコロナ禍における巣ごもり消費も追い風となり、物販分野のBtoC EC市場は、伸長率20%超えという大幅な拡大が見られました。そんな中、メーカーが新たに注力を始めているのがD2C。D2Cとは「Direct to Consumer」の略であり、メーカーが商品を直接消費者に販売するビジネスを指します。今回は特に化粧品・家電業界に注目し、ECと比べた際のD2Cの使われ方や使い手について、その実態を調査しました。(ページ数|29ページ)


【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

2022年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら