noshに迫る冷凍宅配弁当サービス?業界の今を徹底調査

noshに迫る冷凍宅配弁当サービス?業界の今を徹底調査

コロナ禍のインドア生活で注目された冷凍宅配弁当。「低糖質」「高たんぱく」「塩分控えめ」のヘルシー弁当をウリに、ファンを集めてきたのが「nosh(ナッシュ)」です。そんなnoshが認知度を高める中、GOFOOD、ワタミの宅食、食宅便など、nosh以外のサービスも着々とユーザーを増やしています。今回は4つの冷凍宅配弁当サービスのユーザー動向を比較し、業界の今を探っていきます。


冷凍宅配弁当を検討する人が増えている?

冷凍宅配弁当について深掘りするために、今回はヴァリューズの分析ツールDockpitを使っていきます(毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えるヴァリューズのWeb行動ログ分析ツール)。

まずは、「冷凍宅配弁当」のニーズは増えているのかどうか、「弁当」との掛け合わせ検索ワードランキングで確認してみましょう。
以下の表のとおり、「わたみ」「宅配」「配達」「冷凍」など、「ナッシュ」と類似のサービスに関する検索ワードが上位を占めていることがわかります。

一方で、「レシピ」との掛け合わせは5位にランクインしているものの、「簡単」「作り置き」「食材名」などは10位以下となっており、コロナ禍において、自分で弁当を手作りする人に対して、宅配弁当を検討する人が増えていると言えそうです。

「弁当」との掛け合わせ検索ワードランキング

期間:2020年5月〜2022年4月
デバイス:PCおよびスマホ

好調「ナッシュ」、急成長中の「GOFOOD」

今回は、「ナッシュ」のイメージが強い冷凍宅配弁当の業界において、実態はどうなっているのか、他サービスと比較しながら検証していきたいと思います。

比較対象としたのは以下の4社です。
※宅配弁当がメインサービスであり、冷凍弁当がメニューの一部となっているような企業は除きます(例:ヨシケイ)。

4社のサイト訪問ユーザー数の推移を比較すると、「ナッシュ」が冷凍宅配弁当のマーケットシェアの大部分を占めており、好調が続いていることがわかります。

冷凍宅配弁当提供企業4社のユーザー数推移比較

期間:2020年5月〜2022年4月
デバイス:PCおよびスマホ

一方で、「ナッシュ」以外の3社でユーザー数を比較してみると、2021年12月以降、「GOFOOD」が好調(2年間で4.4倍)に推移しています。「食宅便」と「ワタミ」についても、直近2年間で増加傾向にあることがわかります。
リモートワークが定着しつつある中で、多様な冷凍宅配弁当サービスが台頭してきているようです。

冷凍宅配弁当提供企業3社(「ナッシュ」を除く)のユーザー数推移比較

期間:2020年5月〜2022年4月
デバイス:PCおよびスマホ

YouTube、Facebook広告での集客が加速中のGOFOOD

続いて、4社の集客構造を比較していきます。

流入元ごとの推移を見てみると、「ナッシュ」はソーシャルとディスプレイ広告からの流入数が増加傾向にあることがわかります。特にソーシャル経由の流入については、2021年12月から増加を続けており、順調に集客できている様子がうかがえます。

冷凍宅配弁当提供企業4社の集客構造(セッション数)
リスティング・ソーシャル・ディスプレイ広告・アフィリエイト広告

期間:2020年5月〜2022年4月
デバイス:PCおよびスマホ

2021年12月からユーザー数を獲得してきた「GOFOOD」も「ナッシュ」と同じくディスプレイ広告と、特にソーシャルでの集客が順調であることがわかります。

冷凍宅配弁当提供企業4社の集客構造(セッション数、ナッシュ以外)
ソーシャル・ディスプレイ広告

期間:2020年5月〜2022年4月
デバイス:PCおよびスマホ

「GOFOOD」のソーシャルの集客構成を見ると、YouTubeが67.6%を占めています。

YouTubeでは、歌手のDream Shizukaさんが手掛けたイメージソングに乗せて、CM動画が投稿されています。公式チャンネルも開設されており、YouTuberとのコラボ動画も複数見られます。

「GOFOOD」のソーシャル集客構造(セッション数)

「GOFOOD」のソーシャル集客構造(セッション数)

期間:2020年5月〜2022年4月
デバイス:PCおよびスマホ

「GOFOOD」のCM動画
https://www.youtube.com/watch?v=2hu9xWrCDE8

「GOFOOD」のディスプレイ広告経由の流入としては、Facebook広告からの流入が約7割を占めています。Facebookでは、「シェフ監修」を押し出したラグジュアリーな雰囲気のクリエイティブや、「ダイズライス」を使った糖質の低さを訴求するクリエイティブなどがよく見られています。

また、タレントの郷ひろみさんを起用した、「GO」と「郷」を掛け合わせたYouTube広告でのプロモーションも好調です。

「GOFOOD」のディスプレイ広告集客構造(セッション数)

期間:2020年5月〜2022年4月
デバイス:PCおよびスマホ

「ナッシュ」は男性ユーザーの取り込みに成功

続いて、4社のサイトを訪れたユーザーの属性を比較します。

まず男女比を見てみると、いずれも女性が半数以上を占めていますが、「ナッシュ」は男性比率が他サービスに比べて高く、男女比がほぼ半々であることがわかります。
体に気を遣いつつ、手間を省きたいという男性をいち早く取り込めていると言えそうです。

冷凍宅配弁当提供企業4社のユーザー属性比較/男女比

期間:2020年5月〜2022年4月
デバイス:PCおよびスマホ

「ナッシュ」のディスプレイ広告のクリエイティブを見てみると、俳優の佐藤健さんを起用したものや、「おれたちの飯」「1人男の飯をナッシュで解決」といったメッセージを掲げるものが表示日数上位に来ており、「ヘルシー」という要素で女性に寄りがちなユーザーのバランスを取ろうとしている様子がうかがえます。

シニア向けの「食宅便」「ワタミ」と、若者向けの「ナッシュ」

続いて、4サービスの年代比率を見てみましょう。

「食宅便」と「ワタミ」は、50代以上のユーザー割合が高く、特に60代以上は他2サービスに比べて高く出ており、ともにシニア層の集客ができていることがわかります。
公式サイトを見てみると、「食宅便」は「腎臓病用やさしいおかず」「減塩ライフ」などを大きく掲げており、「やわらかい食事」なども用意されています。同様に「ワタミ」も「介護食」が注文できるなど、ご自身やご家族向けに適切な、年齢に合わせたプランが提供されていることが、シニア層からの人気につながっているのかもしれません。

一方で「ナッシュ」は20代ユーザーの割合が他サービスに比べて高く出ています。先述のように、SNSでのプロモーションに力を入れていたり、佐藤健さんを起用していたりと、若者に対する露出が大きいことが起因していそうです。

冷凍宅配弁当提供企業4社のユーザー属性比較/年代

期間:2020年5月〜2022年4月
デバイス:PCおよびスマホ

GOFOODは業界ポジショニングを模索中?

宅配冷凍弁当のターゲットとして、どの層に向けてメッセージングしていくのかが、今後の各社のマーケットシェアに大きく関わります。

先程の年代比のグラフでは、GOFOODは他サービスのちょうど真ん中あたりに位置していました。年代比率の推移を比べてみると、「ナッシュ」は各年代のボリュームが安定していますが、「GOFOOD」は波が大きいことがわかります。
「GOFOOD」は現時点でターゲット属性が型化されていないとすれば、今後の戦略に注目していきたいところです。

「ナッシュ」のユーザー属性推移/年代

「ナッシュ」のユーザー属性推移/年代

期間:2020年5月〜2022年4月
デバイス:PCおよびスマホ

「GOFOOD」のユーザー属性推移/年代

「GOFOOD」のユーザー属性推移/年代

期間:2020年5月〜2022年4月
デバイス:PCおよびスマホ

まとめ

今回は冷凍宅配弁当の業界について調査しました。この業界では「ナッシュ」が圧倒的なユーザー数を獲得しており、現在も好調に推移していますが、一方で、多様な冷凍宅配弁当サービスが台頭してきているようです。

まずは、「冷凍宅配弁当」のニーズは増えているのかどうか、「弁当」との掛け合わせ検索ワードランキングで確認しました。
この結果、「わたみ」「宅配」「配達」「冷凍」など、「ナッシュ」と類似のサービスに関する検索ワードが上位を占めていることがわかりました。コロナ禍において、自分で弁当を手作りする人に対して、宅配弁当を検討する人が増えていると言えそうです。

次に、4つの冷凍宅配弁当サービスについて、ユーザー数や集客構造、ユーザー属性を比較しました。

「ナッシュ」以外の3社でユーザー数を比較してみると、2021年12月以降、「GOFOOD」が好調(2年間で4.4倍)に推移していることがわかりました。「食宅便」と「ワタミ」についても、直近2年間で増加傾向にあるようです。

また、4社の公式サイトへの集客構造の比較も行いました。
近年ユーザー数の伸長が大きい「GOFOOD」は、「ナッシュ」と同じくディスプレイ広告と、特にソーシャル経由の集客が順調であることがわかりました。YouTubeとFacebook広告を活用して、SNSを面とした集客に力を入れているようです。

続いて、4社のサイトを訪れたユーザーの属性を比較しました。
まず男女比は、いずれも女性が半数以上を占めていますが、「ナッシュ」は男性比率が他サービスに比べて高く、男女比がほぼ半々であることがわかりました。
広告に男性ユーザーのイメージを盛り込み、体に気を遣いつつ、手間を省きたいという男性をいち早く取り込めていると言えそうです。

次に、年代比率を比較すると、「食宅便」と「ワタミ」は、50代以上のユーザー割合が高く、ともにシニア層の集客ができていることがわかります。一方で「ナッシュ」は20代ユーザーの割合が他サービスに比べて高く出ています。若者に対する露出が大きいことが起因していそうです。
「GOFOOD」の年代比については、他サービスのちょうど真ん中あたりに位置しており、比率の推移を見てみると波が大きく出ています。今後さらに集客を拡大するにあたって、どの媒体に注力していくのか、どの層をメインにターゲティングしていくのか、引き続き注目です。

▼今回の分析にはWeb行動ログ調査ツール『Dockpit』を使用しています。『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザでキーワード分析やトレンド調査を行えます。Dockpitには無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


「おせち」は選択肢が増えても大手の定番を購入する人が多い?下調べから決定までを調査

「おせち」は選択肢が増えても大手の定番を購入する人が多い?下調べから決定までを調査

食品業界のマーケターや新しいもの好きな人、ヘルスコンシャスな人に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「おせち」。9月に入ると百貨店やコンビニ各社がおせちの予約を開始することもあり、そのタイミングで「次のお正月はどうしよう?」と検索をする人が増える傾向にあります。近年ではキャラクターものやスイーツでできたもの、100円から変えるものなどバラエティ豊かで迷ってしまうことも。今回はそんな「おせち」について、行動ログデータで検証し、市場を調査します。


リキッド消費の台頭 ~ 所有から利用へ

リキッド消費の台頭 ~ 所有から利用へ

デジタル社会の発展と共に、シェアやレンタルなど商品・サービスの購入による永続的な所有をしない新しい消費スタイル「リキッド消費」が広まり、注目されています。その背景と、所有から利用へのトレンドの要因を、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏に解説いただきました。


中国の激しい市場変化に対応するには?「中国市場・トレンド分析手法 解説セミナー」レポート

中国の激しい市場変化に対応するには?「中国市場・トレンド分析手法 解説セミナー」レポート

中国市場のトレンド変化は非常に速く、激しいのが特徴です。そのため、中国市場をいち早く理解するためには、リサーチ方法が大きなカギとなります。本レポートでは、マーケティング・プロセスに合わせた分析手法を用いて、中国の「健康意識」と「美容」の2テーマのトレンドを調査しました。(ページ数|66ページ)


注目スタートアップ企業分析 - シェアリングエコノミー・サブスク・D2C業界|ホワイトペーパー

注目スタートアップ企業分析 - シェアリングエコノミー・サブスク・D2C業界|ホワイトペーパー

いま注目の「シェアリングエコノミー」「サブスクリプション」「D2C」業界。各業界において代表的な国内スタートアップ企業をピックアップし、その成長の裏にはどのような戦略や集客施策があったのか、消費者のWeb行動ログデータを用いて分析しました。業界の現状を俯瞰したい方、主要プレイヤーの動向を把握したい方にもおすすめのレポートです。(ページ数|49ページ)


Frozen bento delivery service competitors closing in on Nosh? An in-depth look at the industry today

Frozen bento delivery service competitors closing in on Nosh? An in-depth look at the industry today

Frozen bento (boxed lunches) delivery became popular with the stay-home lifestyle of the COVID-19 pandemic. Nosh has attracted loyalty with healthy bentos, but similar services, like GOFOOD, Watami Home Meals, and Shokutakubin, also gained traction. In this article, we compare the user trends and explore the industry.


最新の投稿


タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

タイパとは?Z世代が重視する「タイパ至上主義」の背景とマーケティング事例

Z世代は、生活のあらゆる場面でタイパ(タイムパフォーマンス)を意識しています。「タイパ至上主義」という言葉が登場するほど、Z世代は時間効率を重視しているのです。この記事では、Z世代の購買心理・最新のトレンドを知るために、タイパの概要や価値観、マーケティング事例を解説します。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

Popular AI Image Generators, “Midjourney” and “Stable Diffusion.” Who are giving attention?

We will investigate "Midjourney" and "Stable Diffusion" AI Image Generators, which allow anyone to generate images from keywords. Let’s look into it users, its purpose, the reason for its popularity, and its strengths. We will analyze the data of the interest group and analyze our user experience.


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

行動経済学の入門書籍20選!教科書や今人気のベストセラーも紹介

経済学に心理学を組み合わせる「行動経済学」。マーケティングとの親和性の高さ、そしてマーケティング活動のためのヒントがあるとされており、さまざまな場面で活用が進んでいます。行動経済学をビジネスに活かすには、そのエッセンスがよくまとまった本・書籍で学ぶのが近道です。今回は、ベストセラー本から教科書的なものまで、行動経済学についてまんべんなく学べるよう、20冊のおすすめ本を紹介します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら