「ブラックフライデー」検索ワードの振り返り

「ブラックフライデー」検索ワードの振り返り

日本でどこまで浸透しているか?


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、「ブラックフライデー」の検索キーワードとアプリのアクティブ率について調査・分析しました。
分析概要

分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、2016年11月における検索キーワード「ブラックフライデー」に注目し、その動向を分析しました。
※キーワード検索者数やサイト訪問者数はPCからのアクセスを集計し、VALUES保有モニタでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
※アプリユーザー数は、Androidスマートフォンでのインストールおよび起動を集計し、ヴァリューズ保有モニタでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

考察サマリ

「ブラックフライデー」の検索者数は昨年の6倍に!

みなさんは、米国で感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日の金曜日に小売店などで大規模なSALEが実施される「ブラックフライデー」をご存知ですか?
日本ではあまり馴染みのない言葉ですが、今年は各メディアで取り上げられたこともあり、世間一般での認知も高くなってきているのではないでしょうか。

今回は、「ブラックフライデー」の検索キーワードについて、日本でどれほど浸透しているか調査してみました。まず、「ブラックフライデー」単体の検索キーワードで見てみると、2015年11月と比べて2016年11月は6倍近くまで検索者数が増えていることが分かりました。さらに「イオン」や「トイザらス」、「GAP」などのブランドワードとの掛け合わせも上位にランクインしていました。掛け合わせワードの対前年同月比を見ても「トイザらス」含む検索キーワードは8.2倍、「GAP」含む検索キーワードは7.5倍となっており、特定企業を指名検索しているユーザーも増えていることから、今年は日本でも「ブラックフライデー」の浸透度合いが高まったことがうかがえます。

また、「サイバーマンデー」(米国の感謝祭の次の月曜日)の検索キーワードについても併せて調査したところ、「ブラックフライデー」単体の検索キーワードの1/6の検索者数となっており、こちらについては日本ではまだ浸透度が低いようです。

性別では男性比率が女性比率を1割上回る

次に、「ブラックフライデー」単体の検索キーワードの検索者属性を見てみました。性別は男性比率が女性比率より1割ほど高く、年代別は20代~40代まではほぼ均等となっていました。

基礎知識がわかる「Wikipedia」などが人気!

続いて、「ブラックフライデー」を含むキーワードを検索した後の流入サイトについて訪問者数を集計し、ランキングを作成しました。
基礎知識がわかる「Wikipedia(買い物)」が1位に。また、3位の「Smartlist」や4位の「生活雑記帳」、5位の「朝日新聞デジタル」、7位の「Wikipedia」、8位の「KJ新谷のビジネス幼稚園」、9位の「Yahoo!ニュース」などランクインしており、半分以上が「ブラックフライデー」に関する基礎知識について調べていることがうかがえました。2位の「イオンモール」や6位の「トイザらス オンラインストア」、10位の「貝印公式オンラインストア」などは、毎年ブラックフライデーのタイミングでSALEを実施しているようで、一部のサイトはユーザーに定着してきていると考えられます。

『トイザらス』と『ユニクロ』の公式アプリのアクティブ率が上昇

最後に、「ブラックフライデー」で特別SALEを提供しているサイトの公式アプリのアクティブ率を見てみました。打ち出した企画はユーザーのアクティブ率に影響を及ぼしていたのでしょうか?
2016年10月と11月のアクティブ率を比較してみました。

『イオン』は特典が店舗限定だったこともあり、アクティブ率アップには大きく貢献しなかったようです。ただ、普段から公式アプリで買い物をするとお得なクーポンが発行されるようで、他の公式アプリと比較してもアクティブ率は高くなっています。
『トイザらス』と『ユニクロ』は店舗とオンラインショップの双方で特典があり、実店舗と変わらない特典だったり、『トイザらス』に関してはオンラインショップ限定商品があったこともあり、アプリ利用ユーザー数が伸長しアクティブ率UPに大きく影響したことが伺えます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


全国旅行支援開始!「新型コロナワクチン接種証明書」が最新スマホアプリインストールランキング上位に(2022年10月)

全国旅行支援開始!「新型コロナワクチン接種証明書」が最新スマホアプリインストールランキング上位に(2022年10月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。今月のランキングでも「マイナポイント」「マイナポータル」が相変わらず根強い結果の中、全国旅行支援開始と同時に「新型コロナワクチン接種証明書」が急浮上。そして、Z世代に特徴的と言われる「タイパ」の影響が映像業界にも大きく影響している?「TVer」の上位ランクインの裏には、ダイジェスト動画配信サービスが関係していると考えられそうです。


2023年の「母の日」のトレンドを予測!定番の「花」以外に伸びている需要とは?

2023年の「母の日」のトレンドを予測!定番の「花」以外に伸びている需要とは?

来年の「母の日」に向けて、今年や昨年のデータから近年のニーズを考察し、最近のトレンドや2023年にどんなギフトが流行りそうかについて調査・分析します。母の日に向けた企画やプロモーション検討の参考になれば幸いです。


トレンドワードに「ABEMA」「FIFA」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/11/20~2022/11/26)

トレンドワードに「ABEMA」「FIFA」など...「週間」検索キーワードランキング(2022/11/20~2022/11/26)

行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2022年11月20日~11月26日は、「FIFAワールドカップ」で持ちきりだった様子。テレビで視聴できる日本戦だけでなく、W杯の全試合を無料生中継しており、「本田圭佑」さんの解説が話題になっている「ABEMA」も多く検索されていました。


みんなが気にしているのは何のデメリット?おすすめ情報が気になるものとは?

みんなが気にしているのは何のデメリット?おすすめ情報が気になるものとは?

インターネットで何かを調べるとき、慎重な人はメリットよりデメリットが気になりますよね。または、インターネット上のおすすめ情報にも敏感な人は多いと思います。 今回の調査は、デメリットやおすすめ情報を調べる人の特性について、どんなジャンルで検索されているかも含めて分析していきます。


みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

みんなはどんなプチプラアイテムを買っている?支持される「プチプラ」の特徴と傾向を分析

さまざまなものが値上がりしている2022年。いま、世間ではリーズナブルな価格をコンセプトとする「プチプラ」商品への関心が高まっています。今回は1年を通してどのような「プチプラ」へのニーズがあるのか、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」のデータをもとに検証しました。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら