市場調査の代表的な方法4つとその進め方(アンケート・電話調査・会場調査・インタビュー・ネットリサーチ)

市場調査の代表的な方法4つとその進め方(アンケート・電話調査・会場調査・インタビュー・ネットリサーチ)

マーケティング施策立案のため行われる市場調査ですが、代表的な手法としてアンケート調査、電話調査、会場調査、インタビュー調査、ネットリサーチを取り上げます。調査目的や回答数の規模、予算などからどの手法を選択するか決定しますが、本記事ではそれぞれの手法の特徴と進め方について説明します。


アンケート調査の特徴と進め方

アンケートは市場調査の基本となる調査方法です。調査対象の嗜好や行動を把握するため、一定期間に質問に対する回答を回収します。アンケート調査を集める手法として電話調査・インタビュー・会場調査・ネットリサーチがあります。

アンケートでは以下のステップで調査を設計します。このうち「アンケート設計」とある部分で調査項目・調査対象・規模・時期・分析方法・報告方法・予算などの要素から電話調査・会場調査・ネットリサーチいずれの手法を用いるか決定します。

1.目的の明確化
2.アンケート設計
3.調査票の設計
4.データ集計・分析
5.レポート作成

電話調査の特徴と進め方

電話調査では調査対象に対して電話をかけて質問し、回答を集める調査方法です。政府や新聞社の世論調査などで使われています。

電話調査では調査員が対象となる個人や組織に電話し、アンケートの調査票に基づいて回答を集めますが、その電話番号は予め属性などで絞り込まれた名簿方式と、プログラム的に無作為に電話番号を生成するRDD方式(Random Digit Dialing)があります。

RDD方式には統計的に無作為という特徴の他に、電話帳に載っていない携帯電話も対象にできるメリットがあります。

世論調査 「RDD」方式とは - 政治:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/politics/yoron/rdd/

朝日新聞社のニュースサイト、朝日新聞デジタルの世論調査 「RDD」方式とはについてのページです。

電話調査の特徴としては「調査を準備する(=実査の)準備が少なくて済む」「その場で回答が得られる」「全国など広範囲の地域の調査に向いている」「訪問調査より低コスト」、調査の趣旨や注意点を説明できるので「誤解のない回答を集められる」などのメリットがあり、デメリットとしては「質問量が多い長時間の調査には向かない」という点が挙げられます。

インタビュー調査の特徴と進め方

インタビュー調査は対面で聞く調査方法で、消費者の生の声を聞いてその深層心理や行動の意味を深堀りできる所に特徴があります。

また、調査対象の人物と一対一のインタビューを行う「デプスインタビュー」と複数人を集めて座談会形式で行う「グループインタビュー(グルイン)」に分けられます。

デプスインタビューでは一人の対象者に十分時間を取って調査できるため、気持ちや行動の背景にある本音や深層心理まで踏み込んだ詳しい情報が得られるのはもちろん、グループインタビューと比べ「他の参加者に意見が影響されない」「自分の意見を邪魔されず発言できる」「デリケートなテーマでも回答してくれることがある」というメリットがあります。

デメリットとしては一人ひとり実施するため「時間と経費がかかる」、回答者が一人または少数なので「定量的な情報としては扱えない」などが挙げられます。

これに対し司会者に参加者3−6人程度の座談会形式で行う「グループインタビュー」では、参加者同士が刺激され発言が活性化する「グループダイナミクス」が期待できるという利点があります。

性別・年齢や嗜好などである程度共通の属性を持つ参加者を集めることで、共通の話題として盛り上がり、発言が集約されたり発展する効果が「グループダイナミクス」です。

従って、インタビューでは筋書きやアンケート的な調査票的を用意するとしても、それに囚われず定量的なアンケートで捉えられなかった定性的な部分を調査するのに向いています。

会場調査の特徴と進め方

会場調査(CLT=Central Location Test)では、会場に集まってもらった対象者に自社の商品・サービスを試してもらい、その様子を観察したり、評価や感想をアンケートやインタビューで回収する調査方法です。

参加者の選び方は、繁華街で通行人をリクルートして会場で試飲した感想や評価をアンケートで集めるような場合と、予め抽出したモニターに来てもらう方法があります。

「品質管理できる共通環境下で試飲・試食してもらえる」他、誓約書への署名やスマホやカメラの持ち込みの制限などができるため、情報流出などセキュリティ面でメリットがあります。また、曖昧な回答の場合その場で深堀りできるのも会場調査の特徴です。

デメリットとしては管理下での調査のため「参加者がリラックスできない」、「ある程度商品の数を準備しなければならない」点が挙げられます。

ネットリサーチの特徴と進め方

インターネットを使うネットリサーチは他の手法と比べ圧倒的に「低コストで短期間に大量の回答数を集められる」のが特徴です。

年代や性別など調査対象を絞り込んでも調査対象の数が確保できるため回答の統計的な精度も確保できます。デメリットとしては「回答者の偏り」があり、ネット利用率が少ない属性の対象に対しては向かない調査方法です。

また匿名性を利用して適当な回答をしてきたり、謝礼目当ての不正回答が入りこむデメリットもあり、スクリーニングの手間がかかります。

ユーザーの購買検討プロセスを理解するデータ分析手法とは。アナリストの灰谷さんに聞いてみた

https://manamina.valuesccg.com/articles/412

マーケティングの中心的な課題である「ユーザー理解」のための調査をするデータアナリスト・灰谷圭史さんに、調査手法を事例とともに語っていただきました。

まとめ

一口にアンケート調査といってもその回収方法は主に電話調査・インタビュー・ネットリサーチの4種類あることを説明しました。各手法の特徴やメリット・デメリット、市場調査の目的や欲しい情報、予算の制約など複数の要素を勘案して最適な手法を選択しましょう。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


「必要なのはスキルではない」大学生がディノス・セシール石川さんにキャリア論を取材しました

「必要なのはスキルではない」大学生がディノス・セシール石川さんにキャリア論を取材しました

マーケターはどのようなキャリアを経てマーケターになったのでしょうか? そして実際どんな仕事をしているのでしょうか。学生から見たら詳しくは分からないことも多い「マーケター」に、現役の大学生・小幡がインタビューしていく連載の第3回です。今回は、株式会社ディノス・セシールでEC責任者を務める石川森生さんにお話しを聞きました。


基礎からわかる!アンケート調査の方法と進め方

基礎からわかる!アンケート調査の方法と進め方

マーケティングの一環で行われるアンケート調査。調査対象の嗜好や行動を把握するため、一定期間の間に質問に対する回答を求め、データを収集します。アンケート調査の手法にはネットリサーチ、電話調査、会場調査などがあります。


BtoBマーケティングでデータ起点のカスタマージャーニーづくりが効く理由とは【ネットイヤー神田×ヴァリューズ宇都宮】

BtoBマーケティングでデータ起点のカスタマージャーニーづくりが効く理由とは【ネットイヤー神田×ヴァリューズ宇都宮】

BtoBでもカスタマージャーニーが重要視され始めたのはなぜなのでしょうか。BtoBマーケティングにおけるカスタマージャーニー活用の理由を探るため、ネットイヤー社の神田さんとヴァリューズ社の宇都宮さんの対談模様を取材しました。


【2019年版】「インスタ女子とTwitter女子のユーザープロファイリング」レポート

【2019年版】「インスタ女子とTwitter女子のユーザープロファイリング」レポート

マナミナを運営する株式会社VALUESのメルマガで、人気No.1の調査レポートを最新版データに更新!普段よく買い物をする場所や、楽天市場・Amazonでの閲覧カテゴリ比較の調査も加えました。(ページ数|24p)


メルカリ、ヤフオク!など、フリマアプリの浸透度と利用ユーザー層の特徴を調査(ホワイトペーパーあり)

メルカリ、ヤフオク!など、フリマアプリの浸透度と利用ユーザー層の特徴を調査(ホワイトペーパーあり)

ここ数年間で、新たな市場として注目を集めているフリマアプリ。不要になった洋服や化粧品、日用品、家電などが手軽に売れたり、欲しかった商品を安価で手に入れられるということもあり、フリマアプリでの売買が活発化しつつあります。今回はフリマアプリの浸透度とメルカリ、ヤフオク!、ラクマ、ジモティーなど各アプリの利用ユーザー層の特徴について調査しました。詳細な調査レポートは無料でダウンロードできます。(ページ数|29p)


最新の投稿


1位は“Amazon”、2位は…「業界別」アプリランキング - ショッピング編 -

1位は“Amazon”、2位は…「業界別」アプリランキング - ショッピング編 -

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、アプリランキングを作成しました。


自動車業界5社をマーケティング視点で企業研究!現役大学生のデータドリブン就活【第1回】

自動車業界5社をマーケティング視点で企業研究!現役大学生のデータドリブン就活【第1回】

競合分析ツール「eMark+」を使って、就職活動に役立つコンテンツをお届けする企画を始めます。第1回は自動車業界の主要5社、トヨタ・ホンダ・日産・マツダ・スズキをWebサイトの集客状況から分析し、企業の強みや違いをまとめました。


クリスマスの検索人気キーワード 1位「コフレ」、2位「ケーキ」、6位の「クリスマスマーケット」って? 【2018年振り返り】

クリスマスの検索人気キーワード 1位「コフレ」、2位「ケーキ」、6位の「クリスマスマーケット」って? 【2018年振り返り】

今年も間もなくクリスマスシーズンを迎えます。毎年多くの賑わいを見せるクリスマスは、2018年はどのようなキーワードがユーザーの関心を集めていたのでしょうか。今回は、昨年10月から12月にかけて「クリスマス」と併せて検索されたキーワードについて調べてみました。


Wikipediaのコンテンツランキングを調査したら、世の中のトレンドを反映していた

Wikipediaのコンテンツランキングを調査したら、世の中のトレンドを反映していた

インターネット百科事典『Wikipedia』でよく見られているコンテンツを時系列で見ると、世の中で話題の出来事、ユーザーの関心の動向が見えてくるのでは…。そこで今回は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、Wikipediaで過去半年の間に話題になったトピックを振り返ります。


ターゲットユーザーがよくみているサイトやコンテンツがわかるTarget Focusとは?|eMark+(イーマークプラス)

ターゲットユーザーがよくみているサイトやコンテンツがわかるTarget Focusとは?|eMark+(イーマークプラス)

サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」のTarget Focusを使うと、ターゲットユーザーがどんなサイトやコンテンツを見ているかチェックできるのをご存知でしょうか?自社サイトの利用ユーザーが、他にどのようなサイトに興味があるのか、商品やサービスの検討過程でどのようなサイトをよく見ているのかを知ることができます。広告出稿などでリーチしやすいメディアを把握したいという担当者の方は必見です!


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら