ピンタレストのユーザー数や属性、興味関心は?媒体資料をWeb行動ログデータで作ってみた

ピンタレストのユーザー数や属性、興味関心は?媒体資料をWeb行動ログデータで作ってみた

画像・写真のシェアサービスであるPinterest(ピンタレスト)について調査します。過去2年におけるユーザー数推移やユーザーの性年代別、個人年収別の割合のデータを分析。また、ピンタレストユーザーが興味を持つトピックや、よく利用するアプリなどから利用者のインサイトを探りました。


自身の気に入った写真や画像をピンボード調の専用画面に固定し、フォロワーとシェアできるPinterest(ピンタレスト)。「ビジュアルディスカバリーエンジン」と位置づけ年々利用者を増やしており、2020年末には日本国内の月間利用ユーザーが昨年比で1.6倍まで増加したとも報じられています。(参考:CNET Japan『コロナ禍に「Pinterest」が急成長した理由』

今回は、そんな急成長を遂げるピンタレストを調査。過去2年におけるユーザー数推移や、ユーザーの性年代別、個人年収別の割合をWeb行動ログデータを用いて分析します。また、ピンタレストユーザーが興味を持つトピックや、よく利用するアプリなどから利用者のインサイトを探りました。ピンタレストには媒体資料はありませんが、日本国内でも2022 年前半に広告プログラムを開始すると言われています。今回のデータを今後の広告出稿等の参考にしていただければ幸いです。

ピンタレストのユーザー数と属性は?

はじめに、ピンタレストを利用するユーザーの属性を俯瞰していきましょう。ヴァリューズのWeb行動ログデータを用いて、ピンタレストのスマホアプリを利用しているユーザーのデータを抽出していきます。はじめに、ピンタレストのユーザー数の推移をグラフに表しました。

ピンタレストのアプリユーザー数の推移

ピンタレストのアプリユーザー数の推移
(集計期間:2019年12月〜2021年11月、デバイス: スマートフォン)

2020年の初頭に月間200万人程度だったユーザー数は、同年夏ごろまでに約270万人まで成長しています。その後、増加は緩やかになりますが、2021年6月には直近2年の最高値である約280万UUまで上昇しています。ピンタレストの公式が報じているように、コロナ禍の外出自粛の影響で利用ユーザーが大きく拡大したことは間違いなさそうです。

続いて、ユーザー属性についても分析していきます。まずはピンタレストのスマホアプリを利用しているユーザーの男女比から調べていきます。

ピンタレストのアプリユーザーの性別割合

ピンタレストのアプリユーザーの性別割合
(集計期間:2019年12月〜2021年11月、デバイス: スマートフォン)

ピンタレストユーザーの性別割合のデータを抽出すると、男性が33.3%に対して女性が66.7%となり、女性ユーザーの利用割合が大きいことがわかります。

次に利用ユーザーの年代のデータも見ていきます。

ピンタレストのアプリユーザーの年代別割合

ピンタレストのアプリユーザーの年代別割合
(集計期間:2019年12月〜2021年11月、デバイス: スマートフォン)

年代別では、20代と40代の利用者がともに24%で最も多い結果となっています。ピンタレストが若い世代だけに利用が多いわけでないことが見て取れます。

最後に、「個人年収」のデータも抽出してみます。

ピンタレストのアプリユーザーの個人年収別割合

ピンタレストのアプリユーザーの個人年収別割合
(集計期間:2019年12月〜2021年11月、デバイス: スマートフォン)

※無回答者と「わからない」と答えた人を除く

個人年収では、「200万円未満」が27.3%で最も多いという結果に。次いで「200~300万円未満」の14.9%、「300~400万円未満」の10.9%…となっており、個人で見た場合にはリッチなユーザーが多いわけではなさそうです。

ピンタレストのユーザー像を深堀り

以降はさらにヴァリューズのWeb行動ログデータやアンケート調査結果を用いて、ピンタレスト利用ユーザーがどのような人なのか、趣味・嗜好を分析していきます。

料理やファッションに興味あり、一方でマネーや投資にも関心

まずは、ピンタレストのユーザーの興味関心マップから見ていきましょう。

ピンタレストユーザーの興味関心マップ

ピンタレストユーザーの興味関心マップ

集計期間:2020年12月〜2021年11月、n=2,000人、デバイス:スマートフォン
Pinterestのサイト訪問(https://www.pinterest.jp/
またはアプリ利用の前後180分の行動ログ、アンケート調査結果を分析
※モニターは全国の20代以上男女

上記の縦軸「リーチ率」と横軸「特徴値」は、以下の定義に基づいて算出されています。

リーチ率
対象者のうちアンケートで当該項目に回答した人数の比率
特徴値

対象者が一般的なネット利用者と比べて特徴的に利用するサイトや起動するアプリ、

検索するワード、興味関心のあるジャンル等を可視化するための指標

(対象者のリーチ率)ー(ネット人口全体のリーチ率)で計算

縦軸は「リーチ率」で、数値が高いほど興味・関心を持っているユーザー数が多いジャンルです。また、横軸は「特徴値」で、一般的なネットユーザーと比べて顕著に差があるジャンルほど高くなる数値です。両数値を合わせて考えると、グラフ右上に位置するジャンルほど、ピンタレストのユーザーが特有に興味・関心を持つジャンルになります。

実際に図の右上の項目を見てみると、赤枠の「ファッション」や「料理」「ショッピング」といった分野や、「インテリア」「コスメ」「ヘアケア」といったジャンルは、ピンタレストユーザーが突出して好んでいる様子が窺えます。

ピンタレストユーザーの女性割合が大きかったことと併せて考えると、自身の撮った写真をシェアする、もしくは他人の写真を見て日々の情報収集に活用している女性ユーザー像が浮かびます。「ファッション」「料理」「インテリア」…といったほとんどの分野が、日々の生活において視覚的な情報収集へのウエイトが大きいため、積極的にこういったジャンルへの活用がされていそうです。

また、少し意外だったのが青枠の「マネー、投資」の分野です。実際にピンタレストで「投資」と検索してみると、多くの投資関連の画像が結果に表示されます。

これらの写真をクリックすると、他メディアの投資関連の記事ページや、書籍の購入、金融サービスへの導線となっていることが多かったです。

ピンタレストの利用ユーザーが増えてきたことと、視覚的にフックが作れるというメディア特性があることから、こうした金融分野の情報への窓口としても活用されているようです。個人的な予想ですが、今後は金融に関するものだけでなく、さらに多様なジャンルでピンタレストを使って情報収集や整理をするユーザーが広まっていきそうだと感じます。

ピンタレストのユーザーはTwitterよりもInstagram派?

続いて、ピンタレストの利用者がTwitterやInstagramをどれくらい併用しているか、というデータを見てみます。

ピンタレストユーザーのTwitter、Instagram利用時間

ピンタレストユーザーのTwitter、Instagram利用時間
※「対象者」はピンタレスト利用者を指す

集計期間:2020年12月〜2021年11月、n=2,000人、デバイス:スマートフォン
Pinterestのサイト訪問(https://www.pinterest.jp/
またはアプリ利用の前後180分の行動ログ、アンケート調査結果を分析
※モニターは全国の20代以上男女

ピンタレストユーザーは、Instagramを1日あたり何らか利用するユーザー割合は5割を超えており、一般的なネット利用者全体やTwitterユーザーよりも高いことがわかります。Instagramは「画像のシェア」というサービス特性がピンタレストとかなり近しいため、ピンタレストユーザーとの親和性が高いアプリと考えられます。

ピンタレストユーザーが好んで使うアプリランキング

最後に、インスタグラムのユーザーが使っているアプリを、特徴値でランキング化したものを見ていきます。まずは上位10アプリからです。

ピンタレストユーザー利用アプリの特徴値ランキングTop10

ピンタレストユーザー利用アプリの特徴値ランキングTop10

集計期間:2020年12月〜2021年11月、n=2,000人、デバイス:スマートフォン
Pinterestのサイト訪問(https://www.pinterest.jp/
またはアプリ利用の前後180分の行動ログから分析
※モニターは全国の20代以上男女

上位を見ると、前項でも登場したInstagramが2位と最高位にランクインしています。また、3位~5位はメルカリ、楽天、Amazonと大手のショッピング関連のアプリが並んでおり、ネットでの買い物に積極的な利用者像が見えてきます。

また、7位の無印良品は、実際にピンタレストで検索してみると、インテリアのアイデア投稿が多い様子が見て取れます。

上図のように、ピンタレストのユーザー間で無印のインテリア商品を用いた情報交換が盛んであるようです。興味関心ジャンルの調査で「インテリア」の特徴値が大きかったことも思い出されます。

つづいて、11位から20位までのランキングも見ていきましょう。

ピンタレストユーザー利用アプリの特徴値ランキング11位〜20位

ピンタレストユーザー利用アプリの特徴値ランキング11位〜20位

集計期間:2020年12月〜2021年11月、n=2,000人、デバイス:スマートフォン
Pinterestのサイト訪問(https://www.pinterest.jp/
またはアプリ利用の前後180分の行動ログから分析
※モニターは全国の20代以上男女

11位・15位・20位には料理・レシピアプリがランクインしています。また、14位のユニクロは前のランキングで10位だったGUと同様にファッションのジャンル。さらに16位にはホットペッパービューティー(ファッション系)もランクインしており、先ほどの興味関心マップとの相関が見られるポイントです。

特に、アパレル関連の企業はピンタレストへ公式アカウントを作成しているケースも多く、季節ごとの新商品や、有名人とのコラボ商品などの販促に活用しているようです。

まとめ:ピンタレストユーザーの姿

ここまで、ピンタレストのユーザー数や属性、興味関心を調査してきました。実際にわかったメディアとしての特徴は以下の通りです。

・女性ユーザーが多く、20代~40代まで幅広い利用者が集まる
・ユーザーの興味関心は「ファッション」「料理」「ショッピング」といったジャンルの傾向が強い
・併用するSNSはTwitterよりもInstagram
・楽天やメルカリといったECアプリや、クラシルなどの料理系アプリ、GU・ユニクロといったファッション系アプリも特徴的に利用している

本調査が、皆さんのマーケティング業務や市場調査などに役立ちますと光栄です。

【調査概要】
・全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報にもとづき分析
・行動ログ分析対象期間:2019年12月〜2021年11月
※ボリュームはヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測
※対象デバイス:スマートフォン

Top Image by Adobe Stock

▼関連記事:マナミナでは各種Web媒体の調査記事をほかにも公開しています。メディアプランニング等の業務にぜひお役立てください。

【媒体調査】NewsPicksのユーザー像を媒体資料×Webログデータで読み解く。併用アプリから見えてくる「向上心の高さ」

https://manamina.valuesccg.com/articles/1573

2021年6月には会員ユーザー数が約641万人となったニュースサービス「NewsPicks」について、媒体資料とヴァリューズが保有するWeb行動ログデータにより、媒体の特性や利用ユーザーの特徴を探っていきます。広告出稿検討の際などにぜひお役立てください。

【媒体調査】キナリノの読者層をWeb行動ログデータで読みとく

https://manamina.valuesccg.com/articles/1561

心地よい暮らしを提案する「キナリノ」のユーザー像を掘り下げます。キナリノの媒体資料は現在は公開されていませんが、Web行動ログデータをもとに読者層を調べてみました。キナリノは昨今のサステナビリティへの注目の高まりも追い風となり、人気となっているライフスタイルメディア。自然派のファッションやグルメといったテーマが、どのような層に響いているのか分析します。

【媒体調査】TikTokのユーザー像を媒体資料×Webログデータで読み解く。フィットネスや料理など実用的ジャンルが人気上昇

https://manamina.valuesccg.com/articles/1474

若者を中心に世界中で多数のユーザーを抱える動画配信プラットフォーム「TikTok」。そのユーザー像はどんな人なのか、ユーザーの属性や興味関心を寄せている分野を媒体資料とWeb行動ログデータをかけ合わせて分析していきます。

【媒体調査】Amebaブログ閲覧者はどんな人?ユーザーの関心事項を媒体資料×Web行動ログから分析

https://manamina.valuesccg.com/articles/1414

媒体資料によれば月間来訪者数は7,500万人である国内最大規模のブログサービス「アメーバブログ」。アメーバブログはメディアミックスなどクロスメディアの手法を使ってマスメディアと連携し、ユーザーやページビューを増やしてきました。今回はそんなアメーバブログユーザーの特徴を、Web行動ログ分析ツール「Dockpit」のデータを参考にしながら分析してみました。広告出稿先の検討やクリエイティブ立案に役立ててみてはいかがでしょうか。

この記事のライター

国内大手の採用メディア制作部を経てフリーライターとして独立。現在はWebマーケティング、就職・転職、エンタメ(ゲーム・アニメ・書籍)等の各種メディアにて記事制作を担当。「マナミナ」では一人でも多くの読者に楽しく読んでもらえるマーケティングコンテンツを提供していきます。

関連する投稿


スポーツ動画配信サービス市場を調査~DAZN値上げでユーザー数は減ったのか?(2022年最新版)

スポーツ動画配信サービス市場を調査~DAZN値上げでユーザー数は減ったのか?(2022年最新版)

様々なジャンルのスポーツ観戦を身近なものに変えるVODサービス。スポーツ動画配信市場でのDAZNの躍進は目覚ましいものがありますが、今年2月の料金値上げに際して、他プレイヤーとのシェアのバランスなどに変化は起きているのでしょうか。Web行動ログ分析ツール「Dockpit」で探っていきます。


自動車サブスク市場のWebサイトユーザー数を調査。トヨタのKINTOを各社が追う構図に【2022年4月】

自動車サブスク市場のWebサイトユーザー数を調査。トヨタのKINTOを各社が追う構図に【2022年4月】

コロナ禍を通じてサービスへの認知がの高まってきた自動車のサブスクリプション・サービス。本記事では、黎明期から数年経過したいま現在の自動車サブスク市場と、サービスを提供する各社の現状を、Webサイト訪問者のデータを用いて分析・解説していきます。


ネット証券のWebサイトユーザー数など動向を調査!スマホ証券は「起きてすぐ」と「昼休憩」によく利用

ネット証券のWebサイトユーザー数など動向を調査!スマホ証券は「起きてすぐ」と「昼休憩」によく利用

手数料無料化が進むネット証券業界は、スマホ証券やロボアドの登場などの大きな変化が起きています。今回は、楽天証券、SBI証券に加え、LINE証券を初めとするスマホ証券3社のWebサイトユーザー数や属性をWeb行動ログから調査しました。


若年層に人気のNotionがユーザー数1位のEvernoteを追う!メモアプリの利用実態調査

若年層に人気のNotionがユーザー数1位のEvernoteを追う!メモアプリの利用実態調査

主要メモアプリのインストール数、月次起動ユーザー数や、ユーザー数推移、利用者の属性などの利用実態を調査します。分析には株式会社ヴァリューズが保有するアプリ行動ログデータを使用。Evernoteがユーザー数でトップも、新興のNotionが若年層を中心に伸びている実態が見えてきました。


「光回線」検索での流入サイト1位は価格.com!閲覧サイトランキングを調査

「光回線」検索での流入サイト1位は価格.com!閲覧サイトランキングを調査

光回線の家庭への供給も一般的となってきた昨今。自宅で、光回線を用いたインターネットを利用している方も多いのではないでしょうか。本記事では光回線の業界について検索キーワードを分析。具体的には「光回線」クエリでの訪問ユーザー数が多いサイト順にランキングを作成しました。ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を用いて、光回線に関するネット検索で訪問者の多いサイトを調査します。


最新の投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー