2020年オリンピックイヤー到来!東京五輪公式サイト動向と「ホストタウン」制度で盛り上がる地方都市に注目

2020年オリンピックイヤー到来!東京五輪公式サイト動向と「ホストタウン」制度で盛り上がる地方都市に注目

2020年、東京オリンピック・パラリンピックの開催が近づいてきました。2019年は観戦チケットの抽選、そして直近ではマラソン・競歩の開催都市変更が大きな話題となりましたが、この一年の東京オリンピック・パラリンピックへの消費者の関心をデータで振り返り、五輪開催地の東京だけではなく地方活性の兆しについても考察します。


熾烈なチケット争奪戦、第2次抽選でも衰えず

まず、2018年12月~2019年11月の東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会公式HP のユーザー数推移をサイト分析ツールの「eMark+」を用いて調べました。

突出してユーザー数の伸びが見られたのは、観戦チケットの第1次抽選販売が開始となった2019年5月でした。その後7月までは徐々に下がり、観戦チケットの第1次抽選の追加募集が始まる8月、第2次抽選販売が始まる11月に再び盛り上がりを見せています。チケット販売サイトでは人々のアクセスが集中し接続困難な状態が続くなど、運営側の予想をはるかに上回る応募が殺到した観戦チケットですが、ユーザー数の推移からも人々の関心の高さが読み取れます【図1】。

Tokyo 2020 | 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

https://tokyo2020.org/jp/

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の公式ウェブサイトです。大会に関する最新ニュースやイベント情報、大会ビジョンや会場計画をご紹介します。

【図1】東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会公式HPユーザー数推移

【図1】東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会公式HPユーザー数推移
※デバイス:PC、スマートフォン

また、2019年6月から2019年11月までの東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会公式HPのコンテンツランキングを調べてみました。こちらでも観戦チケットの購入に関するページが上位を占めており、チケット購入への人々の関心の高さを裏付ける結果となりました【図2】。

【図2】東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会公式HP内コンテンツランキング(2019年6月~2019年11月)

【図2】東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会公式HP内コンテンツランキング(2019年6月~2019年11月)
※デバイス:PC

男性の関心高め、大きな世代差はみられず

続いて、2018年12月~2019年11月にHPを閲覧した人の属性情報を詳しく調べてみました。まず、男女比率をみてみると、男性が約6割を占めており、女性よりも関心が高いことがわかります【図3】。

【図3】属性情報(性別)

【図3】属性情報(性別)
※デバイス:PC、スマートフォン

次に年代をみてみると、1位の40代が27.4%と大きな割合を占めていました。2位の30代と合わせると約半数となります。3位の50代と4位の20代はあまり差がなく、年代による大きな関心の差はないことがわかります【図4】。

【図4】属性情報(年代)

【図4】属性情報(年代)
※デバイス:PC、スマートフォン

最後に地域をみてみると、競技開催会場の最も多い関東地方が60%を占める結果となりました。2位は自転車競技3種目が行われる静岡県を含む中部地方で14.1%、3位は近畿地方で10.5%と続きます【図5】。

【図5】属性情報(地域)

【図5】属性情報(地域)
※デバイス:PC、スマートフォン

自転車競技で盛り上がる静岡県

前述の通り、静岡県は自転車競技3種目の会場に選ばれています。静岡県伊豆市ではトラック・レース/マウンテンバイクの2種目が行われます。選手村は東京都中央区晴海に設置されますが、伊豆市にあるラフォーレリゾート修善寺が分村として自転車競技の宿泊施設に決まるなど、伊豆市はオリンピックの開催において重要な役割を担っています。このことは伊豆市のHPでも大きく取り上げられ、コースの全容やテストイベントの模様など、随時多くの情報が発信され続けています。市民に加え、選手や関係者、観客など多くの人々の関心を集めることとなりそうです 。

また、同じく静岡県の駿東郡では富士スピードウェイにてロードレースの開催が予定されています。7月には東京武蔵野の森公園から富士スピードウェイまでの区間でテスト大会も開催されました。ロードレースはチケットを購入していなくとも沿道から誰でも応援が可能であることが大きな魅力です。テスト大会ではその魅力を十分に宣伝しきれず、予想よりも観客が伸び悩む結果となりましたが、 本番に向けて浮き彫りとなった問題点を改善できるよう、精力的に準備が進められているようです。

静岡県はもともと観光地として有名な場所ではありますが、オリンピックの開催を経てさらなる盛り上がりが期待されます。

開幕前1年 見えた収穫と課題 東京五輪自転車ロードテスト大会|静岡新聞アットエス

https://www.at-s.com/sports/article/shizuoka/tokyo_olympic/661910.html

東京五輪の開幕まで7月24日であと1年。静岡県がコースに含まれる自転車競技のロードレースは21日、武蔵野の森公園(東京都府中市など)から富士スピードウェイ(SW…

「ホストタウン」制度で盛り上がる地方都市

オリンピックで盛り上がりを見せるのは競技開催地である関東地方・中部地方にとどまりません。

政府はスポーツ立国、グローバル化の推進、地域の活性化、観光振興等に資する観点から、参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図る地方公共団体を「ホストタウン」として支援することを発表しています 。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会におけるホスト・タウン関係府省庁連絡会議

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tokyo2020_suishin_honbu/hosttown_suisin/

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向け、スポーツ立国、グローバル化の推進、地域の活性化、観光振興等に資する観点から、参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図る地方公共団体を「ホストタウン」として全国各地に広げていきます。

ホストタウンでは事前合宿が行われる他、大会参加国と地域住民の文化的・教育的交流が図られるなど、さまざまなイベントが企画されています。

また、東日本大震災で被災した岩手県・宮城県・福島県の3県では、震災時に支援をしてくれた国々に復興した姿を見せ、東京オリンピックに向けてさらなる交流を行う「復興ありがとうホストタウン」が設置されました。両者を合わせ、2019年11月29日時点では392件もの地方公共団体が登録されています。

直近では、オリンピック・パラリンピック出場を目指す南スーダンの選手たちが、群馬県前橋市にて長期合宿を開始したことが話題となりました。紛争の影響で満足な練習をできずにいる選手達の状況を知り、ホストタウンである前橋市が長期的な練習場所の提供と本番直前までの生活支援を申し出て実現したものです。

選手の滞在は市民にも広く知らされており、衣類を無償提供しているユニクロのガーデン前橋店では選手たちが買い物客から「頑張って」と声をかけられたり、地元小学校での交流会の際には多くの児童たちからサインを求められたりと町全体が応援ムードに溢れています。オリンピックに向け早くも活気づく前橋市の動向に今後も注目が集まりそうです。

来年夏まで前橋で過ごす南スーダン選手団、ユニクロに「暖かい」 : 東京オリンピック・パラリンピック : オリンピック・パラリンピック

https://www.yomiuri.co.jp/olympic/2020/20191116-OYT1T50274/

 東京五輪・パラリンピックに出場する南スーダン選手団(コーチ1人含む5人)がホストタウンの前橋市に滞在する間、カジュアル衣料品店の「ユニクロ」が彼らの衣類を無償で提供することになった。選手たちは16日、同市小屋原町の「ユ

南スーダン選手「サイン攻め」|社会・話題|上毛新聞ニュース

https://www.jomo-news.co.jp/sports/gunma/179930

 東京五輪・パラに向け、前橋市に長期滞在中の南スーダン選手団が12日、前橋敷島小を訪れ、交流した。昼休みには選手たちが児童から「サイン攻め」に合う一幕もあった。

また、聖火リレーのグランドスタートを飾る福島県楢葉町・広野町のナショナルトレーニングセンターJヴィレッジでは、11月4日に「復興ありがとうホストタウンサミット」が開催され、岩手県・宮城県・福島県の3県においてホストタウンに登録された19市町村の関係者が集い、東京オリンピック・パラリンピックに向けた海外交流のスタートを切りました。ブラインドサッカー世界ランキング1位のアルゼンチン代表と日本代表との親善試合も行われ、大きな盛り上がりをみせました 。

ホストタウン制度の広がりは、オリンピックの競技開催地ではない地方都市においても訪日外国人旅行者向けに地元の魅力を発信し、地域を活性化するための足掛かりとなりそうです。

分析概要

全国のモニター会員(20代以上)の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2018年12月~2019年11月におけるユーザーの行動を分析しました。
※ユーザー数はPC,スマートフォンからのアクセス を集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連する投稿


ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機...家電量販店サイトを比較調査!

ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機...家電量販店サイトを比較調査!

AmazonなどECモールを活用したメーカー直販が台頭する中、大手家電量販店は脱家電に舵をきりはじめ、例えばヤマダ電機が家具メーカーの大塚家具と組んで住宅産業に進出したり、ビックカメラが薬や日用品、自転車などの異業種マーケットに挑戦したりと、各社それぞれ戦略を打ち出しています。そこで今回は、大手家電量販店5社の公式サイトを比較し、ユーザーの利用実態や集客などについて分析しました。


「レシピ」と一緒に検索されているキーワードは?ユーザーの検索動向を過去1年間で調べてみました

「レシピ」と一緒に検索されているキーワードは?ユーザーの検索動向を過去1年間で調べてみました

忙しい日々を送る中でご飯の献立を考えるのは本当に大変ですよね。そんな中でも自分や家族のために美味しい料理を作りたい、できれば時短で作りたい、旬な野菜を使った料理を作りたい、などなど作り手の気持ちは様々です。そこで、今回は「レシピ」と一緒に検索されているキーワードはどんなものが多いのか?また、どのようなコンテンツを見ているのかなど、ネット行動分析ツールの「eMark+」を使って、過去1年間を調査・分析しました。


“ファン”の消費実態をデータで分析「芸能人・スポーツ選手ファンの消費実態調査」レポート

“ファン”の消費実態をデータで分析「芸能人・スポーツ選手ファンの消費実態調査」レポート

好きな芸能人やスポーツ選手ごとに、ファン層の人物像や嗜好はどのように異なるのでしょうか。また、芸能人・スポーツ選手は広告に起用されることも多いですが、出演している広告の商品購買にどれぐらい影響を与えているのでしょうか。アンケート調査とネット行動ログを掛け合わせて分析し、「嵐」「大谷翔平」「羽生結弦」など各ファンのユーザー像と消費実態を明らかにしました。


検索キーワードから読み解く「投資」のいま。ポイント投資やNISA、iDeCoなど多様化する投資方法に若年層も注目。

検索キーワードから読み解く「投資」のいま。ポイント投資やNISA、iDeCoなど多様化する投資方法に若年層も注目。

欧米諸国に比べ、日本では資産を運用せずに貯蓄する人の割合が多いとされています。しかしながら最近では少子高齢化の進展による老後資金への不安や、恒常化する預金の低金利化などから、資産形成を目的として投資を始める人が増えてきています。今回はそんな「投資」に焦点を当て、eMark+の検索キーワード分析機能「Keyword Finder」を用いて調査を行いました。


増税を機に定着するキャッシュレス決済 実態そして普及推進のキー (2)シニアと地域差への普及

増税を機に定着するキャッシュレス決済 実態そして普及推進のキー (2)シニアと地域差への普及

第1回では、キャッシュレス決済普及に対する消費増税の確かなインパクトを、データから振り返り、通信キャリア系キャッシュレス決済サービスの集約が着実に進みつつも、ユーザーロックオンといえるほどの囲い込みには至っていない現状を確認しました。4月から通信事業へ本格参入する楽天、10月のZホールディングス(ZHD)-LINE経営統合などのイベントも控え、通信と決済、EC等のサービス連携強化による経済圏構築はこれからも続きそうです。他方、政府が掲げる「2025年までにキャッシュレス比率40%」達成のためにはどんな施策が有効でしょうか。第2回は増税を機にキャッシュレス決済を受け入れたユーザーセグメントからヒントを探ります。


最新の投稿


なぜあの企業はスポンサーに?スポーツマーケティングに取り組む目的とメリット

なぜあの企業はスポンサーに?スポーツマーケティングに取り組む目的とメリット

企業がスポーツにお金を出す形には、大会やスポーツイベントへの協賛にスタジアムの命名権獲得、クラブや選手へのスポンサードなど色々な形があります。企業はスポーツマーケティングにより認知度の向上、ブランディングや販売促進などの目的を達成し、クラブや選手は資金源としてのメリットを得ます。企業がスポーツマーケティングに取り組む目的とメリット、具体的な事例を見ていきましょう。


ECマーケティングの特徴と集客・購入・再訪戦略に使われる手法まとめ

ECマーケティングの特徴と集客・購入・再訪戦略に使われる手法まとめ

ECサイトのマーケティングは、ネット比重が高く、数字で効果計測できる施策が多い点で、実店舗ベースのマーケティングと異なる特徴があります。ECサイトの代表的な施策について、集客・購入・再訪の3つの対策ごとにご紹介します。


急上昇ワードに“Zoom”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/3/29~2020/4/4)

急上昇ワードに“Zoom”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/3/29~2020/4/4)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

マナミナを運営する株式会社ヴァリューズの競合サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」の事例記事をまとめます。eMark+には機能がたくさんあり、利用シーンも企業や担当者によってそれぞれ違います。実際何ができるのか、どんなシーンに使えるのかを一望できるようにしました。本記事をブックマークなどしてお使いください。


ローカル5Gは普通の5Gと何が違う?山間部や工場での活用を想定

ローカル5Gは普通の5Gと何が違う?山間部や工場での活用を想定

2019年は5G元年といわれ、2020年には国内でのサービス提供が始まります。5Gでは基地局整備に時間がかかるため、山間部などでは行政が通信業者に代わり独自の5Gネットワークを整備する「ローカル5G」、あるいは5Gの低遅延・多数接続の特徴を生かして、プライベートな5Gネットワークを構築し、工場で多数のセンサーを接続する「ローカル5G」などの活用方法が考えられています。この記事では、ローカル5Gの特徴や具体的な活用方法を解説していきます。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら