ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト広告を出稿すべき理由とは?ユーザーデータと特徴から解説!

ピンタレスト(Pinterest)で広告を出稿したいけどよく分からない。ユーザーがどのような目的でピンタレストを利用しているか、詳しく知りたい。ピンタレスト広告と相性の良い商材/ジャンルが知りたい。こんな悩みをお持ちの方に向けてピンタレスト利用者の利用シーンを分析し、ピンタレスト広告と相性の良いテーマを解説します。ピンタレスト広告の出稿を検討している方は参考にしてみてください。


ピンタレスト広告とは?

ピンタレストが2022年6月1日に日本で広告枠の取り扱いを開始したサービスが「ピンタレスト広告」です
本メディア「マナミナ」では、ピンタレストのアプリ利用者からユーザー像や属性を2022年1月に徹底して調査しました。

ピンタレストのユーザー数や属性、興味関心は?媒体資料をWeb行動ログデータで作ってみた

https://manamina.valuesccg.com/articles/1626

画像・写真のシェアサービスであるPinterest(ピンタレスト)について調査します。過去2年におけるユーザー数推移やユーザーの性年代別、個人年収別の割合のデータを分析。また、ピンタレストユーザーが興味を持つトピックや、よく利用するアプリなどから利用者のインサイトを探りました。

ユーザー像が見えてきたところで、ピンタレストが具体的にどのようなシーンで利用されているのか、ヴァリューズのWeb行動ログデータ分析ツール「Dockpit」と「story bank」を使って調査しました。過去に公開したユーザー調査と併せて、ピンタレスト広告の出稿に対する検討などの参考にしていただけましたら幸いです。

ピンタレスト広告の特徴はユーザーに目立つこと

配信されるのはユーザーがすぐ目に留まりやすい位置です。広告を表示させるユーザーは「ホームフィード」「カテゴリフィード」「関連する検索結果」など、配信したいユーザーの興味、関心に合わせて設定できます。そしてピンタレスト広告のフォーマットは1枚の画像だけでなく、カルーセル(複数の画像)、動画ピンなど従来のWeb広告と同じ機能も利用が可能です

ホームフィード(左側)と検索結果(右側)のピンタレスト広告例

ホームフィード(左側)と検索結果(右側)のピンタレスト広告例

従来のWeb広告はサイト閲覧時に利便性を損なうことが多いですが、ピンタレスト広告は画像の一覧と馴染んでいるため違和感が無く、ユーザービリティにも支障が起きにくいのもメリットでしょう。

ピンタレストはどんなシーンで使われている?

前回の調査結果では、女性ユーザーが多く、20代~40代まで幅広い利用者が集まっていることが分かりました。今回は、実際にどのようなシーンで利用されているのかを深堀していきます。

ピンタレストの利用シーンを調査するため、以下の手法を用いました。



  • ピンタレストのアプリ起動者もしくはブラウザでの利用者が、利用前後3時間で検索しているキーワードを集計。


  • 検索キーワードの傾向からピンタレストの利用シーンを推測。



サイトへの流入キーワードだけでなく、ピンタレストのサイトもしくはアプリ利用前後での検索キーワードも踏まえて、ピンタレストの使用目的を推測しています。

ちなみに調査に利用したstory bankでは、特定アプリ起動者/特定Webサイト訪問者/特定キーワード検索者における、利用/検索前後のWeb行動に対して定量的な可視化が可能です。

story bank

https://www.valuesccg.com/storybank/

story bankは、消費者の検討背景やニーズ、購入のアクションを起こすきっかけを、実際のWeb行動データとアンケートデータから定量的に分析・把握することができるサービスです。ターゲットユーザーの検討過程における検索キーワードや閲覧サイト、属性・興味関心データなどを用いて、消費者のリアルなWeb行動を把握できます。

利用前後の検索キーワードから見るピンタレストの利用シーン

ピンタレストの利用者で相性の良い業界例として不動産、ファッションなどが挙げられます

ピンタレスト利用前後3時間における検索キーワード

ピンタレスト利用前後3時間における検索キーワード

※ピンタレストのWebサイトもしくはアプリ利用ユーザー:5000人(集計期間:2021年6月~2022年5月、デバイス:PC&スマートフォン)

ピンタレスト利用前と後の3時間の検索キーワードを調査すると、おすすめのレシピ・スマホなどの壁紙、家具等の情報収集、髪型や服装等のコーディネート検討、モノづくり(DIY)のやり方などのキーワードが多数見られ、こうしたシーンでピンタレストが使われていることが予想されます。

さらにピンタレストの利用ニーズを探るため、ピンタレストのWebサイトへの流入キーワードも調査しました。

ピンタレスト(Webサイト)への流入キーワード(1~15位)

ピンタレスト(Webサイト)への流入キーワード(1~15位)

(集計期間:2021年6月~2022年5月、デバイス:PC&スマートフォン)

ピンタレスト(Webサイト)への流入キーワード(16~30位)

ピンタレスト(Webサイト)への流入キーワード(16~30位)

(集計期間:2021年6月~2022年5月、デバイス:PC&スマートフォン)

調査データから見るとピンタレストのWebサイトへの流入キーワードは、“ピンタレスト” “PINTEREST”などの指名ワードだけでなく、一般ワードでの流入も多くみられました。つまり利用者はデザインやビジュアルからおすすめやアイデアを手に入れるために、情報収集の一環としてピンタレストを利用している可能性が大きいと言えます。

物件探しをしているユーザーとの接点として、ピンタレストが有効?

様々なジャンルにおいて、ピンタレストが情報収集の一環として利用されていることが見えてきましたが、消費者の情報収集時の接点として、実際にどのくらい機能しているのでしょうか。ピンタレストの流入キーワード28位である“間取り”をピックアップし、接点としての有用性を深堀します。

Dockpitを用いて、Webブラウザ上で、“間取り”を含む検索を行ったユーザーが、検索後に流入したサイトランキングを集計しました。“間取り”検索者が、どんなサイトで情報収集をすることが多いかを、明らかにすることが可能です。

「間取り」検索後の流入サイト

「間取り」と検索して流入したサイト

(集計期間:2021年6月~2022年5月、デバイス:PC&スマートフォン)

1〜2位には住宅探しのポータルサイトに次いで、3位にピンタレストがランクインしており、部屋探しをしているユーザーの検討行動の中で、ピンタレストが利用されているケースが多いと推測されます。このことからピンタレストは部屋探しをしているユーザーに対して効果的と言えるでしょう。

今回は”間取り”検索者をテーマとして深堀を行いましたが、様々なテーマにおいて、ピンタレストが主要な情報収集メディアとして機能していることが推測され、ターゲットユーザーとの接点を持つ有効なメディアであると考えられます。

まとめ:ピンタレスト利用シーン

ここまで、ピンタレスト利用前後での検索キーワードや、ピンタレストへの流入キーワードから、ユーザーの利用シーンを調査してきました。実際にわかったメディアとしての特徴は以下の通りです。

ピンタレスト広告の利用シーン

様々なテーマでの情報収集時に広く活用され、例えば物件探しなどの一部テーマによっては、検討行動時の主要なメディアとして機能しており、集客プランニング時に検討するべき媒体と考えられます。

加えて、2022年6月15日には新機能“アイデアアド”も搭載されました。しかしピンタレスト広告は日本でリリースしてから日が浅いので、さらに新機能が増える可能性も高く、引き続きWeb広告媒体としても注目したいところです。

本調査が皆さんの集客プランニングや、市場調査などのお役に立てれば幸いです。

【関連記事】ピンタレストのユーザー数や属性、興味関心は?媒体資料をWeb行動ログデータで作ってみた

https://manamina.valuesccg.com/articles/1626

画像・写真のシェアサービスであるPinterest(ピンタレスト)について調査します。過去2年におけるユーザー数推移やユーザーの性年代別、個人年収別の割合のデータを分析。また、ピンタレストユーザーが興味を持つトピックや、よく利用するアプリなどから利用者のインサイトを探りました。

【関連記事】ソーシャルメディアではできない顧客体験を。Pinterest 広告の魅力に迫る

https://manamina.valuesccg.com/articles/2062

アイデアを画像や動画で発見・保存・整理できる「Pinterest(ピンタレスト)」。“ビジュアル探索プラットフォーム”として、SNSとは異なる独自ポジションを築き、全世界で毎月4億人超のオーディエンスが利用しているといいます。そんなPinterest は2022年6月に日本国内でも広告事業を開始し、広告出稿先としても注目を集めています。マナミナ編集部では、Pinterest ユーザーの購買やアクションとの関係性を行動ログデータから独自調査。広告プラットフォームとしてのポテンシャルを探るとともに、Pinterest Japan ビジネスマーケティングリードの石井恵子さんに、今後のPinterestアドの展望についてもお話を聞きました。

この記事のライター

フリーランスのライターです。SEOで1位を出してます。
ビジネス系の中ではtoB向けの執筆が得意です。
SEOコンサル・Webサイト運営・Webディレクション・Web広告運用の実績もあります。

関連する投稿


注目のキャリア支援策「リスキリング」とは。社会人も効率的に学べる「オンライン学習」業界を調査

注目のキャリア支援策「リスキリング」とは。社会人も効率的に学べる「オンライン学習」業界を調査

「リスキリング」とは、2022年10月、臨時国会開会時の岸田首相による所信表明演説で国家的支援の発表がなされ、ニュース等でも一斉に取り上げられた「学び直し」を意味するワードです。ただ、働き方の変化に必要不可欠なスキル習得を急に迫られたところで、仕事を持ちながらキャリアアップのため新たな技術を習得するには、さまざまなハードルもあるのが現状ではないでしょうか。今回は、社会人でも手軽に「リスキリング」を始められるオンライン学習業界に注目。業界状況や利用する人々の属性などを調査分析しました。


ソーシャルメディアではできない顧客体験を。Pinterest 広告の魅力に迫る

ソーシャルメディアではできない顧客体験を。Pinterest 広告の魅力に迫る

アイデアを画像や動画で発見・保存・整理できる「Pinterest(ピンタレスト)」。“ビジュアル探索プラットフォーム”として、SNSとは異なる独自ポジションを築き、全世界で毎月4億人超のオーディエンスが利用しているといいます。そんなPinterest は2022年6月に日本国内でも広告事業を開始し、広告出稿先としても注目を集めています。マナミナ編集部では、Pinterest ユーザーの購買やアクションとの関係性を行動ログデータから独自調査。広告プラットフォームとしてのポテンシャルを探るとともに、Pinterest Japan ビジネスマーケティングリードの石井恵子さんに、今後のPinterestアドの展望についてもお話を聞きました。


「買い物=ポイント付与」が当たり前のご時世に?最新スマホアプリインストール数ランキングで「iAEON」が急上昇(2022年9月)

「買い物=ポイント付与」が当たり前のご時世に?最新スマホアプリインストール数ランキングで「iAEON」が急上昇(2022年9月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5を一覧にまとめました。今月のランキングは、申込締め切りを延長した「マイナポイント」「マイナポータル」が相変わらず上位と根強い結果に。そしてポイント訴求の影響か、女性ランキングに「iAEON」が浮上しています。日頃のお買い物とポイント取得は密接に関係している背景がうかがえそうです。


日用品はオンラインで検討する?検索・検討のされ方を探る【ヘアケア編】

日用品はオンラインで検討する?検索・検討のされ方を探る【ヘアケア編】

3年ぶりに行動制限のなかったこの夏。海や山など、野外でさまざまなレジャーを楽しまれた方も多いのではないでしょうか。夏が終わった今、気になるのは夏の強烈な日差しを浴びた髪のコンディション。個性的なヘアスタイルやヘアカラーを楽しむ人も多い中、世の中では「ヘアケア」に対してどのような関心があるのでしょうか。「ヘアケア」のワード検索から、そのユーザー像や関心事を、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて調査分析しました。


Characteristics of users using @cosme’s live commerce based on online analytics

Characteristics of users using @cosme’s live commerce based on online analytics

Live commerce is gradually attracting attention in Japan. With the interactive nature between the seller and viewer, companies in different industries are adopting it. We will focus on live commerce adopted by @cosme, a cosmetics and beauty website and investigate the user characteristics of live commerce participants.


最新の投稿


Search on 22:Google mapで情報探索が完結する、新しい検索体験とは|「2022年11月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

Search on 22:Google mapで情報探索が完結する、新しい検索体験とは|「2022年11月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

2022年9月にGoogleが開催した「Search on 22」では、新しい検索体験の広がりを予感させる様々な機能が発表されました。一体何が変わり、マーケティングにはどのような影響があるのでしょうか。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントがポイントや今後の対応について、解説していきます!


【急上昇サイト】根強い人気のラーメンフェスと複数の年賀状サイトがランキングを席巻!|2022年10月

【急上昇サイト】根強い人気のラーメンフェスと複数の年賀状サイトがランキングを席巻!|2022年10月

2022年10月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


Toyota, Nissan, Honda: Analysis of Top Automotive Companies' Strategies seen from each websites

Toyota, Nissan, Honda: Analysis of Top Automotive Companies' Strategies seen from each websites

The automotive industry suffers from semiconductor shortage due to the pandemic and war in Ukraine. However, the industry is experiencing a major shift to EVs, globally. Japan, a major auto manufacturing market, is seeing changes in the industry’s digital. We explore websites of three major auto manufacturers.


サービスの改善や価値を高める「アプリの利用習慣アンケート」。ユーザーアンケートならではの付加価値とは?

サービスの改善や価値を高める「アプリの利用習慣アンケート」。ユーザーアンケートならではの付加価値とは?

「ユーザーアンケート」はお客さまの生の声を収集できる貴重な機会。アンケートを通して得るユーザーの嗜好分析をもとに、企業はサービスの現状把握や改善へと繋げていけます。しかしマーケティング環境が進化し整備されていく中、「普段行っているデータ分析結果とアンケート結果の使い分けはしっかりできていますか?」。そう話すのは、リサーチャーの菅原大介さん。今回はユーザーアンケート全体のお話から、アプリを運営する企業にフォーカスしたユーザーアンケートにおける“オススメの活用法”について解説していただきました。


みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

さまざまなものが値上がりしている2022年。いま、世間ではリーズナブルな価格をコンセプトとする「プチプラ」商品への関心が高まっています。今回は1年を通してどのような「プチプラ」へのニーズがあるのか、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」のデータをもとに検証しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら