アンケート×ログで見る、SNS利用動向調査

アンケート×ログで見る、SNS利用動向調査

どんな目的で各SNSを利用し、企業公式アカウントをフォローして、商品を買っている?約1万人のアンケート調査とアクセスログ分析を行い、LINE、Facebook、Twitter、インスタなど主要SNSの利用目的を調査しました。


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、アクセスログと約1万人のアンケートデータに基づき、主要SNSの利用動向を分析しました。

2019年末には7,732万人と予測される日本のSNSユーザー (※1)。
近況の共有のための利用にとどまらず、電子メールや電話を含む主要コミュニケーションチャネルと化しています。
4年連続の2ケタ成長を続けるネット広告費でもSNS出稿が増加してチャネルとしての存在感が増すなか (※2)、フィード改変の影響も気になるところです。
SNS別の利用目的や広告、企業の公式アカウントに対する反応など、最新動向を調べました。

----------------
※1:ICT総研「2017年度 SNS利用動向に関する調査」http://ictr.co.jp/report/20171011.html
※2:電通「2017年 日本の広告費」http://www.dentsu.co.jp/news/release/2018/0222-009476.html
分析概要

分析概要

ヴァリューズが保有する全国の行動ログモニター会員の協力により、アンケート回答データ、スマートフォンのサイト・アプリの利用データをもとに、LINE、Facebook、Twitter、Instagramの4SNSの利用ユーザーの動向を調査した。
ログデータは、2018年1月1日~1月31日のデータを対象に調査。ヴァリューズ保有のAndroidスマートフォンモニタ(20代以上)での出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
アンケートデータは、20代以上の男女を対象に、2018年2月16日~2月23日にアンケート調査を実施し、9,245人の回答を集計・分析。性年代別人口とネット利用率に合わせたウェイトバック集計を行った。

考察サマリ

ほぼ毎日立ち上げるユーザーの割合が一番高いのはLINE。次点のTwitterも4割近くがほぼ毎日起動。

ログデータから各SNSの月間アプリ起動日数を調べたところ、ほぼ毎日立ち上げるユーザーはFacebook, Twitter, Instagramで3割~4割程度、LINEは7割近くに迫りました。

図1 月間SNS起動日数

LINEは老若男女が利用、20-30代は複数SNSを使い分け

アンケートで性別・年代層別に利用しているSNSをたずねたところ、男性は全体の75.4%、女性は87.7%がLINEを利用。「最も利用するSNS」でも全体で69.7%とFacebook5.6%、Twitter8.0%、Instagram3.6%を大きく引き離しました。LINEは40代以上の男性で7割前後ながら、他の性年代ではいずれも8割以上の回答者が利用しており、老若男女問わず受け入れられているようです。

20代女性はLINEの利用が9割を上回る一方、Facebook、Twitter、Instagramも5~6割が利用。4SNSをひとつも使っていないという回答が3.2%にとどまり、多くのSNSを使い分けていると考えられます。同様に20代男性も他の性年代に比べFacebookとTwitterが多かったものの、Instagramは1/3程度でした。

図2 性別・年代層別の利用SNS

連絡手段としてのLINE、友達の近況を知るにはFacebook

利用目的は各SNSの特徴を示す結果です。
LINEは「友達と連絡をとる」が87.2%に上り、その他の目的はほとんど見られません。
「友達の近況について知る」はFacebookが60.8%と他SNSを大きく引き離しました。

「暇つぶし」ではTwitter45.5%やInstagram40.7%、「芸能人・有名人の投稿を見る」はInstagram42.6%です。Twitterはこのほかタイムラインや検索による情報収集目的の利用も多いようで、連絡手段としての利用は9.5%にとどまりました。「自分の近況・意見を発信」は全体で20.4%と、主な利用目的ではなくなっているようです。

図3 SNSの利用目的

SNS広告への反応率は、LINEが一歩リード

Facebookのフィード改変で揺れるSNS広告ですが、ユーザーはどの程度利用しているのでしょうか。SNS利用時に表示される広告への反応(タップやクリック)を訊ねたところ、いずれのSNSも「よくする」「たまにする」合計は2割~3割となっていました。「よくする」14.5%、「たまにする」15.3%とLINEで比較的反応傾向が強くなっています。

図4 SNS広告への反応

LINEの公式アカウントフォローの目的は、スタンプやクーポン。

企業の公式アカウントのフォロー状況は、FacebookとInstagramが5割前後、TwitterとLINEは7割前後と大きく2傾向に分かれました。TwitterとLINEは6個以上の公式アカウントをフォローしているユーザーが3割を超えています。

図5 企業の公式アカウントのフォロー数

フォロー理由は、LINEで「スタンプをもらう」48.0%、「割引券やクーポンを受け取る」が40.9%に上りました。「最新の情報を受け取る」ではTwitter37.5%が最多ながら、Facebook33.9%やInstagram33.8%と大差ではありませんでした。
企業に対するエンゲージメントではInstagram「その企業・著名人が好き」33.8%、「著名人の近況を確認」30.6%が他SNSを引き離しています。

図6 企業の公式アカウントフォロー理由

企業の公式アカウントをフォローしないユーザーの主なコンタクトチャネルは、Yahoo!やauなどのポータルサイト

企業の公式アカウントを多数フォローしているユーザーとフォローしていないユーザーの行動の違いを、Instagramユーザーのサイト接触率の差異が大きいサイトから分析してみます。企業の公式アカウントをフォローしていないユーザーはGREEやau各種サービス、またYahoo!ニュースの接触率がフォローしているユーザーに比べて高く、主なコンタクトチャネルはポータルと言えそうです。
他方、公式アカウントフォローユーザーは、e+やオムニセブン、資生堂といった、公式アカウントの誘導先と考えられるサイトが上位に並ぶほか、NAVERまとめやアメブロなどがランクインしており、SNSの外でも、自分から積極的に情報を集めるようなユーザーであると考えられます。

図7 Instagramの企業公式アカウントをフォローしていないユーザーが見ているサイト

図8 Instagramの企業公式アカウントをフォローしているユーザーが見ているサイト

食中心にカバレッジの広いLINE、InsgtramとTwitterは得意ジャンルで突出

フォローしている企業の公式アカウントのジャンルは、SNSごとに特徴が出ています。LINEは比較的多くのジャンルをカバーしつつ、飲料・食品メーカー37.8%と飲食店30.8%が目立ちます。Instagramはファッションが37.8%、Twitterはエンターテイメントが38.7%と他SNSを引き離しました。

図9 フォローしている企業の公式アカウントのジャンル

企業の公式アカウント、購入経験者比率ではLINEが優勢

アンケートでは、企業の公式アカウントをフォローしているユーザーのうち約5割が、SNSの企業公式アカウントをきっかけにした商品やサービスの購入経験があると回答しています。
購入率においては、Facebook・Twitter・LINEの3SNSで、飲料・食品メーカーが一番高いことがわかりました。Instagramはファッションの購入率が高くなっています。

購入経験者比率が最も高いのはLINEで、他SNSが30%台なのに対して、LINEでは48.3%と、半数近くのLINEユーザーがLINEの企業公式アカウントきっかけでの購入経験があると回答しています。

図10 企業の公式アカウントがきっかけで購入したことがある商品・サービス
(各SNSで公式アカウントをフォローしているユーザーにおける購買経験者率)

関連記事

ソーシャルリスニングとは?活用方法とメリット・デメリット

https://manamina.valuesccg.com/articles/584

ソーシャルリスニングはTwitter・Instagram・Facebookなどのソーシャルメディア(SNS)を使って消費者の声を収集・分析してマーケティングに活かす方法です。消費者視点でのマーケティング戦略の立案や、自社が気づいていなかった指摘を得られるメリットがあります。

コロナ禍でTwitter・インスタなど、SNSユーザーの変化は?

https://manamina.valuesccg.com/articles/888

コロナ禍での「外出自粛」「巣ごもり」「おうち時間」といった生活の中、時間を持て余した人、リモートワークによって通勤時間が減りスマートフォンを扱う時間が減った人など、SNSに費やす時間は一体どう変わったのでしょうか。「eMark+」を用いて、4つのSNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)のユーザー数の変化とアプリのアクティブ率、2020年5月時点最新のアプリユーザーのデモグラフィックについて調査しました。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


【9/16(水)】新たな発見・次の打ち手に繋げるためにユーザー行動をどう読み解くか?~WEB行動ログデータを活用した事例と手法~【オンラインセミナー】

【9/16(水)】新たな発見・次の打ち手に繋げるためにユーザー行動をどう読み解くか?~WEB行動ログデータを活用した事例と手法~【オンラインセミナー】

新たな発見・次の打ち手に繋げるためにユーザー行動をどう読み解くか?<br>~WEB行動ログデータを活用した事例と手法~


ウィズコロナ時代の新たなビジネス機会を発見する「Listening型リサーチ」とは|セミナーレポート

ウィズコロナ時代の新たなビジネス機会を発見する「Listening型リサーチ」とは|セミナーレポート

私たちの消費行動を大きく動かした新型コロナ。観光業や外食産業を中心に多くの事業者が経営不振に苦しむ一方で、コロナ禍需要を掴んだ新たなビジネスが頭角を現しています。 このような中、企業ではウィズコロナ時代に向けた新たなビジネス開拓が活発化。しかし、コロナ禍で変わり果てた社会において、従来のリサーチ手法では潜在ニーズやビジネス機会を見つけ出すことが困難だという声も聞かれます。 8/28,9/9にヴァリューズが開催したオンラインセミナーでは、新しいビジネス機会を発見するための手法として、「Web行動ログを活用したListening型のリサーチ手法」を紹介。有効なアプローチやプロセスを紐解きました。本稿はそのレポートをお届けします。


withコロナで変化する消費者意識を調査 ~ 増えた在宅時間を有意義に活用したい「自粛ポジティブ派」が約7割に

withコロナで変化する消費者意識を調査 ~ 増えた在宅時間を有意義に活用したい「自粛ポジティブ派」が約7割に

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、国内の20歳以上の男女10,003人を対象に、新型コロナウイルス感染拡大前後での在宅時間の増減と、在宅時間増加による行動や意識変化をアンケートにて調査しました。


ロックダウン前後の中国人の行動・消費意識変化を調査 ~ 休日の過ごし方は“ネットショッピング”が継続1位

ロックダウン前後の中国人の行動・消費意識変化を調査 ~ 休日の過ごし方は“ネットショッピング”が継続1位

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国の20~40代の男女1,071人を対象に、新型コロナウイルス感染拡大およびロックダウンによって中国人の消費意識がどのように変化したのかアンケート調査を実施しました。


「楽器に関心のある人ってどんな人?~性別、楽器『ギター』『ピアノ』『ベース』ごとに行動データ×意識調査から人物特徴をあぶり出す」レポート

「楽器に関心のある人ってどんな人?~性別、楽器『ギター』『ピアノ』『ベース』ごとに行動データ×意識調査から人物特徴をあぶり出す」レポート

新型コロナウイルスの蔓延によりライブやコンサートの中止が相次ぎ、大きな打撃を受けた音楽業界。一方、おうち時間の増加により、自宅で音楽を聴いたり演奏したりと音楽に触れる時間が増えた人も多いのではないでしょうか。今回は「楽器」という切り口から、個々の楽器に興味を持つ人の特徴について調査しました。(ページ数|11p)


最新の投稿


スポーツウェアブランドの“withコロナ”成長戦略を探る ~ adidas, NIKE, MIZUNOを比較分析

スポーツウェアブランドの“withコロナ”成長戦略を探る ~ adidas, NIKE, MIZUNOを比較分析

新型コロナウイルスの影響により外行きの衣服の需要が激減したことから、アパレル業界は大打撃を受けています。多くのアパレルブランドが経営不振に陥る中、外出自粛期間はジムにも行けず、スポーツウェアブランドも例に漏れず人気が低迷...?しかしそういう訳でもないようです。コロナ禍において、成功の明暗を分けるものは何なのか。スポーツウェアブランド(アディダス、ナイキ、ミズノ)に注目して分析しました。(ページ数|20p)


【ショートセミナー動画】激変する証券業界の実態を紐解く~インターネット行動ログデータによるWeb上での証券業界動向調査(視聴時間20分)

【ショートセミナー動画】激変する証券業界の実態を紐解く~インターネット行動ログデータによるWeb上での証券業界動向調査(視聴時間20分)

マーケティングの最新情報を学びたいが、イベントに出かけたり、セミナーを聴く暇もない…そんな忙しいあなたに、いま知っておくべき情報を20分に要約した、ショートセミナー動画をご用意しました。業界調査、トレンド、消費者調査など、Web行動ログ分析によるマーケティング調査を提供するヴァリューズのコンサルタントが、簡潔に解説します。動画はYouTubeでの限定公開となりますので、あなたのご都合のいい時間に、お好きな場所で是非ご覧ください。<b><br>今回のテーマは「激変する証券業界の実態を紐解く~インターネット行動ログデータによるWeb上での証券業界動向調査」です。</b>


急上昇ワードに“国勢調査オンライン”“PS5”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/13~2020/9/19)

急上昇ワードに“国勢調査オンライン”“PS5”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/9/13~2020/9/19)

2020年9月13日~9月19日週の検索急上昇ワードでは、9月14日からスタートした5年に1度の「国勢調査」にインターネットで回答できる「国勢調査オンライン」や、11月12日に発売と発表された新型ゲーム機「PS5」の検索数が急増。全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


中国女性の敏感肌に関する報告書|2020年 中国市場調査

中国女性の敏感肌に関する報告書|2020年 中国市場調査

中国市場調査サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国iResearchの自主調査結果を翻訳し、中国女性の敏感肌に関する報告書を日本語レポートにまとめました。(ページ数|33p)


コロナ禍で広島県観光連盟が実践したカスタマー理解のための「アンケート×行動ログ分析」とは|MarkeZine Day 2020セミナーレポート

コロナ禍で広島県観光連盟が実践したカスタマー理解のための「アンケート×行動ログ分析」とは|MarkeZine Day 2020セミナーレポート

広島県内およびその周辺県における観光事業の発展と振興・地域の活性化を図る、一般社団法人広島県観光連盟(HIT)。今回は2020年9月1日に開催されたMarkeZine Day 2020 Autumnで解説された、コロナ禍で広島県観光連盟が推進した、新たな商品開発における「圧倒的なカスタマー理解のための、ヴァリューズ独自保有のネット行動ログとアンケートを掛け合わせた分析手法」をご紹介します。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング