「買い切り型」スマホゲームアプリを徹底比較

「買い切り型」スマホゲームアプリを徹底比較

最も人気のゲームは?万人受けするゲームは?


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、「買い切り型」スマホゲームアプリの利用者動向について調査・分析しました。
分析概要

分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、「買い切り型」スマホゲームアプリの月間ランキングや属性などを調査しました。
※集計期間:2018年11月
※ゲーム名、カテゴリ名はGoogle Playのアプリカテゴリに準拠。
※ゲーム価格は最大価格で表示。
※アプリユーザー数は、Androidスマートフォンでのインストールおよび起動を集計し、ヴァリューズ保有モニター(20代以上)での出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

考察サマリ

「買い切り型」ゲームアプリではドラゴンクエストシリーズが人気

スマホゲームアプリ市場においては、無料ゲームが台頭し、アプリ内課金や広告課金などで業界を盛り上げていますが、実は「買い切り型」スマホゲームアプリ(有料アプリ)も健闘を見せているようです。「買い切り型」スマホゲームアプリの人気上位の顔ぶれやユーザー属性の違いに迫りました。

まず、2018年11月の「買い切り型」スマホゲームアプリの利用ユーザー数を上位20位までランキングしました【図1】。ドラゴンクエストシリーズの4タイトルがランクインしており、その人気ぶりがうかがえます。中でも、2018年11月7日より配信された『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP』は待望の新作ということもあり、堂々の1位となっていました。配信記念セールの効果もあってか、約127,000人が購入したことが読み取れます。また、2位の『Minecraft』は、2011年8月にGoogle Playで発売されて以来、根強い人気を保っていることがわかりました。

カテゴリ別ではロールプレイングゲームが最もユーザー数を獲得

次に、「買い切り型」スマホゲームアプリをカテゴリ別で比較しました【図2】。最も人気があったのは“ロールプレイングゲーム”で、2位の“アーケードゲーム”を大きく突き放していました。また、カテゴリごとの平均価格は“ロールプレイングゲーム”が1,943円と最も高く、次いで“カジノゲーム”が974円、“シミュレーションゲーム”が831円でした。利用ユーザー数はゲームの料金に相関せず、高価格でも人気のゲームは購入されていることがわかりました【図2】。

『Minecraft』は女性ユーザーが4割以上を占める

続いて「eMark+」のSite Analyzerを使い、上位5位までの「買い切り型」スマホゲームアプリ利用者について調べました。まずは性別で見たところ、どのゲームアプリも男性割合が高く、1位の『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP』と4位の『FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争』は9割以上が男性でした。唯一、女性割合が高かったのが『Minecraft』となっており、43.4%と約半数近くを占めていることがわかりました【図3】。他のアプリゲームと比較すると『Minecraft』は女性にも興味関心が高いゲームアプリとなっているようです。

次に年代別で見てみると、20代が多いのは『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP』、『slotバジリスク~甲賀忍法帖~絆』、『ダンジョンメーカー』で、6割以上を占めています。一方、『FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争』は30代が6割近くを占めました。また、『Minecraft』は40代からの支持があつく、女性ファンも多いことから、幅広い層に受け入れられていると言えるでしょう【図4】。

最後に個人年収を比較してみたところ、ゲームアプリによって年収のバラつきが見られました。『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP』と『Minecraft』は“300万円未満”が全体の4~5割を占めている一方で、『slotバジリスク~甲賀忍法帖~絆』は高所得者が多く”500万円以上”が約半数を占めていました【図5】。ただ、『slotバジリスク~甲賀忍法帖~絆』は他のゲームアプリと比較して個人年収による大きな偏りはなく、どの年収層にも満遍なく人気があることがうかがえました。

まとめ

今回の「買い切り型」スマホゲームアプリの調査から、最も人気を集めているのはドラゴンクエストシリーズであることが分かりました。最新作『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP』は価格が2,000円台と他のスマホゲームアプリと比べて高額にも関わらずランキング1位となり、多少高くても人気のゲームは多数購入されていることが読み取れます。また、2018年11月にランキング2位だった『Minecraft』は、女性ユーザーの支持も多く集めていることがわかりました。

関連記事

ポケGO、FGO、ツムツム、パズドラ…4大人気ゲームアプリで徹底比較!「ゲームアプリ利用者のユーザープロファイル」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/543

利用者が多い4大人気ゲームアプリ、ポケGO、FGO、ツムツム、パズドラについて、アンケート調査とスマホアプリのログデータを用いてユーザー像を徹底比較。それぞれのユーザー特徴が明らかになりました。(ページ数|25p)

【動画で見る】ゲームアプリ人気ランキング(2016年6月〜2019年5月)

https://manamina.valuesccg.com/articles/507

新作が次々にリリースされているゲームアプリ。プロモーションやイベントなどで一時的に話題になるものもありますが、結局のところ何が人気なの…?今回は、2016年6月〜2019年5月の3年間で人気のゲームアプリを調査し、ユーザー数の推移を動画で可視化。もはや殿堂入りとも言える“神ゲーアプリ”をご紹介します。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


最新「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、1位は移動でマイルがたまる「Miles」|2021年9月~10月

最新「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、1位は移動でマイルがたまる「Miles」|2021年9月~10月

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。今月の1位は移動でマイルがたまるアプリ「Miles」。そのほか、Coke ONやTVerが上位にランクイン。トレンドチェックにお役立てください。


Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2021を発表!Amazon・楽天市場などEC堅調。キャッシュレス決済のPayPayがさらに躍進

Webサイト&アプリ市場のユーザー数ランキング2021を発表!Amazon・楽天市場などEC堅調。キャッシュレス決済のPayPayがさらに躍進

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、2021年1月~10月のWebサイトのアクセス数、スマートフォンのアプリの起動数を調査し、ランキングを作成。前年との比較や、年代別での利用傾向、EC利用に関しても分析をおこないました。


「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、1位はケンタッキーのアプリに|2021年8月~9月

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、1位はケンタッキーのアプリに|2021年8月~9月

スマートフォンアプリの最新インストール数ランキングTop5をまとめました。2021年9月のインストールランキング1位はケンタッキーの公式アプリでした。キャンペーン効果でインストール数が上昇したと考えられます。そのほか、スマートニュースやイオンのアプリ、Pontaカードアプリやマクドナルドアプリなども上位に。


Toyota's "RAIZE" is making great strides! Who are interested in it?

Toyota's "RAIZE" is making great strides! Who are interested in it?

The "RAIZE", Toyota's new compact SUV launched on November 5, 2019, surpassed Toyota Corolla to become the top-selling vehicle in January 2020 and continued to be the top-selling vehicle in February 2020. In this article, we will examine the online behavior of people who visited official website of Toyota's "RAIZE".


【最新版】Twitter、Instagram、TikTokなど主要SNSアプリユーザーの利用実態を調査。シニア利用が伸びる

【最新版】Twitter、Instagram、TikTokなど主要SNSアプリユーザーの利用実態を調査。シニア利用が伸びる

今回は、当メディア「マナミナ」を運営するヴァリューズが<a href="https://manamina.valuesccg.com/articles/888" target="_blank">2020年6月に調査した内容</a>の最新版を作成しました。過去に調査した4つのSNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)に「TikTok」を加え、アプリのユーザー数やデモグラフィックについて調査しました。一体、どんな変化がみられたのでしょうか。


最新の投稿


コロナやマッチングアプリの普及で告白事情はどう変わった?検索ワードから生活者の関心を調査

コロナやマッチングアプリの普及で告白事情はどう変わった?検索ワードから生活者の関心を調査

コロナ禍による緊急事態宣言の発令やマッチングアプリの普及など、交際に関する様式も大きく変わりつつあります。そんななかで、「告白」の事情はどうなっているのでしょうか?今回の調査で共通して関心が高い項目やユーザーの属性による関心の違いが明らかになりました。今回はWeb行動ログ分析ツール「Dockpit」を用いて検索キーワード数の推移や属性別の掛け合わせワード、流入ページ・サイトを分析し、告白にまつわる関心を調査しました。


Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第1回】OODAループでデータを見ていく

Tableauで実際にデータを深掘ってみた【第1回】OODAループでデータを見ていく

Tableauを使った分析が良い!と言われても正直ピンと来ない方もいらっしゃると思います。 この連載ではなぜTableauでデータを分析すべきなのか、どう使っていくとデータ分析がはかどるのかご紹介していきます。 <br>第1回は、ExcelとTableauの違い、PDCAサイクルとOODAループの考え方の違いについてみていきましょう。


ヴァリューズ&TableauがDX・データ活用セミナーを共催。「Tableau」を活用したビッグデータ分析手法を徹底解説

ヴァリューズ&TableauがDX・データ活用セミナーを共催。「Tableau」を活用したビッグデータ分析手法を徹底解説

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査・コンサルティングサービスを提供する株式会社ヴァリューズは、リーディング分析プラットフォームを提供するTableau (NYSE:CRM)と共同で、『Tableau・VALUES共催 _ゼロから始めるDX&データ活用徹底解説セミナー』を、2021年12月10日(金)16:00~17:00にオンラインで無料開催いたします。


Zoomで背景のぼかしはどうやる?ぼかせない場合の対処方法も解説

Zoomで背景のぼかしはどうやる?ぼかせない場合の対処方法も解説

リモートワークの普及に伴い、急速に普及したWeb会議ツール「Zoom」。Zoomでは背景画像を設定しなくても、背景をぼかす機能が備わっていて便利です。Zoomで背景ぼかしを設定したり、それがうまくいかない場合の改善方法について解説します。


2021年のトレンド総決算!流行語大賞の「リアル二刀流/ショータイム」をはじめ「AHAMO」「CLUBHOUSE」「マリトッツォ」など。2021年検索キーワードまとめ

2021年のトレンド総決算!流行語大賞の「リアル二刀流/ショータイム」をはじめ「AHAMO」「CLUBHOUSE」「マリトッツォ」など。2021年検索キーワードまとめ

コロナ2年目となる2021年も残り僅かとなりましたが、今年はどんな1年だったのでしょうか。ヴァリューズでは、保有するモニターパネルのWeb行動ログを分析し、毎週急上昇している検索キーワードを調査しています。昨年に引き続き、今年も2021年1月~10月の週間検索キーワードで検索が急上昇した特徴的なワードと、2021年新語・流行語大賞の分析から2021年のトレンドを分析しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー