「怠け者経済」下の中国で、人気を集める日用品を調査

「怠け者経済」下の中国で、人気を集める日用品を調査

中国では多忙な日々の中、家で休める時間はますます貴重なものとなり、「怠け者経済」と呼ばれる新しい消費スタイルが流行しています。家事などにおいても、時間と労力をいかに節約するかが重要視されているのです。 マナミナでも、過去に怠け者経済下の美容や家電トレンドについて取り上げてきました。本記事では「日用品」に注目し、現代中国の「怠け者経済」が産んだ新しい日用品トレンドについて紹介します。


怠け者経済下の中国人の消費

怠け者経済下の生活スタイルは、新たな消費者のニーズを生みだしました。CBNDataが発表した「年轻人智慧生活洞察报告(若者の生活の知恵洞察報告)」によると、「懒人神器(怠け者の神器)」というキーワードは2020年11月においては30万回以上検索され、2019年と比較し200%の増加を見せました。また、2020年、消費者が「怠ける」ために消費した金額は1000億元を突破し、中でも90後や95後と呼ばれる、1990年代生まれの若者の「怠けるために消費する」金額の増加速度が最も早いことが窺えました。

ジェルボール(洗衣凝珠)

精致懒」という価値観が現代中国の若者たちの間で広まっています。「精致懒」とは「手間をかけずに質の高い暮らしを」というニュアンスの言葉です。生活の質が向上していくに伴い、消費者は洗濯においても更なる清潔さを求めるようになりました。その結果、中国の洗濯関連製品の精緻化と高品質化の発展をもたらしたのです。

ジェルボールは両手を汚すことなく使用でき、頑固な汚れも素早く有効に落とせると、「精致懒」の価値観に合致した製品です。2016年に中国国内のジェルボール市場は盛り上がりを見せ始め、当初1億元前後しかなかった市場規模は、2018年には3億元と、同年比200%の増加を記録。2020年には市場規模は11.6億元に達し、年平均成長率は273.3%にのぼります。さらに市場規模は、2021年には15億元前後にまで到達すると見込まれました。

また、ジェルボールの主な消費者は90後、95後といった1990年代生まれで、全体の55%を占めています。ジェルボールの便利さは、特に若い世代を惹きつけていることが分かります。

記事をもとに、ヴァリューズが作成
出典:中国洗衣凝珠市场现状及格局分析,疫情助力产业快速扩张「图」

中国国内において最も注目を集めている、ジェルボールを販売している企業は立白(Liby)です。立白(Liby)は昨年2022年のダブルイレブン(11月11日)商戦期間のみで、7000万粒以上のジェルボールを売り上げ、ジェルボール部門のランキングの首位に立ちました。
中国のジェルボール市場の規模はこれからも成長し続けることが見込まれ、ジェルボール業界は更なる発展が訪れるでしょう。

ドライシャンプー(免洗发喷雾)

忙しい人々にとって、朝の身支度と化粧の時間はとても貴重なものになっており、より効果的で便利な道具が求められるようになっています。その一つがドライシャンプーです。「髪を洗う時間がない」「髪を洗うのは面倒くさい」「だけど人前での良いイメージは保ちたい」と思う人々は、ドライシャンプーを使って頭髪の清潔感の維持を試みています。

「免洗喷雾(ドライシャンプー)」と検索すると、小紅書(RED)では3万件以上の関連投稿、天猫(Tmall)では7万件以上の関連商品が見られます。

ドライシャンプーは缶スプレー状の商品が主流となっています。中国のブランド诗裴丝(Spes)はドライシャンプー製品の中で最も注目を集めており、天猫(Tmall)の旗艦店では、ひと月で5万本以上の売上を記録しました。同時に、京東商城(JD.com)ではシャンプー部門のランキングで140日間連続1位を維持しました。诗裴丝(Spes)はさらに2億元の融資も受けており、ここからもいかに市場から注目を集めているか窺えます。

加工調理済み食品(预制菜)

2022年は、加工調理済み食品が大きな話題に。「#年越しの加工調理済み食品、消費の7割が若者」、「#95後の怠け者式加工調理済み食品調理」などが度々weiboのトレンドに上がりました。

艾媒咨询が発表した「2022年中国预制菜行业发展趋势研究报告(2022年中国加工調理済み食品業界発展趨勢研究報告)」によると、2021年の加工調理済み食品市場規模は3459億元に達し、同年比19.8%の増加を見せました。さらに2023年には5100億元、2025年には8000億元、2026年には1億元を突破する見込みだと予測しています。

预制菜の商品例

さらに、「2022年中国预制菜行业发展趋势研究报告」は、若者がより加工調理済み食品を受け入れていることを明らかにしています。22歳から31歳までの消費者は全体の43%を超え、中国の都市階級の一線都市及び二線都市の消費者は全体の80%以上を占めています。加工調理済み食品を求める人は「時間を節約でき、かつ美味しい」ものを求めています。これらの結果から、仕事が忙しく生活リズムが速い都市部において、「作れない、美味しくない、時間がない」といった料理における問題を加工調理済み食品が解決してくれるからこそ、人気を集めていることが分かります。

天猫(Tmall)が発表した「2022中国预制菜数字消费报告(2022年中国加工調理済み食品データ消費報告)」によると、2021年において最も消費された加工調理済み食品はインスタント食品で、売上額は全体の60%近くを占めました。次いで冷凍火鍋食材や、冷凍餃子と冷凍饅頭(下記のグラフではまとめて冷凍面点と総称されています)が並びました。

記事をもとに、ヴァリューズが作成
出典:中国预制菜数字消费报告(2022)

また、調理済み食品は直接消費者の手に渡るものだけではありません。レストランなど飲食業界へ向けられるBtoB商品として取引されるものが、加工調理済み食品市場の8割を占めています。各飲食店の店員は調理工程の簡略化ができたり、料理時間を短縮できたり、チェーン店では味の画一化を達成できたりなど、調理済み食品の使用は経済的な選択となっています。

スマート調理器(自动炒菜机,智能炒菜机)

料理関連では、スマート調理器も人気を集めています。毎日の忙しい生活に疲れて、料理をする時間も体力もない人々は、簡単に手早く調理ができ、片付けも楽で、その上美味しい料理が作れるスマート調理器を重宝しています。

自動調理器やスマート調理器は数百通りものレシピを内包しており、さらに中国各地域の料理系統に合わせ味付けも多様。異なる地域の人々の食事習慣に適応が可能です。操作も簡単で、案内に基づいて材料を入れるだけで、数分後には美味しい料理が出来上がります。スマート調理器は市場規模が2014年の2744億元から、2020年には8365.2億元にまで伸び、年平均成長率は20.41%に達しており、消費者の強い需要を示しています。

捷赛(Gemside)が販売している自動調理器の商品例。一台の自動調理器だけで、様々な調理方法で多様な料理が作れることを表している。

スマート調理器の市場は将来的な発展が見込めるため、多くの企業の関心を集めています。既に美的集団、苏泊尔、赛米控、捷赛厨电、饭来、圈厨などのブランドが自動調理器を製造しており、今後も業界内の競争が激しくなっていくことが予測されます。

まとめ

現代中国では、都市部に住む若者を中心に「手間をなるべくかけずに質の高い暮らしを送りたい」と考える人が増えています。本記事で取り上げた日用品は、そんな人々のニーズを満たすために作られ、市場規模を拡大してきました。「怠け者経済」と呼ばれる現代中国の新しい消費トレンドが続く限り、人々のニーズを満たせるような商品の市場規模は今後も広がり、更なる商品も生まれていくことが考えられます。

参考URL

中国洗衣凝珠市场分析报告-市场竞争策略与发展动向前瞻
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1752879382191377978&wfr=spider&for=pc
中国洗衣凝珠市场现状及格局分析,疫情助力产业快速扩张「图」
https://m.163.com/dy/article/GTE98FUI05387IEF.html
双11连续霸榜超46个榜单 Liby立白售7000万颗凝珠再创新高
https://www.163.com/dy/article/HMABPBST0525F4AU.html 
“挑战不洗头+1天”,懒人经济带动洗护发的新增长点
https://www.jiemian.com/article/7348145.html
不爱洗头也是商机,这个本土品牌靠免洗发喷雾拿下2亿融资
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1720376477496560647&wfr=spider&for=pc
疯狂的预制菜:谁在买?哪些火?
https://www.pingwest.com/a/271970
《2022年中国预制菜行业发展趋势研究报告》发布 预制菜产业能否突出重围
http://www.cnfoodnet.com/index.php?c=show&id=3948
中国预制菜数字消费报告(2022)
http://www.logclub.com/articleInfo/NTExMTA=
懒人福音,自动炒菜机问世,未来发展前景如何?
https://baijiahao.baidu.com/s?id=1743931116296817290&wfr=spider&for=pc
智能炒菜机市场规模持续增长
https://www.163.com/dy/article/H9BO10FB0511UCNV.html

この記事のライター

早稲田大学在学中。

関連する投稿


中国Z世代の新しい消費トレンド「逆消費」とは

中国Z世代の新しい消費トレンド「逆消費」とは

2023年の年末から中国のSNSで「逆消費」というホットトピックが現れ、今日まで人気が続いています。急速に変化している中国社会では常に新しい消費観念や消費トレンドが生まれており、この記事では現在の中国のZ世代において最も流行している消費トレンドである「逆消費」について紹介します。


中国の若者に人気!生活の各分野で広がる「新中式」スタイルを調査

中国の若者に人気!生活の各分野で広がる「新中式」スタイルを調査

2023年に大流行した“新中式”。新中式とは、中国の伝統的な要素と現代的な要素を融合させたスタイルを指します。この新中式の流行は発展変化しており、小紅書が発表したデータによると、ファッションのみならず、メイク、グルメ、インテリアなどの領域にも次々と広がっています。それらに関する投稿は実に前年同期比350%以上の増加となりました。この記事ではファッション、グルメ、インテリアに焦点を当て、新中式がどのように広がっているのかを紹介します。


中国冬季の新トレンド「冰雪消費」を調査

中国冬季の新トレンド「冰雪消費」を調査

現在中国では、冬季のウィンタースポーツや雪祭り、氷祭りなどの「冰雪経済」「冰雪消費」が盛んになっています。政策の支援や商品の刷新などのプラスの影響を受け、「冰雪消費」は著しく増加しています。本記事では中国における冰雪消費の盛り上がりをデータで確認し、活発な冰雪旅行やウィンタースポーツ関連事業の具体例を紹介します。


ポストコロナ時代における「中国のペット経済」の発展状況とトレンド

ポストコロナ時代における「中国のペット経済」の発展状況とトレンド

中国の独身者の増加と消費能力の向上に伴い、若者の一人暮らしがますます定番化してきています。ペットは人も精神的な支えにもなるため、独身の若者たちのパートナーとして徐々に位置づけられ、ペット経済もそれに伴って成長しています。ポストコロナ時代に中国のペット経済の発展状況や新しいトレンドについて、本稿で詳細にご紹介します。


ポストコロナ時代における中国人の消費変化

ポストコロナ時代における中国人の消費変化

「コロナ時代が過ぎた後、中国は一波の消費ブームを迎えるだろう」という予測の声が上がりました。しかし、「三亜旅行ブーム」を除いて、中国人の消費ブームは現れず、その代わりに中国人はむしろ借金の返済や預金に熱心でした。新型コロナウイルスが終息した後、中国人の消費能力は本当に低下し、もはや消費に熱心ではなくなったのでしょうか?それとも、中国の消費者の消費行為にはどのような変化が起こったのでしょうか?この記事ではポストコロナ時代における中国の消費トレンドの変化を解説します。


最新の投稿


Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

Analyzing dramas, anime, and games is getting popular among young people! Why is it trending?

In recent years, there have been lots of “analysis” content, especially popular among young people. They cover a range of subjects, and platforms for expressing insights and “analysis” in writing is gaining popularity. Let's look at data to understand its popularity, different from that of “spoilers” or “synopsis”!


Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

Z世代の6割以上が「推し」経験済み!推し活の意義は"毎日を楽しくするもの"【MERY調査】

株式会社MERYは、Z世代の男女を対象に「Z世代の推し活事情」について調査を実施し、結果を公開しました。


ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

ケーススタディ(環境分析のアウトプット)|現場のユーザーリサーチ全集

リサーチャーの菅原大介さんが、ユーザーリサーチの運営で成果を上げるアウトプットについて解説する「現場のユーザーリサーチ全集」。今回は、ケーススタディ(環境分析のアウトプット)について寄稿いただきました。


約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

約8割の企業がリアル・ハイブリッドイベントを開催!イベント1回あたりの平均予算は4割以上が500万円以上~2,500万円未満【グローバルプロデュース調査】

株式会社グローバルプロデュースは、大企業(1,000名以上)に勤務する社内イベントの企画に携わる会社員を対象に、リアルイベントの効果に関する実態調査を実施し、結果を公開しました。


10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

10〜50代のTikTok利用率が最も高いのは21〜24時!Z世代は放課後の利用が多い【Utakata調査】

株式会社Utakataは、10〜50代の男女を対象に、「TikTokを閲覧する時間帯」に関する調査を実施し、結果を公開しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