「依頼されたものを作る」で終わらない。映像コンテンツ制作現場のデータ活用事例

「依頼されたものを作る」で終わらない。映像コンテンツ制作現場のデータ活用事例

「企画力」×「実現力」で、ブランドを輝かせる映像やWebコンテンツ制作が強みのビービーメディア株式会社は、施策提案におけるデータ活用に力を入れています。データを活用することで、他社との差別化にどうつなげているのか、社内での取り組みも含めて、同社MI推進セクターの方々にお話を伺いました。


大切にしているのは、クライアントに寄り添うこと

――まず、ビービーメディアの事業内容や強みを教えていただけますか?

ビービーメディア 森田裕美さん(以下、森田):私たちは、映像・インタラクティブ・テクノロジーが一体となって、クライアントのブランドを輝かせるコンテンツを企画・制作しています。前身の会社がテレビCMの制作から事業を始めたこともあり、大手クライアントとの直のお取引が多いことが強みのひとつですね。

大切にしているのは、クライアントに寄り添った支援をすることです。クライアントの希望と消費者目線を持ち合わせながら、よりよいアウトプットを出すことや、クライアントがまだ気づいていないブランドの「良さ」を見つけ出し、より輝かせることを意識しています。おかげさまで、10年、20年にわたってお付き合いしているクライアントも多いです。

MI推進セクター プランニングディレクター 森田裕美さん

ビービーメディア 神田卓也さん(以下、神田):クライアントが抱えている課題は何かという視点から入るのがビービーメディアのやり方です。「これが当社の強みだから、これを買ってください」といったスタンスではありません。直接クライアントと対話して、そこから自分たちが提供できるソリューションは何だろうと考えています。

ビービーメディア 田中仁史さん(以下、田中):あくまでも私たちの仕事は、クライアントの商品を売ることなので、何よりも商品の魅力がわかりやすく伝わるコンテンツ制作を意識しています。例えば薬品の広告なら、どんな効能があって、どんな悩みに効くのかを、できるだけシンプルにターゲットにわかりやすく伝えるなどですね。ここがクライアントから高く評価され、何年にもわたって受け継がれている部分だと思います。

(左)MI推進セクター プロデューサー 神田卓也さん
(右)MI推進セクター 企画演出 田中仁史さん

Dockpitの活用事例:「当たり前だよね」に説得力を持たせる

――データ活用の面で、ビービーメディアはヴァリューズのWeb行動ログツール「Dockpit(ドックピット)」を活用されていますよね。どのように提案に活かしていているか、教えていただけますか?

田中:Dockpitはトレンドのチェックに活用しています。例えば、調味料を扱うクライアントからはレシピ動画の制作を依頼されることが多いのですが、その調味料がどんな料理に使われているかをDockpitの検索ワードや関心ワードを使ってチェックします。

データを見ると、「この調味料をその料理に合わせるのか!」といった新たな発見もありますし、「やはりこの組み合わせが多いんだな」という仮説に説得力を持たせることが可能です。

Dockpit画面キャプチャ。「醤油」検索の掛け合わせワードを一覧で見ることができる

田中:また、属性別マップを見て、本当にその商品がターゲット層に合っているかをチェックするなど、仮説作りにも使っています。例えば、クライアントに対して、「日本で一番食べられているのはカレーです」とだけ言っても、納得してもらうことは難しいですよね。そこに、「データはこうなってます」というだけで、説得力を持たせられます。

Dockpit「属性別マップ」機能では、掛け合わせワードの性年代属性ごとの違いも可視化できる

森田:特定Webサイトをディレクトリ単位で分析できる点も重宝していますね。例えば、ホールディングスのブランディングのCM企画を考える際に問題となるのは、ホールディングスのイメージをどうとらえればいいのかということ。そのホールディングスの顧客とは、一体誰なのかをとらえたいときに、そのホールディングスのサイトだけで競合分析しながらもDockpitはディレクトリ単位で分析できるので、傘下にある企業単位でもブランドの既存イメージを掴むことができ、役立っています。

【関連記事】データの解釈で「提案脳」を強化する制作会社の狙いとは。モードツーに聞く

https://manamina.valuesccg.com/articles/1690

Web制作会社・モードツーのデータを活用した提案業務の実態に迫ります。トレンド分析やサイト来訪者の関心分析を駆使し、データの見せ方や資料の美しさにこだわってクライアントの課題に切り込む方法とは。データ活用人材を増やす取り組みについても取材しました。

【関連記事】体制とページを一新し、売上高2倍へ。情報メディア「ねとらぼ」の広告へのこだわり

https://manamina.valuesccg.com/articles/1894

メディアのマネタイズの1つに「タイアップ広告」があります。昨今メディアは企業だけでなく一般の方でも持てるようになったことから、運営だけでなくマネタイズについても難易度が上がったといえるでしょう。そのような背景があるなか、独自性や信頼性に特化し、メディアならではの工夫が目立つ情報発信メディアの「ねとらぼ」。今回はメディア事業本部の河村さんとタイアップ専任担当の大井さんにお話を伺いました。

データに基づいた提案力強化へ。MI推進セクターが発足

――データ活用における課題などはありますか?

ビービーメディア 相原俊紀さん(以下、相原):会社全体を見ると、データの重要性について社員全員への理解を浸透させていきたい思いがあります。そこで新設されたのが、MI推進セクターです。

MIは「マーケティングインスピレーション」を意味しており、マーケティング発想でデータを制作に活かしていくカルチャーを作ることを目指しています。

MI推進セクター プロデューサー 相原俊紀さん

――目指すカルチャーについて、具体的に教えていただけますか?

森田:クライアントとの関係において、当社がコンテンツ制作の川上からサポートするときに必要な仕組みを確立するほか、データに基づいた企画提案ができる人材を育成していきたいと考えています。そのような人材は、クライアントが最終顧客に対してどういうコミュニケーションをとればいいのかといった、コミュニケーションの設計もできるようになっていくでしょう。

また、クライアントのなかには、自社でデータ分析をする時間がない企業も多い状況です。データを活用することで、広告制作から配信後までワンストップでサポートを提供できるパートナーになれると考えます。

――具体的に、どのようにしてデータの重要性を社内に浸透させているのでしょうか?

森田:まず、データというものに慣れてもらうようにしました。私たち4人がハブとなり、営業担当からのデータ分析要望に対応するようにしています。共通のスプレッドシートに依頼を書き込んでもらい、こちらからは希望に合った調査データを渡すのです。最初は、「どんな依頼をすればいいかわからない」「そもそもどんなデータがあるのか」など、とまどいも見られたので、サンプルを紹介しながら徐々にデータに慣れていってもらいました。

この取り組みを始めて3ヶ月ほど経ちましたが、データに慣れてきた社員が増えてきただけでなく、社員自身がターゲットやブランドの立ち位置について考え直すきっかけになっていると感じています。

ビービーメディアで活用している「リサーチ依頼シート」。営業などの各部署からのリサーチ依頼を集約し、効率的に社内へのデータ浸透を行っている

【関連記事】競合調査を3時間から20分に短縮!Dockpit導入で変わった制作提案のプロセスとは

https://manamina.valuesccg.com/articles/1755

名古屋・東京を拠点にさまざまなWebサイト制作を手がけるGrowGroup株式会社。同社では、ヴァリューズのWeb行動ログツール「Dockpit」を導入し、制作提案における競合調査時間の短縮や売上の向上に成功しています。代表取締役の畑中孝仁さんに、導入の背景や成功の秘訣を聞きました。

【関連記事】選ばれ、使い続けられるSaaSへ。CSと開発のリーダーが語る「顧客満足度向上」の裏側

https://manamina.valuesccg.com/articles/1720

株式会社ヴァリューズが提供するSaaS型のマーケティングツールDockpit(ドックピット)。顧客ロイヤルティ調査では高評価をあげ、多くの企業担当者に推奨されていることが分かりました。その裏側にはある2つの社内チームの真摯な取り組みと密な連携があったといいます。今回はCS(カスタマーサクセス)グループを率いる秤谷さんとシステムソリューショングループの山本さんに、マナミナ編集部がお話を聞きました。

目指すのは、データを得て終わりではなく、活用すること

――今後の展望を教えていただけますか?

相原:説得力のあるデータから引き出した仮説をもとに改善提案をすることで、クライアントに一層寄り添ったサポートをしていきたいです。

森田:そのための次のステップは、得たデータを読み解き、活用する力を身につけること。データを見て「へぇ」で終わってしまわないよう、そこから示唆を導き出せる人を増やしていきたいです。

データを活用する力を身につけるための取り組みのひとつとして、アイデアソンも有効と考えています。当社では、もともとアイデアソンの文化が根付いています。普段クライアントに向けた提案業務を行うプロデューサーだけでなく、社内の有志のメンバーが集まって、あるテーマについて1時間で企画を考えて発表するということを月1ペースでイベント化して行っているのです。

Dockpitによる市場データを使えば、企画を考える上のテーマ設定において、実際のデータに基づいたオリエンシートを作ることができます。データを読み解きながら、みんなでアイデアソンをやっていくことで、社内のデータ活用力の底上げにつなげていきたいですね。

神田:まだまだ試行錯誤の段階ですが、データに基づいた提案は社内で着実に浸透しつつあります。データを活用した提案力が強化されれば、クライアントにとって信頼されるパートナーになれるはず。データ活用力を高めることで、より深いクライアント支援につなげていきたいです。

取材協力:ビービーメディア株式会社

▼『Dockpit』では毎月更新される行動データを用いて、手元のブラウザで競合サイト分析やトレンド調査を行えます。Dockpitには無料版もありますので、興味のある方は下記よりぜひご登録ください。

dockpit 無料版の登録はこちら

この記事のライター

IT企業でコンテンツマーケティングに従事した後、独立。現在はフリーランスのライターとして、ビジネスパーソンに向けた情報を発信しています。読んでよかったと思っていただける記事を届けたいです。

関連する投稿


マーケターの仕事は、分かりやすい言葉で「伝える」こと。BtoBビジネスにおけるターゲットの理解とDockpit活用法

マーケターの仕事は、分かりやすい言葉で「伝える」こと。BtoBビジネスにおけるターゲットの理解とDockpit活用法

サイバーセキュリティ製品というと、難しいイメージがありませんか?ふるまい防御やサンドボックス機能など耳にしたことがない機能があり、海外の製品情報に翻訳をかけただけでは難解な領域において、「伝える」ことを追求しているのがソフトバンクグループ企業のSB C&S株式会社のシマンテック事業のチームです。伝わる商品訴求のためには、ターゲットの理解やペルソナの設定が必要不可欠。今回は、同社がどのようにWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を活用し、マーケティング施策につなげているのか、ICT事業本部でプロダクトマーケティングを担当している須賀田淳氏に伺いました。


お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界5社をマーケティング視点で企業研究! 大学生のデータドリブン就活|2022年最新版

お菓子業界大手の「森永製菓」「江崎グリコ」「カルビー」「ブルボン」「不二家」。各公式サイトの集客状況に注目し、強みや施策の違いを調査します。2年半前に公開した同記事の最新版として、新たな発見をお届けします。


サービスの改善や価値を高める「アプリの利用習慣アンケート」。ユーザーアンケートならではの付加価値とは?

サービスの改善や価値を高める「アプリの利用習慣アンケート」。ユーザーアンケートならではの付加価値とは?

「ユーザーアンケート」はお客さまの生の声を収集できる貴重な機会。アンケートを通して得るユーザーの嗜好分析をもとに、企業はサービスの現状把握や改善へと繋げていけます。しかしマーケティング環境が進化し整備されていく中、「普段行っているデータ分析結果とアンケート結果の使い分けはしっかりできていますか?」。そう話すのは、リサーチャーの菅原大介さん。今回はユーザーアンケート全体のお話から、アプリを運営する企業にフォーカスしたユーザーアンケートにおける“オススメの活用法”について解説していただきました。


「そもそもデータ量が少ない」地方の課題を克服!生活者目線とデータを掛け合わせた、地方のデータマーケティングとは

「そもそもデータ量が少ない」地方の課題を克服!生活者目線とデータを掛け合わせた、地方のデータマーケティングとは

「データの重要性はわかっているが、自社でも活用できるかわからない」と考えている企業は多いのではないでしょうか。地方にあり、都会とは状況が異なると思っている企業もあるかもしれません。今回紹介するアド・セイル株式会社は、香川県にあるデジタルマーケティング企業。地域密着という強みを活かした取り組みのほか、地方企業がデータマーケティングを行う際の課題や可能性について、同社の関氏に伺いました。


ソーシャルメディアではできない顧客体験を。Pinterest 広告の魅力に迫る

ソーシャルメディアではできない顧客体験を。Pinterest 広告の魅力に迫る

アイデアを画像や動画で発見・保存・整理できる「Pinterest(ピンタレスト)」。“ビジュアル探索プラットフォーム”として、SNSとは異なる独自ポジションを築き、全世界で毎月4億人超のオーディエンスが利用しているといいます。そんなPinterest は2022年6月に日本国内でも広告事業を開始し、広告出稿先としても注目を集めています。マナミナ編集部では、Pinterest ユーザーの購買やアクションとの関係性を行動ログデータから独自調査。広告プラットフォームとしてのポテンシャルを探るとともに、Pinterest Japan ビジネスマーケティングリードの石井恵子さんに、今後のPinterestアドの展望についてもお話を聞きました。


最新の投稿


トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

トレンドワードに「AIアバター」「ライブカメラ」など...「週間」検索キーワードランキング(2023/1/22~2023/1/28)

行動ログをもとに週次の検索急上昇ワードランキングを作成し、トレンドになっているワードについて取り上げます。2023年1月22日~1月28日は、カメラアプリ「SNOW」の新機能「AIアバター」や、日本列島が大寒波に見舞われる中、各地の道路状況を確認できる「ライブカメラ」といった検索が急増していました。


【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

【2023年2月13日週】注目のマーケティングセミナー・勉強会・イベント情報まとめ

編集部がピックアップしたマーケティングセミナー・勉強会・イベントを一覧化してお届けします。


2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

2023年、世界情勢の憂慮 〜「地政学」から見た対中関係と日本企業のこれから

世界を震撼させたウクライナ侵攻や、まだ出口の見えないコロナ禍もそのままに明けた2023年。本稿では、2022年を振り返り、引き続き憂慮される国際社会の動向や、日本にとって特に注視すべき対中関係とそれらに準ずる日本企業のあり方を、大学研究者としてだけでなく、セキュリティコンサルティング会社アドバイザーとして地政学リスク分野で企業へ助言を行っている和田大樹氏が解説します。


D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

D2Cとは?ECとの使い分け・ブランドへの意識など、消費者の利用実態を調査|ホワイトペーパー

2020年はコロナ禍における巣ごもり消費も追い風となり、物販分野のBtoC EC市場は、伸長率20%超えという大幅な拡大が見られました。そんな中、メーカーが新たに注力を始めているのがD2C。D2Cとは「Direct to Consumer」の略であり、メーカーが商品を直接消費者に販売するビジネスを指します。今回は特に化粧品・家電業界に注目し、ECと比べた際のD2Cの使われ方や使い手について、その実態を調査しました。(ページ数|29ページ)


【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

【急上昇サイト】年末やクリスマスなど、シーズナルなコンテンツに検索が急増!|2022年12月

2022年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら