ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機...家電量販店サイトを比較調査!

ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機...家電量販店サイトを比較調査!

AmazonなどECモールを活用したメーカー直販が台頭する中、大手家電量販店は脱家電に舵をきりはじめ、例えばヤマダ電機が家具メーカーの大塚家具と組んで住宅産業に進出したり、ビックカメラが薬や日用品、自転車などの異業種マーケットに挑戦したりと、各社それぞれ戦略を打ち出しています。そこで今回は、大手家電量販店5社の公式サイトを比較し、ユーザーの利用実態や集客などについて分析しました。


ユーザー数はヨドバシカメラが最多、2位は…

分析の対象とした家電量販店は以下の5社です。楽天市場などに出店している場合はそれを除き、公式サイトのみを対象とします。

・ヤマダ電機 www.yamada-denki.jp
・ビックカメラ www.biccamera.com
・ヨドバシカメラ www.yodobashi.com
・エディオン www.edion.com
・ケーズデンキ www.ksdenki.com/shop/

ヤマダ電機公式サイト

ビックカメラ公式サイト

ヨドバシカメラ公式サイト

ケーズデンキ公式サイト

エディオン公式サイト

まずユーザー数を比較します。ユーザー数はヨドバシカメラが最多で、2位のビックカメラの2.5倍以上のユーザーを獲得しながら推移しています。

5社ともユーザー数は大きな増減がなく推移し、1位:ヨドバシカメラ、2位:ビックカメラ、3位:エディオン、4位:ヤマダ電機、5位:ケーズデンキの順位も2年間概ね変わることはありませんでした。

家電量販店5社 ユーザー数推移

家電量販店5社 ユーザー数推移

2018年3月~2020年2月
デバイス:PCおよびスマートフォン

また、PV数に関しても、ヨドバシカメラが最多となっていました。
1人あたりにすると直近で約30PVを稼いでいることがわかります。

家電量販店5社 PV数推移

家電量販店5社 PV数推移

2018年3月~2020年2月
デバイス:PCおよびスマートフォン

家電量販店5社 一人あたりPV数推移

家電量販店5社 一人あたりPV数推移

2018年3月~2020年2月
デバイス:PCおよびスマートフォン

社名検索、Twitterでの集客に強いヨドバシカメラ

次に、各サイトについて、どのような集客経路をたどって訪問したか流入元を探ります。

5社まとめて比較すると、自然流入がもっとも多く、ヨドバシカメラ(グラフ緑色)とビックカメラ(グラフ橙色)は特に顕著でした。また、検索キーワードは1位から10位までが社名・屋号であり、ヨドバシカメラが強さを見せつけました。【流入元1】

【流入元1】自然検索からの流入

【流入元1】自然検索からの流入

デバイス:PC
期間:2019年9月〜2020年2月

流入元で次に多かったのが一般広告です。ヨドバシカメラはアドネットワーク(Google、Yahoo!)からの流入が多く、対するビックカメラはアフィリエイト(リンクシェア)からの流入が多いことがわかります。【流入元2】

【流入元2】一般広告からの流入

【流入元2】一般広告からの流入

デバイス:PC
期間:2019年9月〜2020年2月

唯一、ビックカメラがヨドバシカメラを上回った流入元に、外部サイトがあります。内訳を見ると、ビックカメラは価格.comからの流入が多いことがわかりました。また、ビックカメラは楽天ビックからの流入も多く、ヨドバシカメラはTwitterやFacebookなどのSNSからの流入が多いのも特徴です。【流入元3】

【流入元3】外部サイトからの流入

【流入元3】外部サイトからの流入

デバイス:PC
期間:2019年9月〜2020年2月

女性と若者に人気のヨドバシ、地方で強いケーズ、エディオン

続いて、それぞれのユーザー属性を比較します。
5社のビジネスモデル、強みなどの特徴は以下のとおりです。

ヤマダ電機

  • 業界売上No.1
  • リフォーム、インテリアなど住宅事業に参入。大塚家具と提携

ビックカメラ

  • 業界売上No.2
  • 日用品、酒類、自転車、玩具など多様な商品を取り扱う

ヨドバシカメラ

  • ECサイト売上No.1
  • 関東地方を中心に展開

エディオン

  • リアル店舗、体験・体感型の売り場作りを推進
  • プライベートブランド商品の販売

ケーズデンキ

  • 郊外型の店舗展開
  • がんばらない経営(社員第一主義)で企業イメージがUP

各サイトのユーザー属性を比較

男女比はどのサイトも男性が過半数を占めています。ECサイト売上1位で日用品を多く取り扱っているヨドバシカメラは、女性比率が若干多く38.3%でした。

年代を比べると、ヨドバシカメラが20代、30代の若い層を集め、エディオン、ケーズデンキが50代、60代のユーザーを集めています。どの企業の公式サイトも、60代以上のシニア層がおよそ2割存在し、幅広いユーザー層にリーチできていることがわかります。

ユーザー属性比較:性別、年代

ユーザー属性比較:性別、年代

期間:2019年3月〜2020年2月
デバイス:PCおよびスマホ

また、ユーザーの居住地域にも特徴があり、エディオンは中部、近畿地方、ケーズデンキは東北地方が他社と比べて多く見られました。

ユーザー属性比較:居住地域

ユーザー属性比較:居住地域

期間:2019年3月〜2020年2月
デバイス:PCおよびスマホ

また、住宅事業に進出したヤマダ電機ですが、公式サイトのユーザーとリフォームのサイトのユーザー層は異なることがわかります。リフォームサイトは、女性や40代~50代の比率が高く、リフォームニーズの高い層を独自でユーザーを集めることに成功しているようです。

<ヤマダ電機リフォーム>ユーザー属性

<ヤマダ電機リフォーム>ユーザー属性

期間:2019年3月〜2020年2月
デバイス:PCおよびスマホ

ヤマダ電機リフォーム公式サイト

まとめ

今回は、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機、エディオン、ケーズデンキの5社の家電量販店についてユーザー動向を分析しました。ユーザー数、PV数ともにヨドバシカメラが1位で、集客は自然流入(検索キーワードは「ヨドバシ」「ヨドバシカメラ」「ヨドバシドットコム」など)が多いことがわかりました。また、Twitterでの集客も効果が出ているようです。一方、ユーザー数 2位のビックカメラは価格.comや楽天市場などの外部サイトからの流入が多くみられました。

各社のユーザー属性の違いは、ヨドバシカメラが女性と若者に人気、ケーズデンキ、エディオンが地方で強いという特徴が浮かびました。

分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2018年3月~2020年2月におけるユーザーの行動を分析しました。
※Webサイトのユーザー数はPC及びスマートフォンからのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

本記事ではeMark+を用いて調査を行いましたが、eMark+の機能がパワーアップした新ツール「Dockpit(ドックピット)」が2020年10月にリリースされました。まずは無料版に登録して、実際にDockpitを体験してみてくださいね。



dockpit 無料版の登録はこちら


関連記事

Web行動ログから読み解く!withコロナの「住まい」に関する消費者変化|セミナーレポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/973

withコロナ時代の消費者変化をWeb行動ログから考察したオンラインセミナーが7月22日に開催されました。今回フォーカスされたのは「家具・家電・住宅」業界。コロナ禍による「おうち時間」「巣ごもり」などのライフスタイルの変化から、在宅時間も長くなり、「住まい」に関して人々の関心はどのように変化したのでしょうか。アンケート調査とWeb行動の変化から、「住まい」への関心の高まりを分析・解説しました。

マスクで注目、アイリスオーヤマのデジタル集客を深堀り!コーポレートとECサイトの連動も強みか

https://manamina.valuesccg.com/articles/986

独自の商品開発でヒット商品を続々と生み出し、国内マスク生産など新型コロナへの迅速な対応も注目を集めたアイリスオーヤマ。本稿では、そんなアイリスオーヤマを深掘りします。サイトのユーザー推移や流入元・人気コンテンツを、市場分析ツール「eMark+」を使って調査し、アイリスオーヤマの集客構造を紐解きます。

「ホームベーカリーの売り上げ増加からみる新型コロナ後の家電購入者の変化」レポート

https://manamina.valuesccg.com/articles/1004

自宅で手軽にパンが作れる「ホームベーカリー」の売り上げが好調です。新型コロナウイルスによって私たちの生活スタイルは大きく変わりましたが、家電製品へのニーズにも影響が出ているようです。ホームベーカリーを通して、新型コロナ後の家電購入者の変化を探ります。(ページ数|13p)

「家電は買うだけじゃない」…人気急上昇中のカメラと最新家電のレンタルサービス『Rentio』を調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/790

カメラ・家電を中心に常時1500種類以上のレンタル商品を展開する「Rentio」(以下、レンティオ)。高額な家電をどんな敏腕家電販売員にすすめられても、やはり使ってみないとわからない。そんな家電購入選びの迷いを打ち消すかのようなレンティオの「レンタル」サービス。ひとくちに家電と言っても、カメラから育児用品までと幅広く、レンタル期間も短期から長期、買い取りまでと様々。はたして急増している利用者はどんな人物像なのか、レンティオのサービスも含めて調査しました。

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

映画化も決定した人気作品の「呪術廻戦」。その人気ぶりは、社会現象ともなった「鬼滅の刃」(著:吾峠呼世晴/集英社)と似ることから、最近ではメディアから“ポスト鬼滅”として取り上げられることも。今回はそんな「呪術廻戦」について、ヴァリューズが提供する市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を用いて、検索データを分析しました。


コロナ禍から1年、化粧品への消費者ニーズはどう変わった?業界動向をデータで振り返る

コロナ禍から1年、化粧品への消費者ニーズはどう変わった?業界動向をデータで振り返る

化粧品のトレンドについて調査する新企画。ヴァリューズのマーケティングコンサルタントである私、伊東茉冬が気になる話題について調査していきます。 今回の調査は前回の記事に引き続き、新型コロナウイルスの影響についてです。 コロナ禍から約1年、化粧品への消費者の意識はどのように変化してきたのか、データから振り返り、今後の動向について予想します。


「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、最新1位はファミペイ【2021年1月~2021年2月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、最新1位はファミペイ【2021年1月~2021年2月】

「スマートフォンアプリ」インストール数ランキング、2021年2月のアプリインストール数1位は「ファミペイ」でした。本記事では最新のアプリインストール数ランキングTop5を掲載。また、男女別の人気インストール数ランキングもまとめています。


「人・調べる・買う」を知る!家電購入に関する調査レポート ~ 新型コロナで新たな需要も

「人・調べる・買う」を知る!家電購入に関する調査レポート ~ 新型コロナで新たな需要も

私たちの生活に必要不可欠な家電。洗濯機、掃除機といった生活家電から美容家電にプロジェクターなど趣味性の高いものまで、そのジャンルや需要は多岐にわたります。さらに新型コロナウイルス感染拡大に伴う新しい生活様式により、新たな需要も生まれつつあります。 今回の調査では、購入者分析=「人」、購入までの情報収集分析=「調べる」、購入場所や購入理由分析=「買う」の3つをテーマに設定。アンケート調査とWEBログ分析をもとに複雑な家電購入の実態を整理しました。(ページ数|40p)


在宅生活をちょっと豊かにする「贅沢家電」市場がコロナ禍で成長?需要をデータから分析

在宅生活をちょっと豊かにする「贅沢家電」市場がコロナ禍で成長?需要をデータから分析

長引くコロナ禍において、自宅で過ごす時間が増えたことは周知の事実です。また、先行き不安から消費行動の落ち込みも見られるというニュースも目にしますが、果たしてそれは本当なのでしょうか。確かに通常時と同じ対象に支出はしていないかもしれませんが、支出の対象が変化しただけで、実は消費行動は引き続き起きているのではないかと思います。 今回はコロナ禍で逆に需要が高まっていると予測される贅沢家電について、分析していきます。


最新の投稿


Googleタグマネージャー(GTM)を導入する|Googleアナリティクス使い方ガイド

Googleタグマネージャー(GTM)を導入する|Googleアナリティクス使い方ガイド

Webサイトの計測や広告等の施策投下、効果測定の実施にあたり増え続ける計測タグの管理に便利なタグマネジメントツールがあるのはご存じでしょうか?もし、まだ利用されてない方はぜひ導入をおすすめします。また「Googleタグマネージャー」を導入することで、『タグの管理が簡単になる』『タグの管理を外部に委託する必要がなくなる』『ページの表示速度が速くなる』などのメリットも挙げられるので、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。今回はいくつかあるタグマネジメントツールの中でも代表的な「Googleタグマネージャー」の基礎設定について紹介していきます。


覇権確実?スマホゲーム『ウマ娘』は引退馬も救う?!

覇権確実?スマホゲーム『ウマ娘』は引退馬も救う?!

2021年2月24日にサービスが開始された新作スマホゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』(以下、ウマ娘)が話題を集めています。早くも2021年覇権タイトル確実と噂される「ウマ娘」の人気の実態やその理由を、ネットでの検索データをもとに徹底リサーチします。


呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

呪術廻戦は「鬼滅超え」なるか!?TVアニメ開始前後の検索データから止まらない人気ぶりを徹底分析

映画化も決定した人気作品の「呪術廻戦」。その人気ぶりは、社会現象ともなった「鬼滅の刃」(著:吾峠呼世晴/集英社)と似ることから、最近ではメディアから“ポスト鬼滅”として取り上げられることも。今回はそんな「呪術廻戦」について、ヴァリューズが提供する市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/dockpit/" target="_blank">Dockpit</a>」を用いて、検索データを分析しました。


郊外に移り住む人が増えている?コロナ禍での引っ越し傾向を探る自主調査レポート

郊外に移り住む人が増えている?コロナ禍での引っ越し傾向を探る自主調査レポート

コロナ禍でのテレワークの浸透や在宅時間の増加から、住環境を見直す人が増えているようです。都心を離れての近距離の移住や新たに住宅を購入する動きなどが見られる中、コロナが引っ越しに与えている影響はどのようなものなのでしょうか。アンケート調査とインターネット行動ログデータの分析から調査しました。(ページ数|25p)


急上昇ワードに“松山英樹”“マスターズ”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/4/11~2021/4/17)

急上昇ワードに“松山英樹”“マスターズ”など...「週間」検索キーワードランキング(2021/4/11~2021/4/17)

2021年4月11日~4月17日週の検索急上昇ワードでは、日本人として初のマスターズ制覇を果たしたプロゴルファー「松山英樹」さんの検索が急増。ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析を行い、検索キーワードランキングを作成しました。


競合も、業界も、トレンドもわかる、マーケターのためのリサーチエンジン Dockpit 無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング