ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機...家電量販店サイトを比較調査!

ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機...家電量販店サイトを比較調査!

AmazonなどECモールを活用したメーカー直販が台頭する中、大手家電量販店は脱家電に舵をきりはじめ、例えばヤマダ電機が家具メーカーの大塚家具と組んで住宅産業に進出したり、ビックカメラが薬や日用品、自転車などの異業種マーケットに挑戦したりと、各社それぞれ戦略を打ち出しています。そこで今回は、大手家電量販店5社の公式サイトを比較し、ユーザーの利用実態や集客などについて分析しました。


ユーザー数はヨドバシカメラが最多、2位は…

分析の対象とした家電量販店は以下の5社です。楽天市場などに出店している場合はそれを除き、公式サイトのみを対象とします。

・ヤマダ電機 www.yamada-denki.jp
・ビックカメラ www.biccamera.com
・ヨドバシカメラ www.yodobashi.com
・エディオン www.edion.com
・ケーズデンキ www.ksdenki.com/shop/

ヤマダ電機公式サイト

ビックカメラ公式サイト

ヨドバシカメラ公式サイト

ケーズデンキ公式サイト

エディオン公式サイト

まずユーザー数を比較します。ユーザー数はヨドバシカメラが最多で、2位のビックカメラの2.5倍以上のユーザーを獲得しながら推移しています。

5社ともユーザー数は大きな増減がなく推移し、1位:ヨドバシカメラ、2位:ビックカメラ、3位:エディオン、4位:ヤマダ電機、5位:ケーズデンキの順位も2年間概ね変わることはありませんでした。

家電量販店5社 ユーザー数推移

家電量販店5社 ユーザー数推移

2018年3月~2020年2月
デバイス:PCおよびスマートフォン

また、PV数に関しても、ヨドバシカメラが最多となっていました。
1人あたりにすると直近で約30PVを稼いでいることがわかります。

家電量販店5社 PV数推移

家電量販店5社 PV数推移

2018年3月~2020年2月
デバイス:PCおよびスマートフォン

家電量販店5社 一人あたりPV数推移

家電量販店5社 一人あたりPV数推移

2018年3月~2020年2月
デバイス:PCおよびスマートフォン

社名検索、Twitterでの集客に強いヨドバシカメラ

次に、各サイトについて、どのような集客経路をたどって訪問したか流入元を探ります。

5社まとめて比較すると、自然流入がもっとも多く、ヨドバシカメラ(グラフ緑色)とビックカメラ(グラフ橙色)は特に顕著でした。また、検索キーワードは1位から10位までが社名・屋号であり、ヨドバシカメラが強さを見せつけました。【流入元1】

【流入元1】自然検索からの流入

【流入元1】自然検索からの流入

デバイス:PC
期間:2019年9月〜2020年2月

流入元で次に多かったのが一般広告です。ヨドバシカメラはアドネットワーク(Google、Yahoo!)からの流入が多く、対するビックカメラはアフィリエイト(リンクシェア)からの流入が多いことがわかります。【流入元2】

【流入元2】一般広告からの流入

【流入元2】一般広告からの流入

デバイス:PC
期間:2019年9月〜2020年2月

唯一、ビックカメラがヨドバシカメラを上回った流入元に、外部サイトがあります。内訳を見ると、ビックカメラは価格.comからの流入が多いことがわかりました。また、ビックカメラは楽天ビックからの流入も多く、ヨドバシカメラはTwitterやFacebookなどのSNSからの流入が多いのも特徴です。【流入元3】

【流入元3】外部サイトからの流入

【流入元3】外部サイトからの流入

デバイス:PC
期間:2019年9月〜2020年2月

女性と若者に人気のヨドバシ、地方で強いケーズ、エディオン

続いて、それぞれのユーザー属性を比較します。
5社のビジネスモデル、強みなどの特徴は以下のとおりです。

ヤマダ電機

  • 業界売上No.1
  • リフォーム、インテリアなど住宅事業に参入。大塚家具と提携

ビックカメラ

  • 業界売上No.2
  • 日用品、酒類、自転車、玩具など多様な商品を取り扱う

ヨドバシカメラ

  • ECサイト売上No.1
  • 関東地方を中心に展開

エディオン

  • リアル店舗、体験・体感型の売り場作りを推進
  • プライベートブランド商品の販売

ケーズデンキ

  • 郊外型の店舗展開
  • がんばらない経営(社員第一主義)で企業イメージがUP

各サイトのユーザー属性を比較

男女比はどのサイトも男性が過半数を占めています。ECサイト売上1位で日用品を多く取り扱っているヨドバシカメラは、女性比率が若干多く38.3%でした。

年代を比べると、ヨドバシカメラが20代、30代の若い層を集め、エディオン、ケーズデンキが50代、60代のユーザーを集めています。どの企業の公式サイトも、60代以上のシニア層がおよそ2割存在し、幅広いユーザー層にリーチできていることがわかります。

ユーザー属性比較:性別、年代

ユーザー属性比較:性別、年代

期間:2019年3月〜2020年2月
デバイス:PCおよびスマホ

また、ユーザーの居住地域にも特徴があり、エディオンは中部、近畿地方、ケーズデンキは東北地方が他社と比べて多く見られました。

ユーザー属性比較:居住地域

ユーザー属性比較:居住地域

期間:2019年3月〜2020年2月
デバイス:PCおよびスマホ

また、住宅事業に進出したヤマダ電機ですが、公式サイトのユーザーとリフォームのサイトのユーザー層は異なることがわかります。リフォームサイトは、女性や40代~50代の比率が高く、リフォームニーズの高い層を独自でユーザーを集めることに成功しているようです。

<ヤマダ電機リフォーム>ユーザー属性

<ヤマダ電機リフォーム>ユーザー属性

期間:2019年3月〜2020年2月
デバイス:PCおよびスマホ

ヤマダ電機リフォーム公式サイト

まとめ

今回は、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機、エディオン、ケーズデンキの5社の家電量販店についてユーザー動向を分析しました。ユーザー数、PV数ともにヨドバシカメラが1位で、集客は自然流入(検索キーワードは「ヨドバシ」「ヨドバシカメラ」「ヨドバシドットコム」など)が多いことがわかりました。また、Twitterでの集客も効果が出ているようです。一方、ユーザー数 2位のビックカメラは価格.comや楽天市場などの外部サイトからの流入が多くみられました。

各社のユーザー属性の違いは、ヨドバシカメラが女性と若者に人気、ケーズデンキ、エディオンが地方で強いという特徴が浮かびました。

分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2018年3月~2020年2月におけるユーザーの行動を分析しました。
※Webサイトのユーザー数はPC及びスマートフォンからのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

本記事ではeMark+を用いて調査を行いましたが、eMark+の機能がパワーアップした新ツール「Dockpit(ドックピット)」が2020年10月にリリースされました。まずは無料版に登録して、実際にDockpitを体験してみてくださいね。



dockpit 無料版の登録はこちら


関連記事

Web行動ログから読み解く!withコロナの「住まい」に関する消費者変化|セミナーレポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/973

withコロナ時代の消費者変化をWeb行動ログから考察したオンラインセミナーが7月22日に開催されました。今回フォーカスされたのは「家具・家電・住宅」業界。コロナ禍による「おうち時間」「巣ごもり」などのライフスタイルの変化から、在宅時間も長くなり、「住まい」に関して人々の関心はどのように変化したのでしょうか。アンケート調査とWeb行動の変化から、「住まい」への関心の高まりを分析・解説しました。

マスクで注目、アイリスオーヤマのデジタル集客を深堀り!コーポレートとECサイトの連動も強みか

https://manamina.valuesccg.com/articles/986

独自の商品開発でヒット商品を続々と生み出し、国内マスク生産など新型コロナへの迅速な対応も注目を集めたアイリスオーヤマ。本稿では、そんなアイリスオーヤマを深掘りします。サイトのユーザー推移や流入元・人気コンテンツを、市場分析ツール「eMark+」を使って調査し、アイリスオーヤマの集客構造を紐解きます。

「ホームベーカリーの売り上げ増加からみる新型コロナ後の家電購入者の変化」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/1004

自宅で手軽にパンが作れる「ホームベーカリー」の売り上げが好調です。新型コロナウイルスによって私たちの生活スタイルは大きく変わりましたが、家電製品へのニーズにも影響が出ているようです。ホームベーカリーを通して、新型コロナ後の家電購入者の変化を探ります。(ページ数|13p)

「家電は買うだけじゃない」…人気急上昇中のカメラと最新家電のレンタルサービス『Rentio』を調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/790

カメラ・家電を中心に常時1500種類以上のレンタル商品を展開する「Rentio」(以下、レンティオ)。高額な家電をどんな敏腕家電販売員にすすめられても、やはり使ってみないとわからない。そんな家電購入選びの迷いを打ち消すかのようなレンティオの「レンタル」サービス。ひとくちに家電と言っても、カメラから育児用品までと幅広く、レンタル期間も短期から長期、買い取りまでと様々。はたして急増している利用者はどんな人物像なのか、レンティオのサービスも含めて調査しました。

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


LINE経済圏の成り立ちをデータで考察 ~ 進む「巨大プラットフォーム化」とその将来像とは

LINE経済圏の成り立ちをデータで考察 ~ 進む「巨大プラットフォーム化」とその将来像とは

コミュニケーションツールの枠組みを大きく超え、コンテンツ配信やFintech領域でも存在感を増しているLINE系サービス。同社の多彩なサービス展開によって形成される巨大なプラットフォームの全貌と、広がっていく「LINE経済圏」の今後について、ヴァリューズの提供する2つの分析ツールを用いて調査していきます。


ユーザー数急上昇アプリランキング〜日本生命など保険系アプリが急伸!ポケモンHOMEも上位に【20年11月】

ユーザー数急上昇アプリランキング〜日本生命など保険系アプリが急伸!ポケモンHOMEも上位に【20年11月】

2020年11月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。11月のトレンドを調査しました。


キャッシュレスアプリ徹底分析2020!コロナ禍で地方でも利用者増の実態とは…年間成長率トップは北海道&シニア層という結果に

キャッシュレスアプリ徹底分析2020!コロナ禍で地方でも利用者増の実態とは…年間成長率トップは北海道&シニア層という結果に

政府主導のポイント還元事業を機に、急速に普及したキャッシュレスアプリ。数百億規模のキャッシュバックキャンペーンで一躍注目を浴びたPayPayをはじめ、d払いやauペイ、楽天Pay、LINEPayが肩を並べています。導入負担の少なさから、加盟店も続々と拡大。最近では、新型コロナ感染予防策としてキャッシュレス決済を利用する人も増えています。本稿では、そんなキャッシュレスアプリに着目。主要アプリのユーザー数推移や、地域・年代別の利用傾向を調査しました。


Web行動ログから読み取く!withコロナ期における消費者の「おうち時間」の過ごし方の変化とは|セミナーレポート

Web行動ログから読み取く!withコロナ期における消費者の「おうち時間」の過ごし方の変化とは|セミナーレポート

withコロナ期における消費者の「おうち時間」の過ごし方の変化をWeb行動ログから考察したオンラインセミナーが開催されました。今回は、コロナ禍の「おうち時間」における消費者の意識変化・行動変化を「食」「運動」「家電」という3つの切り口から分析し、消費者の動向をアンケート調査とWeb行動ログから読み解きます。


「移住」トレンドを検索キーワードから調査。2021年は移住元年となるのか

「移住」トレンドを検索キーワードから調査。2021年は移住元年となるのか

新型コロナ禍以降、主に都市部から地方への移住に関心を持つ人が増えているようです。もともと多くの地方自治体が移住者の誘致に積極的だったところ、長引くwithコロナ生活の中でテレワークがすっかり浸透したことが重なり、ユーザーの「移住」に関する検索行動も増えています。今回は「移住」に関連する検索キーワードに着目し、検索トレンドや検索ユーザーの属性などについて調査・分析します。


最新の投稿


12月の急上昇サイトは?LINEヘルスケアの「感染対策を見据えた受診方法」コンテンツにユーザー集まる

12月の急上昇サイトは?LINEヘルスケアの「感染対策を見据えた受診方法」コンテンツにユーザー集まる

2020年12月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型のWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit(ドックピット)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はDockpitを使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


マーケティングの基礎知識「イノベーター理論」とは?

マーケティングの基礎知識「イノベーター理論」とは?

新しいモノやサービスが市場に普及する過程を分析する際に、「アーリーアダプター」「キャズム」などの用語は聞いたことがあるはず。これらは消費者を5つのグループに分類して分析した「イノベーター理論」の一部です。5つのグループや普及の分岐点など、イノベーター理論について解説します。


コロナ禍での「乳酸菌」への関心調査レポート

コロナ禍での「乳酸菌」への関心調査レポート

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、消費者の健康へのニーズは日に日に高まっています。今回は「乳酸菌」に着目し、インターネット行動ログデータの分析から「乳酸菌」への関心の変化を探ります。(ページ数|16p)


ダイエットに最適?中国の「代餐食品」(食事代替品)に迫る!|中国トレンド調査

ダイエットに最適?中国の「代餐食品」(食事代替品)に迫る!|中国トレンド調査

体に必要なすべての栄養素を手軽に補給できる「代餐食品」(食事代替品)が現在、中国で大人気です。中国最大級のECプラットフォームT-mallとJD.comの調査報告書によると、2019年「代餐食品」(食事代替品)のEC売上は10億元を突破しています。また、ユーロモニターの市場調査では、中国における「食事代替品」の市場規模は30%以上の成長率を示しており、2022年までに約1200億元に達すると予想されています。本稿では、中国における「代餐食品」ブームが生まれた理由とは何か、また、人気な「代餐食品」ブランドを調査していきます。


LINE経済圏の成り立ちをデータで考察 ~ 進む「巨大プラットフォーム化」とその将来像とは

LINE経済圏の成り立ちをデータで考察 ~ 進む「巨大プラットフォーム化」とその将来像とは

コミュニケーションツールの枠組みを大きく超え、コンテンツ配信やFintech領域でも存在感を増しているLINE系サービス。同社の多彩なサービス展開によって形成される巨大なプラットフォームの全貌と、広がっていく「LINE経済圏」の今後について、ヴァリューズの提供する2つの分析ツールを用いて調査していきます。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング