2023年に押さえるべき、SNSマーケティングのトレンドは?|「2023年1月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

2023年に押さえるべき、SNSマーケティングのトレンドは?|「2023年1月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

ヴァリューズのマーケターが、コンテンツマーケティングの今をお届けする本連載。2023年第1弾は、SNSマーケティング先進国における動きなど、2022年の主要SNSの動向を振り返り。今後の予測や対策すべきポイントについて解説します。押さえておくべきは、「ワンストップ送客」「短尺動画」「インフルエンサー収益化強化」の3点です。


【解説者紹介】

2022年、主要SNS動向の振り返り





:2023年1月のコンテンツマーケティング最新動向レポートでは、昨年の日本における主要SNSの動向を振り返っています。新しい年が始まったタイミングで、ぜひおさらいしてみましょう。

今回注目トピックとして取り上げたのは、「ワンストップ送客」「短尺動画」「インフルエンサー収益化強化」の3つです。一つひとつ説明していきます!




1. SNS上で認知から購買まで。「ワンストップ送客」





:まず「ワンストップ送客」から説明します。

これまで多くの企業は、SNS施策を「認知拡大」や「既存顧客とのコミュニケーション」「コミュニティメンテナンス」などのために行ってきたと思います。2022年はその目的に「送客」が加わったことがポイントです。










岩間利用者はSNS上で、認知から購買までワンストップで行えるようになったんですね。










:背景には、各SNSから、送客に貢献しやすい機能がリリースされたことがあります。

例えば、Twitterは6月に、新製品発売予告ツイートにリマインダーボタン「Product Drops」を付けられるテストを開始しました。クリックすると、発売当日に通知が届いてリマインドしてくれるんです。利用者の購買行動を促す機能と言えるでしょう。
また、7月にはInstagramが「Payments in Chat」という機能をリリースし、Instagram上で、DMを使った問い合わせから支払いまでを完結することが可能になりました。

「Product Drops」も「Payments in Chat」も、アメリカでの展開が中心で、現時点で日本では未対応なのですが、このような送客に貢献できる機能は、いずれ日本にもやってくると思っています。










岩間:なるほど。認知から購買までの動線が、より明確になりそうですね。








:ちなみに中国のSNS事情について紹介すると、中国版TikTok「抖音(Douyin) 」では、実は4、5年前ぐらいから、認知拡大から購買までアプリ内でワンストップで完結できる環境になっています。抖音(Douyin)上で動画を見て、興味があれば、そのままアプリ内で購入することが日常になっているんです。










岩間:アメリカや中国など、マーケティングの最先端を走っている国で、すでにSNSのアプリ内で購買までできるようになってきているということは、日本でも近々そうなると考えられますね。




2.TokTokに対抗。続々リリースの「短尺動画」





:続いてのトピックは「短尺動画」です。短尺動画の盛り上がりは、TikTokの流行が関係していると考えています。

TikTokは2017年にリリースされ、今では世界各国の若者の間で人気のアプリです。このTikTokに対抗するため、各SNSでは縦型短尺動画の機能を続々とリリースしています。

例えば、Instagramでは、2020年8月にリリースしたショート動画機能「リール」を、2022年6月から注力し始めています。注力ポイントとしては、次の3つが挙げられます。

①15分未満の動画は今後すべてリール扱いとなる
➁リールが簡単に作成・編集できる複数のツールを提供
③お気に入りのフィード投稿か、リール動画の投稿をプロフィールのトップに固定できる新機能を導入










岩間:Instagramが、リールに注力していることがよくわかりますね。










:数値としても結果が出ています。ヴァリューズのデータを使って、リールページのセッション数の推移を見ると、注力し始めた6月以降で一気にセッション数が増えていることがわかるんです。








:さらに9月からは、Twitterも「Videos for you」という動画機能をテストしています。短い文章でリアルタイムな情報を好むTwitterユーザーに、どこまで普及するかを見ているそうです。ユーザーに積極的に利用してもらうというよりは、テストがメインの目的であると公式発表されています。日本では現状未対応の機能ではあるものの、近々やって来るのではと思っています。

このように、様々な媒体が2022年から短尺動画の機能に注力し始めている姿勢を見ることができます。










岩間:みんな注力し始めたということは、逆に言うとどこも同じような機能があるといった印象を受けてしまいますね…。










:おっしゃる通り、日本の各主要SNSを機能面から見ると、差がどんどん少なくなっている状況です。

9月にアメリカのメタ社が実施した内部調査の結果によると、Instagramのリール動画の視聴時間は、TikTokの1割未満であることがわかりました。この要因として、同社が挙げているのが、オリジナルコンテンツの不足です。どのSNSでも似たような投稿がされているということですね。

