eMark+で訪問ユーザー数急上昇サイトを調査。母の日サイトやジョージアの成功理由は

eMark+で訪問ユーザー数急上昇サイトを調査。母の日サイトやジョージアの成功理由は

2019年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトをチェック。4月のトレンドを調査しました。


UU数増加率1位は「日比谷花壇 母の日コム」、2位は「缶コーヒー『ジョージア』」

まず、訪問ユーザー数の前月比が高い順にWebサイトをランキングしました。以下のトップ10をご覧ください。

デバイスはPCとスマートフォンの合算。ヴァリューズ保有モニタでの出現率を基に、国内ネット人口に即して推計。

時事ネタとお得なキャンペーンでユーザーを獲得

それでは早速、ランキングの1位から3位までを詳しく見ていきましょう。

1位:日比谷花壇 母の日コム

前月と比べてサイトを訪れた人が最も著しく増えていたのは、「日比谷花壇 母の日コム」でした。5月12日の母の日にむけて関心が高まったことは言わずもがな、こちらのサイトでは、メルマガ登録によるプレゼントキャンペーンの告知に特にPVが集中していました。

「母の日コム」のコンテンツランキング(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

「eMark+」のSite Analyzerという機能で、サイト内のコンテンツランキングを見ることができます。それによると、「母の日コム」内ではメルマガ登録キャンペーンページがPV全体の85.9%を占めていることが分かりました。

では、ユーザーはどのような経路でページを訪れたのでしょうか? これを調べるために流入元(このサイトの直前にユーザーが見ていたサイト)を見てみましょう。

「母の日コム」のセッション数流入元(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

流入元はほとんどが外部サイトからという結果になっていました。そこで、この内訳を見てみます。

「母の日コム」流入元の外部サイトランキング(対象デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

ランキングにはポイントサイトが並んでいました。メルマガ登録でポイントがもらえ、かつ景品が当たるキャンペーンにも応募できるというメリットが、ユーザーを集めたと考えられます。

2位:缶コーヒー「ジョージア」

2位の「缶コーヒー『ジョージア』」は、前月比で約7倍に訪問ユーザー数を伸ばしています。

「ジョージア ジャパン クラフトマン」シリーズのコーヒーを買ってポイントをためると、合計3000名にG-SHOCKが当たる、という太っ腹なキャンペーンが4月下旬から開始していました。応募にはWebサイトにアクセスする必要があり、そのためUU数が増加したものと想像されます。

3位:選挙ドットコム

3位の「選挙ドットコム」は時事ネタで分かりやすいですね。地方統一選挙の特設ページにアクセスが集中していました。検索エンジンからの流入が非常に多く、4月の統一地方選挙への関心の高まりが見て取れます。若者の政治離れが叫ばれる中、20代のアクセスが14.1%で、人口比よりも多かったのが印象的です。
※日本人の総人口における20代の占める割合は約11%(総務省統計局、平成28年10月1日推計データより)。

「選挙ドットコム」訪問ユーザーの年代別割合(対象デバイスはPC&スマートフォン合算、「eMark+」画面より)

楽天ポイントサイトや東京オリンピックサイトもランクイン

4位以降にも、考察の余地ある急上昇サイトが並んでいます。

まず、5位の「楽天ポイント加盟店サービス」もキャンペーン特需があったようです。これはアプリをダウンロードしてキャンペーンにエントリーすると、ガソリンスタンドで使えるポイントがもらえるというもの。楽天の各サイト内で強力に広告を打ち出した結果、訪問ユーザー数が増加したものと思われます。

7位「フラワーギフト イイハナ・ドットコム」も母の日関連で関心を集めていましたが、1位の「母の日コム」と同様に流入元を詳しく見てみると、トラフィック獲得の構造は類似していました。

以下のグラフは流入元の種類別の割合です。81%とほとんどが外部サイトからの流入ということがわかります。

「イイナナ・ドットコム」の流入元セッション構成比(デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

さらにその外部サイトが具体的にどこなのか見てみると、上位5サイトがポイントサイト(提携サイトの利用など様々な条件で換金可能なポイントを稼ぐサイト)であることが分かりました。

「イイナナ・ドットコム」の外部サイトランキング(デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

「イイナナ・ドットコム」も各種ポイントサイトとうまく連携して訪問ユーザー数を伸ばしたことが分かります。

10位「東京オリンピック・パラリンピック競技大会」もタイムリーで興味深いところです。コンテンツランキングを見てみると、チケットやグッズに関する情報配信サービスへの登録およびログインページが最も見られていました。19年5月のチケット申し込み期間に向けて、情報収集を行うユーザーの様子がうかがえます。

「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」のコンテンツランキング(デバイスはAndroidスマートフォン、「eMark+」画面より)

まとめ

最後に2019年4月の急上昇サイトの、訪問ユーザー数の増加要因をまとめます。

1.時事ネタ
母の日や地方統一選挙、2020年東京オリンピックなど、旬な話題についてのコンテンツがアクセスを集めていました。

2.広告+お得なキャンペーン
今月PV数を増やしたサイトには、懸賞などのお得なキャンペーンを行い、それを様々な方法で宣伝しているサイトが多く含まれました。宣伝方法は多岐にわたり、「母の日コム」や「フラワーギフト イイハナ・ドットコム」のように外部のポイントサイトからユーザーを引き入れているサイトもあれば、「楽天」のように自社で抱える複数の事業の各サイトから引き入れていると思われるところもありました。

今回取り上げたトレンドや他社事例を活用し、キャンペーン施策立案などのマーケティング活動に活かしてみてください。

本記事ではeMark+を用いて調査を行いましたが、eMark+の機能がパワーアップした新ツール「Dockpit(ドックピット)」が2020年10月にリリースされました。まずは無料版に登録して、実際にDockpitを体験してみてくださいね。



dockpit 無料版の登録はこちら


この記事のライター

ウィーン大学への留学を経て京都大学文学部卒業。
外資系大手ITコンサルティング会社に勤務後、フリーランスライターに転向。

関連する投稿


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


Gen Z reflects on 2023 with social media & online behavior data! Was 2023 the year of “self-promotion”? (VALUES x Sucle)

Gen Z reflects on 2023 with social media & online behavior data! Was 2023 the year of “self-promotion”? (VALUES x Sucle)

In this series, Gen Z analysts analyze Gen Z’s behavioral data. For the 13th installment, we welcome editorial team at Sucle. We use data from VALUES & Sucle & real Gen Z opinion to reflect on 2023 trends, like participatory exhibits, seasonal events, creative experiences, MBTI and BeReal., to study the needs of Gen Z.


TDとは?リスティング広告の成果を高める作成方法を徹底解説

TDとは?リスティング広告の成果を高める作成方法を徹底解説

Web広告におけるタイトルと説明文を意味するTD(Title and Description)。文章次第でユーザーが広告をクリックするかどうかが決まるため、TDは広告の成果に直結する重要な要素です。 この記事では、TDの意味や目的、作成方法などについて詳しく解説します。TDを作成する際に注意するべきことや広告の成果を高めるためのポイントも紹介するので、広告運用の参考にしていただければ幸いです。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「紅白」「M-1」は他の動画を観ながら「つまみ食い」?(2023年12月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「紅白」「M-1」は他の動画を観ながら「つまみ食い」?(2023年12月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第14弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、FNS歌謡祭・レコード大賞・紅白などの「年末音楽番組」、「M-1グランプリ」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 TVer(ティーバー)やYouTubeと並行したタイパ重視の音楽番組視聴方法や、SNSを用いたM-1のライブ感ある楽しみ方など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


現役Z世代がSNSデータ×Web行動データから2023年を振り返る!2023年は「自分アピール」の年?(ヴァリューズ×Sucle)

現役Z世代がSNSデータ×Web行動データから2023年を振り返る!2023年は「自分アピール」の年?(ヴァリューズ×Sucle)

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第13弾となる今回は、若年女性向けSNSメディア「Sucle(シュクレ)」編集部の皆さまをゲストにお迎えし、ヴァリューズのWeb行動ログデータと、SucleのSNSデータを活かして、2023年のZ世代のトレンドや価値観を振り返りました。 「いい人すぎるよ展」などの参加型展示や季節性イベント、創作体験、「MBTI診断」「BeReal.」などの人気に焦点をあて、データとリアルな声を掛け合わせて、Z世代のニーズを読み解きます。


最新の投稿


広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

広報・マーケティング担当者の約9割がPR施策に悩み・失敗を実感【リンクアンドパートナーズ調査】

株式会社リンクアンドパートナーズは、上場企業に勤めており、PR施策を行っている広報担当者・マーケ担当者を対象に、「上場企業のPR施策の実態に関する調査」を実施し、結果を公開しました。


推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

推し活は生活の一部?時間もお金も、約4割を「推し活」に費やしている【博報堂・SIGNING調査】

株式会社博報堂、博報堂DYグループの株式会社 SIGNING は、生活者発想で経営を考える研究開発・社会実装プロジェクト「HAKUHODO HUMANOMICS STUDIO」の活動の第二弾として「オシノミクス プロジェクト」を発足、「オシノミクス レポート」を発表しました。


サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

サイバーエージェント、Amazon Ads運用最適化ツール「PARADE」を開発 リアルタイムな情報管理が可能に

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業において、Amazon Adsにおける運用最適化ツール「PARADE(パレード)」を開発したことを発表しました。


企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージ経営 ~ キャラクターの威力

企業イメージと聞き、最初に思いつくのはロゴでしょうか、色でしょうか、それともキャラクター?昨今では、キャラクターを用いての広告戦略は企業だけでなく、地域おこしなど、あらゆるところで目にするようになりました。誰も彼もが深い意味もなく「かわいい」と愛着を感じてしまう「ゆるキャラ」や企業のイメージキャラクター。実はそこに認知心理学が深く関わっているようです。本稿では人心を捉えるために計算尽くされたキャラクターの威力について、株式会社創造開発研究所所長を務める渡部数俊氏が解説します。


現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

現役Z世代が検索ワードからトレンドを考察!「バレンタイン」×「推し活」、大学受験の「応援・ご自愛ニーズ」とは?(2024年1月)【現役Z世代が読み解くZ世代の行動データ】

Z世代のデータアナリストが、自らZ世代の行動データを分析する本連載。第15弾となる今回は、Z世代とミレニアル世代の検索キーワードランキングから、「バレンタイン」「大学受験」の2テーマを取り上げてZ世代のトレンドをお送りします。 お菓子の手作り・購入のみならず、推し活やファッションにも広がるバレンタイン市場の様子や、大学受験にまつわるマーケティング・消費行動など、データとリアルな声を掛け合わせ、Z世代のニーズを読み解きます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

ページトップへ