「買い切り型」スマホゲームアプリを徹底比較

「買い切り型」スマホゲームアプリを徹底比較

最も人気のゲームは?万人受けするゲームは?


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、「買い切り型」スマホゲームアプリの利用者動向について調査・分析しました。
分析概要

分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、「買い切り型」スマホゲームアプリの月間ランキングや属性などを調査しました。
※集計期間:2018年11月
※ゲーム名、カテゴリ名はGoogle Playのアプリカテゴリに準拠。
※ゲーム価格は最大価格で表示。
※アプリユーザー数は、Androidスマートフォンでのインストールおよび起動を集計し、ヴァリューズ保有モニター(20代以上)での出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

考察サマリ

「買い切り型」ゲームアプリではドラゴンクエストシリーズが人気

スマホゲームアプリ市場においては、無料ゲームが台頭し、アプリ内課金や広告課金などで業界を盛り上げていますが、実は「買い切り型」スマホゲームアプリ(有料アプリ)も健闘を見せているようです。「買い切り型」スマホゲームアプリの人気上位の顔ぶれやユーザー属性の違いに迫りました。

まず、2018年11月の「買い切り型」スマホゲームアプリの利用ユーザー数を上位20位までランキングしました【図1】。ドラゴンクエストシリーズの4タイトルがランクインしており、その人気ぶりがうかがえます。中でも、2018年11月7日より配信された『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP』は待望の新作ということもあり、堂々の1位となっていました。配信記念セールの効果もあってか、約127,000人が購入したことが読み取れます。また、2位の『Minecraft』は、2011年8月にGoogle Playで発売されて以来、根強い人気を保っていることがわかりました。

カテゴリ別ではロールプレイングゲームが最もユーザー数を獲得

次に、「買い切り型」スマホゲームアプリをカテゴリ別で比較しました【図2】。最も人気があったのは“ロールプレイングゲーム”で、2位の“アーケードゲーム”を大きく突き放していました。また、カテゴリごとの平均価格は“ロールプレイングゲーム”が1,943円と最も高く、次いで“カジノゲーム”が974円、“シミュレーションゲーム”が831円でした。利用ユーザー数はゲームの料金に相関せず、高価格でも人気のゲームは購入されていることがわかりました【図2】。

『Minecraft』は女性ユーザーが4割以上を占める

続いて「eMark+」のSite Analyzerを使い、上位5位までの「買い切り型」スマホゲームアプリ利用者について調べました。まずは性別で見たところ、どのゲームアプリも男性割合が高く、1位の『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP』と4位の『FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争』は9割以上が男性でした。唯一、女性割合が高かったのが『Minecraft』となっており、43.4%と約半数近くを占めていることがわかりました【図3】。他のアプリゲームと比較すると『Minecraft』は女性にも興味関心が高いゲームアプリとなっているようです。

次に年代別で見てみると、20代が多いのは『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP』、『slotバジリスク~甲賀忍法帖~絆』、『ダンジョンメーカー』で、6割以上を占めています。一方、『FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦争』は30代が6割近くを占めました。また、『Minecraft』は40代からの支持があつく、女性ファンも多いことから、幅広い層に受け入れられていると言えるでしょう【図4】。

最後に個人年収を比較してみたところ、ゲームアプリによって年収のバラつきが見られました。『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP』と『Minecraft』は“300万円未満”が全体の4~5割を占めている一方で、『slotバジリスク~甲賀忍法帖~絆』は高所得者が多く”500万円以上”が約半数を占めていました【図5】。ただ、『slotバジリスク~甲賀忍法帖~絆』は他のゲームアプリと比較して個人年収による大きな偏りはなく、どの年収層にも満遍なく人気があることがうかがえました。

まとめ

今回の「買い切り型」スマホゲームアプリの調査から、最も人気を集めているのはドラゴンクエストシリーズであることが分かりました。最新作『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP』は価格が2,000円台と他のスマホゲームアプリと比べて高額にも関わらずランキング1位となり、多少高くても人気のゲームは多数購入されていることが読み取れます。また、2018年11月にランキング2位だった『Minecraft』は、女性ユーザーの支持も多く集めていることがわかりました。

関連記事

ポケGO、FGO、ツムツム、パズドラ…4大人気ゲームアプリで徹底比較!「ゲームアプリ利用者のユーザープロファイル」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/543

利用者が多い4大人気ゲームアプリ、ポケGO、FGO、ツムツム、パズドラについて、アンケート調査とスマホアプリのログデータを用いてユーザー像を徹底比較。それぞれのユーザー特徴が明らかになりました。(ページ数|25p)

【動画で見る】ゲームアプリ人気ランキング(2016年6月〜2019年5月)

https://manamina.valuesccg.com/articles/507

新作が次々にリリースされているゲームアプリ。プロモーションやイベントなどで一時的に話題になるものもありますが、結局のところ何が人気なの…?今回は、2016年6月〜2019年5月の3年間で人気のゲームアプリを調査し、ユーザー数の推移を動画で可視化。もはや殿堂入りとも言える“神ゲーアプリ”をご紹介します。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


スポーツ動画配信サービス市場を調査~DAZN値上げでユーザー数は減ったのか?(2022年最新版)

スポーツ動画配信サービス市場を調査~DAZN値上げでユーザー数は減ったのか?(2022年最新版)

様々なジャンルのスポーツ観戦を身近なものに変えるVODサービス。スポーツ動画配信市場でのDAZNの躍進は目覚ましいものがありますが、今年2月の料金値上げに際して、他プレイヤーとのシェアのバランスなどに変化は起きているのでしょうか。Web行動ログ分析ツール「Dockpit」で探っていきます。


自動車サブスク市場のWebサイトユーザー数を調査。トヨタのKINTOを各社が追う構図に【2022年4月】

自動車サブスク市場のWebサイトユーザー数を調査。トヨタのKINTOを各社が追う構図に【2022年4月】

コロナ禍を通じてサービスへの認知がの高まってきた自動車のサブスクリプション・サービス。本記事では、黎明期から数年経過したいま現在の自動車サブスク市場と、サービスを提供する各社の現状を、Webサイト訪問者のデータを用いて分析・解説していきます。


Twitterで人気の単語当てゲーム「Wordle」の主要プレイヤーは誰か?Web行動ログで属性を調査

Twitterで人気の単語当てゲーム「Wordle」の主要プレイヤーは誰か?Web行動ログで属性を調査

Twitterで人気拡散中の単語当てゲーム「Wordle(ワードル)」について、ユーザー数の推移やユーザーの特徴をWeb行動ログから調査しました。その結果、若年層・高所得層の利用率が高く、知的好奇心が高いユーザー像の傾向がみえてきました。


ネット証券のWebサイトユーザー数など動向を調査!スマホ証券は「起きてすぐ」と「昼休憩」によく利用

ネット証券のWebサイトユーザー数など動向を調査!スマホ証券は「起きてすぐ」と「昼休憩」によく利用

手数料無料化が進むネット証券業界は、スマホ証券やロボアドの登場などの大きな変化が起きています。今回は、楽天証券、SBI証券に加え、LINE証券を初めとするスマホ証券3社のWebサイトユーザー数や属性をWeb行動ログから調査しました。


最新の投稿


コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

コンビニ利用者のペルソナをアプリデータから考える

全国のコンビニ店舗数は約56,000店舗。近ごろでは駅構内や大学、病院など、公的な場所での出店も目立ち、加えて、アプリやSNSでの情報発信にも力を入れるなど、各社ともユーザ囲い込み戦略に力を入れています。そこで今回は、新しく「Dockpit」に加わったアプリ分析機能を用いて、コンビニ大手3社(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート)のアプリユーザーのペルソナを解析し、ターゲティングの特徴や違いを明らかにしていきます。


ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

ヤクルト1000……なぜここまで大バズり?検索ワードから見えた「SNS投稿したくなるきっかけ」

食品業界のマーケターや、トレンドに敏感なマーケター層に向けて、食品のトレンドを分析します。今回のテーマは「ヤクルト1000」。とにかく様々な場所でよく耳にする「ヤクルト1000」ですが、なぜここまで流行っているのでしょうか?そこで今回は「ヤクルト1000」検索者のデータからそのブームのきっかけと理由を分析します。


インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

インナーブランディングの効果とは?浸透施策と実践のポイント|Part3

3回にわたって、株式会社ヴァリューズの新生コンサルティンググループで行われたインナーブランディング・プロジェクトの事例をご紹介。最終回となる本稿では、社内浸透施策への取組みとプロジェクト全体を振り返り、実践する際のポイントについて、プロジェクトリーダーの中尾さんに伺いました。


Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

Game-Fiとは?4つのビジネスモデル変遷と事例から考える

昨年末に「メタバース」という概念がMeta社のプロパガンダのおかげで一気に広がったことは記憶に新しいでしょう。そして2022年に入ってから、古参のゲーム大手によるNFT進出やブロックチェーンゲーム企業の大型調達が話題になったり、ゲーム内で歩いて仮想通貨を稼ぐ「STEPN」がネット上でバズっていたり、そしてよくメタバースとも関連する文脈で、「Game-Fi 」という概念がひそかに広がり始めたりしています。経営コンサルタントで上級VR技術者としてXR(XReality)の市場調査や新規事業創成支援等の活動を行っているパトリック・ショウさんに、Game-Fi(NFTゲーム)の市場規模や特徴、ビジネスモデルの変遷について解説いただきます。


アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

アニメクリエイター起用のWeb連動キャンペーンで自転車協会サイトが急上昇|2022年4月急上昇サイト

2022年4月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「Dockpit(ドックピット)」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


Web会議 ツール テレワーク zoom セミナー