このような課題を解決するために改めて注目されているのが、最後のトピックにもつながるインフルエンサー(クリエイター)の存在です。




3.オリジナルコンテンツを強化。「インフルエンサー収益化強化」





:どのSNSでも似たような投稿がされてしまう、オリジナルコンテンツ不足問題。対策として各SNSは、オリジナルコンテンツを生み出すインフルエンサーのモチベーションを上げる様々な取り組みを行っています。

例えば、TikTokでは2022年1月に動画へのギフティング機能を発表しました。視聴者は動画を見て「いいな」と思えば、投げ銭のようにお金やギフトを投稿者に送ることができます。そうすることで、インフルエンサーの新しいコンテンツを制作するモチベーションも上がると考えられます。

対してInstagramは、6月に独自コンテンツを上位に表示するアルゴリズムにアップデート。9月にはインフルエンサー向け収益化支援ツール「Gifts」のテストを開始するなど、複数の動きが見られます。

YouTubeも9月に、短編動画「ショート」の制作者に広告収入の45%を還元する仕組みを導入する、と発表しました。








岩間:各SNSが同じような機能を持っている状況では、インフルエンサー自身も、どのSNSを使おうか迷ってしまいますよね。だからこそ、収益化をはじめとして、SNS側がインフルエンサーに対してメリットがある状態を生み出す流れを感じました。










:このようにインフルエンサーが活躍できる場が整えられてきていることから、今回「インフルエンサー収益化強化」も注目すべきトピックとしてピックアップしました。




SNS最新動向を踏まえ、マーケターがとれる対策





:今回説明したことをまとめたうえで、今後の対策についてお話します。

1つ目の「ワンストップ送客」に関しては、今後SNS上で認知から購買までをワンストップで完結できるようになると説明しました。

Web広告やSEO周りをメインで展開していて、まだSNSを活用していない企業も少なくないのではないでしょうか。しかし、今回お伝えしたように、今後SNSにおける動線がより明確になっていく可能性を考えると、SNSでファンを蓄積していくことが必要です。今のうちにSNSを活用したマーケティングに取り組むことをおすすめします。

2つ目に紹介したトピックは「短尺動画」でした。各SNSが続々と短尺動画機能を展開し始めています。すでにSNSを活用しているけれど、まだ短尺動画に取り組んでいないという企業は、ぜひ活用してみてください。
また、各SNSが短尺動画機能をリリースすると同時に、機能面での差別化ができなくなっているという話もしましたね。だからこそ、媒体の特徴やユーザーの特徴、利用目的などを把握したうえで、自社の商品やサービスに合うSNSで施策を展開することが大事になってくると考えます。

最後の「インフルエンサー収益化強化」は、各SNSで支援に力を入れていることもあり、今後もっと熱くなっていくトピックだと思います。

企業が行える対策としては、自社の公式発信だけでなく、インフルエンサーなど第三者による発信にも力を入れていくことです。インフルエンサーマーケティングを実施するときには、企業がインフルエンサーに「こういう感じで紹介してほしい」と一方通行に働きかけるのではなく、インフルエンサーのやり方を尊重し、インフルエンサーを信頼しにいく姿勢が非常に重要になっていくでしょう。








岩間:ありがとうございます。主要SNSの最新動向をばっちり復習できました!










:以上、1月のコンテンツマーケティング動向「SNS編」でした。次月のネタも楽しみにお待ちください。






本記事でご紹介した、コンテンツマーケティング最新動向レポートは下記フォームから無料でダウンロードできます。ぜひお申し込みください。

ホワイトペーパーダウンロード【無料】|コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年1月版)

資料のダウンロードURLを、ご入力いただいたメールアドレスに送付させていただきます。
ご登録頂いた方にはVALUESからサービスのお知らせやご案内をさせて頂く場合がございます。

この記事のライター

IT企業でコンテンツマーケティングに従事した後、独立。現在はフリーランスのライターとして、ビジネスパーソンに向けた情報を発信しています。読んでよかったと思っていただける記事を届けたいです。

関連する投稿


Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

2023年、マーケターが押さえておきたいトピックのひとつに、Instagramを活用した「クリエイターマーケティング」が挙げられます。今回は、クリエイターマーケティングをテーマに、Facebook Japanの相原氏と、ヴァリューズの岩間と蒋が対談。期待される効果や施策を行う際のポイント、企業活用事例などをお届けします。


ZenlyやMirrativなど...多様なSNSを使い分けるZ世代のインサイトとは?【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

ZenlyやMirrativなど...多様なSNSを使い分けるZ世代のインサイトとは?【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。今回のテーマは、現代のマーケティングにおいて欠かせない「SNS」です。Z世代は「SNSネイティブ」と呼ばれるほど、SNSとの親和性が高いイメージがありますが、実際はどのようなアプリが使われていて、ミレニアル世代とはどのような違いがあるのでしょうか。Z世代ならではの使い方など、リアルな声を取り入れつつ、最新の利用実態を調査していきます。


ページの評価指標「EAT」が「EEAT」に!「経験」追加の影響や対策を解説|「2023年1月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

ページの評価指標「EAT」が「EEAT」に!「経験」追加の影響や対策を解説|「2023年1月 コンテンツマーケティング最新動向レポート」

2022年12月、ページ品質を評価するための基準「EAT」に「Experience = 経験」が追加され、「EEAT(ダブル・イー・エー・ティー)」へ変更されました。SEOに携わっているマーケターの中には、影響が気になっている人もいるのではないでしょうか。今回は、ヴァリューズのマーケティングコンサルタントがEEATについて解説。起こりうる影響や対策を解説していきます!


コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年1月版)|ホワイトペーパー

コンテンツマーケティング最新動向レポート(2023年1月版)|ホワイトペーパー

国内外のSNSトレンドやSEO対策など、コンテンツマーケティングに関する最新情報を毎月まとめてご紹介。SNS編では、①SNS上で認知~購買のワンストップ総客 ②短尺動画の盛り上がり ③インフルエンサー支援施策 といった、2022年のSNS動向の振り返りで新年をスタートします。SEO編では、Googleが質の高いコンテンツとして評価する指標が、従来のEAT(専門性・権威性・信頼性)からEEATに変更され、「経験」の要素が加わったというトピックについて解説しました。


【2023年SEOトレンド】日本最大級のSEOデータベースから解き明かす動向予測|セミナーレポート

【2023年SEOトレンド】日本最大級のSEOデータベースから解き明かす動向予測|セミナーレポート

コンテンツマーケティングの「要」の一つであるSEO。GoogleのAI/機械学習の発展により、アルゴリズムの変化は複雑化し、どういった変動が起きているかは、プロの知見を持ってしても難しくなっています。本セミナーでは、消費者のWeb行動ログデータやクローリングデータ、各種APIサービスを組み合わせた日本最大級のSEO研究データベースを持つヴァリューズが、ビックデータ分析をもとにした2023年のSEOトレンド予測を解説。詳細なセミナー資料は無料でダウンロードできます。記事末尾のフォームよりお申し込みください。


最新の投稿


【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

【TVドラマランキング】Twitterで世界トレンドに!若年層の心をつかんだ「silent」が人気

近年動画配信サービスが普及し、時間や場所にとらわれず様々なジャンルの動画を手軽に視聴できるようになりました。テレビ離れが幅広い年代で囁かれている時代、話題になるテレビドラマとは、どのようなものなのでしょうか。今回は、2022年10月~12月に放送されたドラマについて、認知度や視聴方法、満足度、満足理由などをランキング化。その実態を探りました。


Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

Does Gen Z Prefer Apps Over Websites When Online Shopping?

The Gen Z data analysts at VALUES, Inc. analyzed behavioral data regarding the online shopping consumption among Generation Z. It is said that Gen Z prefers “e-commerce apps” over “e-commerce websites,” but what is true? We will dig deeper, incorporating the honest voices of the Gen Zers.


検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

検索順位をチェックし競合分析できる無料ツール「SEOチェキ!」と「SEOTOOLS」とは

競合サイト分析に使える無料ツール「SEOチェキ!」「SEOTOOLS」について。知名度がありキーワードの検索順位などもチェックできますが、ツールとしての世代が古い感は否めません。SEOチェキ!とSEOTOOLSの特徴や使いどころ、検索順位が競合分析にどう役立つかを解説します。


Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

Instagramにおける「クリエイターマーケティング」 ~ 注目高まるクリエイターエコノミーと企業活用事例

2023年、マーケターが押さえておきたいトピックのひとつに、Instagramを活用した「クリエイターマーケティング」が挙げられます。今回は、クリエイターマーケティングをテーマに、Facebook Japanの相原氏と、ヴァリューズの岩間と蒋が対談。期待される効果や施策を行う際のポイント、企業活用事例などをお届けします。


地産地消 ~ 道の駅と食育から

地産地消 ~ 道の駅と食育から

近年注目されつつある「地産地消」。この裏には、人気のお出かけスポットとしての「道の駅」が一役買っています。単なる観光客向けの食品・工芸品の販売だけではなく、地元の生活者の糧としても活用され、そして何より子供たちの「食育」にも繋がることで、「地産地消」の循環の輪は広がっているようです。そのような「地産地消」のメリット・デメリットを含めた実情を、広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が解説します。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら