ソーシャルリスニングとは?活用方法とメリット・デメリット

ソーシャルリスニングとは?活用方法とメリット・デメリット

ソーシャルリスニングはTwitter・Instagram・Facebookなどのソーシャルメディア(SNS)を使って消費者の声を収集・分析してマーケティングに活かす方法です。消費者視点でのマーケティング戦略の立案や、自社が気づいていなかった指摘を得られるメリットがあります。


調査にSNSを活用する「ソーシャルリスニング」

ソーシャルリスニングとは、ソーシャルメディアから消費者の声を収集し、調査・分析してマーケティングに活かす調査方法です。

既存のアンケート調査の場合、回答内容は質問の範囲に限られてしまう傾向があるのに対し、ソーシャルメディアでは消費者が自由に意見や感想を発信しているので、会社・ブランド・商品に対する消費者のリアルな評価を集められるのが特徴です。

利用シーンとしては会社やブランドのイメージ、商品に対するニーズ、プロモーションの効果確認などに使われています。

ソーシャルリスニングのメリット・デメリット

メリットは消費者目線のマーケティングが可能になることです。TwitterやInstagramは匿名性が高く、消費者の正直な意見を集められます。またネガティブな意見が多い場合、事態が炎上に至る前に収められる可能性が出てきます。

デメリットは情報量が膨大で必要な情報の抽出が難しいこと、匿名性の裏返しとしてプロフィールがわからず精査が難しいことなどが挙げられます。例えばアンケート調査では当たり前の年齢や性別などの基本的な属性も容易には特定できません。

ソーシャルリスニングの活用事例

ソーシャルリスニングは大手企業でも様々な活用事例が出ています。

明星食品のブログ分析事例

ロングセラー商品を刷新する際は、変化に対する既存顧客の反応が気になります。明星食品では「チャルメラ」リニューアルにブログ分析でロイヤルユーザーの感想をチェックしました。

以前は担当者が手作業で口コミを探していましたが、SNS分析ツールの「BuzzSpreader Powered by クチコミ@係長」を活用し効率化しています。

明星食品株式会社

https://service.hottolink.co.jp/case/detail02/

「チャルメラ」刷新時、ブログ分析でロイヤルユーザーの満足を確認しました

無印良品のInstagram活用事例

生活雑貨を扱う無印良品では、Instagramの「#mujipen」「#mujipens」という独自ハッシュタグで海外の無印良品ファンが交流しているのに気づきました。品揃え豊富で品質が高い無印良品のペンを使ったイラストが多数投稿されていたのです。

そこで公式に「#mujipenart」というハッシュタグでアートコンテストを開催したところ、およそ4万件もの投稿が集まったと担当者は語っています。ユーザー発のキャンペーンと言えるでしょう。

SNSを活用したトレンド分析の例

ソーシャルリスニングの強みは、より短期のトレンドを時系列の変化込みで捉えられる点にあります。

ferretでは2017年の夏から話題となった「#ナイトプール」をキーワードにTwitterとInstagramの投稿を分析しました。その結果、3年で投稿数が60倍になるなど急激な時系列変化を観測できました。

トレンドの初期を捉えられれば、拡散力が強いインフルエンサーを特定してウォッチしたりマーケティングに活用することも可能でしょう。

2017年話題の#ナイトプールで学ぶ!ソーシャルリスニングでできること

https://ferret-plus.com/8328

*あなたの会社はソーシャルメディアをビジネスに活用できていますか?* このような質問をされた時、自信を持って「できている」と答えられる企業は少ないのではないでしょうか。 今回は日本国内で特に利用者数が多いTwitter(国内月間アクティブユーザー数 4,000万人 2016年9月時点)と、近年若い女性を中心に急激に利用者数が増えているインスタグラム(国内月間アクティブユーザー数1,600万人 2016年12月時点)の2つのソーシャルメディアを対象に、ソーシャルリスニングの活用方法・使い方を説明します。

ソーシャルリスニングに使えるツール

情報量が多いSNSからのデータ収集・分析にはツールを使うのが一般的です。ツールによって対応SNS、得意なこと、制約事項が変わってきます。

見える化エンジン

https://www.pa-consul.co.jp/mieruka/scene/

見える化エンジンは、顧客の声分析からSNS分析まで、あらゆるテキスト情報を“見える化”するテキストマイニングツールです。

ソーシャルメディア分析では、様々なソーシャルメディア(Twitter、Facebook、Instagram、ブログ等)の投稿や発言内容から、任意の検索ワードを含むソーシャルデータを瞬時に収集。

テキストマイニングにより膨大な量のつぶやきから定性的な傾向を導き出し、直感的でわかりやすい分析結果をアウトプットすることができます。ソーシャルリスニングから企業の商品・サービスの反響を把握したり、プロモーション施策の効果検証に活用できます。

クチコミ@係長

https://service.hottolink.co.jp/service/kakaricho/

国内最大級のデータ量を保持し、大手企業を含む1000社に導入されている口コミ分析ツールが「クチコミ@係長」です。分析SNSはTwitter、国内ブログ、2ちゃんねる(現5ちゃんねる)です。特に2ちゃんねるは独占提供となっています。

同時に10キーワードを最大13ヶ月間7秒以内に口コミ検索&分析が可能です。

buffer

https://buffer.com/

bufferはInstagram、Facebook、Twitter、Pinterest、LinkedInに対応したSNS投稿・分析ツールです。投稿・返信・分析をダッシュボードから管理でき、自社アカウントのSNS運用に便利です。

料金プランによってSNSアカウント数や予約投稿数、ユーザー数に制限があります。無料プランで小規模に試せるのも魅力でしょう。海外発のツールでデフォルトでは英語表記となっています。

Social Insight

https://social.userlocal.jp/

Social Insight(ソーシャル インサイト)はFacebook、Instagram、Twitter、YouTubeに対応し、口コミ分析、SNS効果測定、レポート作成、投稿配信をサポートするツールです。日本発で対応SNSが多く、炎上対策機能も付いています。

国内美術館では最大規模となる各種SNSの合計フォロワー34万人を持つ「森美術館」もSNS運用に活用しています。

ソーシャルドッグ

https://social-dog.net/

ソーシャルドッグはTwitterアカウント運用を管理するツールでフォロワー管理、分析、投稿予約、自動化機能があります。チームでアカウントを管理したり、登録キーワードで検索するのに便利です。

本サイト「マナミナ」のTwitterアカウント「マナミナ編集部」の中の人は、ソーシャルドッグを活用してSNS上の反応を見ています。

まとめ

TwitterやInstagramなどのSNSは日常に定着し、企業のマーケティングでも無視できない存在になっています。ソーシャルメディアでは消費者の生の声を収集できるメリットがあり、ブランドのイメージ調査、消費者ニーズの収集、プロモーション評価に活用できます。主要SNSに対応したツールも各種出揃っていて、多くの企業が導入済みです。

ソーシャルリスニングでできることを把握し、マーケティング上の目的に合わせて活用するとよいでしょう。

関連する記事

競合分析ができるツールeMark+のTarget Focusでターゲットユーザーがどんなサイトをよく見ているかを知る方法

https://manamina.valuesccg.com/articles/545

「eMark+(イーマークプラス)」のターゲットユーザー分析メニュー「Target Focus」を使うと、ターゲットユーザーがどんなサイトやコンテンツを見ているか簡単にチェックできます。

ユーザーの購買検討プロセスを理解するデータ分析手法とは。アナリストの灰谷さんに聞いてみた

https://manamina.valuesccg.com/articles/412

ヴァリューズのデータアナリスト・灰谷さんはどのようにデータを扱い、ユーザーインサイトを紐解いているのでしょうか。その調査手法を事例とともに語っていただきました。

なぜあのコスメはSNSでバズったのか?化粧品好きマーケコンサルが検索データから理由を探ります

https://manamina.valuesccg.com/articles/797

化粧品のトレンドについて調査する新企画。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントである私、伊東茉冬が気になる話題について調査していきます。初回のテーマは「バズコスメ」。SNSでバズることで人気が広がるような化粧品に関して、バズの実態や人々に受け入れられた理由をデータから考察しました。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


SNS 市場調査ノウハウ

関連する投稿


ライオンが中国の生活者の意外なインサイトを掴んだオンラインチャット調査とは? 越境ECの取り組みを聞いてみた

ライオンが中国の生活者の意外なインサイトを掴んだオンラインチャット調査とは? 越境ECの取り組みを聞いてみた

伸長する中国市場への越境ECを伸ばしていきたい国内各社ですが、中国消費者の購買行動や嗜好をつかむのに手間取り、適切な商品開発やマーケティングができていない場合も多い状況。そこでライオン株式会社ではヴァリューズの中国オンラインチャット調査を使用し中国の生活者の実態把握を行いました。ライオンでリサーチ業務に携わる高木優さん、ヴァリューズの姜に取材します。


コロナ禍でTwitter・インスタなど、SNSユーザーの変化は? |2020年5月のアクティブ率・デモグラ調査最新版

コロナ禍でTwitter・インスタなど、SNSユーザーの変化は? |2020年5月のアクティブ率・デモグラ調査最新版

コロナ禍での「外出自粛」「巣ごもり」「おうち時間」といった生活の中、時間を持て余した人、リモートワークによって通勤時間が減りスマートフォンを扱う時間が減った人など、SNSに費やす時間は一体どう変わったのでしょうか。「eMark+」を用いて、4つのSNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)のユーザー数の変化とアプリのアクティブ率、2020年5月時点最新のアプリユーザーのデモグラフィックについて調査しました。


コロナ影響でエンタメへの「投げ銭」に注目? インスタやSHOWROOMなどライブ配信プラットフォームを調査

コロナ影響でエンタメへの「投げ銭」に注目? インスタやSHOWROOMなどライブ配信プラットフォームを調査

新型コロナの影響でリアルライブイベントの開催が困難となり、この春~夏にかけて開催予定だったアーティストライブは軒並み中止に。野外音楽フェスティバル「FUJI ROCK FESTIVAL」も中止が発表され、ファンから落胆の声が広がっています。そんな中、ミュージシャンやアイドルの収益機会となり、ファンとアーティストを繋ぐ方法として、エンタメ界が新たな可能性を見出しているのが「投げ銭」サービス。今話題の「投げ銭」は、実際にユーザーからどれほど注目され、浸透しているのか?その実態を調査しました。


初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

マナミナを運営する株式会社ヴァリューズの競合サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」の事例記事をまとめます。eMark+には機能がたくさんあり、利用シーンも企業や担当者によってそれぞれ違います。実際何ができるのか、どんなシーンに使えるのかを一望できるようにしました。本記事をブックマークなどしてお使いください。


なぜあのコスメはSNSでバズったのか?化粧品好きマーケコンサルが検索データから理由を探ります

なぜあのコスメはSNSでバズったのか?化粧品好きマーケコンサルが検索データから理由を探ります

化粧品のトレンドについて調査する新企画。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントである私、伊東茉冬が気になる話題について調査していきます。初回のテーマは「バズコスメ」。SNSでバズることで人気が広がるような化粧品に関して、バズの実態や人々に受け入れられた理由をデータから考察しました。


最新の投稿


中国女性の敏感肌に関する報告書|2020年 中国市場調査

中国女性の敏感肌に関する報告書|2020年 中国市場調査

中国市場調査サービスを提供する株式会社ヴァリューズは、中国iResearchの自主調査結果を翻訳し、中国女性の敏感肌に関する報告書を日本語レポートにまとめました。(ページ数|33p)


クロス集計や回帰分析など、データ分析でよく使われる手法の基礎知識

クロス集計や回帰分析など、データ分析でよく使われる手法の基礎知識

企業がデータを活用するにあたっては、現場でデータ分析できる人材が増えることが重要です。分析したいときに他部署や外部に依頼せず、自分でデータ分析できれば、より素早く結果を得られます。また、外部に依頼した場合でも、分析に用いられている手法を理解し、分析の目的と合っているか判断する必要があります。そのためには「クロス集計」「ロジスティック回帰分析」「アソシエーション分析」「決定木分析」「クラスター分析」など、主要なデータ分析手法の基礎知識を身につけておきましょう。


大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

大手企業Webサイトの訪問者数が急上昇、デジタル広告への投資増の結果か?富士フイルムやNEC、ソニー、コカ・コーラなど【20年8月急上昇サイト】

2020年8月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


NASA公開のビッグデータを活用したハッカソン&テックカンファレンスが今年はオンラインで開催決定!【無料申込み受付中】

NASA公開のビッグデータを活用したハッカソン&テックカンファレンスが今年はオンラインで開催決定!【無料申込み受付中】

『NASA SPACE APPS CHALLENGE KL 2020』は、NASA(アメリカ航空宇宙局)と人材の育成・教育サービスを提供する株式会社アンロックデザインが共同開催する、ASEAN最大規模のテックイベント。2020年10月2日(金)~4日(日)にマレーシアのクアラルンプールで開催される本イベントに、今年はオンラインで日本国内から参加することができます。最先端のグローバルなテックイベントで、視野を広げてみませんか。


東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ創始者が立ち上げたクリエイティブハウスは、なぜ提案にデータを活用するのか?その理由を聞く

東京コピーライターズクラブ(TCC)の初代会長、上野壮夫(うえのそうふ)氏が1966年に創立したクリエイティブハウス、ユー・ピイ・アール。心を動かすクリエイティブが伝統でもある同社では、競合分析ツール「eMark+」を使い、データによる提案も行なっているといいます。それはなぜなのか?また、その実態はどんなものなのでしょうか。マナミナ編集部がユー・ピイ・アールの田地さんにお聞きしました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング