タイにおける日本食の人気。タイで成功する秘訣とは

タイにおける日本食の人気。タイで成功する秘訣とは

タイでは近年日本食ブームが起きています。タイの大型ショッピングモールに行くと、日本食レストランの多さに驚くほど。タイにおける日本食レストランの数は年々増加傾向にあり、今後も増えていくと期待されています。そんな日本食レストランのお客さんの大半は、在留邦人ではなくタイ人客です。では、なぜタイではこれほど日本食が人気なのでしょうか。日系和食チェーン店のタイでの経営スタイルの分析から、タイでの成功の秘訣を見ていきます。


タイにおける日本食ブーム

タイで日本食ブームが起きている主な理由としては、
・平均寿命の伸びやコロナ禍による健康志向の高まり
・経済成長による中・高所得層の増加

などが挙げられます。

また日本への旅行客の増加に伴い、その追体験をするためにタイで日本食レストランを訪れる人も増えています。彼らは、タイの屋台で売られているようなタイ人によってアレンジされた日本食ではなく、日本と同じクオリティーの本物の日本食を求めているのです。

タイに進出している日系和食チェーン店

タイでの日本食ブームを象徴しているのが「スシロー」です。タイではコロナ禍の2021年3月に1号店をオープンして以来、勢いを弱めることなくバンコクを中心に次々と新店舗を展開しています。私が訪れた際には、1号店がオープンして半年が経っていたにも関わらず3時間待ちという人気ぶりでした。2023年7月現在は、17店舗展開されており、スシローの店舗数は今後も増えていくと予想されます。

左:オープンから半年後のセントラルワールド店(1号店)の様子
右:タイバージョンのメニュー表(2021年オープン直後)

タイのスシローでも、店内ではスタッフの「いらっしゃいませ」の声が響いていて 、日本と変わらないおもてなしと美味しさでお寿司が提供されています。しかし、価格は一皿あたり40〜120バーツ(約160〜480円)と日本よりも高く設定されています。ではなぜ、コロナ禍にオープンし、日本よりも高価であるにも関わらずこれほどまでにスシローは人気なのでしょうか。

それはコロナ禍でなかなか日本に旅行に行けないことが起因しています。 日本と同じ回転寿司のスタイルとクオリティーで提供されるスシローに行けば、日本に行かずとも少しでも日本らしさを味わうことができるのが、人気が出たきっかけの一つかも知れません。また、タイではスシローと同じクオリティーの回転寿司は他になく、唯一無二の存在であることも支持を得続けている理由でしょう。

寿司の次に人気がある日本食はラーメンです。タイには一風堂やフジヤマ55など、いくつか日本の人気ラーメンチェーン店がありますが、その中でも特にタイ人に定着していて人気が高いのが「8番ラーメン」です。

タイの8番ラーメン公式ホームページ

8番ラーメンは石川県で創業し、北陸三県を中心に全国で132店舗を構えるラーメンチェーン店ですが、何とタイでは日本よりも多い151もの店舗数を構えています。ラーメン一杯の平均価格は約110バーツ(約440円)と、タイの物価に合わせたお手頃な価格設定になっています。また、メニューもタイ人の好みに合うよう工夫がなされており、タイ限定オリジナルメニューであるトムヤムクンラーメンや日本のメニューにはない焼きそばなどが揃っています。

また、様々なものを少量ずつ食べることを好むタイ人の趣向に合わせて麺の量を少なめにし、サイドメニューには麺以外の豊富なメニューを少量ずつ用意しています。さらに、タイ人の食事には欠かせない唐辛子や砂糖、お酢も各テーブルに置かれていて、自分好みに味付けをすることもできます。タイの文化やタイ人の食事スタイルに合わせて上手くローカライズしたことが、成功の鍵と言えるでしょう。

タイから撤退した日系和食チェーン店

タイに進出している日本食レストランの全てが成功しているという訳では決してありません。その例として、赤字が続き2022年3月にタイから完全撤退した「丸亀製麺」が挙げられます。2012年に1号店をオープンして以降、店舗数を増やしていったものの、赤字の状態が続き、ついには閉店となりました。メニューにはトムヤムうどんなど、8番ラーメンが行っているようなタイ人好みのメニュー作りも成されていました。

では日本では圧倒的な支持を得ている丸亀製麺が、なぜタイでは受け入れられなかったのでしょうか。

その原因の一つとして、注文から食器の返却までを一貫してセルフサービスで行うという日本の方式をそのまま導入したことが、タイの文化とは合わなかった可能性が考えられます。タイではフードコートでの食事でさえ、食器を返却するという仕組みがなく、食べた後の食器はそのままテーブルに置いておけば、必ず店員さんが片付けてくれます。そのため、丸亀製麺では「食べた後の食器を自分で直さないといけない」という仕組みに、煩わしさや違和感を感じたタイ人は少なくないはずです。

まとめ

これまでの3社の日経和食チェーン店の事例を比較すると、
・日本と同じメニュー・クオリティ・スタイルを徹底し、日本らしさが新鮮で受け入れられた事例
・様々な面からタイ人の文化や趣向に合わせ、ローカライズしたことで受け入れられた事例
・タイ人の趣向に合わせる工夫をしつつも、日本のスタイルを押しつける形になってしまった事で受け入れられなかった事例
に分けられます。

決してローカライズする事だけが正解ではなく、その国の文化や趣向をしっかりと理解し、その経営スタイルが受け入れられるかどうかしっかりと見極める事が大切でしょう。

この記事のライター

大阪大学外国語学部でタイ語を勉強中。タイのカセサート大学に約一年間留学をし、それまで知らなかったタイの文化やタイ人の優しさに触れ、タイがいつしか心のふるさとに。老後はタイ移住も検討中。

関連するキーワード


タイ

関連する投稿


Japanese “omakase” meets Thai food culture! What are the reasons for its popularity?

Japanese “omakase” meets Thai food culture! What are the reasons for its popularity?

Japan’s “omakase” is becoming popular in Thailand. “Omakase” is often associated with luxury, and in Thailand, it can be 10 to 100 times the price of food stalls and other restaurants. We explore how the Thai culture of dining out, the growing middle-income class, and the social media contributed to its popularity.


タイの食文化に日本の「おまかせ」がブーム!人気の理由はタイの食文化やSNSの利用率が関係?

タイの食文化に日本の「おまかせ」がブーム!人気の理由はタイの食文化やSNSの利用率が関係?

タイでは長年日本食ブームが続いていますが、日本の高級料理店で見られる食文化「OMAKASE(おまかせ)」が流行しています。日本でも「おまかせ」というシステムは高級料理店のイメージがありますが、タイでお任せのシステムを取り入れている店舗は屋台やその他の飲食店と比べると10~100倍を超える価格帯の店舗もあります。タイの食文化に「おまかせ」が流行しつつある背景には、タイの外食文化や中間所得層の増加、SNSの使用率などが挙げられます。本記事では、タイの文化の解説に加え、日本の文化である「おまかせ」が流行している理由について解説します。


Thai cosmetics are trending among Gen Z? The appeal of Thai cosmetics is evolving in its own unique way

Thai cosmetics are trending among Gen Z? The appeal of Thai cosmetics is evolving in its own unique way

Following the “Korean” and “Chinese” trends among Gen Z, the popularity of “Thai cosmetics” and “Thai beauty” is growing on social media. We will introduce the appeal of “long-lasting” Thai cosmetics that remains “smudge-free” in the hot and humid climate of Thailand and that continue to evolve in its own unique way.


タイ人のオーラルケア事情を調査。タイ人の「習慣」「購買」「悩み」とは?

タイ人のオーラルケア事情を調査。タイ人の「習慣」「購買」「悩み」とは?

ヴァリューズが保有するタイ国内パネルのアンケート回答や行動ログデータを集計し、タイ人のオーラルケア事情を調査しました。タイ人のオーラルケア周りの習慣や認知、購入行動、悩みを理解し、購買活動へ生かしていく手法までを紹介していきます。 ※詳細なセミナー資料は記事末尾のフォームから無料でダウンロードできます。


Z世代の新トレンドはタイコスメ?独自の進化を続けるタイ流コスメの魅力まとめ

Z世代の新トレンドはタイコスメ?独自の進化を続けるタイ流コスメの魅力まとめ

Z世代トレンド「韓国」「中国」に続き、SNSで「タイコスメ」や「タイの美容」がZ世代トレンドとして急上昇しています。今回は、高温多湿なタイで「落ちにくい」「崩れない」など独自の進化をし続けるタイコスメの魅力を紹介します。


最新の投稿


Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

Z世代就活生の約7割が出社中心の働き方を希望!ある程度拘束されても手取り足取り教えてほしい【電通調査】

株式会社電通は、2024年卒または2025年卒業予定の全国の大学生・大学院生を対象に、就職活動に関する意識調査「Z世代就活生 まるわかり調査2024」を実施し、調査結果を公開しました。


データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

データ分析のヴァリューズが「競合分析ガイドブック」を公開 ~ 商品企画からプロモーションまで、知っておきたい 6つのフレームワーク・8つの事例・19の分析ツールを徹底解説 ~

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、運営するデータマーケティング・メディア「マナミナ」にて公開した記事から厳選し、知っておきたい6つのマーケティング・フレームワーク、8つの事例、19の分析ツールを収録した「競合分析ガイドブック」を公開しました。


交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

交渉学を深める ~ 英知ある交渉とは

さまざまなビジネスシーンで見られる「交渉」。よりスマートにお互いの利益を引き出す交渉を行うにはどのような知識とスキルが必要となるのでしょうか。また、現在持ち合わせているあなたの「交渉能力」をアップデートするためには、どのような「交渉術」を備えるべきなのでしょうか。本稿では広告・マーケティング業界に40年近く従事し、現在は株式会社創造開発研究所所長を務めている渡部数俊氏が「交渉」概念の基礎から、さらに深い「交渉学」の世界まで解説します。


悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

悩みを抱えた人の語りからこころと社会を学ぶ「夜の航海物語」のススメ〜現代社会とメンタルヘルス〜

「カウンセリング」と聞いて、どんな印象を持ちますか?専門家とともに自分のこころを見つめる経験は、その後の人生の糧にもなります。臨床心理士の東畑開人氏の著書「なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない」(新潮社)は、気付かないうちにあなたも染まっているかもしれない、孤独に陥りがちな現代社会の価値観に気づかせてくれます。「読むセラピー」と称された、カウンセラーとクライアント(依頼者)の夜の航海物語を、精神保健福祉士の森本康平氏が解説します。


Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio、「顧客エンゲージメント最新動向」を発表 データ使用状況の開示と高い透明性の重要性を明らかに

Twilio Japan合同会社は、「顧客エンゲージメント最新動向」の日本語版を発表しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

ページトップへ