GREEN SPOON、スナックミー、ナッシュ……増加中の「食のサブスク」マーケ課題は解約阻止か

GREEN SPOON、スナックミー、ナッシュ……増加中の「食のサブスク」マーケ課題は解約阻止か

食品業界のマーケターや、新しいもの好きな人、ヘルスコンシャスな人に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「食品のサブスク」。ここ2年ほどで急激にGREEN SPOON・スナックミー・ナッシュなどの食品のサブスクリプションサービスをよく目にするようになりました。今回はそんな「食品のサブスク」について、行動ログデータから検証し、市場を調査します。


GREEN SPOONは価格がネック……1回だけのお試し需要あり?

最初に分析するのは、2020年3月に冷凍スムージーサブスクリプションをスタートさせた「GREEN SPOON」。野菜を手軽に摂取できるサービスを目指し、スムージー、サラダ、スープの提供を行っています。累計販売数100万食を突破した人気のサービスです。

商品はカップ入り、もしくはパウチ入りの冷凍状態で届き、レンジで加熱するかミキサーで攪拌することで食べられます。

まず、「GREEN SPOON」のサイト訪問者はどのような人なのか、性年代別属性を見てみましょう。

「GREEN SPOON」サイト訪問者属性 性別
(集計期間:2021年8月〜2022年7月、デバイス:PC&スマートフォン)

「GREEN SPOON」サイト訪問者属性 年代
(集計期間:2021年8月〜2022年7月、デバイス:PC&スマートフォン)

女性が多く、年代は20~40代の割合が多いことがわかりました。一人暮らしなどで栄養の偏り・野菜不足が気になる方が関心を持っているのかもしれません。また、サービス開始が2020年3月とコロナ禍による外出自粛の始まりの期間と重なっていることもあり、「自宅での食事をちょっと豪華に」「在宅勤務でのランチに良いものが欲しい」と考えた人が多かったことも、サービスへの注目増の要因だと予想されます。

一方で、「Green Spoon」検索者の検索キーワードをDockpitで見てみると、上位には「口コミ」「解約」という文字が目立っていました。 

「GREEN SPOON」検索者の検索キーワード
(集計期間:2021年8月〜2022年7月、デバイス:PC&スマートフォン)

「口コミ」は、やはりサブスクリプションサービスなので「本当に美味しいのか」「便利なのか」といったことが、申し込み前の懸念としてあることが考えられます。実際に「GREEN SPOON 口コミ」で検索してみると、サービスを利用した人の忌憚ない意見が掲載されており、「カップとパウチが選べるけれど、カップは可愛いが冷凍庫内でかさばる」「味はとても美味しい」などの口コミを見ることができます。

そして「解約」です。口コミを見ていると味への不満はあまり見られなかったものの、「GREEN SPOON」のスープの価格は8食で7,776円(税込、2022年8月現在)で1食あたり972円と、スープ1杯の値段としては決して手頃ではありません。見た目の可愛さや野菜を手軽に摂取できることに魅力を感じ申し込んだものの、金銭的なことがネックとなり、解約を検討する人がいると考えられます。

その影響が、GREEN SPOON検索者がほかに関心を持っているワードにも現れていました。

「GREEN SPOON」検索者の関心ワード
(集計期間:2021年8月〜2022年7月、デバイス:PC&スマートフォン)

「GREEN SPOON」検索者がほかに関心を持っているワードには、「楽天」がランクインしています。「GREEN SPOON」には楽天での公式ショップもあり、こちらは単品の買い切りとなっています。

サブスクリプションサービスでの申し込みよりは割高になるものの「まずは味を確認したい」「1回だけ食べてみたい」という人が興味を持っているようです。「GREEN SPOON」側もそのニーズを把握し、楽天での販売をしているのでしょうね。

【関連記事】楽天西友アプリのユーザーが急増!OMO施策とネットスーパーの動向を探る

https://manamina.valuesccg.com/articles/1882

今年4月のリニューアル以後、ユーザー数を急増させている「楽天西友ネットスーパー」のアプリ。同事業が見据えている展望や、国内のネットスーパーにおけるOMOの現状について、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて分析します。

【関連記事】「品切れ続出!? 人気急上昇中の『ヤクルト1000』 深掘り調査」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/1833

店舗から自販機まで品切れ続出と言われ、人気急上昇中の「ヤクルト1000」 。ブームの背景には何があったのか。どんな人が関心を持っているのか。Dockpitとstory bankを用いて深掘り分析を行いました。(ページ数|27ページ)

スナックミーは満足度は高いが解約のわかりづらさが不安?

続いては2016年3月にサービスを開始した「スナックミー」です。2週間(あるいは4週間)に1回、様々なジャンルのおやつが8種類個包装になって届くサービスで、ポスト投函されるサイズ感も人気です。申し込み時に行う「おやつ診断」によって100種類以上のラインナップから自分好みのおやつが届きます。

まず「スナックミー」検索者の性年代別属性を見てみましょう。

「スナックミー」検索者ユーザー属性 性別
(集計期間:2021年8月〜2022年7月、デバイス:PC&スマートフォン)

「スナックミー」検索者ユーザー属性 年代
(集計期間:2021年8月〜2022年7月、デバイス:PC&スマートフォン)

検索者は圧倒的に女性の割合が多く、特に20代が多いです。いわゆる「スナック菓子」ではなく、人工添加物・白砂糖などは不使用ということもあり、美容や健康に気を遣う人が利用している印象です。

では、検索者はどんなキーワードで検索しているのでしょうか。

「スナックミー」検索者の検索キーワード
(集計期間:2021年8月〜2022年7月、デバイス:PC&スマートフォン)

検索キーワードを見てみると、「評判・口コミ」「退会できない」といったワードが上位に目立ちます。「スナックミー」の価格は1回当たり1,880円に送料330円を加えた2,210円(税込、2022年8月現在)。1つのおやつは20g~30gで8個入り……ということでこちらも決して安いとは言えません。

実際に「スナックミー 口コミ」で検索すると、「おやつ診断にはあまり意味がない」「8種類の中に似たようなものが複数入っていた」「リクエスト機能はあるが通らないこともある」などのネガティブなものも。逆に、「美味しいのでむしろ大袋で食べたい」「高い気もするが身体に良いので嬉しい」「食べ過ぎない量なので良い」といったポジティブなものも見られました。

退会については、わかりにくい場所に退会申請ボタンがあること、そして「お休み」と「退会」が紛らわしい表記になっていることなどから、混乱している人が多いことが伺えました。解約ボタンを押しても自分の会員データが残っており、「登録データそのものの削除をご希望の場合は、恐れ入りますがカスタマーサポート宛にご連絡ください」と記載が出ることも不安につながり、多く検索されているようです。

【関連記事】BASEFOOD・Huel・完全メシのサイトユーザー数を比較!「完全栄養食」の市場拡大に迫る

https://manamina.valuesccg.com/articles/1908

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「完全栄養食」。この言葉自体はまだなじみが薄いかと思いますが、「BASE BREAD」「完全メシ」などはコンビニで見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。今回はそんな「完全栄養食」3種類の検索ワードデータから、「完全栄養食」が秘めるポテンシャルを分析します。

ナッシュは味への口コミを見て類似サービスと比較する人が多い?

最後に、冷凍宅配弁当を提供する「ナッシュ」についても調べてみましょう。ナッシュは2018年にサービスを開始し、コロナ禍で大きくユーザー数を伸ばし、サービス開始から2年で累計500万食を突破するなど好調な印象です。

「ナッシュ」を検索する人はどんな人でしょうか。

「ナッシュ」検索者ユーザー属性 性別
(集計期間:2021年8月〜2022年7月、デバイス:PC&スマートフォン)

「ナッシュ」検索者ユーザー属性 年代
(集計期間:2021年8月〜2022年7月、デバイス:PC&スマートフォン)

男女比は半々ずつくらい、年代は20~30代の割合が多いです。自炊があまり得意ではない人、在宅勤務での昼食需要などで興味を持っている方が多いのではないでしょうか。SNSの広告でよく見かけることも若者の興味を惹く要因だと考えられます。

こちらも検索者の検索キーワードを見てみましょう。

「ナッシュ」検索キーワード
(集計期間:2021年8月〜2022年7月、デバイス:PC&スマートフォン)

前述の「GREEN SPOON」「スナックミー」同様、「口コミ」という言葉があります。また、「まずい」という少し気になるワードも……。これは1食あたり糖質30g以下、塩分2.7g以下に制限していることから、「味が薄い」と感じる場合が多いことが要因のようです。

メリットである「健康に良い」という点が、逆に味に影響を与えていることが考えられます。糖質を抑えるために使用されている「低糖質米」が美味しくないという意見や、「解凍がうまくできずに水っぽい」などの口コミが目立ちました。とはいえ、そうした健康への配慮の影響を受けずに美味しいメニューもあるようです。メニューは自分で選ぶことができるので、「これを選べば大丈夫」と美味しいものを教えてくれるサイトもありました。

「ナッシュ」検索者が関心を持っているワードにはどんなものがあるのでしょうか。

「ナッシュ」検索者の関心ワード
(集計期間:2021年8月〜2022年7月、デバイス:PC&スマートフォン)

「関心ワード」の上位には「三ツ星ファーム」という言葉が。これは他社の類似サービスです。価格も見た目も提供されるものも非常に似ており、どちらにしようか比べている人が多いことがわかります。

【関連記事】noshに迫る冷凍宅配弁当サービス?業界の今を徹底調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/1837

コロナ禍のインドア生活で注目された冷凍宅配弁当。「低糖質」「高たんぱく」「塩分控えめ」のヘルシー弁当をウリに、ファンを集めてきたのが「nosh(ナッシュ)」です。そんなnoshが認知度を高める中、GOFOOD、ワタミの宅食、食宅便など、nosh以外のサービスも着々とユーザーを増やしています。今回は4つの冷凍宅配弁当サービスのユーザー動向を比較し、業界の今を探っていきます。

まとめ

ここまでみてきた3つの「食のサブスク」はいずれも、InstagramやTwitterのキャンペーンを積極的に行い、認知度を高めてきました。現在食のサブスクリプションサービスが増加していることを考えると、まず必要なのは「認知度を上げる」ことだといえるでしょう。

一方で、興味を持って申し込みをしても価格面で解約を検討する人が多いことが、検索キーワードから課題として浮き彫りになりました。小売店での購入と比べ、支払いが継続し、割高になりがちなサブスクリプションサービスの場合、「足りない」「選べない」「味に不満」といったマイナスイメージが生じると、解約につながりやすいと考えられます。

最初に広告を見た時に感じた「いいかも!」「ほしい!」「食べたい!」をいかに継続させる仕組みを作るかが重要なのではないでしょうか。たとえば「GREEN SPOON」の場合、「可愛いがサイズが大きすぎて冷凍庫に入らない」といった声が目立っており、これも継続を阻害する危険要因のひとつかもしれません。一般的な商材と比べ、口コミがSNSに上がりやすい点が特徴でもあるので、こまめにチェックしつつUXを改善することが、サービス継続につながるのではないでしょうか。

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えます。Dockpitには無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

恋愛・就職・食レポ記事を数多く執筆し、社長インタビューから芸能取材までジャンル問わず興味の赴くままに執筆するフリーランスライター。コンビニを愛しすぎるあまり、OLから某コンビニ本部員となり、店長を務めた経験あり。

関連する投稿


全国旅行支援開始!「新型コロナワクチン接種証明書」が最新スマホアプリインストールランキング上位に(2022年10月)

全国旅行支援開始!「新型コロナワクチン接種証明書」が最新スマホアプリインストールランキング上位に(2022年10月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。今月のランキングでも「マイナポイント」「マイナポータル」が相変わらず根強い結果の中、全国旅行支援開始と同時に「新型コロナワクチン接種証明書」が急浮上。そして、Z世代に特徴的と言われる「タイパ」の影響が映像業界にも大きく影響している?「TVer」の上位ランクインの裏には、ダイジェスト動画配信サービスが関係していると考えられそうです。


注目のキャリア支援策「リスキリング」とは。社会人も効率的に学べる「オンライン学習」業界を調査

注目のキャリア支援策「リスキリング」とは。社会人も効率的に学べる「オンライン学習」業界を調査

「リスキリング」とは、2022年10月、臨時国会開会時の岸田首相による所信表明演説で国家的支援の発表がなされ、ニュース等でも一斉に取り上げられた「学び直し」を意味するワードです。ただ、働き方の変化に必要不可欠なスキル習得を急に迫られたところで、仕事を持ちながらキャリアアップのため新たな技術を習得するには、さまざまなハードルもあるのが現状ではないでしょうか。今回は、社会人でも手軽に「リスキリング」を始められるオンライン学習業界に注目。業界状況や利用する人々の属性などを調査分析しました。


「おせち」は選択肢が増えても大手の定番を購入する人が多い?下調べから決定までを調査

「おせち」は選択肢が増えても大手の定番を購入する人が多い?下調べから決定までを調査

食品業界のマーケターや新しいもの好きな人、ヘルスコンシャスな人に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「おせち」。9月に入ると百貨店やコンビニ各社がおせちの予約を開始することもあり、そのタイミングで「次のお正月はどうしよう?」と検索をする人が増える傾向にあります。近年ではキャラクターものやスイーツでできたもの、100円から変えるものなどバラエティ豊かで迷ってしまうことも。今回はそんな「おせち」について、行動ログデータで検証し、市場を調査します。


「買い物=ポイント付与」が当たり前のご時世に?最新スマホアプリインストール数ランキングで「iAEON」が急上昇(2022年9月)

「買い物=ポイント付与」が当たり前のご時世に?最新スマホアプリインストール数ランキングで「iAEON」が急上昇(2022年9月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5を一覧にまとめました。今月のランキングは、申込締め切りを延長した「マイナポイント」「マイナポータル」が相変わらず上位と根強い結果に。そしてポイント訴求の影響か、女性ランキングに「iAEON」が浮上しています。日頃のお買い物とポイント取得は密接に関係している背景がうかがえそうです。


日用品はオンラインで検討する?検索・検討のされ方を探る【ヘアケア編】

日用品はオンラインで検討する?検索・検討のされ方を探る【ヘアケア編】

3年ぶりに行動制限のなかったこの夏。海や山など、野外でさまざまなレジャーを楽しまれた方も多いのではないでしょうか。夏が終わった今、気になるのは夏の強烈な日差しを浴びた髪のコンディション。個性的なヘアスタイルやヘアカラーを楽しむ人も多い中、世の中では「ヘアケア」に対してどのような関心があるのでしょうか。「ヘアケア」のワード検索から、そのユーザー像や関心事を、ヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて調査分析しました。


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら