【マナミナ3周年】マーケティングやデータ分析のスキルアップに役立つ!おすすめ書籍5選

【マナミナ3周年】マーケティングやデータ分析のスキルアップに役立つ!おすすめ書籍5選

まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン「マナミナ」は、2022年7月でリリース3周年を迎えました。読者の皆さまへの感謝の気持ちを込めて、マナミナ編集部がおすすめする、マーケティングやデータ分析関連書籍を計50名様にプレゼントします!また、読者の皆さまの関心が高いテーマを把握し、今後のコンテンツ企画に活かしたく、簡単な読者アンケートにもご協力頂ければ幸いです。皆さまのご応募をお待ちしております。
※プレゼントの受付は終了いたしました。皆さまのご応募、誠にありがとうございました。


※プレゼントの受付は終了いたしました。皆さまのご応募、誠にありがとうございました。

マーケティングやデータ分析のスキルアップに役立つおすすめ書籍5選

【1】The Art of Marketing マーケティングの技法

消費者の認識(パーセプション)の変化とともに、マーケティング活動の目的から実行に至るまで俯瞰できる「全体設計図」が「パーセプションフロー®・モデル」。日米P&Gを経て、欧州系消費財メーカーや資生堂などでマーケティング担当副社長やCMOとしてマーケティング組織強化ビジネスの回復・伸長を主導した音部大輔氏による、「パーセプションフロー・モデル」について解説する初の書籍です。
戦略、マーケティング、ブランドなどマーケターが理解すべき基本概念についても解説。ブランドを担当するマーケターだけでなく、マーケティングチームに参加する広告会社の営業やプランナーにとっても役に立つ一冊です。

The Art of Marketing マーケティングの技法 ― パーセプションフロー・モデル全解説

¥2,640

(著)音部 大輔

【2】データ分析人材になる。 目指すは「ビジネストランスレーター」

三井住友海上火災保険のCMOを務める木田 浩理氏をはじめとした著者らがデータ分析を“うまく”進めるために、成功と失敗を繰り返して見つけ出した独自の「5Dフレームワーク」という方法論を解説。本書を読むのに、データ分析の前知識は必要なく、文系も理系も関係ありません。「データ分析はビジネスパーソンの基本スキル」となるのはもうすぐそこまで来ていると言われています。「データ分析人材になる。」との決意を持って本書を読めば、ビジネスで役立つデータ分析の進め方が分かるでしょう。

データ分析人材になる。 目指すは「ビジネストランスレーター」

¥ 1,870

(著)木田 浩理 , 伊藤 豪 , 高階 勇人 , 山田 紘史

【3】売れるしくみをつくる マーケットリサーチ大全

「リサーチハック」をキーワードに、リサーチの魅力や技能を普及させる著述・講演活動に取り組むリサーチャーの菅原大介氏。マナミナでもインタビューやセミナーで好評をいただいています。
本書の特徴はなんといっても「ビジネスにおける応用力」。重厚かつ難解な教科書本とは異なり、アンケートなら実際の質問文と選択肢のモデルが図示されていたり、店舗や商品の見るべきポイントがイラスト化されていたりと、すぐにイメージを理解できる形になっています。ポケットサイズの296ページの中には、ふだんの仕事の中で使えるリサーチノウハウがぎっしりと詰まっており、本書を読めば、商品/店舗/サイト/メディアを見る時の目が一段引き上がることでしょう。

売れるしくみをつくる マーケットリサーチ大全

¥ 2,420

(著)菅原 大介

【4】アフターコロナのマーケティング

本書では、「巣ごもり消費」や「EC市場再拡大」「政府の電子化」などアフターコロナにおける重要な変化がある中で、(1)アフターコロナにおいてマーケティング戦略がどのような経営環境によって変化していくのか、(2)マーケティングの潮流、(3)マーケティング戦略を立案・実行していく上でのポイント...について、さまざまなデータや企業のマーケティング事例をもとに解説されています。なお、第1章では、世の中でどのようなサービスが流行り始めているのか理解に役立つ情報源として、当サイト「マナミナ」も紹介されています。

アフターコロナのマーケティング 混迷の時代を切り開く、新しい消費の動き

¥ 1,760

(著)森 泰一郎

【5】Rによるインタラクティブなデータビジュアライゼーション

本書の原著者はplotlyパッケージの開発に携わるCarson Sievert氏。実力派データ分析集団・ホクソエムが監修し、当メディア「マナミナ」を運営する株式会社ヴァリューズのデータアナリストチームが翻訳しました。
Rからplotlyという可視化フレームワークを使い、Tableauで実装されているようなマウスオンやクリックで対話できるインタラクティブなグラフを作成するための実践書。全編フルカラーで、インタラクティブなグラフ事例やコードも豊富に公開されています。

Rによるインタラクティブなデータビジュアライゼーション: 探索的データ解析のためのplotlyとshiny

¥ 5,280

(著) Carson Sievert (監訳)株式会社ホクソエム (訳)株式会社ヴァリューズ 輿石 拓真・今井 康貴・髙木 誠二・和田 尚樹

※プレゼントの受付は終了いたしました。皆さまのご応募、誠にありがとうございました。

上記1~5の書籍を、各10名様ずつ、計50名様にプレゼントします。

【応募に関するご注意】
応募締切は2022年8月25日(木)までです。

※当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。

※応募状況や抽選結果に関するお問い合わせにはお答えいたしかねますので予めご了承ください。

※当選賞品の交換、換金、返品、および当選権利の譲渡、転売はできません。

ご記入いただいた住所やメールアドレスなどは、株式会社ヴァリューズからの事務連絡にも使わせていただきます。ご住所は当選された場合の賞品の送付先をご入力ください。尚、これ以外に株式会社ヴァリューズから各種ご案内(セミナー、アンケート、サービスのご案内等)をさせていただく場合がございます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


関連する投稿


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


「このリサーチ本がすごい!~ リサーチャー著者対談」8/24(水)開催|マナミナ・トークLIVE

「このリサーチ本がすごい!~ リサーチャー著者対談」8/24(水)開催|マナミナ・トークLIVE

マナミナ・トークLIVEが8月24日(水) 17:00〜18:00で配信決定!『このリサーチ本がすごい!』をテーマに、データ分析・インサイト理解に関する著作を多数お持ちの松本健太郎さんと、アンケートの質問法・レポートやリリースの文章力に関する著作をお持ちのリサーチャー・菅原大介さんによる対談セッションをLIVE配信します。


【出版記念】「Rによるインタラクティブなデータビジュアライゼーション: 探索的データ解析のためのplotlyとshiny」

【出版記念】「Rによるインタラクティブなデータビジュアライゼーション: 探索的データ解析のためのplotlyとshiny」

当メディア「マナミナ」を運営する株式会社ヴァリューズのデータアナリストチームが翻訳した書籍『Rによるインタラクティブなデータビジュアライゼーション: 探索的データ解析のためのplotlyとshiny』が出版されました。出版を記念し、抽選で60名様に本書をプレゼントします!この機会にぜひご応募ください。※プレゼントの受付は終了いたしました。皆さまのご応募、誠にありがとうございました。


ブランディングについて学べるおすすめ本10選

ブランディングについて学べるおすすめ本10選

商品やサービス、そして企業自体に対し、共通したイメージを持ってもらう「ブランディング」。どれほど提供する商品やサービスが優れていたとしても、ブランディングがしっかりしていないと思うような結果が出せません。そのブランディングについて、基本から学べるおすすめの本を10冊紹介します。


トレンドワード「メタバース」を学べるおすすめの本7選

トレンドワード「メタバース」を学べるおすすめの本7選

シリコンバレーやゲーム業界を中心に、多くのメディアで取り上げられている「メタバース」というワード。メタバースは技術革新によって拡大する「仮想空間」を指すもので、SNSに続く世界を変革できるコンセプトともささやかれています。メタバースについて体系的に学ぶためにおすすめの本を7冊紹介します。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら