中国で加熱するペットブーム。注目が集まる「ペット向けスマート家電」の動向を調査

中国で加熱するペットブーム。注目が集まる「ペット向けスマート家電」の動向を調査

近年、中国ではペットブームが巻き起こっており、ペットにかける金銭を惜しまない飼い主も多いです。感染症の流行下で需要が増えたことも影響し、ペット業界の市場規模は拡大の一途を辿っています。本記事では中国のペット業界の中で、関心が高まっている「スマート家電業界」を中心にご紹介します。


中国で巻き起こるペットブーム

2020年のデータによると、中国国内で飼育されている犬と猫の数は1億匹を超え、飼い主の人数も6294万人に到達しています。2022年にはペット業界の市場規模は4936憶元にまで及ぶと予想され、さらに2025年の予測は8114億元までにのぼるなど、ペットブームの盛り上がりとペット業界の拡大が今後も続いていくことが予測されています。

この“ペット業界”が示す範囲は、動物にとどまりません。エサなどの食品やペット用具、医療費など、ペット関連の様々なサービス費用も含まれています。具体的には、主食、おやつ、栄養食品、薬、診療費、ワクチン、美容費、教育費、保険料、葬儀費用などです。ここからも、“ペット業界”という一つの枠組みの中に、様々な分野に属する企業が属していることが分かります。この業界内の分野の広がりも、ペット業界の広がり続ける市場規模に影響を与えています。

Z世代はペットブームの牽引者

中国のペットブームを牽引しているのが、若者の存在です。増加を見せている飼い主人口の中で、90後(1990年~1994年生まれ)、95後(1995年~1999年生まれ)の人口増加率が最も高く、2021年は46%にまでのぼりました。

Z世代は、ペットに多くのお金をかけています。データによると、中国におけるペットの飼い主全体のうち、48%の人々が毎月200~500元、25%の人々が毎月500~1000元を消費しています。そして8%の人々が毎月1000元以上をペットに費やしており、この8%の人々の中においては85後(1985年~1989年生まれ)と95後がメイン層となっています。

若者がペットを飼育するときに求めるものは、ペットが健康であること、より楽に飼育できること、清潔さを保つこと、遠く離れたところからでもペットの様子を見守れること、などです。そのため彼らが求めているペット用品は、スマート家電である傾向が強いです。以下では、このペット向けスマート家電について紹介していきます。

ペット業界における新たなトレンド分野:ペット向けスマート家電

現在の中国のペット業界の中で注目を集めているのが、ペット向けスマート家電業界です。ペット向けスマート家電とは、自動給餌器、自動給水器、スマートペットカメラ、スマートハーネスなどです。

中国におけるペット向けスマート家電の市場浸透率は、2019年の40.3%から、2021年は52.9%にまで上昇しています。中でも自動給水器の浸透率が最も高く63%、次いでペットカメラが60%にのぼります。ペット用品のIT化、IoT化は、今の中国ペット業界におけるトレンドになっています。

なぜ人々はペット向けスマート家電を求めるのでしょうか。ペット向けスマート家電を用いると、飼い主側の負担を減らすことが出来ると同時に、ペットにもより質の高い生活を提供することが出来ます。特に一人暮らしの飼い主が増えている現在は、飼い主が仕事などで家を空けている際も安心してペットに飲食を提供できるなど、ペットの様子を離れたところからでも見守ることができる機器への需要が高まっています。ペット向けスマート家電は、飼い主とペット双方の豊かな生活を実現する手助けとなる存在なのです。

では、具体的にどのようなペット向けスマート家電が普及しているのでしょうか。ペット向けスマート家電を取り扱っている中国企業を見ていきましょう。

ペット向けスマート家電の提供企業例

中国でペット向けスマート家電を取り扱っている企業は、主に3つのカテゴリに分類できます。1つ目は、昔からペット用品を取り扱っていた企業です。多尼斯佩蒂などがここに属します。2つ目は、ペット向けスマート家電を取扱製品の主軸に置いている企業です。小佩宠物霍曼科技CATLINKなどがここに属します。そして3つ目が、家電製品を主として取り扱っている企業が、業界の垣根を越えて参入してきたものです。小米美的などがここに属します。

上記のカテゴリごとに分けた企業一覧

小米は2019年9月、ペット向けスマート家電を取り扱っている企業・猫猫狗狗への投資を開始し、既に小米ブランドの自動給水器や自動給餌器を販売しています。美的は2020年にはTmallにペット用品の公式ショップを設け、猫の飲水器などの販売を開始しました。2022年3月には、ペット向けスマート家電を専門に取り扱う美新宠物科技有限公司を設立し、旗下に猫有引力とFluffy&Floppyという2つの独立したブランドを設けました。

以下では、各企業の製品を具体的に見ていきます。

①ペット向けスマート家電を主軸に置いている企業:小佩宠物

まずは、2013年に設立した小佩宠物です。小佩宠物は国内のペット向けスマート家電業界における売り上げで、数年連続でグランプリを受賞しており、海外30国あまりに製品を輸出しているなど、ペット向けスマート家電業界において重要な地位を占めている企業です。

小佩宠物の取り扱い商品例

②ペット向けスマート家電を主軸に置いている企業:霍曼科技

霍曼科技は2015年に広州で設立した、ペット向けスマート家電を取り扱う会社です。

霍曼科技の取り扱い商品例

③家電製品を主として取り扱っている企業が、業界の垣根を越えて参入:小米

先述の通り、小米はペット向けスマート家電を取り扱っている企業・猫猫狗狗への投資を行い、小米ブランドの自動給水器や自動給餌器を販売しています。

小米の取り扱い商品例

投資者からの熱い注目

投資者の立場からも、ペット向けスマート家電業界は最も勢いのある業界のうちの一つです。中国の大手投資会社がこぞって、金銭を惜しまずにペット向けスマート家電業界へ投資をしています。

例えば、2019年に設立されたばかりのペット向けスマート家電を取り扱う企業・有陪宠物は、2022年10月までの段階で既にラウンド5の融資*を達成しました。投資をした企業は国内でも著名な投資企業ばかりで、これは他の業界を見ても珍しいことです。

また、有陪宠物と同様の事業展開を見せている企業も複数存在します。これらの企業に共通する点は、2017年以降に設立されていること、スマート家電を利用したペットの家庭内飼育に主眼を置いていること、製品にスマート化、デジタル化の傾向があることです。ここから、企業が優れた科学技術によって投資先を惹きつけていることが分かるでしょう。

ペット向けスマート家電業界の市場は拡大を続けており、今後もこの業界に参入する企業の増加が予測できます。

*ラウンド5の融資:5つのステージに分かれている投資ラウンドの最終ラウンド。「ラウンド」とは、投資家が企業へ投資をする段階を指す。ラウンド5は、既に企業の経営が安定し、黒字化に目処が立ち、事業拡大への動きが加速する段階。資金調達もかなり大規模なものになる。

まとめ

中国のペットブームでは、若者のペット需要増加ペット向けスマート家電業界の盛り上がりが重要な要素となっています。中国のペットブームは、今後数年間は盛り上がりを続け、それに比例してペット業界もますます拡大していくことが見込めます。業界の垣根を越えて、様々な企業がペット業界へ参入していくことで、将来中国のペット業界がどんな様相を呈していくのか、今後も注目が期待されます。

参考URL

「智能宠物硬件是怎么火起来的」
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1747822006881914036&wfr=spider&for=pc
「宠物智能硬件:资本的心头热,消费者的智商税」
https://m.thepaper.cn/baijiahao_20576205 
「宠物智能用品进入2.0时代,互联网和家电巨头,谁更具竞争力?」
https://new.qq.com/omn/20220623/20220623A03WEP00.html 
「【玖越】宠物智能硬件,智能家居的新蓝海?」
https://view.inews.qq.com/a/20221012A01QTH00 
「部分年轻人患上萌宠依赖症 Z世代拉动它经济发展」
https://m.gmw.cn/baijia/2022-11/30/36200253.html

この記事のライター

早稲田大学在学中。

関連する投稿


中国Z世代の調味料に対する新たなニーズは?❘ 中国トレンド調査

中国Z世代の調味料に対する新たなニーズは?❘ 中国トレンド調査

消費水準が高まるにつれて、現在中国における調味料業界が全体的に好調を見せています。2021年から新型コロナウイルスの影響を受けたものの、消費者は外食を控え、自炊比率が上がっため、中国の調味料業界の発展潜在力は依然として高いと言えます。一方、近年若者たちにとって、自宅で自炊することが幸福感を高めることから、料理は人気を増してきました。本記事では、中国の調味料業界の発展過程及び中国Z世代の調味料に対するニーズを解説していきます。


2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

2022年中国の「独身の日=ダブルイレブン」商戦。最新のトレンド業界は?

ダブルイレブン(W11)とは、毎年<b>11月11日に中国で行われている独身の日を祝うイベント</b>です。2022年のダブルイレブンでは、ECプラットフォームや店舗などの関係者が売上高を伸ばすことに力を入れていました。その中で加盟店が示す戦況報告からは、中国のマーケットで、新しい産業やブランドが急成長しているのを垣間見ることができます。 本記事では、2022年ダブルイレブンのトレンドとなった業界を中心にご紹介します。


注目高まるエキゾチックペット。飼い主のユーザー像を行動ログデータから分析してみた

注目高まるエキゾチックペット。飼い主のユーザー像を行動ログデータから分析してみた

「ペット」で思い浮かぶ動物は何ですか?定番の犬猫以外に、知り合いからもらったハムスターやお祭りですくった金魚など、「エキゾチックペット」も犬猫に負けない人気が集まっています。今回はエキゾチックペットの定義と市場概況の紹介に加え、直近一年間(2021年8月〜2022年7月)のWeb行動ログデータから、飼い主の特徴と関心を読み取ります。


コロナ禍でも業績好調な中国EC「Pinduoduo」の成功要因を探る | 中国トレンド調査

コロナ禍でも業績好調な中国EC「Pinduoduo」の成功要因を探る | 中国トレンド調査

拼多多(Pinduoduo)は2015年9月にサービスを開始した、中国のECプラットフォームです。 ソーシャルコマースを取り入れたPinduoduoの2022年第2四半期の業績は、予想を大きく回りました。Pinduoduoはどのようにして成功を収めたのか、その理由を解説します。


現地目線とクイックな消費者分析で、トレンドを押さえた中国進出を支援。中国マーケティングを成功に導くリサーチ術

現地目線とクイックな消費者分析で、トレンドを押さえた中国進出を支援。中国マーケティングを成功に導くリサーチ術

海外進出。地理的・文化的な距離もある中で、リスクを軽減して効率よく参入を目指すには、適切なリサーチが必要不可欠です。そこでマナミナでは、「中国市場への参入」をテーマに、マーケティングの各フェーズにおいて効果的な調査・分析手法をご紹介する連載をスタート。第1弾の今回は、ヴァリューズの中国人アナリストに最初のフェーズ「市場環境分析」や、中国の最新トレンドについて伺いました。


最新の投稿


【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

近年動画配信サービスが普及し、時間や場所にとらわれず様々なジャンルの動画を手軽に視聴できるようになりました。テレビ離れが幅広い年代で囁かれている時代、話題になるテレビドラマとは、どのようなものなのでしょうか。今回は、2022年10月~12月に放送されたドラマについて、認知度や視聴方法、満足度、満足理由などをランキング化。その実態を探りました。


Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

The Gen Z data analysts at VALUES, Inc. analyzed behavioral data regarding the online shopping consumption among Generation Z. It is said that Gen Z prefers “e-commerce apps” over “e-commerce websites,” but what is true? We will dig deeper, incorporating the honest voices of the Gen Zers.


検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

競合サイト分析に使える無料ツール「SEOチェキ!」「SEOTOOLS」について。知名度がありキーワードの検索順位などもチェックできますが、ツールとしての世代が古い感は否めません。SEOチェキ!とSEOTOOLSの特徴や使いどころ、検索順位が競合分析にどう役立つかを解説します。


Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

2023年、マーケターが押さえておきたいトピックのひとつに、Instagramを活用した「クリエイターマーケティング」が挙げられます。今回は、クリエイターマーケティングをテーマに、Facebook Japanの相原氏と、ヴァリューズの岩間と蒋が対談。期待される効果や施策を行う際のポイント、企業活用事例などをお届けします。


地産地消 ~ 道の駅と食育から

地産地消 ~ 道の駅と食育から

近年注目されつつある「地産地消」。この裏には、人気のお出かけスポットとしての「道の駅」が一役買っています。単なる観光客向けの食品・工芸品の販売だけではなく、地元の生活者の糧としても活用され、そして何より子供たちの「食育」にも繋がることで、「地産地消」の循環の輪は広がっているようです。そのような「地産地消」のメリット・デメリットを含めた実情を、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら