ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機...家電量販店サイトを比較調査!

ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機...家電量販店サイトを比較調査!

AmazonなどECモールを活用したメーカー直販が台頭する中、大手家電量販店は脱家電に舵をきりはじめ、例えばヤマダ電機が家具メーカーの大塚家具と組んで住宅産業に進出したり、ビックカメラが薬や日用品、自転車などの異業種マーケットに挑戦したりと、各社それぞれ戦略を打ち出しています。そこで今回は、大手家電量販店5社の公式サイトを比較し、ユーザーの利用実態や集客などについて分析しました。


ユーザー数はヨドバシカメラが最多、2位は…

分析の対象とした家電量販店は以下の5社です。楽天市場などに出店している場合はそれを除き、公式サイトのみを対象とします。

・ヤマダ電機 www.yamada-denki.jp
・ビックカメラ www.biccamera.com
・ヨドバシカメラ www.yodobashi.com
・エディオン www.edion.com
・ケーズデンキ www.ksdenki.com/shop/

ヤマダ電機公式サイト

ビックカメラ公式サイト

ヨドバシカメラ公式サイト

ケーズデンキ公式サイト

エディオン公式サイト

まずユーザー数を比較します。ユーザー数はヨドバシカメラが最多で、2位のビックカメラの2.5倍以上のユーザーを獲得しながら推移しています。

5社ともユーザー数は大きな増減がなく推移し、1位:ヨドバシカメラ、2位:ビックカメラ、3位:エディオン、4位:ヤマダ電機、5位:ケーズデンキの順位も2年間概ね変わることはありませんでした。

家電量販店5社 ユーザー数推移

家電量販店5社 ユーザー数推移

2018年3月~2020年2月
デバイス:PCおよびスマートフォン

また、PV数に関しても、ヨドバシカメラが最多となっていました。
1人あたりにすると直近で約30PVを稼いでいることがわかります。

家電量販店5社 PV数推移

家電量販店5社 PV数推移

2018年3月~2020年2月
デバイス:PCおよびスマートフォン

家電量販店5社 一人あたりPV数推移

家電量販店5社 一人あたりPV数推移

2018年3月~2020年2月
デバイス:PCおよびスマートフォン

社名検索、Twitterでの集客に強いヨドバシカメラ

次に、各サイトについて、どのような集客経路をたどって訪問したか流入元を探ります。

5社まとめて比較すると、自然流入がもっとも多く、ヨドバシカメラ(グラフ緑色)とビックカメラ(グラフ橙色)は特に顕著でした。また、検索キーワードは1位から10位までが社名・屋号であり、ヨドバシカメラが強さを見せつけました。【流入元1】

【流入元1】自然検索からの流入

【流入元1】自然検索からの流入

デバイス:PC
期間:2019年9月〜2020年2月

流入元で次に多かったのが一般広告です。ヨドバシカメラはアドネットワーク(Google、Yahoo!)からの流入が多く、対するビックカメラはアフィリエイト(リンクシェア)からの流入が多いことがわかります。【流入元2】

【流入元2】一般広告からの流入

【流入元2】一般広告からの流入

デバイス:PC
期間:2019年9月〜2020年2月

唯一、ビックカメラがヨドバシカメラを上回った流入元に、外部サイトがあります。内訳を見ると、ビックカメラは価格.comからの流入が多いことがわかりました。また、ビックカメラは楽天ビックからの流入も多く、ヨドバシカメラはTwitterやFacebookなどのSNSからの流入が多いのも特徴です。【流入元3】

【流入元3】外部サイトからの流入

【流入元3】外部サイトからの流入

デバイス:PC
期間:2019年9月〜2020年2月

女性と若者に人気のヨドバシ、地方で強いケーズ、エディオン

続いて、それぞれのユーザー属性を比較します。
5社のビジネスモデル、強みなどの特徴は以下のとおりです。

ヤマダ電機

  • 業界売上No.1
  • リフォーム、インテリアなど住宅事業に参入。大塚家具と提携

ビックカメラ

  • 業界売上No.2
  • 日用品、酒類、自転車、玩具など多様な商品を取り扱う

ヨドバシカメラ

  • ECサイト売上No.1
  • 関東地方を中心に展開

エディオン

  • リアル店舗、体験・体感型の売り場作りを推進
  • プライベートブランド商品の販売

ケーズデンキ

  • 郊外型の店舗展開
  • がんばらない経営(社員第一主義)で企業イメージがUP

各サイトのユーザー属性を比較

男女比はどのサイトも男性が過半数を占めています。ECサイト売上1位で日用品を多く取り扱っているヨドバシカメラは、女性比率が若干多く38.3%でした。

年代を比べると、ヨドバシカメラが20代、30代の若い層を集め、エディオン、ケーズデンキが50代、60代のユーザーを集めています。どの企業の公式サイトも、60代以上のシニア層がおよそ2割存在し、幅広いユーザー層にリーチできていることがわかります。

ユーザー属性比較:性別、年代

ユーザー属性比較:性別、年代

期間:2019年3月〜2020年2月
デバイス:PCおよびスマホ

また、ユーザーの居住地域にも特徴があり、エディオンは中部、近畿地方、ケーズデンキは東北地方が他社と比べて多く見られました。

ユーザー属性比較:居住地域

ユーザー属性比較:居住地域

期間:2019年3月〜2020年2月
デバイス:PCおよびスマホ

また、住宅事業に進出したヤマダ電機ですが、公式サイトのユーザーとリフォームのサイトのユーザー層は異なることがわかります。リフォームサイトは、女性や40代~50代の比率が高く、リフォームニーズの高い層を独自でユーザーを集めることに成功しているようです。

<ヤマダ電機リフォーム>ユーザー属性

<ヤマダ電機リフォーム>ユーザー属性

期間:2019年3月〜2020年2月
デバイス:PCおよびスマホ

ヤマダ電機リフォーム公式サイト

まとめ

今回は、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、ヤマダ電機、エディオン、ケーズデンキの5社の家電量販店についてユーザー動向を分析しました。ユーザー数、PV数ともにヨドバシカメラが1位で、集客は自然流入(検索キーワードは「ヨドバシ」「ヨドバシカメラ」「ヨドバシドットコム」など)が多いことがわかりました。また、Twitterでの集客も効果が出ているようです。一方、ユーザー数 2位のビックカメラは価格.comや楽天市場などの外部サイトからの流入が多くみられました。

各社のユーザー属性の違いは、ヨドバシカメラが女性と若者に人気、ケーズデンキ、エディオンが地方で強いという特徴が浮かびました。

分析概要

全国のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「eMark+」を使用し、2018年3月~2020年2月におけるユーザーの行動を分析しました。
※Webサイトのユーザー数はPC及びスマートフォンからのアクセスを集計し、ヴァリューズ保有モニターでの出現率を基に、国内ネット人口に則して推測。

「eMark+」では、サイトに訪れるユーザー数や属性など、無料でお使いいただける機能もあります。まずは無料版に登録して、実際にeMark+を体験してみてくださいね。



  eMark+ 無料で競合調査ができる! 無料登録はこちら

関連記事

「家電は買うだけじゃない」…人気急上昇中のカメラと最新家電のレンタルサービス『Rentio』を調査

https://manamina.valuesccg.com/articles/790

カメラ・家電を中心に常時1500種類以上のレンタル商品を展開する「Rentio」(以下、レンティオ)。高額な家電をどんな敏腕家電販売員にすすめられても、やはり使ってみないとわからない。そんな家電購入選びの迷いを打ち消すかのようなレンティオの「レンタル」サービス。ひとくちに家電と言っても、カメラから育児用品までと幅広く、レンタル期間も短期から長期、買い取りまでと様々。はたして急増している利用者はどんな人物像なのか、レンティオのサービスも含めて調査しました。

注目のコスメサイト @cosme、C CHANNEL、LIPSを比較調査!

https://manamina.valuesccg.com/articles/869

各メーカーからほぼ毎月のように発売される化粧品ですが、コスメ市場においては商品量が多すぎることもあり選択することに迷ってしまうことも多いのではないでしょうか?昨今では、化粧品を購入する前にクチコミサイトやInstagramなどのSNSから情報を得ることも多くなっているようです。そこで、今回は注目されているコスメサイトを3つピックアップして調査します。

通信業界3社をマーケティング視点で企業研究!現役大学生のデータドリブン就活【第3回】

https://manamina.valuesccg.com/articles/777

競合分析ツール「eMark+」を使って、就職活動に役立つコンテンツをお届けする企画。第3回は通信業界の主要3社、NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクグループをWebサイトの集客状況から分析し、企業の強みや違いをまとめました。

この記事のライター

フリーライター。大手キャリア系企業で編集の仕事に出会い、その後、3つのメディアの立ち上げなど行い、2014年にフリーランスに。医療系、就活系、教育系、結婚系のサイトで執筆中。

関連する投稿


9月の急上昇アプリ1位は読売新聞、どんな施策が効いたのか?ライブ配信やファッション通販、タクシー配車アプリも上位に

9月の急上昇アプリ1位は読売新聞、どんな施策が効いたのか?ライブ配信やファッション通販、タクシー配車アプリも上位に

2020年9月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。9月のトレンドを調査しました。


拡大するシニア市場のマーケティングに必要な消費者理解とは |シニア、フレイル・プレフレイル市場に関するセミナーレポート

拡大するシニア市場のマーケティングに必要な消費者理解とは |シニア、フレイル・プレフレイル市場に関するセミナーレポート

増加する日本の65歳以上の人口は既に約3600万人と、「シニアマーケット」はその存在感を大きく増しています。しかし、そのうち特に生活の実態が見えづらいと言われる「フレイル・プレフレイル市場」。この「フレイル・プレフレイル」を中心にシニア市場を考察するセミナーが、10月2日に開催されました。ヴァリューズとシニア市場のマーケティングプラットフォームサービスを提供するリクシスが、共同して行ったアンケートを中心とした定量的な分析と、Web行動ログを活用した分析の両面から調査を行った結果を解説。そのセミナーの様子をレポートします。


「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

「メディア戦略の骨はチャネル構成」All Aboutが他メディアとの比較分析から新規事業を立ち上げる方法とは

月間2000万人以上の読者を集める国内最大規模の生活総合情報サイト「All About」を中心とし、多様なメディアを運営する株式会社オールアバウト。同社ではWeb行動ログ分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+</a>」を活用し、市場ニーズの分析や新規事業の戦略策定につなげていると言います。メディアビジネス部のジェネラルマネジャー・徳永さんに、All Aboutの戦略設計やデータ活用をお聞きしました。


Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

Webで消費者とのコミュニケーションに成功したサイトは…?公式note活用のLINE、ギフトマーケティングも台頭【20年9月急上昇サイト】

2020年9月にユーザー数を伸ばしたWebサイトは? SaaS型の市場分析ツール「<a href="https://www.valuesccg.com/service/emarkplus/" target="_blank">eMark+(イーマークプラス)</a>」を使うと、どんな人がどんなWebサイトを見ているのか、いろいろな切り口で簡単に調べることができます。今回はeMark+を使って訪問ユーザー数の前月比が急上昇したWebサイトを調査しました。


ふるさと納税サイトを徹底調査。「さとふる」「ふるさとチョイス」の一騎打ち?!

ふるさと納税サイトを徹底調査。「さとふる」「ふるさとチョイス」の一騎打ち?!

年々規模が拡大する「ふるさと納税」。好きな自治体を応援したり、近年では被災地を支援する目的などで利用者が急増し、自治体のサイトやポータルサイトなど申し込みサイトも盛り上がりを見せています。 そこで今回は「ふるさと納税サイト」10社を徹底調査。ユーザー数の季節変動やユーザー属性比較、人気サイトランキングなどから、ふるさと納税人気の実態にせまります。 <br> ※分析にはヴァリューズの新サービスであるDashboard型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』を使用しました。


最新の投稿


4年でトップブランドに成長!中国の人気飲料「元気森林」-その成功の秘密とは?|中国トレンド調査

4年でトップブランドに成長!中国の人気飲料「元気森林」-その成功の秘密とは?|中国トレンド調査

中国では、立ち上げからわずか4年しか経っていない新興の無糖飲料ブランド「元気森林」が現在大人気です。今回は、国民の健康意識の向上をはじめとした、その成功の秘密を分析しました。


9月の急上昇アプリ1位は読売新聞、どんな施策が効いたのか?ライブ配信やファッション通販、タクシー配車アプリも上位に

9月の急上昇アプリ1位は読売新聞、どんな施策が効いたのか?ライブ配信やファッション通販、タクシー配車アプリも上位に

2020年9月にアクティブユーザー数を伸ばしたアプリは? 市場分析ツール「eMark+(イーマークプラス)」を使うと、どんな人がどんなアプリを使っているのか、主にユーザー数の推移といった切り口から調べることができます。今回はeMark+を使ってアクティブユーザー数の前月比が急上昇したアプリをチェック。9月のトレンドを調査しました。


急上昇ワードに“GOTO商店街”“竈門炭治郎”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/18~2020/10/24)

急上昇ワードに“GOTO商店街”“竈門炭治郎”など...「週間」検索キーワードランキング(2020/10/18~2020/10/24)

2020年10月18日~10月24日週の検索急上昇ワードでは、新型コロナウイルス感染拡大で売上が落ち込んだ商店街を支援する政府の「GoTo商店街」事業に注目が集まったほか、公開直後から一大ブームを巻き起こしている『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の主人公「竈門炭治郎」(かまどたんじろう)などのキーワードで検索が急増。「全国の30万人規模のモニター会員の協力により、ネット行動ログとユーザー属性情報を用いたマーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、検索キーワードランキングを作成しました。


メディアサイト分析から読み取るwithコロナ時代の消費者変化~旅行・不動産・求人メディア編~|セミナーレポート

メディアサイト分析から読み取るwithコロナ時代の消費者変化~旅行・不動産・求人メディア編~|セミナーレポート

外出自粛やリモートワークなど、我々の生活を大きく揺るがした新型コロナウイルス。「ウィズコロナ」という言葉も浸透し、新しい生活様式が定着しつつあります。メディアでは感染状況や対策と合わせて経済動向が報じられ、コロナに苦しむ業界の状況やそこへの国策は、関心の高いトピックです。 ヴァリューズでは、これらのトピックを我々に届けるメディアに着目。最新情報を集約するメディアは市場の象徴的存在であり、メディア分析によって業界のトレンドを掴むことができます。9/29のセミナーでは、旅行、不動産、求人業界にスポットを当てたメディア分析を実践。変化が著しい今、必要性が高まるメディア分析を解説しました。本稿では、そのレポートをお届けします。


多様な業界を丸ごと分析!市場環境を把握し自社のポジションを確認できる『Dockpit(ドックピット)』の業界分析機能まとめ

多様な業界を丸ごと分析!市場環境を把握し自社のポジションを確認できる『Dockpit(ドックピット)』の業界分析機能まとめ

ヴァリューズが開発し2020年10月に正式リリースしたダッシュボード型マーケティングツール『Dockpit(ドックピット)』にはキーワード分析、競合分析、業界分析、トレンド分析の4つの機能が備わっています。今回は「業界分析」に着目し、分析の流れから活用方法まで詳しくご紹介します。


自社と競合サイトのユーザー層の違いや急上昇サイトがすぐにわかる!他社サイトのユーザーが見える市場調査ツール eMark+無料登録はこちら

アクセスランキング


>>総合人気ランキング