市場調査の代表的な方法4つとその進め方(アンケート・電話調査・会場調査・インタビュー・ネットリサーチ)

市場調査の代表的な方法4つとその進め方(アンケート・電話調査・会場調査・インタビュー・ネットリサーチ)

マーケティング施策立案のため行われる市場調査ですが、代表的な手法としてアンケート調査、電話調査、会場調査、インタビュー調査、ネットリサーチを取り上げます。調査目的や回答数の規模、予算などからどの手法を選択するか決定しますが、本記事ではそれぞれの手法の特徴と進め方について説明します。


アンケート調査の特徴と進め方

アンケートは市場調査の基本となる調査方法です。調査対象の嗜好や行動を把握するため、一定期間に質問に対する回答を回収します。アンケート調査を集める手法として電話調査・インタビュー・会場調査・ネットリサーチがあります。

アンケートでは以下のステップで調査を設計します。このうち「アンケート設計」とある部分で調査項目・調査対象・規模・時期・分析方法・報告方法・予算などの要素から電話調査・会場調査・ネットリサーチいずれの手法を用いるか決定します。

1.目的の明確化
2.アンケート設計
3.調査票の設計
4.データ集計・分析
5.レポート作成

電話調査の特徴と進め方

電話調査では調査対象に対して電話をかけて質問し、回答を集める調査方法です。政府や新聞社の世論調査などで使われています。

電話調査では調査員が対象となる個人や組織に電話し、アンケートの調査票に基づいて回答を集めますが、その電話番号は予め属性などで絞り込まれた名簿方式と、プログラム的に無作為に電話番号を生成するRDD方式(Random Digit Dialing)があります。

RDD方式には統計的に無作為という特徴の他に、電話帳に載っていない携帯電話も対象にできるメリットがあります。

世論調査 「RDD」方式とは - 政治:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/politics/yoron/rdd/

朝日新聞社のニュースサイト、朝日新聞デジタルの世論調査 「RDD」方式とはについてのページです。

電話調査の特徴としては「調査を準備する(=実査の)準備が少なくて済む」「その場で回答が得られる」「全国など広範囲の地域の調査に向いている」「訪問調査より低コスト」、調査の趣旨や注意点を説明できるので「誤解のない回答を集められる」などのメリットがあり、デメリットとしては「質問量が多い長時間の調査には向かない」という点が挙げられます。

インタビュー調査の特徴と進め方

インタビュー調査は対面で聞く調査方法で、消費者の生の声を聞いてその深層心理や行動の意味を深堀りできる所に特徴があります。

また、調査対象の人物と一対一のインタビューを行う「デプスインタビュー」と複数人を集めて座談会形式で行う「グループインタビュー(グルイン)」に分けられます。

デプスインタビューでは一人の対象者に十分時間を取って調査できるため、気持ちや行動の背景にある本音や深層心理まで踏み込んだ詳しい情報が得られるのはもちろん、グループインタビューと比べ「他の参加者に意見が影響されない」「自分の意見を邪魔されず発言できる」「デリケートなテーマでも回答してくれることがある」というメリットがあります。

デメリットとしては一人ひとり実施するため「時間と経費がかかる」、回答者が一人または少数なので「定量的な情報としては扱えない」などが挙げられます。

これに対し司会者に参加者3−6人程度の座談会形式で行う「グループインタビュー」では、参加者同士が刺激され発言が活性化する「グループダイナミクス」が期待できるという利点があります。

性別・年齢や嗜好などである程度共通の属性を持つ参加者を集めることで、共通の話題として盛り上がり、発言が集約されたり発展する効果が「グループダイナミクス」です。

従って、インタビューでは筋書きやアンケート的な調査票的を用意するとしても、それに囚われず定量的なアンケートで捉えられなかった定性的な部分を調査するのに向いています。

会場調査の特徴と進め方

会場調査(CLT=Central Location Test)では、会場に集まってもらった対象者に自社の商品・サービスを試してもらい、その様子を観察したり、評価や感想をアンケートやインタビューで回収する調査方法です。

参加者の選び方は、繁華街で通行人をリクルートして会場で試飲した感想や評価をアンケートで集めるような場合と、予め抽出したモニターに来てもらう方法があります。

「品質管理できる共通環境下で試飲・試食してもらえる」他、誓約書への署名やスマホやカメラの持ち込みの制限などができるため、情報流出などセキュリティ面でメリットがあります。また、曖昧な回答の場合その場で深堀りできるのも会場調査の特徴です。

デメリットとしては管理下での調査のため「参加者がリラックスできない」、「ある程度商品の数を準備しなければならない」点が挙げられます。

ネットリサーチの特徴と進め方

インターネットを使うネットリサーチは他の手法と比べ圧倒的に「低コストで短期間に大量の回答数を集められる」のが特徴です。

年代や性別など調査対象を絞り込んでも調査対象の数が確保できるため回答の統計的な精度も確保できます。デメリットとしては「回答者の偏り」があり、ネット利用率が少ない属性の対象に対しては向かない調査方法です。

また匿名性を利用して適当な回答をしてきたり、謝礼目当ての不正回答が入りこむデメリットもあり、スクリーニングの手間がかかります。

ユーザーの購買検討プロセスを理解するデータ分析手法とは。アナリストの灰谷さんに聞いてみた

https://manamina.valuesccg.com/articles/412

マーケティングの中心的な課題である「ユーザー理解」のための調査をするデータアナリスト・灰谷圭史さんに、調査手法を事例とともに語っていただきました。

まとめ

一口にアンケート調査といってもその回収方法は主に電話調査・インタビュー・ネットリサーチの4種類あることを説明しました。各手法の特徴やメリット・デメリット、市場調査の目的や欲しい情報、予算の制約など複数の要素を勘案して最適な手法を選択しましょう。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


もう迷わない!市場調査の基礎知識まとめ

もう迷わない!市場調査の基礎知識まとめ

商品やサービスの企画・開発にあたり、マーケティング施策立案に欠かせない「市場調査」。アンケートなど市場調査の方法から、調査結果をもとにしたレポートの書き方、実際の市場調査報告書までまとめました。


広告業界のキャリアデザインは?外資系企業のプランナーに大学生が直撃取材しました

広告業界のキャリアデザインは?外資系企業のプランナーに大学生が直撃取材しました

マーケターはどのようなキャリアを経てマーケターになったのでしょうか?そして実際どんな仕事をしているのでしょうか。学生から見たら詳しくは分からないことも多い「マーケター」に、現役の大学生・小幡がインタビューしていく連載の第4回です。今回は、グローバル広告代理店のグループエムジャパン株式会社で、メディアプランニングを担当されている氏川恭輔さんにお話を聞きました。広告業界のメディアプランナーから見たマーケティングの仕事には、どのようなスキルが求められるのでしょうか。


クラスタの行動に合わせた効率的なユーザーアプローチとは?「料理に対する価値観クラスタのWEB行動調査」レポート

クラスタの行動に合わせた効率的なユーザーアプローチとは?「料理に対する価値観クラスタのWEB行動調査」レポート

料理に関する価値観のアンケート調査を行い、「料理好きルーキーさん」など5つのクラスタに分類。ネットの利用時間帯やよく見るサイト・アプリ、逆にあまり見ないサイト・アプリなどを分析し、クラスタごとにユーザーのWeb行動特徴と獲得施策のアプローチ例をまとめました。(ページ数|33p)


市場調査にネットリサーチを活用!メリット・デメリットと進め方

市場調査にネットリサーチを活用!メリット・デメリットと進め方

商品・サービスを企画する段階で重要な市場調査ですが、アンケートを行う場合、近年はネットリサーチが有力な手段となっています。大規模なアンケート調査を安価で短期間にできる点がネットリサーチの特徴です。


グループとデプスの使い分けは?市場調査にインタビューを活用する方法

グループとデプスの使い分けは?市場調査にインタビューを活用する方法

インタビューは市場調査でよく使われる調査手法です。インタビューは感情や行動など、数値化できない部分を深堀りするのに適した定性調査に分類されます。座談会方式のグループインタビューと、一対一のデプスインタビューがあり、調査の目的によって使い分けます。


最新の投稿


急上昇ワードに“アカデミー賞”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/2/9~2020/2/15)

急上昇ワードに“アカデミー賞”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/2/9~2020/2/15)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


広報、事務、経理、商品管理…オフィスワーク系の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

広報、事務、経理、商品管理…オフィスワーク系の人がよく見るサイトランキング【2019年上半期】

あの職種の人たちがよく訪れるサイトはどこなのでしょうか? アンケート調査から職種が分かっている人のネット行動ログを分析することで、ある特定の職種の人がよく閲覧している特徴的なサイトを把握することができます。今回は『広報』『事務』『経理』『商品管理』の人たちがよく見ているサイトを調査しました。


オリンピック後の日本経済をアテネ・ロンドン五輪から考察しました【2020年トレンド予測】

オリンピック後の日本経済をアテネ・ロンドン五輪から考察しました【2020年トレンド予測】

2020年に話題になりそうなトピックを調査・紹介する連載企画「2020年トレンド予測」。今回のテーマは「ポストオリンピックの経済をロンドン五輪から予測」です。大会後の日本経済について、サイト分析ツール「eMark+」や過去の開催国の経済を参考に予測します。


サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

サブスクリプションとは?ビジネスモデルや具体的なサービス事例をわかりやすく解説

最近、よく耳にするようになった「サブスクリプション」方式。定期購読に代表される定額で一定期間利用できるサービスです。この記事ではサブスクリプションの定義や、具体的なサービスの事例を紹介していきます。


中国マーケティングの最新トレンドと有効なプロモーションとは?|セミナーレポート

中国マーケティングの最新トレンドと有効なプロモーションとは?|セミナーレポート

2019年の訪日中国人数は959.4万人。この膨大な窓口の先にある未知数の市場、中国市場。そんな中国市場向けにプロモーションを行なってみたものの、上手く成果に結びつかないという方も多いのではないでしょうか?1月28日に開催された「ヴァリューズ×バイドゥ×フルスピード共催セミナー」では、中国での豊富な調査データをもとにした分析に強みを持つ株式会社ヴァリューズが、最新のインバウンド事情と成功に必要なマーケティング手法を紹介しました。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら