若年層の「Facebook離れ」実態調査

若年層の「Facebook離れ」実態調査

20代は「Instagram」へシフト?


ネット行動分析サービスを提供する株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)は、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、「若年層のFacebook離れ」について調査しました。

分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、Facebook、LINE、Instagram、Twitterについて調査・分析しました。
※サイト訪問者数は、PCおよびスマートフォンのアクセスを集計し、VALUES保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
※アプリユーザー数は、Androidスマートフォンでのインストールおよび起動を集計し、ヴァリューズ保有モニタ(20代以上)での出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。
※集計期間は2016年11月~2018年10月

2018年6月以降は「LINE」と「Twitter」の訪問者数が「Facebook」を上回る

いまや情報源やコミュニケーションツールとして生活に欠かせない存在となったSNS。代表的なもののひとつに「Facebook」がありますが、昨今では”若年層によるFacebook離れ”が進んでいると言われています。では、若年層によるFacebook離れは実際にどれほど進行しているのでしょうか。まず「eMark+」のSite Analizerを用いて、4つの主要なSNSである「Facebook」「LINE」「Instagram」「Twitter」の訪問者数を見てみます【図1】。「Facebook」の月間訪問者数は2016年11月から現在まで、常に5,000万人前後を推移していました。しかし、2018年6月以降はやや右肩下がりとなっていることが分かります。一方「LINE」、「Instagram」、「Twitter」の訪問者数は増加傾向にあり、その中でも「Instagram」の成長は顕著です。2年前の2016年11月の「Instagram」訪問者数と比較すると、2018年10月には約1.7倍の約3,351万人まで躍進していました。さらに、2018年6月以降の訪問者数においては「LINE」と「Twitter」が「Facebook」を上回っていることもわかりました。

20代の「Facebook」ユーザーが減少傾向。「Instagram」が上昇

次に若年層のサービス利用動向を調べるため、4つのSNSにおける20代訪問者数の推移を見てみました【図2】。2017年3月には約1,220万人いた「Facebook」の20代訪問者は、2018年10月には約1,000万人となり、約200万人の減少が見られました。その一方「Twitter」「LINE」「Instagram」の20代訪問者数は緩やかながら上昇傾向にあります。このトレンドが続けば、いずれ20代の「Instagram」の訪問者数は「Facebook」の訪問者数を上回ることが予想されるでしょう。「Facebook」の若年層離れは実際に生じていることが分かりました。

アプリの利用率が最も高いのは「LINE」

続いて、各アプリのスマートフォンユーザー全体に対する利用率を見てみたところ、利用率が最も高いのは「LINE」となっていました【図3】。「LINE」、「Instagram」、「Twitter」の利用率は堅調に推移しており、特に「Instagram」は2016年11月と2018年10月を比較すると2.2倍にまで伸びていることがわかりました。一方、アプリの利用率でも「Facebook」は減少傾向にあります。2年前の2016年11月には44.8%あった利用率が、2018年10月には42.2%まで下がっていました。ちなみに、Facebookのセキュリティ漏洩が発覚した2018年9月のタイミングでは利用率の減少は見られなかったことから、この問題が“Facebook離れ”の大きな要因ではないようです。

「Facebook」は50代以上の割合が増加

最後に「Facebook」利用者の属性の推移を調べてみました。まずは性別で見てみると、男女割合はほぼ半々となっており直近2年間で割合の変化は見られませんでした【図4】。

次に年代別で見てみたところ、20代・30代の割合が減少し、50代以上の割合は増加していました【図5】。

まとめ

今回の調査から、Facebookの訪問者数やアプリ利用率は、2017年の終わり頃からダウントレンドにあることがわかりました。特に20代の若年層では、2017年4月以降、減少が続いています。その一方で「LINE」「Twitter」「Instagram」のユーザー数は増加し続けていました。今回は調査の対象としなかった「TikTok」など、新たなサービスも誕生しているSNS業界で、今後どのような変化が起こっていくかに注目です。

自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!

他社サイトのユーザーが見える
市場調査ツール

eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


ユーザー調査 SNS インスタ

関連する投稿


Facebook広告を活用してリード獲得【BtoB事業者のための】

Facebook広告を活用してリード獲得【BtoB事業者のための】

facebookはソーシャルメディア広告の中でも多く利用されているプラットフォームです。様々な広告フォーマットを打ち出し、新しい取り組みも積極的に取り入れています。その新しい取り組みの中のひとつが今回ご紹介するリード広告。簡単に広告が出稿できると話題のリード獲得広告の特徴や、設定方法を解説します。


「インスタ女子とTwitter女子のユーザープロファイリング」レポート

「インスタ女子とTwitter女子のユーザープロファイリング」レポート

過去のヴァリューズメルマガで、人気No.1の調査レポートです。(ページ数|16p)


「eMark+」サービス概要資料

「eMark+」サービス概要資料

インターネット行動ログ分析によるマーケティング調査サービス「eMark+」の概要資料です。(ページ数|15p)


「ダイエット検索者のウェブ行動とプロファイル」レポート

「ダイエット検索者のウェブ行動とプロファイル」レポート

VALUES主催マーケティングノウハウセミナー「【手法公開!】ネット検索行動のクラスタ分析手法とアプローチ施策に活かすコツ」でご紹介した調査事例の抜粋版です。(ページ数|22p)


「若年層とシニア層のWeb行動特徴分析」レポート

「若年層とシニア層のWeb行動特徴分析」レポート

若者とシニアのWebの利用の仕方はどう違う?ネット利用時間や検索方法の違いを調査。(ページ数|11p)


最新の投稿


業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

業界別のサイトランキングを無料で作成できる|General Overview|eMark+

「eMark+(イーマークプラス)」のGeneral Overviewを使うと、サイトランキングが無料で簡単に作れるのをご存知でしょうか?


「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

「週間」検索キーワードランキング(2019/6/16~2019/6/22)

全国の25万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


インサイドセールスは誰でもできる?【テレアポとは違う】

インサイドセールスは誰でもできる?【テレアポとは違う】

世界では既に浸透しており、最近では徐々に日本でも取り入れられつつある営業手法が「インサイドセールス」です。インサイドセールスは電話やEメールを介して行う営業活動なので、「テレアポと同じなのではないか?」と考えられがちですが、テレアポとインサイドセールスは目的や成果が異なります。どういった点がテレアポとは違うのか詳しく見ていきましょう。


インサイドセールスの目標設計方法は?【KPI設計を上手く組み立てよう】

インサイドセールスの目標設計方法は?【KPI設計を上手く組み立てよう】

インサイドセールスが海外では広がりを見せ、日本国内の企業でも新しい営業手法として今後どんどん取り入れられていくことが予想されています。 インサイドセールスを導入した際には、どのようなKPI設計が必要なのでしょうか? 目標設計の設定こそがインサイドセールスを構築するにあたって重要なポイントとなります。 インサイドセールスの目標設計方法について解説していきます。


インサイドセールスの便利ツールをご紹介【効率化しよう】

インサイドセールスの便利ツールをご紹介【効率化しよう】

ここ数年で、インサイドセールスという新しい営業手法が注目されています。 インサイドセールスによってコストカットや営業の働き方改革など多数のメリットがあるため、日本の企業でも徐々に取り入れられてきているのです。しかし、いざインサイドセールスを導入したいと思っても、どこから始めるべきか分からないものです。そこで、インサイドセールスを始めるために便利なツールを紹介していきます。


最近話題のキーワード

マナミナで話題のキーワード


市場調査 アプリ アンケート 行動ログ 外食 SEO SNS EdTech

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら