いま、スポーツマーケティングが熱い!| 第9回 ワールドカップ、経済効果は? ラグビー編(2)

いま、スポーツマーケティングが熱い!| 第9回 ワールドカップ、経済効果は? ラグビー編(2)

北海道から九州まで全国12都市での開催と44日間の長期に渡る開催期間から、地域経済への貢献も期待されていたラグビーワールドカップ2019。ラグビーファンは富裕層が多く、水のように大量のビールを消費し、試合のインターバルには各地を周遊し観光にもお金を使うと期待されていましたが、実際の行動はどうだったのでしょう。ラグビー編(2)では、観光や飲食業へ与えたインパクトを探ってみます。


大会前には4,372億円の経済効果を試算

公式サイトは2018年3月に「ラグビーワールドカップ2019 大会前経済効果分析レポート」を公表し、4,372億円の経済波及効果と2,166億円のGDP押し上げ、税収拡大216億円、25,000人の雇用創出、そして訪日外国人客40万人と試算したうえ、「インバウンド観戦客誘引」「訪日外国人客の滞在日数の長期化」「産品自牛率の向上」「訪日外国人客の滞在中の消費刺激」「税収の拡大」の経済効果拡大策を掲げました。

期待経済波及効果は4,372億円

ラグビーワールドカップ『ラグビーワールドカップ2019™大会前経済分析レポート』より

これに応えて開催各地では「観戦者に向けた1000本ツアー(神奈川県)」、リピーター獲得と個人旅行者への対応やスポーツツーリズムからなる「インバウンド観光推進(九州3会場連携)」などの施策を掲げ、競技場の整備だけでなく中長期的な観光振興を視野に入れたおもてなしに取り組みました。

インバウンド40万人の目標達成、英国とロシアは単月過去最高をマーク

会期中は出場国だけで9月30万人、10月は40万人のからの外国人客が来日。米国などからの来日は普段から多いので一概にいえませんが、「大会を目的にした訪日外国人客数」40万人はどうやら無事達成といえるのでしょう。オーストラリアや3チームを擁する英国、また数は少ないもののサモアやトンガ、ナミビアなど、普段あまり馴染みのなさそうな国々からもお客様を迎えられたのは嬉しいことです。

45試合中28試合が行われた10月には、英国、ロシアからの訪日客が単月として過去最高を記録。他にも豪州、米国、カナダ、フランスの出場国からの訪日客は10月として過去最高をマークしています。

ラグビーワールドカップ2019開催期間の出場国訪日客数

(法務省出入国管理統計統計表月報より)

2019年10月に2018年10月よりも外国人宿泊者数が増えた都道府県は27。とくに香川県73,6%、福井県61.7%で増加が顕著でした。必ずしもラグビー効果とはいえませんが、長期滞在中の周遊だとしたら開催地以外への経済波及効果といっていいかもしれません。

2019年10月の外国人のべ宿泊者数

(観光庁「宿泊旅行統計調査」より作成。緑色の枠はゲーム開催地)

ただし、熊本県、兵庫県、埼玉県は、都市部へのアクセシビリティが仇になったのか、開催地なのに若干外国人宿泊者が減っていました。

ラグビー観戦外国人客は38.5万円を消費、フランス人は47.6万円

観光庁が実施した調査によると、ラグビー観戦した訪日外国人客の支出はなんと平均38.5万円観戦していない旅行者の2.4倍に上っています。

観戦した訪日外国人客のなかでも、フランスは47.6万円のうち14.9万円、オーストラリアは40.8万円のうち10.6万円を飲食費に使っていて、観戦しない訪日外国人客の飲食費3.4万円に比べると、確かにお金持ちで沢山お酒を飲んでいそうです。

観戦した訪日外国人客の支出は平均38.5万円

(観光庁「ラグビーワールドカップ2019日本大会の観戦有無別訪日外国人旅行者の消費動向」より)

スポーツ観戦費では、イングランド、ウェールズ、スコットランドの3チームを擁する英国の観戦客の8.1万円が突出しました。

消費増税後のビール業界に大きな恩恵

10月には消費税が10%に上がって酒類販売への影響が懸念されていましたが、ラグビーファンは期待通りそれを補ってくれたのでしょうか。

キリンビールの報道によると、ラグビーワールドカップ世界パートナー「ハイネケン」は、大会会場とファンゾーンで独占販売された成果で、増税にも関わらず10月単月で対前年比224%をマーク。9月から10月までの2ヶ月間では、対前年比282%と大幅増でした。ハイネケンを擁するキリンビールとしては「一番搾り缶」も同2ヶ月間で対前年115%を達成していて、ラグビーとビールは確かに親和性が高いようです。

「ラグビーワールドカップ2019™ハイネケントロフィーデザイン」

(キリンビールニュースリリースより)

日本フードサービス協会の月次外食売上高では、消費増税の影響もあって全体では前年同期比2.4%減に落ち込むなか、「パブ・ビアホール」だけは9月に11.1%、10月も2.7増。日本人も訪日外国人客も、多くのひとがパブに集いビールとゲームを楽しんだのでしょう。

英国パブ「HUB」「82」を展開する株式会社ハブのIR資料によると、とくに日本の出場ゲーム日は売上の伸びが顕著です。

HUBのイベント期間売上高

(「株式会社ハブ2020年2月期第2四半期決算資料」より)

月次売上で見ても、消費増税後に関わらず9月同様対前年同期比125.6%の売上を確保。客数は117.7%なので、単価の高いお客様を多く獲得できたようです。

HUBの月次売上高と客数

(対前年同期比、株式会社ハブ「12月度月次速報についてのお知らせ」より作成)

HUBでは2018年8月からラグビーワールドカップへ向けたプロジェクトチームを発足。様々な事前イベントで観戦を盛りあげるとともに、訪日外国人をメインターゲットとしてホームページやメール、メニュー、接客の英語対応と国外からの予約受付、通常の10倍量のビールストック確保といった取組みを進めてきました。

HUBのサイトでは、いまも日本語と英語で、ラグビーのほかにサッカーやバスケットボールなどのゲーム情報を積極的に発信しています。

HUBは1年以上かけてラグビーファンを拡大

(「株式会社ハブ2020年2月期第2四半期決算資料」より)

インバウンド増加やパブ・ビアホールの売上アップといった経済効果は、JRFUだけでなく地域や関連企業を巻き込んだスポーツマーケティングの成果といっていいでしょう。

ラグビー編(3)では、「日本ラグビー戦略計画」が掲げる「レガシーを活用した永続的発展」について、社会人リーグ「トップリーグ」のアクセスログなどから探ってみます。

関連記事

いま、スポーツマーケティングが熱い!| 第10回 ワールドカップの熱狂に持続性を ラグビー編(3)

https://manamina.valuesccg.com/articles/725

2019年は、日本ラグビー界にとって節目の年でした。公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(JRFU)も「RWC2019の成功はもちろんのこと、その後に退会のレガシーをいかに残し、活用する取り組みを推進できるか、非常に重要な1年」としています(2019年度事業計画より)。目標通りベスト8入りを果たしたこのあとは、東京オリンピック2020種目の7人制強化に加え、「ジャパンラグビートップリーグ」の発展、そしてその持続性を担保するための競技人口の裾野拡大といった中長期戦略が重要です。ワールドカップの熱狂は、日本ラグビー界にどんなレガシーを残したのか、あるいは残せていないのでしょうか。

“ファン”の消費実態をデータで分析「芸能人・スポーツ選手ファンの消費実態調査」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/759

好きな芸能人やスポーツ選手ごとに、ファン層の人物像や嗜好はどのように異なるのでしょうか。また、芸能人・スポーツ選手は広告に起用されることも多いですが、出演している広告の商品購買にどれぐらい影響を与えているのでしょうか。アンケート調査とネット行動ログを掛け合わせて分析し、「嵐」「大谷翔平」「羽生結弦」など各ファンのユーザー像と消費実態を明らかにしました。

この記事のライター

法政大学院イノベーション・マネジメント専攻MBA、WACA上級ウェブ解析士。
CRMソフトのマーケティングや公共機関向けコンサルタント等を経て、現在は「データ流通市場の歩き方」やオープンデータ関連の活動を通じデータ流通の基盤整備、活性化を目指している。

関連する投稿


9月末締切りへの駆け込み需要か?最新スマホアプリインストールはマイナンバー関連アプリが優勢(2022年8月)

9月末締切りへの駆け込み需要か?最新スマホアプリインストールはマイナンバー関連アプリが優勢(2022年8月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。依然として、「マイナポイント」「マイナポータル」が2強となっています。そして3位には先月に引き続き「ENEOS サービスステーション」がランクインしました。


Investigating how new BTS fans evolve into hardcore fans based on behavioral data

Investigating how new BTS fans evolve into hardcore fans based on behavioral data

BTS debuted in 2013 and took the world by storm from 2019 to 2021. So how do people grow to become hardcore BTS fans? In this article, we will infer how fandoms are formed by analyzing online behavior over the next three years.


What markets are now gathering attention among businesspersons? Survey based on "market size" query search data

What markets are now gathering attention among businesspersons? Survey based on "market size" query search data

It is very important for businesspersons to keep an eye on various markets. Using VALUES' web behavior analytics tool Dockpit, we will investigate and analyze the trends of query searches on "market size" to find out which industries are currently experiencing a rise in interest trends among businesspersons.


Does Toyota ”Perfect Car Diagnostics Test" help promote car purchasing? Analysis using third-party data

Does Toyota ”Perfect Car Diagnostics Test" help promote car purchasing? Analysis using third-party data

Toyota Motor Corporation's "Perfect Car Diagnostics Test" is a tool that recommends a car model that matches the user's needs based off of a questionnaire. We investigate Toyota's customers attraction strategy behind this diagnostic tool, using VALUES' web behavior analytics tool Dockpit.


最新スマホアプリインストール数ランキング、マイナポイントが前月に続いて1位に(2022年7月)

最新スマホアプリインストール数ランキング、マイナポイントが前月に続いて1位に(2022年7月)

毎月更新のスマートフォンアプリインストール数ランキングTop5をまとめました。2022年7月の1位は「マイナポイント」、2位には「マイナポータル」。そして3位には「ENEOS サービスステーション」がランクインしました。


最新の投稿


Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

Analysis of smartphone-related keyword searches of non-Japanese manufacturers like OPPO

The "SIM lock ban" has been mandated since October 1, 2021. Now, all smartphones must be "SIM-free." We investigate and analyze OPPO, which entered the Japan market in January 2018, along with Huawei and ASUS, two top-ranking overseas manufacturers that offer affordable products.


気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

気になるガソリン価格の値上げ。燃費関心ユーザーはどんな人?消費者Web行動分析ツール「story bank」で調査

昨今、原油高の影響でガソリン価格が高騰しており、物流に影響を及ぼしているほか、家計も圧迫されるなどで省エネ意識が格段に高まっているのではないでしょうか。そこで今回は、自動車選びの中でも消費者が気になるポイントのひとつである「燃費」について、関心を持っているユーザーをクラスタ分析し、その人物像を調査しました。分析ツールはヴァリューズが提供する消費者Web行動分析ツール「story bank」を用いています。


「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

「貯金」と「貯蓄」の検索行動で浮き彫りになるユーザー像とその関心事とは

2019年に問題になった「老後資産2,000万円」が記憶に新しいなか、政府によって「資産所得倍増計画」が発表されました。「貯蓄から投資へ」とも謳われている現在。「お金」に関して、漠然とした不安と戸惑いを抱えている人も多いのではないでしょうか。「人生100年時代」とも言われる長い人生のために、どのように資産を作り守って行くか。「貯金」と「貯蓄」という2つのワードを検索する消費者のWeb行動に着目し、調査・分析しました。


「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング - 旅行・地域編 -

「業界別」アプリランキング、今月は「旅行・地域」編です。アプリ利用ユーザー数の順に並べると、1位は「楽天トラベル」、2位「じゃらん」、3位「ANA」…という結果に。トップ20まで掲載しています。


【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

【YouTube利用動向調査】男性は学び系・女性は熱量高く多様な動画を視聴 | ショート動画に代替されにくい“ながら見”コンテンツが若者に人気

利用率9割という圧倒的な浸透率を誇るYouTube。生活の中での位置づけや、実際の使われ方、よく見られるコンテンツとはどのようなものなのでしょうか。またそれらは、性年代で切ったときにどのような違いが出てくるのでしょうか。アンケートとWeb行動ログデータから、YouTubeの利用動向を調査しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら