5Gがもたらすメリットを事例から検証!

5Gがもたらすメリットを事例から検証!

社会に変革をもたらすと期待される「5G」。5Gは「超高速・超低遅延・多数同時接続」を特徴とする次世代通信規格です。携帯電話よりモノがインターネットにつながるIoT機器の方が多くなる5Gの社会で活用が期待される分野と事例を見てみましょう。


5Gとはいったい何?

4Gや5Gの「G」は携帯電波の通信規格の世代のことです。本記事執筆時点は4Gですが、これが5Gにアップグレードすると「超高速・超低遅延・多数同時接続」を実現できます。

「超高速」の代表例では2時間の映画を3秒でダウンロードできるようになります。「超低遅延」では無線区間の伝送遅延は1ms(0.001秒)ほど、そして「多数同時接続」では100万台/km2の接続機器数が想定されています。大雑把にいうと、5Gに変わることで4Gの10倍以上の通信性能が発揮できるようになります。

5Gでできることは何?4Gとの違い5選を詳しく解説!

https://manamina.valuesccg.com/articles/492

5Gでできることは?スマホの環境が3Gから4Gに変わった時は、高速なインターネットを楽しめるようになりました。最近は更に「5G」が次世代の技術として注目を集めています。次世代の通信規格5Gが実用化されると、どう違いが出るでしょうか?この記事では、4Gと5Gの違いや5Gで新たにできることを解説します。

5Gがもっとも活用される分野は「IoT機器」

「超高速・超低遅延・多数同時接続」を実現する5Gにより、今まで以上に多くのモノがインターネットにつながることになります。いわゆる「IoT」ですが、5Gの「多数同時接続」が実現するとIoT機器の活用で新たなビジネスモデルの立ち上がりが期待されています。

具体的にどのようなビジネスモデルが出てきているのか、事例とともに紹介します。

5Gで何が変わる?私たちの生活に与える影響

https://manamina.valuesccg.com/articles/702

2020年から商用サービスが始まる5G通信。超高速・超低遅延・多数同時接続という特徴を持ち、あらゆるものがインターネットとつながるIoT時代がやってきます。その結果、インフラを始め社会のあちこちで5Gを活用したサービスが始まると予想されています。5Gの普及が社会に与える変化と効果について。

5Gを使ったサービスの事例

遠隔医療

5Gの特徴「超高速・超低遅延」は、高精細化した医療で用いられる大容量の画像の送信を実現します。これにより遠隔医療の実現が期待されています。医師不足が問題となっている過疎地域においても大容量の医療画像を専門医や大病院などに送信することでオンラインでの診察ができるようなります。

さらに一歩進んで、ウェアラブルデバイスを用いてのリアルタイムな患者のモニタリングのほか、VR(仮想現実)技術と組み合わせることで、患者の肌の質感なども感じられる診察環境の構築も期待されています。

すでに5Gが導入されている中国では、昨今のコロナウイルスに新型肺炎の対応策として、5Gによる遠隔医療がおこなわれています。

たった10日で建設された武漢「火神山医院」、ファーウェイの5Gで遠隔診療体制~新型コロナウイルス感染リスク軽減

https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1233110.html

 新型コロナウイルスによる肺炎患者が2万人を超える中、医療設備不足を解消するため、武漢の「火神山医院」が1週間あまりの超突貫工事で完成した。

スマートハイウェイ

日本ではソフトバンクがスマートハイウェイの実証実験に積極的に取り組んでいます。高速道路を走行する車両の内部に取り付けられた様々なセンサーや通信設備と、高速道路上に設置されているスマートシステムと連携させ、「橋梁の健全性監視」「AIによるインターチェンジ監視」「渋滞監視」といった、5Gの利点「超高速・超低遅延・多数同時接続」を利用し、自動車での交通をより安全なものとする実験がおこなわれています。

エンターテインメント

モノ消費から体験を重視する「コト消費」にトレンドが移っています。エンタメの世界もその例に漏れず、CDの売り上げは落ちているものの、コンサート入場料の売り上げは増加しているというデータに裏付けされています。

5Gの普及によって、スポーツをプレイヤーや審判目線で楽しめたり、ライブ会場にいるかのような臨場感を味わえるといった、新しいエンタメを「体験」できるようになります。実際、アメリカのプロバスケットボールリーグNBA所属チームのひとつ、「Sacrament Kings(サクラメント・キングス)」が5GとVR/ARを活用し、360度視点で試合観戦できる体験デモを始めています。

農林水産業

農林水産業においても、5GとIoT、そしてビッグデータの活用により、効率的な生産方法の研究が積み重ねられています。

衛星写真の解析から作物の栄養素含有量を測定し、クオリティの高い作物を産出できる農地の仕分けが可能になり、その作物をブランド化し、売り上げの向上、また、あらゆる栽培条件をセンサーによって取得し、栽培効率のアップも実現しています。そのほかにもドローンや無人農機を5Gで制御するといった取り組みもおこなわれています。

建設土木業

地形をドローンによって3次元データで測量し、設計図の作成や施工のために必要な土量を算出するほか、建機を遠隔操作、自動化することで施工の高精度化といった、建設の効率化・省力化が5Gによって推し進められています。ほかにも各種管理にも5Gの特色が活かされます。

ちなみに、スマートハイウェイの項で取り上げた「橋梁の健全性監視」もここにあてはまります。橋に設置された数十個のセンサーからひずみ、振動、傾斜、移動の情報を毎秒収集し、予防保全に役立てられます。これにより、安全に通行できるだけではなく、大規模補修工事までの期間を延長できるため、橋梁更新費用を低減できる利点ももたらします。

まとめ

5Gの運用が開始することで、今までは実現不可能と思われていたことが現実のものになる可能性が一気に高まります。ここまで紹介した事例よりももっとインパクトがあるものが登場するかもしれません。それほどまでに5G、われわれのライフスタイルを大きく変化させる可能性を秘めたテクノロジーといえます。

この記事のライター

マナミナは" まなべるみんなのデータマーケティング・マガジン "。
市場の動向や消費者の気持ちをデータを調査して伝えます。

編集部は、メディア出身者やデータ分析プロジェクト経験者、マーケティングコンサルタント、広告代理店出身者まで、様々なバックグラウンドのメンバーが集まりました。イメージは「仲の良いパートナー会社の人」。難しいことも簡単に、「みんながまなべる」メディアをめざして、日々情報を発信しています。

関連するキーワード


5G IoT

関連する投稿


ローカル5Gは普通の5Gと何が違う?山間部や工場での活用を想定

ローカル5Gは普通の5Gと何が違う?山間部や工場での活用を想定

2019年は5G元年といわれ、2020年には国内でのサービス提供が始まります。5Gでは基地局整備に時間がかかるため、山間部などでは行政が通信業者に代わり独自の5Gネットワークを整備する「ローカル5G」、あるいは5Gの低遅延・多数接続の特徴を生かして、プライベートな5Gネットワークを構築し、工場で多数のセンサーを接続する「ローカル5G」などの活用方法が考えられています。この記事では、ローカル5Gの特徴や具体的な活用方法を解説していきます。


利用者拡大中のモバイルWiFiルーター市場を調査

利用者拡大中のモバイルWiFiルーター市場を調査

近年では珍しくなくなったリモートワークや様々な場面において、スマートフォンはもちろん、タブレットやノートパソコンなど携帯端末の利用シーンが増大しています。そんな時、WiFi環境がない場所でもインターネットに接続できるモバイルWiFiルーターは欠かせない存在になりつつあります。仕事だけでなく携帯ゲームの普及なども伴い、膨大なトラフィックを有する通信環境が必要となっている現状を背景に、利用者が拡大しているモバイルWiFiルーター市場の今後の展望を調査しました。


5Gで健康被害という話をどう解釈すればよいか?

5Gで健康被害という話をどう解釈すればよいか?

携帯の電波が5Gになる時代が近づいています。便利になる一方、健康被害を懸念する声もあり、ムクドリ大量死のデマや科学者による警告、WHOが携帯の発がん性を認めたなど玉石混交で、一般人には判断が難しい所があります。WELQ問題や東日本大震災後のデマの教訓を踏まえ、第三者に科学的に検証されているかが大事です。


5Gで何が変わる?私たちの生活に与える影響

5Gで何が変わる?私たちの生活に与える影響

2020年から商用サービスが始まる5G通信。超高速・超低遅延・多数同時接続という特徴を持ち、あらゆるものがインターネットとつながるIoT時代がやってきます。その結果、インフラを始め社会のあちこちで5Gを活用したサービスが始まると予想されています。5Gの普及が社会に与える変化と効果について。


5Gでできることは何?4Gとの違い5選を詳しく解説!

5Gでできることは何?4Gとの違い5選を詳しく解説!

5Gでできることは?スマホの環境が3Gから4Gに変わった時は、高速なインターネットを楽しめるようになりました。最近は更に「5G」が次世代の技術として注目を集めています。次世代の通信規格5Gが実用化されると、どう違いが出るでしょうか?この記事では、4Gと5Gの違いや5Gで新たにできることを解説します。


最新の投稿


なぜあの企業はスポンサーに?スポーツマーケティングに取り組む目的とメリット

なぜあの企業はスポンサーに?スポーツマーケティングに取り組む目的とメリット

企業がスポーツにお金を出す形には、大会やスポーツイベントへの協賛にスタジアムの命名権獲得、クラブや選手へのスポンサードなど色々な形があります。企業はスポーツマーケティングにより認知度の向上、ブランディングや販売促進などの目的を達成し、クラブや選手は資金源としてのメリットを得ます。企業がスポーツマーケティングに取り組む目的とメリット、具体的な事例を見ていきましょう。


ECマーケティングの特徴と集客・購入・再訪戦略に使われる手法まとめ

ECマーケティングの特徴と集客・購入・再訪戦略に使われる手法まとめ

ECサイトのマーケティングは、ネット比重が高く、数字で効果計測できる施策が多い点で、実店舗ベースのマーケティングと異なる特徴があります。ECサイトの代表的な施策について、集客・購入・再訪の3つの対策ごとにご紹介します。


急上昇ワードに“Zoom”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/3/29~2020/4/4)

急上昇ワードに“Zoom”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/3/29~2020/4/4)

全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

初めてでも分かりやすい!サイト・アプリ分析ツールeMark+の使い方事例まとめ

マナミナを運営する株式会社ヴァリューズの競合サイト分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」の事例記事をまとめます。eMark+には機能がたくさんあり、利用シーンも企業や担当者によってそれぞれ違います。実際何ができるのか、どんなシーンに使えるのかを一望できるようにしました。本記事をブックマークなどしてお使いください。


ローカル5Gは普通の5Gと何が違う?山間部や工場での活用を想定

ローカル5Gは普通の5Gと何が違う?山間部や工場での活用を想定

2019年は5G元年といわれ、2020年には国内でのサービス提供が始まります。5Gでは基地局整備に時間がかかるため、山間部などでは行政が通信業者に代わり独自の5Gネットワークを整備する「ローカル5G」、あるいは5Gの低遅延・多数接続の特徴を生かして、プライベートな5Gネットワークを構築し、工場で多数のセンサーを接続する「ローカル5G」などの活用方法が考えられています。この記事では、ローカル5Gの特徴や具体的な活用方法を解説していきます。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら
最先端のマーケテイング調査結果をお試し価格でご覧いただけます!調査レポート・データ提供

アクセスランキング


>>総合人気ランキング

メルマガ登録はこちら

セミナー・イベント情報はこちら

eMak+無料登録はこちら